前髪後退具合のチェック方法を紹介!高校生や20代で進行する原因と対策方法を知ろう!

なんだか最近前髪が後退してきたと不安に感じたら、まず本当に後退しているのかチェックしてみましょう。本当に前髪が後退しているとわかったら、その原因を突き止めた上で対策を考えましょう。

男性の場合はAGAによるM字ハゲである可能性が高いです。AGAは男性ホルモンのDHTが原因とされています。日常生活でもできる薄毛対策方法、育毛剤などによる育毛ケア、薬や植毛など本格的な治療方法についても確認しておきましょう。

スポンサーリンク

前髪の後退チェック方法

うつむく男性

オデコが広くなったような気がする、前髪が後退したのではないか、と一度気になると鏡で何度もチェックしながらも、今一つ確信が持てないことがあると思います。そのようなとき本当に生え際が後退しているのか、チェックする方法をいくつか紹介します。

おでこの広さをチェック

眉毛の上から生え際までをおでことすると、おでこに指が4~5本入ったら前髪が後退していると考えられます。ただしおでこの広さには個人差があるので、あくまでもめやすとして考えてください。またおでこにはシワを作ることができますが、頭皮にはシワができません。おでこの生え際側のシワのない部分が広いようなら、前髪が後退していると考えられます。M字ハゲかどうかチェックするのにも有効な方法です。

毛根をチェック

前髪の生え際部分から抜けた毛根をチェックしてみましょう。毛根が太く膨らんでいれば健康な髪の毛ですが、もし細く弱々しい毛で毛根もほとんど膨らみがなかったり、毛根自体がない、毛根が白っぽいのは要注意です。かなり髪が弱っている可能性があります。白っぽい毛根でも半透明な毛根鞘がついているだけなら問題ありません。

頭皮をチェック

前髪に限ったことではないですが、抜け毛・薄毛の原因は頭皮の血行不良によるものも多いです。頭皮が血行不良の状態だと栄養が行き渡らないため、健康な髪の毛は生まれないと言われています。頭皮が硬いと薄毛になりやすいと言われることもありますが、必ずしもすべての人にあてはまるわけではなさそうです。

青白い頭皮は健康ですが、他の色をしているときは要注意と言われています。またベタついた頭皮、乾燥した頭皮も要注意です。頭皮は髪に隠れて自分では見えづらい部分ですが、髪の健康を考えるなら時々頭皮のチェックもしておきましょう。

スポンサーリンク

前髪が後退する原因

ビール飲む男性

前髪が後退してきたり、薄毛になるのはどのような原因が考えられるのでしょうか。適切な対策をするためにも、まずは思い当たる原因がないか確認してみましょう。

男性型脱毛症

男性の場合は前髪の後退が目立ってきているなら、男性型脱毛症(AGA)である可能性が高いです。男性型脱毛症は男性ホルモンが原因で起こる進行性の脱毛症で、30代後半から発症することが多く、50代がピークとなります。加齢により起こりやすい脱毛症で壮年性脱毛症とも呼ばれますが、最近は若い人の間でも増えているようです。

進行の仕方から主に3パターンに分けられ、前髪の左右のそりこみからハゲていくM字型、側頭部の髪は残して前頭部からはげていくA字型、頭頂部を中心にハゲるO字型があります。M字型、A字型のAGAが、前髪が後退する症状と関係があります。

男性型脱毛症と男性ホルモン

毛包の基底部に、毛乳頭という頭皮の毛細血管から栄養を受け取り、髪のもととなる毛母細胞の分裂と関わる細胞があります。前頭部、頭頂部の毛乳頭内に存在する5αリダクターゼという酵素によって、男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)に生成されることがあります。DHTが毛乳頭のレセプターと結合すると、毛母細胞の分裂を阻害します。

髪には毛周期がありますが、毛周期の中で最も髪の毛が成長する時期の成長期で、毛母細胞の分裂がいつもより早く停止してしまうと、太く健康な髪が育たなくなってしまいます。髪が太く育たないまま、通常より早く毛周期の退行期、休止期を迎えてしまうため、抜け毛が増えて毛髪量が減っていきます。

男性型脱毛症の原因

男性型脱毛症の直接の原因はDHTですが、DHTが毛乳頭のレセプターと結合しやすいかどうかは遺伝と関係があると言われています。遺伝も男性型脱毛症の原因の一つと考えられます。

その他にも栄養不足、睡眠不足、ストレス、目の疲れ、喫煙や飲酒も髪が健康に育つことを阻害する要因となり得ます。栄養不足は髪の元となるタンパク質や、タンパク質から髪を作る手助けをするビタミンやミネラルが不足すると、健康な髪が育ちません。睡眠不足は髪を健康に育てる成長ホルモンが十分に分泌されない恐れがあります。

ストレスは自律神経を乱すことでホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンが過剰に分泌されることがあります。仕事でPCを長時間見たり、寝る前にスマホをいつまでも見ていることで、目の疲れを引き起こすことがあります。目の疲れは頭痛や頭皮の血行不良を招くこともあります。

喫煙は頭皮の血行不良を招き、飲酒することでアルコールを分解する方に栄養が使われてしまい、髪に栄養が行き渡らないことがあります。思い当たる人は生活習慣の改善をおすすめします。

牽引性脱毛症

牽引性脱毛症は髪を常に引っ張り続けるような髪型をしていることで、頭皮の皮膚に負担がかかって引き起こされる脱毛症です。牽引性脱毛症は、特にいろいろな髪型を楽しむ女性に多いようです。ポニーテールやツインテールなど、髪をひっぱるような髪型やエクステンション、ウィッグなども原因になります。

前髪を作っていない人は生え際部分の髪もすべてひっつめて髪を結ぶので、生え際から髪が薄くなっていくことが考えられます。長い髪ほど負担がかかるようです。今は薄くなっていなくても、将来牽引性脱毛症にかかる可能性がないとは言えません。時々髪型を変えたりして、頭皮に負担をかけすぎないようにしましょう。

スポンサーリンク

前髪が後退したときの対策

ネクタイ男性

前髪が後退していることがわかったとき、どのような対策方法をとったら良いでしょうか。育毛剤や治療薬の検討も考えられますが、まだそこまでの症状ではない、という人もいるでしょう。まずは日常生活でもできる抜け毛対策、育毛対策に取り組んでみましょう。もちろん育毛剤や治療薬での対策と並行して行うべき対策でもありますので、薄毛対策に本気で取り組もうという人は確認しておきましょう。

シャンプーの方法を改善

抜け毛が増えてきた、前髪の後退が気になってきたからと言って、シャンプーの回数を減らしたらかえって頭皮環境が悪化する可能性があります。1日1回、夜のうちにその日の汚れや皮脂を落として、清潔な頭皮の状態で寝るようにしましょう。シャンプー剤はしっかり洗い流すことも忘れずに行ってください。

シャンプーは頭皮に負担がかかるのでは?と気になるのであれば、普段使っているシャンプーを育毛シャンプーに変えてみましょう。頭部の地肌のこと、髪の健康のことを考えたアミノ酸系洗浄成分の使われている育毛シャンプーは、育毛促進効果のある成分が配合され、肌にも優しいのでおすすめです。逆にしっとりうるおうシャンプーを使っていて頭皮のベタつきを感じているなら、さっぱりと洗い上げるような洗浄力が程よくあるシャンプーがおすすめです。育毛シャンプーも頭皮のタイプに合わせてそれぞれ異なった成分が配合されています。自分の頭皮の状態を確認して合うものをセレクトしましょう。

シャンプー後はタオルドライしてから、ドライヤーでしっかり乾かしましょう。頭部に水分が残っている状態で寝ると、頭皮にダメージを与える恐れがあります。また頭皮をチェックして肌が乾燥しているようであれば、シャンプー後に頭皮専用の保湿液を塗って、乾燥対策をしましょう。乾燥が気になる人はシャンプー時のお湯の温度や、ドライヤーの温風のあてすぎにも気をつけてください。

ストレスの解消

若い男性、女性でも抜け毛が多かったり薄毛になるのは、ストレスが原因のことが多いです。また、ストレスは髪以外にも心身に悪い影響を与えることが多いです。休日はリフレッシュのためにスポーツをしたり出かけたり、うまくストレス解消する方法を見つけると良いでしょう。職場環境が悪くストレスを強く感じるようであれば、難しい事情もあるかもしれませんが、環境を思いきって変えるという選択肢もあります。

質の良い睡眠

髪や肌を健康に育てる成長ホルモンは、睡眠中に多く分泌されると言われています。特に夜10時から午前2時は最も成長ホルモンが分泌されるゴールデンタイムと呼ばれて、その時間帯には眠っているのがと良いとされています。

夜10時に眠るのは難しいかもしれませんが、質の良い睡眠であれば入眠後1時間~3時間の間で成長ホルモンがよく分泌されるとも言われています。髪と体の健康のためにも質の良い睡眠を摂りましょう。

食生活の改善

髪はケラチンと呼ばれるタンパク質でできているので、肉、魚、卵、大豆、大豆製品などのタンパク質を含む食べ物を摂るようにしましょう。鶏肉のみ、など偏った摂り方をすると、ケラチンを作るのに必要なアミノ酸を十分摂取することができませんので、いろんな食べ物からタンパク質を摂取するようにしましょう。

ケラチンを作るにはビタミンやミネラルの力も必要です。緑黄色野菜からカロチン、レバー、うなぎ、牡蠣、海藻から抜け毛予防にもなる亜鉛も摂取できます。栄養バランスの良い食事が、髪にも体全体の健康のために良いです。不足しがちな栄養素は、サプリメントで補うのも良いでしょう。

頭皮の血行改善

頭皮の血行が悪いとせっかく摂取した栄養も行き渡らず、髪が健康に育たないとされています。シャンプー時にでも頭皮のマッサージを行って、頭皮の血行を良くするようにしましょう。血行を良くするツボ押しも薄毛予防に効果的とされています。

その他の育毛対策

その他にも育毛対策になる生活習慣の改善法として、喫煙や過度の飲酒控えること、適度なスポーツをすることやお風呂に入ることなども挙げられます。

喫煙はビタミンCを破壊すると言われています。髪は頭皮の毛細血管から栄養を受け取りますが、毛細血管はコラーゲンでできています。ビタミンCはコラーゲンを生成するのに必要な栄養素なので、不足すれば毛細血管が弱って、栄養が髪に届かなくなっていきます。タバコを吸う人はビタミンが不足しないように注意を、できれば喫煙自体を止めた方が良いかもしれません。

過度の飲酒はアルコールを分解するのにビタミン類、葉酸、亜鉛など髪にも必要な栄養が使われてしまい、髪の方に栄養が行き渡らなくなってしまいます。ほどほどの量を心がけましょう。適度なスポーツやお風呂に入ることは、血行を良くする効果があります。全身を動かしたり温めることで、頭皮の血流を良くして髪に栄養が行き渡るようにしましょう。

スポンサーリンク

後退した前髪に育毛剤で対策

タンクトップ男性

家でもできる育毛対策といえば、育毛剤を使うという方法もあります。育毛剤の効果的な使用方法、育毛剤選びのポイントとおすすめの育毛剤についても解説します。

育毛剤での対策法

育毛剤には医薬品と医薬部外品があります。医薬品の育毛剤は効果が高いですが副作用の危険性もあります。メーカーによって育毛剤と区別して発毛剤という名称を使用しているところもあります。ミノキシジルやフィナステリドが含まれている育毛剤がありますが、ミノキシジルは女性は濃度が低いものしか使えません、フィナステリドは女性は使えません。

医薬部外品の育毛剤はノコギリヤシ、M-034などの育毛成分が含まれています。医薬品と比較すると使用感も良く、副作用はほとんどありませんが、医薬品のような劇的な発毛効果はありません。育毛剤を初めて使うという人は、作用が穏やかな医薬部外品のものから試してみると良いでしょう。

育毛剤は1日1回使用するタイプなら夜に、2回のものなら朝と夜に使用します。夜使う場合は、シャンプー後ドライヤーで髪や頭皮を乾かした後に使用しましょう。中には水分が残っている状態で使用する育毛剤もあります。髪の分け目を作りながら育毛剤を浸透させるようなじませて、頭皮をマッサージしてください。

髪の毛には毛周期があるので、使用すればすぐに生えてくるというわけではありません。育毛剤でも発毛効果の高い発毛剤でも、半年は継続して使用することがおすすめされています。

チャップアップ

育毛剤ランキング上位のチャップアップはセンブリエキスなど育毛有効成分を配合した医薬部外品の育毛剤です。定期便だと育毛サプリやシャンプーとセットでお得になり、いろいろな記事でもおすすめされています。

イクオス

イクオスは育毛成分M-034が配合された医薬部外品の育毛剤です。サプリ付きの定期コースで申し込むと、高い割引率で購入することができます。

フィンジア

キャピキシル配合の医薬部外品の育毛剤です。チャップアップやイクオス同様、男女兼用で使用が可能です。定期コースやまとめ買いだとお得になります。

スポンサーリンク

前髪が後退したときの治療方法

水飲む男性

前髪の薄毛対策に本格的な治療をしたいという人には、クリニックでの治療がおすすめです。どのような治療方法があるのでしょうか。

クリニックでの薄毛治療

内用・外用治療薬による治療、自毛植毛手術、HARG治療など幹細胞を使った発毛治療などがあります。普通の皮膚科では対応していません。AGA治療専門をうたっているクリニック、女性の場合女性用の薄毛治療外来などを利用します。

AGA治療薬

男性のAGAの場合、内服薬ではフィナステリドが主成分の薬がよく使われ、プロペシアやプロペシアのジェネリックが処方されます。外用薬ではミノキシジルが成分になっているものが処方されます。フィナステリドは男性ホルモンDHT対策になる薬です。女性は少量でも使用できません。女性用の薄毛治療薬にはパントガールがよく処方されます。

自毛植毛手術

気になる部分の髪を増やすために、自分の毛を植毛するという手術もあります。後退した前髪部分やM字はげの部分のみカバーすることができます。頭皮に直接施術するのは怖いという人は、かつら・ウィッグの一種である増毛法という方法もあります。

スポンサーリンク

まとめ

サスペンダー男性

前髪が後退しているかどうかは、おでこの広さを指やシワの上の隙間、毛根の状態で判断することができます。頭皮の状態も日頃使用するシャンプーを選ぶときのために、チェックしておくと良いでしょう。男性の場合前髪が後退しているのは、男性型脱毛症(AGA)の可能性が高いです。AGA以外には牽引性脱毛症も考えられます。

AGAは男性ホルモンが主な原因ですが、ストレス、睡眠不足、栄養不足、喫煙、過度の飲酒など生活習慣も要因となり得ます。まだ前髪の後退が心配するほどでない人も、生活習慣を見直して薄毛予防をしておきましょう。

気になる前髪の後退には、育毛剤の使用も日頃の頭皮ケアとして良い方法でしょう。頭皮に良い成分を与えながら頭皮マッサージをすることで、育毛対策になります。症状がかなり進んでいて本格的な治療を考えている人は、薄毛治療専門のクリニックに相談をしましょう。薬での治療や自毛植毛などの治療方法があります。

関連記事としてこちらの記事も合わせて御覧ください。

おでこが狭い人に似合う髪型は?前髪はどう処理したら良い?男女別の悩み解消方法を紹介!

前髪がスカスカな男女に似合う髪型は?自分で出来るスカスカ前髪対策方法!

富士額に似合う髪型は?前髪のアレンジ方法とM字ハゲとの違いについて!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク