床屋・美容院での散髪の頼み方!髪型に失敗しないために注文の際に押さえておくポイントは?

男性が散髪をするとき、理容室と美容室のどちらに行ったらいいのか迷うことがありませんか?

いつも短くカットしていただけの人がおしゃれなヘアスタイルにしたいと思っても、どう説明したらいいか悩むこともあるでしょう。

自分の希望通りの髪型を伝えるためには、カットやセット、パーマの種類を知っておくことがポイント。理容室と美容室の違い、希望の髪型の伝え方、ヘアスタイルの種類など、散髪の頼み方に関する情報を紹介します。

スポンサーリンク

理容室と美容室の違い

美容院

男性が散髪に行くとなると、理容室(床屋)と美容室(美容院)のどちらかを選択することになるでしょう。

床屋と美容院はどちらも散髪もパーマもできますが、両者にどのような違いがあるのでしょうか。受けられるサービス内容や価格などについても見てみましょう。

理容室と床屋

理容室、床屋、理髪店は理容師免許のある人が経営しているお店です。呼び名が異なるだけでこれらの専門店はすべて同一の経営方針のお店になります。

主に男性の髪を整えるお店として国に申請しているお店で、唯一理容師だけは顔剃りもでき女性のパーマを行うことは禁止されています。逆に美容院での顔剃りもできないことになっています。

以前は女性のパーマが法律で禁止されていたこともありましたが、今は女性のパーマも良いことになっています。理容室でも女性のパーマがOKとなりました

昔は理容室は男性の髪を整えることやカット後のパーマならOK、しかし女性に対してはカットのみしか行なえませんでした(法律上)、さらにパーマのみの受付なども行なえませんでした。法律で細かく分類されていたんですね。

最近は理容室もよりスタイリッシュなお店が増えつつあり、中には美容室のようなメニュー展開をしているお店もあります。

美容室と美容院

美容室、美容院は美容師免許のある人が髪やメイク、着物の着付けのようなサービスまで行うお店です。女性は主に美容室を利用することが多いですが、最近は美容室を利用する男性客も増えました。

美容に重点を置いているので、おしゃれな髪型にしたいのであれば美容室や美容院での散髪がおすすめです。パーマやトリートメント、エクステンション、メイクなどメニューが豊富なところも魅力です。先に電話やネットでの予約が必要なお店が多い特徴があります。

美容師は理容師免許を持っていなければ顔剃りができません。男性にカットのみ施すのは法律で禁止されていたことがありましたが、現在は法律でも許可されています。以前は理容師・美容師が同じフロアで働くことも禁止されてましたが、今は解禁となっています。

美容師不足が問題になっている?

美容師、美容院関連の記事を見ていると、スポンサーリンクで美容師さんの中途採用に関する広告を見かけることがあります。美容師不足は最近問題になっているようで、技術力のある、人気美容師の引き抜きも多いという話もよく聞かれます。

また美容師と理容師の両方の資格取得が取りやすいように、制度が変更されることが決まっています。どちらの資格も持っている人がお店にいると、対応できるメニューが増えて良さそうです。

ヘアサロン

ヘアサロンは広い意味では理容室と美容室のどちらも指しますが、限定的に美容室を指すことが多いようです。海外(英語圏)でも使える言葉です。また理容室はバーバーショップ、美容室はビューティーパーラー、ビューティーサロンなどと言います。

メンズサロン

美容室を利用したい人の中には、女性客の多いサロンは避けたいという人もいるかもしれません。そのような人には男性限定美容室であるメンズヘアサロンを利用するのがおすすめです。

理容室・美容室の料金

理容室・美容室の料金は、立地条件、サービス内容によって異なってきます。また担当の指名料がかかることもあります。

理容室のカット料金は1,000円~5,000円台、ヘアカットがシェービングやシャンプーとセットになっていることが多いです。

美容室のカット代は3,000円~6,000円台、ブローやシャンプーや最後のワックスを付けてのヘアセットが込みということが多いです。美容室には更に指名料があります。最近で多いのは、下からスタイリスト<トップスタイリスト<サロンディレクター<アートディレクターなどの項目に別れており、指名した場合は500〜2,000円ほどの追加料金が発生します

理容室、美容室ともにカラーやパーマも値段はポイントや白髪染めで3,000円~髪の長さやメニューによって10,000円~のところもあります。美容室の方が対応しているカラーやパーマのメニューが豊富なので、料金が高いメニューが多いです。女性が利用することが多いので、ロング料金がかかることもあります。

理容室・美容室の情報

おしゃれな理容室や美容室で、かっこいいヘアスタイルにしたいと思っても、どんなお店に行けば良いのかわからない時もありますよね。そのような人はホットペーパービュティーのような、全国のサロン情報が掲載されている情報サイトを利用してみるのがおすすめです。

サロン情報のサイトには、サロンのサービス内容やアクセス、サロンの得意なメニュー、クーポン、口コミ情報なども載っていますので、何かと参考になるでしょう。

クーポンや初回限定、また会員登録をすることで安くなることもあるので、価格を抑えたい場合は初めて利用するサロンのクーポン情報などをよく調べておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

理容室と美容室での散髪の頼み方

白黒ヘアカット中男性

いつも自分でセルフカットしてる人、またご主人の髪を切っている主婦の方も多いようです。たまにはいつもと同じ髪型ではなく、イメチェンのため散髪に行くのはどうでしょうか。普段サロンをあまり利用しない人のためにも、散髪の頼み方について説明していきます。

流れ

床屋と美容院でのカットまでの流れについてまず簡単に紹介します。

床屋

床屋ではかなりお店ごとにスタイルが変わります。まず店内に入り、お客さんがいる場合は待合場で待機します。

理容師の手が空いた段階で受付を済ませて、順番にカットに入ります。

美容院

美容院の場合も個人店の場合は流れが異なる場合がありますが、基本的には大手で修行を積んだ人が経営しているお店が多いので、流れは大体決まっています。

まず店内に入るとすぐにある受付で予約名などを告げて、担当者(ランク指名するかしないか、常連の場合はここでいつもカットしてくれる人を指名します)を選択します。

荷物や上着などをロッカーに預ける場合はこのタイミングで預けます。

担当の手が空いたら、カットに入ります。カット前に要望や髪の毛の特徴をまとめたカルテを作って、前回に髪の毛を切った時期などのデータをまとめるところもあります。

注文の仕方

一般的な理容室や床屋では、短くするか刈り上げるか、などざっくりとした仕上がりでイメージを伝えることが多いようですが、きちんとイメージを伝えれば流行の髪型もいろいろ対応してくれるところも多いです。

メンズサロン系の理容室や美容室では希望の髪型を細かく希望を出して伝えることが多いです。美容師さんに希望の長さのみ伝えて、あとはプロにお任せということもできます。

その場合、お客さんの服装や雰囲気に合わせたスタイルに仕上げることが多いようです。

ざっくりとした表現でも「前髪は眉から何センチくらい」「襟足は輪郭から見えるくらいの長さ」「もみあげは自然な感じ」「トップはワックスで遊びが出るくらい」などなど、目的の髪型の特徴を抑えた注文をすれば後は顔の輪郭とのバランスで整えてくれます

ヘアカタログや写真で伝える

どのような髪型にしますか、と言われても言葉だけではうまく伝えにくいときがあります。「前髪は短めでアップにしたいんだけど、こんな感じで」とヘアカタログのモデルの写真や持ち込みの画像を見せて担当の理容師、美容師に伝えるとイメージが伝わりやすいでしょう。

実際これが美容師としては最もイメージを共有しやすいですし、お客の髪質や雰囲気に合った提案も出来ます。

部位ごとの注文

先程もいいましたが、部位ごとにしっかり長さの注文をすることも重要です。学校の校則や会社での印象もありますので、要点はしっかり抑えて注文しましょう。

前髪

前髪の長さを眉より上の短めにするのか、それとも目にかかるくらい長めにするのかについて希望を伝えます。短い前髪を上げるのか、おでこに下すのか、長い前髪は分け目をどうするのか、自然な分け目かそれとも変えたいのかについても事前に決めておきましょう。

耳周り・もみあげ

耳まわりの髪は、耳にかぶる程度の長さを残すのか、それとも耳は全部出すのか、耳の上は刈り上げてツーブロックにするのか、もみあげは残すのか切るのかについても希望を伝えます。

襟足

刈り上げにするのか、刈り上げにするならどの範囲まで刈り上げるのか、刈り上げない場合はどれぐらいの長さにするのか、自分の希望を伝えます。

トップ

頭の頭頂部に当たる部分の髪の毛です。ワックスでどれくらい遊びをもたせるのか、どれくらいの重さ、あるいは軽さにするのか、イメージ写真によってはパーマを使用しないとイメージ通りにならないこともあります。

パーマやカラーの希望

パーマは仕上がりを大きく左右してしまうことがあるので、理想の髪型にするにはどの種類のパーマを使うべきなのか、よくわからない時は担当の人によく確認しておきましょう。カラーはイメージ通りの色に近づけるためにも、色見本から選ぶのがベストです。

専門家の意見も参考に

担当の美容師に希望を伝えたとき、トップにボリューム出した方が頭の形に合うかも、縮毛矯正は前髪だけで十分そう、パーマとカラー両方をすると髪のダメージが目立つかも、などと言われることもあるかもしれません。専門家の意見も参考にしてみましょう。

スポンサーリンク

散髪の頼み方・カットの種類

顔に手男性

おしゃれ男子の中で人気のあるヘアスタイルは、短髪のベリーショート、ツーブロック、ツーブロックとソフトモヒカンの組み合わせ、長めのマッシュスタイルなどがあります。それぞれどのような髪型なのか、簡単に説明します。

刈り上げ

刈り上げはバリカンやハサミを使って、襟足や耳上を5mm以下に短く切るカットの方法です。生え際側は短く、トップ(頭頂部付近)は長めの仕上がりになります。刈り上げを取り入れることで、いろいろなヘアスタイルやアレンジを楽しむことができます。

ベリーショート

ボウズまではいかない、かなり短めのショートカットです。ワックスを使って束感のある仕上がりにするとおしゃれな雰囲気になります。清潔感があるので、多少ワックスで毛先に遊びを出しても、ビジネスの場面でも許容範囲のことが多いです。

ツーブロック

ツーブロックは刈り上げの一種で、襟足や耳上サイドの髪は短く刈り込み、トップの髪は長めに残すスタイルで、普通の刈り上げよりも長い部分と短い部分がわかりやすく分かれています。

刈り上げた部分が少し隠れるぐらいトップの髪を長めにしたり、アシメントリーな仕上りのツーブロックなど、ヴァリエーションが豊富にあります。最近はおしゃれ男子のヘアスタイルには欠かせないスタイルとなっているようです。

個性的なツーブロックはセンスとカット技術が必要ですので、試したい場合は個性的な男子髪スタイルが得意な美容師さんにお願いすると良いでしょう。

ハチ張りの人に合うツーブロック

日本人の頭に多いのが、頭の横幅が大きいハチ張りの頭です。頭が大きく見えやすく気になっている人もいるかもしれません。サイドを刈り上げたツーブロックスタイルは、おしゃれでかつハチ張りの頭の形を目立たせない効果があります。

ソフトモヒカン

モヒカンスタイルはトップの中央部分のみ髪をやや長めに残しておいて、残りの髪は刈り上げたかなり派手なスタイルです。ソフトモヒカンはトップの中央部分をモヒカンより幅を広く長く残し、他の部分は短めにしたソフトなモヒカンスタイルです。

サイドや襟足は刈り込んだ、ツーブロックとソフトモヒカンを合わせたスタイルが人気です。トップとサイドの長さの差が控えめなソフトモヒカン風スタイルも、どんな場面でも合うので人気です。ベリーショートだとより爽やかな印象です。

マッシュヘア

いわゆるマッシュルームスタイル、前髪もサイド、髪の表面の長さがあるショート~ミディアムスタイルです。少しクセのある髪質や、パーマをかけたマッシュヘアが人気のようです。少年っぽい顔立ちに合うモテ系スタイルです。

スポンサーリンク

散髪の頼み方・パーマの種類

笑顔の男性

散髪とともにパーマも頼みたいという人は、パーマの種類をよく知っておいた方が良いでしょう。せっかくカットがカッコよく決まっても、パーマを失敗しては台無しです。主なパーマについて、いくつか紹介します。

コールドパーマ

コールドパーマにはピンパーマ、ツイストパーマ、スパイラルパーマ、ツイストスパイラルパーマ、ワイヤーパーマなどがあります。

ピンパーマは短い髪でもかけられるパーマです。ストレートヘアの人が短い髪にするとツンツンとした感じが気になることがあります。クセ毛風に束感を出したいとき、おすすめのパーマです。

ツイストパーマもピンパーマに似ていますが、ツイスト(ねじり)を加えてパーマをかけることで、ピンパーマよりはっきりとしたウェーブ感が出るのが特徴です。最近流行の毛束感を重視したヘアスタイルをしたい人におすすめですが、髪が傷みやすくチリチリになりやすいのでヘアケアにも注意しないといけません。

スパイラルパーマはロッドを使って巻くパーマなので、長さがある程度必要です。ロッドのタイプを変えることで思い通りにいろいろなパーマスタイルにできるのが良いところです。

ツイストスパイラルはツイストを加えたスパイラルパーマです。よりくっきりとした毛束感を出すことができますが、スパイラルより髪の毛が傷みやすいです。技術力の高い理容師・美容師さんにお願いするようにしましょう。

ワイヤーパーマは針金を使ったパーマで、個性的なドレッドやアフロスタイルをしたい人におすすめです。

縮毛矯正

クセ毛、天然パーマで好きなヘアスタイルをしたいのにできない、という人は縮毛矯正という手段もあります。ストレートパーマではコールドパーマを落とすぐらいしかできないので、生まれつきクセ毛の人が髪をしっかりとまっすぐにしたければ、縮毛矯正がおすすめです。

縮毛矯正は美容師にとって難易度の高い施術です。縮毛矯正をしてもらう時は、縮毛矯正が得意なサロン、技術者の人に頼む必要があります。担当技術者の人が失敗すると、ストレートヘアどころかハイダメージのビビリ毛になってしまう恐れがあります。

縮毛矯正は他のパーマと比べて価格設定がやや高めです。また髪の短い男性が縮毛矯正をかけると、髪の伸びてきた部分が目立ちやすく、持ちが悪く感じられます。頻繁に縮毛矯正をかけるのも髪の傷みの原因になるので、伸びてきたところのみ、またはポイントでかけるようにして、髪の受けるダメージを回避するようにしましょう。

スポンサーリンク

散髪の頼み方・セットの種類

青空ヒゲ男性

カットだけでなく、セットの仕方でも雰囲気の異なる仕上がりになります。どんな髪のセットの仕方があるのかについても確認しておきましょう。

トップのセットのポイント

トップの部分を立たせるのかボリュームを出さないようにするのか、束感のある仕上がりにするのか、分け目をつけないのか、つけるならセンターかサイドか、髪の毛流れをどうするか、前髪も下ろすのか前髪を上げるアップバングにするのかでイメージが変わってきます。

ポンパドール

トップや前髪を伸ばし、サイドやバックを短くしたツーブロックのようなスタイル、トップにウェーブを入れているスタイルも見かけられますが、圧倒的に多いのはストレートでリーゼントっぽいヘアスタイルです。

ヘアアイロン

普通はドライヤーでブローしてセットが終了しますが、天然パーマの人やクセ毛の人は、アイロンでストレートに仕上げることも可能です。クセ毛を活かしたスタイルにしたい人はそのままで、アイロンでまっすぐ仕上げてほしいなら希望を伝えましょう。

スポンサーリンク

まとめ

サングラスとファーの男性

男性が散髪する際、プロに頼む場合は理容室(床屋)または美容室の選択肢があります。一般的には価格を抑えて顔剃りもしたいなら理容室、流行のヘアスタイルにしたいなら美容室と言われています。最近はスタイリッシュな理容室も増えてきています。

散髪の時の頼み方のポイントは、自分のなりたいイメージを具体的に伝えることです。言葉だけだと伝えにくい場合は、ヘアカタログやイメージ写真を見てもらうのも良い方法です。前髪や耳周り、襟足の長さやカットの仕方、分け目のつけ方なども事前にイメージしておくのがおすすめです。

カットやヘアスタイル、パーマの種類も事前に知っておくと頼むときにスムーズです。流行のスタイルにしたいならツーブロックやソフトモヒカン、マッシュなど、大体のイメージでもヘアスタイル名で言えば伝わりやすいでしょう。良い理容師・美容師さんと出会えて、理想の髪型になれると良いですね。

関連記事としてこちらの記事も合わせて参考にしてみてください。

髪の毛に必要な栄養分はなに?髪の毛に良いサプリメントと薄毛の予防方法について!

髪の毛を早く伸ばす方法は?髪の毛を伸ばすために有効な栄養素を紹介!

前髪がスカスカな男女に似合う髪型は?自分で出来るスカスカ前髪対策方法!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク