本当に効く!髪の毛を生やす方法まとめ【育毛・発毛マスターの道】

髪の毛が最近薄くなってきたな。と感じた時にあなたは正しい対策法として何をしたら良いのか、その答えを持っていますか?

薄毛は出来るだけ早くに対策を始めることで脱毛を改善し、発毛を促す効果を得やすくなります。しかし、その方法も誤った方法では逆に症状をひどくしてしまう事もあります。

今日は、初めて薄毛の問題に直面して何をして良いのかわからない。という人の為に、髪の毛を生やす薄毛対策法について紹介していきます。

若ハゲから、老人性脱毛まで幅広い症状に有効な対策法について覚えていきましょう。

スポンサーリンク

シャンプー改革をして髪の毛を生やす

シャンプー男性

その薄毛や抜け毛の原因はシャンプーから来ている可能性があります。

特に頭皮環境が悪化している事による抜け毛の増加はシャンプーを改革することで改善するケースが多くあります。

髪の毛を生やすシャンプーの選び方やシャンプー方法について紹介していきます。

シャンプーの選び方

髪の毛のフサフサのうちには、シャンプーは香りで選んだり、ブランドから選択することが多かったと思います。

香りやブランド、値段などを基準に選択したシャンプーは高級アルコール系界面活性剤を使用したものが多くなっています。ラウレス硫酸Na、ラウリル硫酸Naなどと表記されているもので非常に洗浄力と刺激が強くなっています。もちろん頭皮に良くありません。乾燥・痒み・炎症・ふけなどを発生させる原因となる可能性があります。

髪の毛を生やすためにはアミノ酸系界面活性剤を使用したシャンプーをおすすめします。

ココイルグルタミン酸、ココイルアラニン、〜ベタインなどと表記されているものが該当します。刺激が少なく、洗浄力も必要最低限にとどめているので頭皮の乾燥を防いでバリア機能を保つメリットがあります。

湿疹などが発生している人は

頭皮環境が悪くなっている人は、その原因によって抗菌成分が配合されているシャンプーや、保湿機能が高いシャンプーなどを使用すると、頭皮環境が改善されて抜け毛が減って髪の毛が生えやすくなります。

ニゾラルシャンプーやコラージュフルフルシャンプー、メディクイックHなどの商品が有名ですね。有効成分にミコナゾール硝酸塩、グリチルリチン酸ジカリウム、サリチル酸、オクトピロックスなどが含有されている商品は抗真菌・消炎症・抗菌・殺菌効果がありますので、マラセチア菌などの肌の常在菌が増殖したことで発生している頭皮トラブルを改善します。

頭皮トラブルが発生している間だけこれらの商品を使用すると良いでしょう。

シャンプーのやり方

髪の毛を生やすためにはシャンプー選びだけでなく、シャンプー方法も変える必要があります。発毛力を高めるシャンプー方法を紹介します。

  1. 風呂場に入る前に乾いた髪の毛をブラッシングをする
  2. 38〜42℃程度のお湯で湯シャンして整髪料や汗を十分に落とす
  3. シャンプー剤を手に取りよく伸ばす
  4. 髪の毛の表面にまんべんなくつける
  5. しっかり泡立てる
  6. 頭皮マッサージをしながら5分以内で洗浄する
  7. 同じ時間をかけて洗い流す(シャワーを使用する)

以上が正しいシャンプー方法になります。

10分以上の時間をかけてシャンプーしないこと(パック推奨しているシャンプーは例外)や爪を立ててシャンプーしない事が重要になります。

シャンプーをしている時間が最も抜け毛が増えるタイミングになりますので、出来るだけ優しく正しい方法でシャンプーを行いましょう。

シャンプーは髪の毛を洗うのではなく、頭皮を洗浄する意味合いが強いのでそこを意識するといいでしょう。

ドライヤーを使用する

髪の毛や頭皮が濡れている状態であれば、しっかり乾かしましょう。

髪の毛を乾かさずに自然乾燥させていると、雑菌が繁殖しやすい状態になりますので、それによって頭皮トラブルが発生しやすい問題に繋がります。

タオルドライをしっかりした後に髪の毛を乾かしましょう。温風ドライヤーを使用した後に冷風に切り替えて根本をしっかり乾かしたり、髪の毛の広がりを閉じると髪の毛の乾燥が防げて切れ毛や髪の毛へのダメージが軽減できるので最後の冷風までしっかり行うといいです。

スポンサーリンク

生活習慣改善で髪の毛を生やす

タバコ はげる

生活習慣の悪化によって増加している抜け毛を改善しないと、抜け毛を減らすことが出来ません。

食生活、喫煙、運動不足などが原因で発生している薄毛を解決して髪の毛を成長させる方法について紹介します。

食生活を改善して髪の毛を成長させる

髪の毛を成長させるために必要な栄養素は、タンパク質、ビタミンB、ビタミンC、亜鉛が特に重要になります。

髪の毛の主成分となるタンパク質、髪の毛のコシやハリを向上させるコラーゲンを生成するビタミンC、頭皮の状態を健やかにするビタミンB群、髪の毛までの栄養の運搬能力を向上させるミネラルが総合的に髪の毛の成長を促してくれます。

また、亜鉛にはAGAの薄毛の原因となるDHTという男性ホルモンの働きを抑制する働きも確認されているので抜け毛を減らすことも期待できます。

おすすめの食材は、大豆製品(豆腐・みそ・醤油・豆乳など)、鶏肉、豚肉、魚介類(牡蠣、青魚、マグロなどの赤身)、緑黄色野菜、海藻類です。これれらの食材を中心に食事をして、逆に動物性脂肪が多い豚の背脂、揚げ物、ラーメンなどの食事の摂取量を抑えると髪の毛が成長しやすくなります。

運動不足を改善して髪の毛を生やす

運動不足の解消によって解決される問題は大きく分けて3つあります。それは肥満の改善、DHTの排出、ストレスの発散です。この3つの改善によって髪の毛の抜け毛の減少や髪の毛の成長に大きくプラスに働きます。

有酸素運動が特に有効とされていて、頭皮からしっかり汗をかくことで頭皮の毛穴の詰まりをなくしたり、汗と一緒にDHTを排出することで髪の毛の成長期が長くなる様になります。

ウォーキング、ジョギング、ランニングが特に有効とされているのでこれらを行ってしっかり汗を流していきましょう。

睡眠をしっかり摂って髪の毛の成長力UP

睡眠中には髪の毛の成長やダメージ修復、皮膚の修復などを行うための成長ホルモンが分泌されるので、睡眠を正しくとってこのホルモンを正常に出していくことが髪の毛の成長のためには重要になります。

成長ホルモンが最も分泌される時間帯は22時〜深夜2時までの時間帯になります。そして最も活発に排出されているのは10代〜20代前半の時期になりますので、睡眠が不十分出る場合若ハゲになるリスクも高くなると思っておいたほうがいいでしょう。

出来るだけ24時までの時間には就寝して1日6時間程度の睡眠を取れるようにしましょう。

喫煙・飲酒をしっかり管理して抜け毛を減らす

タバコとアルコールは抜け毛を増やす原因となる可能性が高いです。

適度に摂取している場合には寧ろストレス発散にもなる嗜好品ですが、過剰に摂取してしまうと害となっていしまいます。

タバコには血行が悪くなったり、ビタミンを消費してしまったり、血中の一酸化炭素濃度や活性酸素が上昇してしまう問題があり髪の毛の成長を阻害します。

アルコールも同様にビタミンの消費、皮脂の過剰分泌、泥酔した状態で睡眠することでのヘアケア不足などの問題が発生して薄毛の問題に繋がります。

これらは適度に使用することを心がけて、できればこれらに頼らずにストレスの発散や育毛活動が行えるとベストです。

スポンサーリンク

育毛・発毛アイテムを使用して髪の毛を生やす

ドライヤーグッズ

市販でも販売されている商品を利用して髪の毛の成長を促していきます。

育毛グッズはたくさんあります。どれを使用するのが自分に適しているのかを選択して使用してみましょう。

育毛・発毛剤

髪の毛を生やすためにまずはじめに思いつく方法が育毛剤や発毛剤を使用するという方法だと思います。

しかし、生活習慣や正しいシャンプーで頭皮の環境を良くしてから使用しないと効果は半減してしまいます。あくまで補助的な役割の商品ですので元々の頭皮の状態が悪かったり、そもそも髪の毛に必要な栄養素が摂取できていない場合には髪の毛の成長を促すことは出来ません。

今売れている育毛剤としてはチャップアップやイクオスやポリピュアなどがあります。発毛剤にはリアップとロゲインがあります。

育毛剤は天然由来の成分で髪の毛の成長を促したり頭皮環境を良くする効果があり髪の毛の成長を助けます。

発毛剤にはミノキシジルという有効成分が含まれており、血行を促進して「発毛効果」が確認できるもののみを発毛剤と呼びます。効果が高いのは発毛剤ですので覚えておきましょう。

サプリメント

育毛に効果的なサプリメントとしてはノコギリヤシ、イソフラボン、亜鉛、ビタミンB群、ビタミンCのサプリメントが有効になります。

頭皮の環境を整えてくれる効果と、DHTや5αリアクターゼの抑制効果、髪の毛の成長期の長期化によって髪の毛の成長を向上させます。

これらのサプリメントを組み合わせて毎日使用しても構いませんし、既にいくつもの必要成分が配合されたBOSTONサプリなどの商品を使用しても良いでしょう。

ヘアオイル

髪の毛に潤いを与えて切れ毛を改善したり、頭皮の保湿効果を高めて頭皮環境を整えます。

育毛効果を高めるヘアオイルとしてはオリーブオイル、ゆず油、ホホバオイル、ココナッツオイルがあります。既にシャンプーにオイルが含まれているものもあります。

ベタつきが強いものなど商品によって特徴がありますので自分好みのものを使用して髪の毛の状態を良くしていきましょう。

ナイトキャップ

就寝時に被る帽子があります。シルクや綿やニット生地が主流です。

ナイトキャップには髪の毛の摩擦を軽減したり、頭皮の乾燥を予防したり、頭皮を温めて血行を良くする効果などがあります。

これによって切れ毛が軽減し、髪の毛の成長が上昇します。被るだけでいいので特に難しいことはありません。

獣毛ブラシ

プラスチックや木の材質のブラシはどうしても髪の毛への摩擦抵抗が強いので、髪の毛が切れたりしがちです。

しかし獣毛ブラシには適度に油分が含まれているので、静電気などが発生せずに髪の毛に潤いを乾燥させずに梳かすことが出来ます

更に適度な弾力で頭皮に刺激を与えられるので血行の促進効果があります。これによって髪の毛の成長が向上します。江戸時代から行われている育毛方法でもあります。

スポンサーリンク

病院・クリニックを利用する

かなり薄毛が進行している場合はクリニックなどの専門病院で治療を行わないとなかなか治療が出来ないです。

特に進行したAGA(男性型脱毛症)が原因の薄毛の場合、飲み薬や注射などの治療法が必要になります。

年間30万円〜50万円ほどの治療費がかかりますが、本気で薄毛を治療したい人は一度カウンセリングなどをして検討してみてください。

関連記事としてこちらの記事を参考にしてみてください。

新薬ザガーロはプロペシアの第二世代|効果と副作用について紹介!

大学生にハゲが増加している!若ハゲの9つの原因を知ろう!

豆乳の育毛効果ってどれくらいあるの?女性におすすめの豆乳育毛法とは!

ハゲに効くサプリメントまとめ!【市販で購入できる商品7選】

  
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク