ワセリンを使って髪を綺麗にする方法!ワックスの代わりにワセリンを使って髪の毛をセットしよう!

肌の保湿や傷の手当てに使われるワセリンは、スキンケアやリップクリーム、花粉症予防といろいろな用途に使えます。さらに髪の保湿や頭皮のケアにも活用できるということで、ひそかに人気です。万能薬ワセリンを一つ持っておけば何かと便利そうですね。

ワセリンにはどんな成分が含まれてどのような効果があるのか、またワセリンを使ったヘアケア法や頭皮ケア法について紹介します。もし家に眠っているワセリンがあったら、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

髪にも使える?万能薬ワセリンとは

頭に手白服ブレスレット女性

ワセリンは皮膚表面に油膜を作って保護することで、傷口や乾燥する肌を守る効果があり、医療用に軟膏のベースとしても使われています。リーズナブルかつさまざまな用途に使えるということで人気アイテムです。ワセリンとはそもそも何から作られているのか、その成分は何なのでしょう。また一口にワセリンと言っても、いろいろな種類のワセリン商品が売られています。どのようなワセリンがあるのかも見ていきましょう。

ワセリンとは

ワセリンは原油を精製してできた物質を、さらに高純度に精製したものです。保湿効果が高く、医療用、顔や体に使う化粧品として、また靴擦れ防止にも使われることのある保湿剤です。化粧水や美容液などの基礎化粧品は肌の角質層まで届きますが、ワセリンは肌表面にとどまるのが特徴です。

肌表面に油の膜を作り、しかもあまり刺激もないため、顔や体のあらゆるところの乾燥や傷口の保護をすることができます。

ワセリンの成分

原油を精製すると、灯油、ガソリンやLPGが取り出されますが、残った不純物の中にあるペトロラタムゼリーという成分がワセリンになります。ワセリンはペトロラタムゼリーを高純度に精製して作られます。以前はワセリンに不純物が多く混じっていて黄色っぽい色をしていました。

以前からのワセリンを黄色ワセリンと呼び、最近の精製度の高いワセリンを白色ワセリンと呼びます。白色ワセリンは副作用もなく、安定性に優れ、紫外線や酸化によって変色、変質することもあまりありません。

ヴァセリン

ヴァセリンはアメリカ発のワセリンで世界中で使われています。ワセリンとヴァセリンは同じものですが、ヴァセリンは商品名です。肌用やリップ用など種類や大きさもさまざまで、インスタではデコが流行ったり、おしゃれなワセリンとして若い女性たちの間でも認知されています。種類が多いので価格はまちまちですが、200円~500円台のものが多いです。普通のワセリンは医薬品扱いですが、ヴァセリンは化粧品扱いです。

ジャータイプの一般的なものがヴァセリンオリジナルスキンジェリー、腕、足に使うアドバンスドリペアボディローション、小さなジャータイプのリップとチューブタイプのリップ、その他にツメ専用、手指専用のチューブタイプのものが商品として売られています。

白色ワセリン

一般的なワセリンであり、若干不純物が混じっていますが、敏感肌やアトピー肌の人にも使用されています。いろいろな製薬会社から販売されており、商品によって価格はまちまちですが、大体300円~500円で購入できます。日本薬局方の表示があるものは医薬品、なければ化粧品の扱いです。

プロペト

プロぺトは医療用に使われているワセリンです。眼球用の軟膏の基材としても使われる、高純度で高品質なワセリンです。もちろん保湿剤として使えます。医療機関で処方されていますが、プロペトホームという商品はインターネットで購入可能です。

価格は普通の白色ワセリンより高く、100gで1,000円程度です。

サンホワイトP-1

普通の白色ワセリンやヴァセリンよりさらに不純物が取り除かれた、精製純度の高いワセリンです。特に敏感肌の人、アトピー肌の人、赤ちゃんにも使える白色ワセリンです。ニオイもなく保湿力もあってベタつかないところが好評です。

サンホワイトも価格が普通の白色ワセリンより高め、100gで1,000円程度です。

スポンサーリンク

ワセリンの使い方と注意点

お化粧直し女性

口コミでもいろいろなワセリン効果が話題になっていますが、顔や体、髪や靴にまでいろいろなところに使われています。家に1つワセリンがあれば、何かと重宝できます。

ワセリンのさまざまな活用法とその安全性、注意点についてまとめました。

スキンケア

日頃の化粧水や乳液のあとに、潤いを閉じ込めるようにワセリンを薄く塗っておくと、保湿効果がアップします。顔以外にもひじやひざなど乾燥の気になるところ、体全体にも使えます。ワセリンをアロマオイルと混ぜてボディクリームに使う方法もあります。

いい香りが広がってリラックス効果もあります。ただしアロマオイルを肌に使う場合は、適切な量を守って使うようにしてください。特に柑橘系のものは光毒性があり、シミなど肌トラブルの可能性もありますので注意しましょう。

手指のケア

食器洗いなど水仕事をするとき、ワセリンを手指に塗っておくと手の荒れを防止します。また水仕事で乾燥がひどくなってしまった手指のケアにもおすすめです。

また就寝前にワセリンを手に塗って、手袋をして寝るハンドケア法もあります。翌朝手袋をとると、手がしっとりと潤っています。

リップクリーム

ワセリンをリップクリームとして使うこともできます。ワセリンを塗った唇にラップをすることで、ふっくらした唇になります。リップ用のワセリンも販売されています。

花粉症対策

ワセリンを綿棒などで鼻の穴に塗ることで、花粉のカット率は高くないかもしれませんが、花粉から鼻の粘膜を守る効果が望まれます。

また花粉症の人は花粉の飛ぶ季節に鼻をかむことが多いと思われますが、鼻の周りに塗っておくことで鼻が赤くなったり皮がむけてしまうのを予防することができます。

ムダ毛処理

気になる腕や脚のムダ毛、空剃りは肌を傷めます。

ムダ毛を剃る前にワセリンを塗っておくと、皮膚をカミソリの刃で傷つくのを予防してくれます。

髪や頭皮のケア

ワセリンは髪や頭皮のホームケアにも使えます。ワセリンは髪や頭皮に塗ることで、水分を閉じ込めてうるおいを与え、乾燥から守る効果があります。

ワックスとして使ったり、ダメージヘアのケアにも使うことができます。髪や頭皮の保湿は髪の傷み、抜け毛などのヘアトラブルを予防する効果があります。

ワセリンの安全性

顔や体のあらゆるところに効果があるワセリンですが、ワセリンの素は石油を原料に作られた鉱物油ということで、気にする人もいるようです。確かに以前のワセリンは精製が不十分だったため、不純物が混じっていて油焼けのような皮膚トラブルを起こすこともあったようです。またワセリンが合わず接触性皮膚炎になってしまった人もいたそうです。

しかし、今のワセリンは精製度が高いので、油焼けのような皮膚トラブルもあまり聞かれません。特に精製度の高いものは、敏感肌の人や赤ちゃんでも使えます。

使用上の注意

塗りすぎると部位によってはベタついた感じが気になる場合もあります。塗り過ぎないよう少量を少しずつ使用しましょう。また敏感肌やアトピー肌の人にもワセリンは使われていますが、どうしても肌に合わない場合もあります。

そのような場合は使用を中止しましょう。

赤ニキビには効果なし

保湿効果の高いワセリンは、乾燥してできる初期の乾燥ニキビに効果があると言われています。

炎症を起こした赤ニキビに使用するのは、毛穴を詰まらせてニキビを悪化させる可能性が高いので使わないようにしましょう。

スポンサーリンク

ワセリンをヘアワックスとして髪に使う

ショートカット女性

ワセリンをヘアワックスに使う方法もあります。ショートヘアならワックスをつけるだけで髪型が決まります。

どのように使うのか、またワセリン入りのヘアワックスについても紹介します。

ワセリンをヘアワックス代わりに

ワセリンはスタイリング剤としても使え、髪に少量塗って、ヘアワックス代わりに使う方法があります。保湿効果もあるのでダメージのある髪もおさまりがよくなり、アホ毛を抑えてくれます。ショートヘアの人に合う束感を活かしたセットもしやすくなります。

強いくせ毛は毛流れを活かしてウェットなスタイリングにしたり、ダメージが原因のゆるいくせ毛は、保湿効果でストレートヘアに落ち着かせる効果があります。

ヘアワックスのベースとして

美容院MAXの美容師さんはオリジナルのヘアワックスを出していますが、そちらにもワセリンが使われているようです。(出典はコチラ)ワセリンをワックス替わりに使うのではなく、オイルを配合してより使いやすく、ワセリンの長所を活かしたワックスを開発したようです。

美容院MAXの美容師さんも、くせ毛にワックスをおすすめしています。髪の専門家である美容師さんもおすすめしているので、くせ毛の人は参考にしてみてはいかがでしょうか。

ワックス代わりに使う時の注意点

ワセリンをヘアワックス代わりに使って夜シャンプーで落とす時、ワセリンがなかなか落ちないときがあります。

シャンプー前にオリーブオイルなどでワセリンをなじませてから洗っておくと、ワセリンがきれいに洗い落とせます。

スポンサーリンク

ワセリンを髪に使うヘアケア方法

ストレートヘア女性

ワセリンを髪に使うとき、スタイリング剤としてでなく、ヘアケア代わりに使うという方法もあります。確かにワセリンは保湿効果が高いので、髪に塗ればうるおうことも期待できそうです。

具体的にどのようにして、ワセリンをヘアケア用として使うのでしょうか。ワセリンを使ったおすすめのヘアケア特集です。

シャンプー後のトリートメント

ワセリンをヘアオイルと同様に、ヘアケアに使うことができます。シャンプーの後の濡れた髪に、ワセリンを塗ることで水分を髪に閉じ込めて、うるおい感の続くツヤ髪にする効果があります。シャンプー後に髪をタオルでふいた後、ワセリンを少量薄く塗って髪を乾かします。乾かした後は髪にツヤが出て、まとまりやすくなります。

ワセリンを洗い流さないトリートメントとして使う新感覚ヘアケアで、ダメージケアをするのもおすすめです。

ドライヤーの前に

ドライヤーやヘアアイロンの熱は髪へのダメージになります。一度ダメージヘアになった髪は、完全に元に戻すことはできません。髪のダメージをこれ以上進行させないためにも、またダメージを目立たせないためにも、ワセリンを使ったヘアケア法がおすすめです。

ドライヤーの使用前にワセリンを少量薄く髪に塗っておきます。ワセリンが髪を熱から保護する効果があるので、ドライヤーの熱によるダメージを受けにくくなります。

ヘアアイロンを使う場合はアイロン用のストレート、あるいはカール用のスタイリング剤を使うのがおすすめですが、アイロンでやけどしてしまった時の処置に、ワセリンでの湿潤療法もおすすめされているようです。やけどしてしまった後はまず冷やすのが基本ですが、その後にワセリンで保湿するという方法です。

髪のパサつき防止に

外出先で髪の毛先がパサついていたり、朝より髪が広がっていることに気づくことがあります。ハンドクリームやリップクリームは持ち歩いても、ヘアクリームまでは持ち歩いている人は少ないでしょう。そんな時にもリップにもハンドクリームとしても使えるワセリンを持ち歩くのがおすすめです。髪のパサつきが気になる部分にワセリンを塗ってケアすれば、髪がしっとりまとまってくれます。

ワセリンでのヘアケア法のポイント

ワックスとして使う場合と同様、ワセリンは多く使うとベタつきが気になるので、注意しないといけません。

シャンプーで洗い流す場合は心配ありませんが、日中のケアとして使う時、うっかりつけすぎてしまうと髪が重たくなってしまいます。乾燥しているからといって塗り過ぎないように、特に髪に塗るときは少量を薄く伸ばすのがポイントです。

スポンサーリンク

ワセリンの頭皮ケアで髪を健康に

タオル女性

ワセリンはヘアケアだけでなく、頭皮にも塗って頭皮ケアをすることができます。

体中使えるワセリンならではの使い方ですが、具体的にはどのようにワセリンを使うのでしょうか。

頭皮の乾燥、フケをワセリンで改善

頭皮の乾燥を放っておくと、かゆみやフケが出てしまうこともあります。かゆみに耐えられず掻きむしってしまい、症状を悪化させてしまう可能性があります。乾燥した頭皮は敏感肌になりやすく、シャンプー剤やちょっとした刺激に弱くなってしまうことがあります。乾燥した肌は免疫力も落ちるので、雑菌が発生しやすく頭皮の炎症を起こし、ニキビができてしまうこともあります。

また頭皮の乾燥による皮膚炎(湿疹)で、皮脂欠乏性湿疹というのもありますが、皮膚科での治療に白色ワセリンが出されることがあります。乾燥しやすい人はワセリンで頭皮を保湿することで、乾燥によるフケやかゆみなどの症状を防ぎましょう。

頭皮ケアで薄毛・抜け毛予防

頭皮の毛穴に詰まった汚れや皮脂が薄毛を招くと言われますが、乾燥も髪の成長によくありません。むしろ最近は、特に女性は、頭皮の乾燥に悩まされている人が多いようです。

頭皮が乾燥すると頭皮が硬くなり、血行不良を招くことがあります。頭皮の血行不良は髪に必要な栄養が行き渡らなくなり、薄毛や抜け毛の原因になると言われています。薄毛や抜け毛の予防のためにも、頭皮は乾燥させないようにする必要があります。

敏感肌にも使えるワセリンがあれば、頭皮の肌が弱い人にも使いやすいでしょう。ワセリンで保湿することで頭皮の乾燥を防ぎ、その結果薄毛や抜け毛の予防につながります。

ワセリンを使った頭皮ケアのポイント

シャンプー前にワセリンを手に取り、頭皮に塗り込んでいきます。指の腹を使って頭をもむようにマッサージすると、血行が良くなります。ワセリンをまんべんなく塗った後は、シャンプーで洗い流します。しっかり洗わないとワセリンが頭皮に残ってしまいます、髪の成長にも良くありませんので注意して洗いましょう。

洗い流しても頭皮の乾燥は改善されますが、超ドライ肌の人はシャンプー後も乾燥を感じることがあるかもしれません。乾燥が気になるようなら、シャンプー後にワセリンを薄く頭皮に塗っておくと、頭皮の乾燥予防になります。

スポンサーリンク

まとめ

黒い服女性

ワセリンは原油の精製過程で得られるペトロラタムゼリーを、高純度に精製して作られた医薬品、化粧品です。以前のワセリンは純度が低く、皮膚トラブルを招きやすかったですが、最近のものは純度が高く、安全性も高いです。アトピー性皮膚炎の人や敏感肌の人、赤ちゃんにも使える精製度の高いワセリンもあります。

ワセリンは保湿効果が高く、顔や全身の保湿以外にも髪や頭皮に使うことができます。髪にワックス代わりとして使う場合は、束感を活かしたスタイリングをしたり、くせ毛を落ち着かせるのにも役立ちます。シャンプー後の洗い流さないトリートメントとして、また日中の髪のパサつき対策としてヘアケアに使ったり、頭皮に塗って乾燥対策をすることもできます。万能薬と言われるワセリンを使って、髪や頭皮のケアに活用してみてはいかがでしょうか。

関連記事としてこちらの記事も合わせて御覧ください。

髪の毛をサラサラにする方法を紹介!美容院に行かなくても出来る自宅でのヘアケア方法は?

髪をボリュームアップさせるにはどうすればいい?ヘアケアの改善方法を知ろう!

髪のパサつきの改善方法を紹介!オイルやシャンプーを使用したヘアケア方法を知ろう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク