髪の毛が伸びる早さの基準は?早く伸ばす4つの方法とおすすめの食材を紹介!

髪の毛を短く切りすぎた・・・早く髪の毛を伸ばしておしゃれを楽しみたい・・・他の人よりも髪の毛が伸びるのが遅い・・・

そんな風に思っている人は多いでしょう。中途半端に伸びている状態が一番髪型は気になってしまいますし、髪の毛が伸びるのが遅い人はハゲる問題に繋がりやすいこともあります。

今日は髪の毛が成長する速さの基準と、髪の毛を早く伸ばすおすすめの食材・対策方法について紹介していきます。

髪の毛を早く伸ばしておしゃれを楽しみたい人はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

髪の毛が1日に伸びるスピードについて

髪の毛

髪の毛が伸びるスピードの平均値について紹介していきます。

自分の髪の毛が伸びる速度と比較して、自分の髪の毛の成長スピードがどの程度なのかを判断してみましょう。

平均は1ヶ月1cm=1日0.33mm伸びる!

髪の毛が1ヶ月に伸びる平均スピードは1cmと言われています。これは日本人の平均です。

1日に換算するとだいたい1日に0.3mm~0.4mmほど伸びるのが一般的でしょう。美容師や理容師もだいたい、1ヶ月に伸びる髪の毛の長さを目安にカットをしています。

つまり3日で1mm伸びるのが平均ということになります。もちろん1日の平均ですから、日によってはこれ以上1日に伸びることはありますし、頭皮の状態や健康状態や年齢によっても髪の毛の成長速度は変わります。

ちなみに爪の成長速度は髪の毛よりも遅く0.03~0.1mmと言われています。同じタンパク質から生成されている髪の毛と爪でも伸びる速度がこれだけ異なるのです。

髪の成長が早い人と遅い人の違い

髪の毛が伸びるのが早いと言われる人と、遅いと言われる人にはどれくらいの違いがあるのかをしっていますか?

髪の毛の成長が早い人は基本的には髪の毛の成長スピードが正常な人です。1ヶ月1cm以上の髪の毛の成長スピードは越えることがない水準ですので1日0.3mmが限界でしょう。おそらくもともと髪の毛のボリュームが多いために髪の毛の成長が早いと錯覚してしまうのでしょう。

逆に髪の毛の成長が遅い人は存在します。その人は成長スピードも半分くらいと言われていて、さらに成長している髪の毛の量も少ないのでボリュームが出にくいのです。

髪の毛の成長が遅い人は頭皮の血行不良、栄養不足、睡眠不足、運動不足、老化などの問題が原因になっていると言われています。

髪の毛が伸びるのが早いと性欲が強い

巷では髪の毛の成長が早い人は性よくが強いと言われているそうです。果たして本当でしょうか?

実際体毛が濃くなったり、髪の毛の成長にはホルモンが関係しています。男性ホルモンと女性ホルモンの働きによって毛が伸びているので髪の毛や体毛が濃い人は性よくが強いと思われているようです。

体毛は男性ホルモンによって成長しているので確かに体毛が濃い人は性よくが強いということが言えるかもしれません。医者や学者もその可能性はあると証言しています。

しかし髪の毛の成長は女性ホルモンによって行われているので性欲が強いこととは関係ないとする意見があります。

基本的に髪の毛が伸びるスピードは皆同じです。長く見えるのは髪の毛の量が多いから、というのは先ほども紹介しました。ですのでただ単に髪の毛が多いだけでエロいかどうかは関係ないというのが現在の科学的な根拠に基づく回答のようです。

スポンサーリンク

髪の毛を早く伸ばすための4つの対策方法

対策法

では髪の毛を早く伸ばしたいという人のために、髪の毛の成長スピードを最大限に引き出す方法について紹介していきます。

特に効果の高い対策法は4つあります。それぞれの対策をしっかり行なって髪の毛を早く伸ばしていきましょう。

1・睡眠の改善

まずはじめに行うべきは睡眠の改善です。質のいい睡眠をしっかり取ることが大切です。

睡眠をとって何が関係するんだ!と思われるかもしれませんが、髪の毛の成長や肌の修復に必要なホルモンは睡眠中に分泌されています。睡眠中の副交感神経が優位な時こそ、髪の毛の成長と細胞の修復が行われているのです。

ですので睡眠の質が低下しているとこの働きが低下してしまい髪の毛の成長力が下がってしまいます。最低でも6時間の睡眠をとってください。

また睡眠を取る時間も重要です。22時から深夜の2時までの時間が特に髪の毛や肌の修復に必要なホルモンが分泌されやすいゴールデンタイムという時間帯です。

この時間帯を含む6時間の睡眠を取ることが髪の毛の成長力を最大限に引き出す一つ目の対策法です。肌や健康のためにもオススメの対策法です。

2・食事の見直し・栄養の補給

いくら睡眠をとっていても、髪の毛の成長のために必要な栄養が不足していると髪の毛が伸びるはずがありません。

特に女性ではダイエットをしていて髪の毛の成長力が低下してしまうというケースが多々あります。成長期の時期には髪の毛だけでなく体の成長も行われているので通常よりも多くの栄養が必要です。

ダイエットは体が痩せるだけでなく髪の毛も痩せてしまうので要注意です。ビタミンB群/A/C/Eとタンパク質と亜鉛がしっかり摂れる食事を心がけましょう。

3・運動とマッサージで血行促進

体の血行をよくすることも対策法の一つです。髪の毛の成長力が低下している人の原因の一つが頭皮の血行不良です。頭皮の血行が循環していないと、どれだけ栄養を摂取していてもその栄養が毛根や髪の毛に届くことはありません。

育毛剤や発毛剤や発毛薬などの成分には血管を拡張して血行促進をさせるものが含まれているのはそのためです。

ジョギングやランニングや水泳などの有酸素運動や長時間しっかり呼吸をしながら行える運動が最適です。これにより、体の筋肉が発達するとともに血液循環がよくなります。

また頭皮マッサージも合わせて行うと効果が高いでしょう。1日数回に分けて2〜3分間頭皮を揉みほぐしてリラックス効果を高めるとともに毛根の細胞を活性化させて髪の毛の成長力を高めましょう。

4・頭皮の環境改善・育毛剤使用

髪の毛の成長を行なっているのは頭皮です。頭皮の環境が悪いと当然髪の毛の成長力は低下します。

頭皮環境に以上がある場合はまずは頭皮の健康が第一ですので、保湿、抗菌などを行なって頭皮を健康にしてください。

頭皮が不健康になってしまう原因は乾燥と雑菌の繁殖です。シャンプーが肌にあっていないことで肌荒れや乾燥が発生し、痒みが出てその傷から雑菌が繁殖してしまうと状態が悪化し、フケや炎症などが発生します。

頭皮環境が低下してしまうと、頭皮の修復に栄養が消費されるので髪の毛の成長に回すだけの栄養がなくなってしまいます。その場合にはシャンプー剤の見直しや育毛剤で頭皮の表面を保湿するなどの対策が必要になるでしょう。

スポンサーリンク

髪の毛の成長力を高める食材

抜け毛 食べ物

髪の毛の成長に必要な栄養素を多く含んでいる食材を紹介します。

ワカメなどの海藻は髪の毛の成長力を高めると聞いたことはありませんか?その真偽についても紹介します。それぞれの食材の効果と摂取量も記載しますので参考にしてみてください。

ささみ肉・赤身肉

鳥のささみや豚肉や牛肉の赤身肉は高タンパク低脂肪の食材は髪の毛の成長に必要なケラチンを構成するアミノ酸を豊富に含んでいるのでオススメです。

さらに豚肉やレバーなどの食材は鉄分やビタミンB類も多く含んでいるので、肌の健康やタンパク質の再構築に貢献してくれます。

口内炎やニキビや皮膚炎などが発生しやすい人は、ビタミンBが不足している傾向にありますので肉類には赤身肉やレバーなどを選ぶようにしましょう。

脂身の多い肉はその消化に逆にビタミンを消費してしまって皮膚の補修に回すビタミンが不足します。さらに皮脂の分泌も増加してしまうので雑菌が繁殖しやすい環境が発生してしまいます。”赤身”肉がポイントになりますので、食材選びには注意しましょう。ステーキや焼肉にはバラやローよりもヒレを選択しましょう。

1日70g程度が適量で数回に分けて摂取することが最適です。

大豆加工食品

髪の毛の成長力を高める働きをしている女性ホルモン。これに似ている働きをするのが大豆イソフラボンと呼ばれる栄養素です。

もちろん大豆に多く含まれています。日本人の食事には親しみの強い食材ですのでレシピにもくわえやすいでしょう。

豆腐や味噌や納豆や豆乳など形は様々です。豆乳であれば1日200ml、豆腐は1丁、納豆は1パック、味噌は1日味噌汁3杯程度が最適と言われています。

特に味噌にはコレステロールの抑制や豊富なミネラルや食物繊維が含まれているので健康にもオススメです。過剰摂取では女性は乳がんリスクが高まる問題もありますので、適度に摂取して髪の毛の成長力上昇に繋げましょう。

海藻類(わかめ・昆布・ひじき)

ワカメ、昆布、ひじきなどの海藻類はミネラルを豊富に含んでいます。ミネラルの働きには血液をサラサラにしてビタミンなどの栄養素を運びやすくする効果があります。

他にもぬめりの多い海藻にはフコダインという保湿効果の強い成分が含まれています。これらは頭皮の保湿効果を高めてバリア機能を強くする効果があります。これらの効果で頭皮の環境を整えるので髪の毛の成長力をアップさせることが期待できます。

また成長ホルモンを分泌している甲状腺の働きを高めるヨウ素も海藻から摂取できるので体の成長力を全体的に高められます。

1日の摂取量は海藻によって異なります。昆布>ひじき>わかめの順でヨウ素の含有量が多いので海藻全体で何グラムということが言えません。ヨウ素は過剰に摂取してしまうと逆に健康被害が発生すると言われています。

昆布は出しを取る程度が最適。過剰摂取は禁物です。ひじきもお弁当に含まれているくらいの10gくらいの量が最適、ワカメは比較てき多めに摂取しても構いませんが(戻した状態で)1日30g〜50g程度に抑えた方がいいでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

髪の毛の成長は生活習慣と食事内容によって発生しています。

もし髪の毛の成長が遅いな、早く髪の毛をのばしたいなと思っているのでしたら生活習慣、食事、頭皮のケア方法やシャンプー方法などを見直して見て成長の状態を確認して見ましょう。

しかし対策をしたからといって次の日にすぐに髪の毛の成長が元の状態に戻るわけではありません。

最低でも1ヶ月は髪の毛の成長に繋がるまでのラグがありますので、継続的な中期〜長期的な対策を目処に対策法を行なって行きましょう。

関連記事としてこちらの記事も合わせて参考にして見てください。

抜け毛・薄毛の問題にオススメな6つの漢方!効果と使い方について!

ハゲない人の9つの共通点!禿げる人とは何が違うの?

抜け毛が増える食べ物と食べ方に注意!意外と多いNG食材は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク