シャンプーの使用期限はどのくらい?まとめ買いは危険?保蔵方法や劣化したシャンプーの使用方法について

私たちが毎日使っているシャンプーは、食品の賞味期限のように使用期限があるのでしょうか。試供品やプレゼントでもらった未開封のシャンプー、旅行に行って小さなボトルに詰め替えたシャンプーでは、使っても良い期限が異なるのでしょうか。

使用期限を過ぎたシャンプーを使うことの弊害や、なるべく長持ちさせるシャンプーの保存方法など、シャンプーの使用期限に関する情報をまとめましたので、よかったら参考にしてください。

スポンサーリンク

シャンプーの使用期限の目安

スニーカー女性

毎日のように使っているシャンプーですが、バスルームに置いてあるシャンプー以外にも、詰替用のシャンプーや贈答品としてもらったシャンプー、旅行用に買って一度使ったきりそのまま保管しているシャンプーなどがありませんか。

シャンプーには使用期限があるのでしょうか。また開封前また開封後のシャンプーでは、使用期限が異なるのでしょうか。

ヘアケアの悩み・使用期限

yahoo!の知恵袋のような質問&回答系のサイトでは、各カテゴリでいろいろな質問が寄せられています。ヘアケアの悩みを見ていると抜け毛や薄毛の悩み、頭皮のトラブルの悩み、女性に多い髪に関する美容の悩み、絶壁頭、短頭症、斜頭症などの頭の形の悩みなどがさまざまなものがありますが、シャンプーの悩み、その中でもシャンプーの使用期限に関する質問も、多くのページで見られるようです。気になる記事があると知恵コレクションに入れている人もいるでしょう。

自分の髪や頭皮に合うシャンプー選びも大切ですが、せっかく選んだシャンプーも使用期限を切らしていたら、髪や頭皮に悪そうですね。シャンプーは食品とは異なるので消費期限がボトルに記載されていないものが多いようです。いったいシャンプーの使用期限はどれぐらいが目安とされているのでしょうか。

開封前のシャンプー

未開封の一般的なシャンプーであれば、製造後3年が使用期限と言われています。防腐剤が入っているので長持ちするようです。しかし、最近は頭皮に優しい成分のオーガニック系のシャンプーなど、防腐剤などの余計なものをなるべく入れないようにしている商品も多いです。無添加や自然派のシャンプーは使用期限も記載されてることが多いようです。

自然派のシャンプーは商品にもよりますが、使用期限は半年から2年と一般的なシャンプーよりは短くなります。セール品は期限が残り数か月ということもあり得ますので、通常より使える期間が短いので注意しましょう。一時期流行したノンシリコンシャンプー、最近流行のオーガニック系シャンプーなど、シャンプーもファッションで選ばれているようですが、商品の特徴についてよく情報を集めた上で、使い道を誤らないよう注意したいといけませんね。

開封済みのシャンプー

一般的なシャンプーなら、開封品の使用期限は半年から1年と言われています。しかし、通常はシャンプーはお風呂場に置いてあるので、決して通気性の良い環境に置かれているとは言い難いのではないでしょうか。保存料や防腐剤があまり入っていないシャンプーもあり、なるべく早めに使うよう注意書きにもあります。1~2か月くらいで使い切るのがベストだと考えられます。

期限不記載のシャンプーは?

使用期限が記載されておらず、3年経過してしまったシャンプーはどうしたら良いでしょうか。3年経過しても問題のない製品であれば、使用期限を記載しなくても良いことになっています。ただし分離やカビが発生している場合は例外です。

インターネットで購入すると、サロン専用のシャンプーが安く購入できることがありますが、使用期限が迫っているから安売りされているという事情もあります。まとめて買ったりするのは劣化したシャンプーを使うことになるかもしれませんので、避けた方が良いでしょう。また初めて購入するサイトは利用規約、プライバシーポリシーがしっかりしているか、注意してください。

シャンプーの成分と使用期限

シャンプーの主要成分は水と界面活性剤です。界面活性剤の種類、配合によって、シャンプーの洗浄力が異なってきます。他の成分はシャンプーによって異なりますが、保湿成分、紫外線吸収剤、防腐剤、香料、香料、清涼剤などが入っています。天然成分の界面活性剤(洗浄剤)や香料は肌には優しいですが、長持ちしない短所もあります。そのため使用期限が短くなります。

つまりページトップで提示した、シャンプーの使用期限への疑問の回答を簡単にまとめると、記載のないものは開封していなければ3年、開封後は半年~1年、使用期限の記載のあるものはその期限を守るべき、ということになります。

スポンサーリンク

シャンプーの使用期限と薬事法

スキンケアのパッケージ

シャンプーの使用期限に関しては、薬事法も関わっています。どのように使用期限が決められているのでしょうか。

化粧品と薬事法

賞味期限やら共謀罪など、法律に関わるものに関して何かと敏感な世の中ですが、シャンプーの使用期限に関しては記載されていないことが多く、法律上どうなっているのか気になるところです。

実は化粧品や医薬部外品は、薬事法においても例外を除き使用期限は記載しなくてもよいことになっています。化粧品類は3年以上経っても製品の有効性、安全性などが問題なく、品質が安定していれば期限の記載は不要です。

保存料や防腐剤の入っているシャンプーなら品質が安定しているので大丈夫なので記載せず、無添加のものや防腐剤を極力少なくしたものは成分の変化が早く起こるので記載をしているということです。

開封後はカビ・雑菌の可能性も

一度開封したシャンプーは、空気に触れることで酸化したり、水分が入ってカビや雑菌が繁殖する可能性があります。

あくまでも可能性で、雑菌が繁殖したシャンプーの証拠写真が多く見られるわけではないですが、直接肌につけるものなので心配ですよね。久しぶりに使うシャンプーはボトルの中身の状態が変化していないか、使用前にチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

シャンプーの使用期限と専門家の意見

美容師

シャンプーの使用期限に関しては、Q&A系のサイトや、専門家である美容師さんのブログなどでも取り上げられています。

専門家回答ではどのような意見が出ているのでしょうか。

専門家の意見

人気美容院、カリスマ美容師さんのブログやツイートは、ヘアスタイルだけでなく、髪の美容に関する情報も豊富で人気、影響力も高く記事をシェアされることも多いようです。

シャンプーの使用期限に関してはいろいろな美容院や美容師さんのブログでも取り上げられていますが、東京・銀座にある美容院ヘアサロンMINXさんの記事も参考になります。多くのお客様の髪を見てきた専門家の意見は、ためになりますね。

使用期限に対する専門家回答

My知恵袋、知恵コレクション(知恵コレ)など便利な機能のついたyahoo知恵袋などでも、シャンプーの使用期限に関する質問が見受けられます。直接頭皮に使うものですから、体に悪かったらいやですよね。

シャンプーの使用期限はいつなのか、という質問への専門家の意見、回答でも、せいぜい3年が限度、開封すれば半年から1年で使うべきとのことです。防腐剤が入っているといってもカビが生えないとは断言できない、浴室に置きっぱなしは湿度が高いのでカビが生えやすい、水分が混入するなどリスクが高いようです。

使用していないシャンプーは高温多湿なお風呂場に置いたままにしないよう、通気性のいいところ、直射日光の当たらないところに保管するよう注意が必要ということです。

スポンサーリンク

シャンプーの保存方法

バスルーム

今使っているシャンプーは、たいていお風呂場に置きっぱなしのことが多いと思います。

でもいただきもののシャンプー、旅行で使った小さいボトルのシャンプー、詰め替え用のシャンプーなど使っていないものもありますよね。保存する場所や注意するべき点は何かについても確認しておきましょう。

シャンプーの保管場所

普段使っているシャンプー、コンディショナー、ボディソープなどは、バスルームの中にないと不便ですよね。早めに使い切ることを想定できるものは、バスルーム内に置いても大丈夫でしょう。

ただし普段使わないシャンプーまでお風呂場に置いておくのはおすすめできません。乾燥機のあるバスルームもありますが、それでも高温多湿になる場所ですので、シャンプー剤の劣化が考えられます。一度開封したものは水分が入って劣化する恐れがあります。使っていないシャンプーはなるべく風呂場から出し、高温多湿にならない場所、直射日光の当たらない場所に置くようにしましょう。

シャンプー保存方法の注意

ロードバイクや原チャリなどのバイクツーリング、キャンプツーリング、旅行などでシャンプーを別の小さいボトルに入れ替えてから持っていくことはありませんか。

またボトルに残りのシャンプーを入れたままにした、また次の旅行で使おうとしてないでしょうか。一度お風呂場で空気に触れたものは水分が入ってしまっているかもしれませんので、しばらく使っていないものは処分しましょう。

詰め替え用シャンプー

詰め替え用のシャンプーをボトルに移し替えるとき、ちゃんとボトル内を洗ってから詰め替えていますか。またボトル内の水分を洗った後飛ばしているでしょうか。保存状態がよくでも、詰め替えるボトル内に雑菌やカビがあれば、シャンプー剤劣化の原因になります。保存の環境とともに今まで使っていたボトル内の環境にも気を使いましょう。

音楽だと曲にJASRAC許諾番号がついているように、シャンプーにも製造番号がついています。詰め替え用のものがわからなくならないように、製造番号を控えるよう注意書きがされていることがあります。実際は控えるまでしなくてもパッケージでもわかりますが、気になる人はスマホで番号の写真を撮っておいてもいいでしょう。

シャンプーのまとめ買い

楽天ポイントやTポイントが進呈されるから、トクプレbyGMOなどのポイントのたまるアプリが使えるから、と通販やドラッグストアなどで本当は今必要ないけれど、シャンプーをまとめ買いしてしまうことはないでしょうか。Tポイント進呈があるのでシャンプーを何本も買い込むのは危険かもしれません。

すでに使用期限が近い商品なのかもしれませんし、保存環境がよければいいのですが、ストックがありすぎても劣化する可能性があります。やたらまとめ買いするのはおすすめできません。

ちなみにメディアステートメントを定めているYahooから出されているJAPANカード、年会費無料でTポイントがたまり、登録や設定方法も簡単でお得情報も得られるそうです。Tポイントは設定も簡単で汎用性が高いというメリットがあります。まとめ買いも良いですが直接肌に触れる化粧品、体に入れる食品には気をつけた方がいいでしょう。

試供品のシャンプー

美容院などでもらった試供品のシャンプーを、いつまでもとっておいて次の旅行の時に使おうと考えている人も少なくないのではないでしょうか。

これは美容師さんからもよくないと言われています。知らず知らずのうちに期限が過ぎたり、劣化しているかもしれません。早めに使い切ってしまいましょう。

期限切れシャンプーの使い道

期限が切れてしまったシャンプーを使うのは抵抗がありますよね。

直接肌につけるのはためらわれますが、シャンプーなら洗濯に使ったり、掃除に使うことも使い道として考えられます。浴室の掃除などに使用すればもったいなく済みますね。

スポンサーリンク

シャンプー以外の化粧品使用期限

石鹸と白い花

シャンプー以外にも開封済みなのに使っていないもの、家にストックがあるヘアケア用品やスキンケア用品などありませんか。

髪や肌に直接つけるものなので、使用の際は注意した方が良いでしょう。

ヘアコンディショナー

シャンプーと同様コンディショナーも未開封なら期限は3年、一度開けたら半年ぐらいで使い切りましょう。

特にコンディショナーの場合、シャンプーのように何かを洗えるわけではないので使い道が他に考えにくいです。

トリートメント

トリートメントもシャンプー同様、未開封なら製造日から3年は大丈夫と言われています。ただ、トリートメントはプッシュ式よりフタを回して開けるタイプの容器のものもあります。

回して開ける形状のものは、シャンプーやコンディショナーより水分が入りやすい恐れがあります。一度使用したら、早めに使いきるようにしましょう。

その他のヘアケア用品

スタイリング剤なども未開封なら記載がなければ3年、開封後は半年を目途にした方が良いです。保管状態が悪いとムースが水っぽくなっていたり、ワックスが固まってしまうこともあります。

ボディソープ

美容のため、敏感肌の人、また赤ちゃんのいる家庭で、無添加のボディソープを選んでいることがあるかもしれません。特に女性の間でオーガニック系が流行していますが、防腐剤の入っていないソープを選ぶと使用期限が短く設定されていますので注意しましょう。

贈答品でボディソープや固形石鹸をもらい、何年も家の押し入れに眠っているという話もよく聞かれます。3年以上経っていたら肌に使うのは控えましょう。

スキンケア

スキンケアも同様ですが、気をつけなくてはならないのは開封後は半年が目安ということです。スキンケアは春夏用、秋冬用と季節によって分けて使っている人が多いです。今年の秋冬用の化粧水を、冬が終わったから来年の秋冬に使うというのは、化粧品が劣化している可能性があり危険です。

もし季節の変わり目に化粧水が残ってしまったら処分するか、ボディ用の化粧水として使うようにして、半年後に顔に使用するのは避けましょう。

試供品化粧品

ヘアケア商品同様、スキンケアなどの化粧品のサンプルをもらう機会は女性は特に多いでしょう。いつまでもとっておいて、次に買い替える前に試そうとか、泊りに行くときに使おうとするのはよくありません。

特にボトルにも入っていないパウチタイプのものは、長く保存するのには向いていません。試供品は劣化も早いそうです。もらったらなるべく早めに使いましょう。

スポンサーリンク

まとめ

帽子をかぶった女性

シャンプーの使用期限は、薬事法によって3年は品質に問題がなければ、特に記載の必要はないことになっています。したがって未開封のシャンプーは製造後3年までなら使うことができます。ただし劣化を避けるために、高温多湿なところは避け、冷暗所に置いて保存するようにしましょう。一度開封してしまったシャンプーは、半年から1年の間には使い切るようにするのが良いです。ただし水分が入ったり、空気に触れるような状態が続くと、カビや雑菌が繁殖する可能性があります。なるべく早めに使いましょう。

防腐剤が入っていない、または少ないシャンプーは、使用期限が記載されています。製品にもよりますが、未開封でも半年から2年が使用期限となっています。またセール品のシャンプーは使用期限まで残り少ないものが多いです。購入したら早めに使うようにし、まとめ買いは避けましょう。サンプル品も長く保存するのに向いていないものが多いので、こちらも早く使うようにしましょう。

関連記事としてこちらの記事を参考にしてみてください。

フケの対策方法を紹介!症状のタイプ別に合ったシャンプーの選び方と対策方法について

頭皮が赤い状態になる原因を紹介!シャンプー方法を改善して症状を予防しよう!

育毛シャンプーのおすすめ商品!市販の中から口コミ上位の7つを紹介!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク