髪の毛を早く伸ばす方法は?髪の毛を伸ばすために有効な栄養素を紹介!

美容院で切りすぎてしまった髪を早く伸ばしたい、早く髪を伸ばしてロングヘアになりたい、円形脱毛症になってしまったから早く髪を伸ばしたい、などいろいろな理由で髪を早く伸ばしたくなるときがありますよね。

髪を早く伸ばす方法にはシャンプーの選び方や洗い方、ドライヤーのかけ方、髪の毛の手入れの仕方、髪を早く伸ばすトニックを使用する、亜鉛を摂取するなどいろいろな方法が考えられます。髪を伸ばすのに良いといわれる方法をいくつか紹介しますので、早く伸ばしたい人はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

髪の毛はなぜ伸びるか

目をつぶった女性

髪の毛は放っておくとどんどん伸びていきます。いったい髪の毛の正体は何なのでしょうか、またどうして髪の毛は伸びたり抜けたりするのでしょうか。

髪の毛はなぜ伸びるのか

髪の毛は頭皮に埋まっている状態で生えています。

髪の毛の根元の部分を毛根といいますが、毛根に毛乳頭と毛母細胞があります。毛乳頭は頭皮の毛細血管から栄養をもらい、毛乳頭は毛母細胞に栄養を与え、分裂するように指令を出します。このとき分裂した一方の毛母細胞は角化した髪の毛になります。

毛母細胞とは

毛母細胞は髪の毛を作る組織です。毛母細胞が分裂するたびに髪が作られますが、上側にできた髪の毛を押し出すように髪が伸びていき、髪の毛が成長していきます。髪の毛は永遠に伸びるわけではなく、成長を何年か続けてやがて自然に抜けていきます。このような髪のサイクルを毛周期(ヘアサイクル)といいます。

髪が伸びる成長期は2年~6年とされていますが、男性と女性では男性の方が成長期が短めのようです。男性ホルモンが原因で、ヘアサイクルの成長期が短くなり、髪が十分に成長しないままヘアサイクルを終え、抜け毛が増えることがあります。これを男性型脱毛症といいます。

ケラチン

ケラチンとは皮膚、爪、そして髪の毛の角質層を形成するタンパク質です。

18種類のアミノ酸から形成されています。髪の毛の主成分はケラチンタンパク質です。

髪の伸びるスピード

髪の伸びるスピードには個人差があります。

日本人は平均1日で0.3mmから0.5mmとされています。1か月で大体0.9cmから1.5cmとなります。

参考になるサイトと書籍

髪を早く伸ばす方法は「マジで最速!短期間で髪を伸ばす15コの方法」でも紹介されています(別ウィンドウで開きます)。コメント欄で孫薇茹さんの質問に執筆者のkirinさんが丁寧に答えていて、細い髪の人は参考になるでしょう。

髪に関する情報はtwitterなどでも情報共有されているので参考にしてください。また出版社アスコムから出ている書籍「世界一簡単な髪が増える方法」にも髪のボリュームが少ない人にも役立つ方法が載っていておすすめです。

スポンサーリンク

シャンプーで髪の毛を早く伸ばす方法

スキンケアブラシ

髪の毛を早く伸ばすには、シャンプー選びや洗い方も重要なようです。

どのような点に注意すれば良いのでしょうか。

シャンプーのポイント

シャンプーは毎日洗った方がいいという説と、2日に1回ぐらいが良いという説があります。乾燥しやすい時期は頻度が少なくても良いかもしれませんが、夏場の暑い時期に汚れた頭皮や髪のまま一晩寝るのは不衛生だと考えられます。また洗いすぎも皮脂腺の詰まる原因と言われていますので1日1度が限度でしょう。

また湯シャンといってシャンプー剤を使わないで洗うという方法もありますが、皮脂が毛穴に詰まりやすかったり、ニオイも気になりますので注意しましょう。

シャンプーはたくさんの商品が出ていますが、肌に合ったもの、髪質に合ったものを選んでヘアケア対策をしましょう。シャンプーで髪のコンディションをいい状態にした上でトリートメントを使用すると効果が高いです。美容師さんもシャンプーは頭皮や髪に負担のないいいものを使うべき、トリートメントはそんなに高価なものでなくても効き目があるので大丈夫、と言っています。

頭皮ケアシャンプー

頭皮ケアシャンプーは頭皮環境を整えるシャンプーです。

男性ならカロヤンプログレ薬用スカルプシャンプー、スカルプD薬用スカルプシャンプーなど、女性ならスカルプDボーテ 薬用スカルプシャンプー、モイスト・ダイアン オイルシャンプーボリューム&スカルプなどがあります。

炭酸シャンプー

炭酸の気泡で汚れを浮かせて落とすシャンプーです。血行促進効果もあります。

ルメントの炭酸シャンプーは女性だけでなく男性にもおすすめです。

アミノ酸シャンプー

髪が早く伸びる効果があるとは言われていませんが、肌への刺激が優しいので、地肌がデリケートな人、髪が傷みやすい人、毎日髪を洗いたい人におすすめです。

エレンス

エレンス2001は髪が早く伸びるシャンプーの先駆けであり、頭皮ケアシャンプーです。頭皮の状態をよくして、美髪成分で髪をケアします。

エレンス エバーロングシャンプーは使うだけで髪が早く伸びるシャンプーです。香りも良く価格も抑えめ、若い人に人気です。エレンスはシャンプーだけでなく、他のヘアケア製品でも髪を伸ばす成分が入っている商品が出ています。

スポンサーリンク

ドライヤーで髪の毛を早く伸ばす方法

ドライヤー

髪を早く伸ばすのに、ドライヤーの仕方で気をつけることは何でしょうか。

冷風を使う

ドライヤーを使とき、その熱が原因で皮脂が出てしまうことがあります。

ついつい熱風でのみ乾かしがちですが、頭皮のためにも冷風も使って乾かしましょう。

ドライヤーで抜け毛対策

シャンプーした後、寝る前にタオルドライだけで寝てしまうのは、濡れた髪で雑菌が繁殖する恐れがあります。抜け毛につながるかもしれません。

ドライヤーでしっかり乾かした状態で寝るようにしましょう。

スポンサーリンク

美容院で早く伸ばす方法

美容院

髪を伸ばしたい人は美容院で美容師さんにも伝えましょう。

長さをなるべく変えないように、きれいにカットしてもらえます。

毛先中心にカット

髪を早く伸ばしたい人は、ロングヘアにしたい、伸ばしている途中であることを、担当の美容師さんに伝えましょう。毛先の傷んだところを中心に、シルエットをなるべく変えないようにきれいにカットしてくれます。

またきれいに髪を伸ばすために枝毛や切れ毛の気になる部分なら自分でもカットしましょう。

ヘアケアメニュー

美容室のメニューのヘアケアメニューも利用してみましょう。

スカルプケアで頭皮の血行を良くして、特にロングヘアを目指している人はきれいに髪を伸ばせるように、トリートメントでツヤとうるおいを与えましょう。

ヘアアレンジ

切りすぎてしまって、顔周りがさびしくなってしまっととき、女性ならある程度髪の長さがあるのでヘアアレンジで華やかさを出してみましょう。ミディアムヘアでもアップにすると長さがわかりません。

スポンサーリンク

ヘアケア用品で髪の毛を早く伸ばす方法

鏡の前女性

シャンプー以外のヘアケア用品で、髪の毛を早く伸ばす効果があるのでしょうか。

育毛剤

医薬部外品の育毛剤は育毛効果のある成分が入っていて、頭皮の血行を良くして、栄養を与えます。男性ホルモンに働きかけ、脱毛を抑える役割があります。

髪を早く伸ばすことが本来の目的ではありませんが、血行が悪くなる季節に髪の伸びが遅くなることを防ぐことはできそうです。

強力な内用薬の育毛剤(発毛剤)で早く伸びたという報告もありますが、ハゲの進行を防ぐ薄毛治療用のものであり副作用もありますので、早く伸ばす方法としては使えないでしょう。

ヘアアクセルレーター

抗菌、抗炎症効果のあるヘアローションで、頭皮ケア用品になります。髪が早く伸びると言われてますが、疑問の声と本当に早く伸びた、早く伸びた気がする、という声も出ています。

頭皮の状態をよくするものなので、その点で髪を健康に成長させるのに効果がありそうです。本格的な育毛剤でもないので、化粧品感覚で気軽に使えるのもロングセラーの理由なのかもしれません。

その他のヘアケアグッズ

女性向けの育毛グッズでは、インセントの薬用育毛トニック、セグレタの髪を育むスプレーなど、比較的お手頃な価格で気軽に使いやすいです。

早く成長させるというよりは髪を太く長くして、髪の量を増やすアイテムです。

スポンサーリンク

栄養で髪の毛を早く伸ばす方法

朝食

髪の毛はタンパク質でできています。髪の毛が作られるにはビタミンやミネラルの力も借りなくてはいけません。栄養バランスの良い食事が髪の毛を成長させます。

栄養バランス

髪の成長には栄養バランスの良い食事が欠かせません。

髪の元となるタンパク質はもちろん、タンパク質から髪の毛が作られるにはビタミンやミネラルも必要です。

タンパク質

髪は18種類のアミノ酸からなるケラチンタンパク質が主成分です。タンパク質は毛髪、肌、爪など体をつくるものですので、無理なダイエットや偏食で栄養状態が悪くならないようにしましょう。

日頃どれぐらいの運動をしているかによって異なりますが、普通の生活であれば体重1kgにつきタンパク質は1g必要だと言われています。牛肉肩ロース100gから摂取できるタンパク質は約18gです。

肉や魚などの動物性たんぱく質と、大豆製品などの植物性たんぱく質があります。どちらも一長一短なところがあるので、バランスよく摂取するのが理想です。

必須アミノ酸

タンパク質はアミノ酸からできていますが、体内で合成できないアミノ酸を必須アミノ酸といいます。肉、魚、卵、大豆製品などに含まれています。

ビタミンC

ビタミンCはアミノ酸の合成やタンパク質の構成とも関わっています。

ビタミンCは体内で合成できないので、食事から積極的に摂取しましょう。

ビタミンB群

タンパク質の分解、頭皮の皮脂分泌の調整に関わっています。

ビタミンB1は玄米や豚肉、ビタミンB2はレバーやうなぎ、ビタミンB6はまぐろやかつお、鶏のささみ、ビタミンB9(葉酸)はレバー、枝豆、ビタミンB7(ビオチン)はレバーや卵、わかめやえごまに含まれています。ビオチンは抜け毛や白髪にもいいと言われています。

ミネラル

カルシウムやマグネシウム、亜鉛、鉄などが含まれます。

海藻類はミネラルが豊富です。タンパク質の吸収を促進します。

亜鉛

ミネラルの中でも髪に特に関わる栄養素として注目されています。

牡蠣には多く含まれますが、食べ物から摂取するのが難しい栄養素です。

サプリ

現代人の食生活ではビタミンもミネラルも豊富に摂ろうとしても、難しい栄養素もあります。バランスの良い食事にサプリも利用します。

亜鉛サプリが髪を伸ばす、育毛に効果があると言われています。髪を伸ばすシャンプーやトニックに、亜鉛サプリをプラスする人も多いようです。マルチビタミンのサプリも美容面でもおすすめです。

水分補給

髪を伸ばすには水分もいいとされています。水分不足だと体の血流が悪くなることも一因と考えられます。血流が悪くなればその分頭皮にも栄養が行き渡りません。

髪にいい食べ物まとめ

たんぱく質を含む肉、魚、卵、大豆や大豆製品、ナッツ、ビタミンCが豊富な緑黄色野菜、果物、ミネラルを含む海藻類、ナッツ、黒ゴマ、乳製品、亜鉛を含む牡蠣などがあります。

いろいろな食材を取り入れた、栄養バランスの良い食生活が、髪を伸ばすのに効果があるようですね。

スポンサーリンク

頭皮マッサージで髪の毛を早く伸ばす方法

マッサージ

マッサージによる頭皮ケアで、髪の毛を早く伸ばすことができると言われています。

頭皮のマッサージ効果

頭皮マッサージで頭皮の血行が良くなるので、健康な髪を作り、髪の伸びが良くなると言われています。血流が良くなることで白髪の解消になるとも言われています。

マッサージで頭皮を血行促進することで、頭皮環境をよくするだけでなく、顔のむくみやたるみを改善する美容面での効果もあるそうです。

頭皮マッサージなら自分でもしやすいので、リフレッシュも兼ねて仕事や家事の合間に習慣にしてみてはいかがでしょうか。

マッサージの方法

両手の親指を首の付け根に固定して、4本の指で耳の上あたりを円を描くようにマッサージします。円を描くところを少しずつ上に上げていくようにします。

頭皮全体をつかんで前後に揺らすようにほぐします。頭皮を柔らかくします。

またツボを押すのも効果的です。頭のてっぺんの百会は抜け毛予防とストレスの緩和に、首の付け根の天柱も抜け毛とストレスの改善に、風池は血行促進に良いそうです。親指の腹で気持ちいいぐらいの強さで押します。

スポンサーリンク

髪が伸びない原因は?

悩む女性

いろいろな髪を早く伸ばす方法を紹介しましたが、髪が伸びない原因を知り、取り除くことも必要です。

睡眠不足

睡眠不足は肌にも髪にも悪いです。特に午後10時から午前2時はお肌と髪のゴールデンタイムであり、成長ホルモンが最も分泌される時間帯です。夜更かしせずに早めに寝て早めに起きるのが髪の健康にも良いようです。

仕事の関係で早めに寝るのが難しい人もいるでしょう。早めに寝られなくても健康のために、睡眠時間は確保するようにしましょう。

ホルモンバランスの崩れ

男性ホルモンは体毛、女性ホルモンは髪の毛に大きく関わっていると言われます。

男性も女性もどちらのホルモンを持っていますが、何らかの原因でホルモンバランスが崩れると、抜け毛の原因になる可能性があります。

ストレス

職場や家庭、友人関係など、ストレスがたまると自律神経の乱れにより血行が悪くなり、ホルモンバランスも良くない方向に作用します。

運動不足

運動不足は血行が悪くなる原因です。髪にも栄養が行き渡りにくくなる可能性があります。本格的なスポーツでなくてもいいので、ウォーキングや散歩、ストレッチや簡単な体操などを習慣にしましょう。

夏の紫外線

紫外線は頭皮にダメージを与えます。せっかく栄養をとっても髪や頭皮にダメージがあれば、きれいに髪が伸びません。また夏は暑さで頭皮環境も悪くなりがちです。

生活習慣の改善

生活習慣を改善して、髪が早く伸びる土台を作りましょう。栄養バランスの良い食事、早寝早起き、規則正しい生活、適度な運動を習慣にしましょう。

 まとめ

髪を早く伸ばす方法として、頭皮ケアシャンプーや炭酸シャンプーを使うこと、髪を早く伸ばすシャンプーやトニックも試してみること、ドライヤーを使うときは冷風も使って頭皮の皮脂分泌を抑えること、また髪をしっかり乾かすことがあげられます。

美容院で、またはセルフカットでも傷んだ部分は切るようにして髪が伸びるようにし、頭皮マッサージで血行を良くする、髪の元となるタンパク質やビタミン、ミネラルをバランスよく摂取することも髪の成長につながります。

髪が伸びなくなるような要因もできるだけなくすようにします。睡眠不足、運動不足、栄養不足は髪の成長によくありません。ストレスをためないこと、頭皮環境が悪くならないように頭皮も紫外線対策を意識しましょう。

髪を早く伸ばすと言われる方法はいろいろありますが、髪の成長を妨げる要因をできるだけ排除し、土台を作ることも必要です。

関連記事としてこちらも合わせて読んでおきましょう。

前髪が割れる原因は?対策方法やヘアセット方法と前髪の作り方について!

髪の毛に必要な栄養分はなに?髪の毛に良いサプリメントと薄毛の予防方法について!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク