髪を太く育てる方法を紹介!おすすめの食べ物は?シャンプーの仕方で髪の毛の太さが変わる?

生まれつき髪が細い、加齢とともにどんどん弱々しくなってきた、など細い髪は、将来のハゲの予感になりとても不安です。髪の本数は一般的に10万本前後が平均的なようです。多い人でも12万本ほどで、少ないと10万本に満たないというような量だそうです。

髪のボリュームが減ってきた、薄毛が気になる、という症状が現れてくると8万本ほどに減少し、ハゲてしまった人の量は5万本にまで減ってしまうそうです。

同じ量でも、細く弱々しい髪は、さらに薄毛に見えるので、一本一本の太さをしっかりさせるには、どのようなことをしたら良いのでしょうか

スポンサーリンク

日本人の髪の特徴

c070d165f10d062e352c70e3b7b5a861_s

色々な人種によって髪の量、細さ、色、コシ、強さなど、様々です。例えば、美容室に行って担当の美容師さんに、こんな髪型にしたい、とお願いすることがあったとします。もしもそのモデルが外人だった時は、出来上がりのイメージが全然違う!、という仕上がりになる場合が多いでしょう。特に西洋人比べて東洋人の髪は、太くシッカリした傾向にあります。

私たちの髪にはどのような特徴があるのか、知っておきましょう。

一本は太いが、本数は少なめ

日本人の髪質の特徴に、上記のような特徴が上げられます。先ほどの既述のように、日本人の平均本数が10万本のところ、西洋人は14万本もあるそうです。髪質の太さでその量をカバーしている、ということがわかります。

では一本一本の毛の太さはどれくらいなのでしょうか。日本人は0.07~0.1mmほどだそうです。西洋人は0.05~0.07mmほどなので、日本人の毛髪の方がやや太めとなっています。

髪の本数が少ない分、髪が細く弱々しくなってしまうと、途端に薄毛が目立ってボリュームが少なく見えてしまう状況になりやすいということです。

艶があって、コシもある

西洋人の毛髪は細く柔らかい癖毛なのに対し、シッカリした直毛に近いのが日本人の特徴でもあります。しかし実際には日本人でも癖毛に悩む人は多く、雨などで湿気の多い日は、うねりが出て膨張しやすいタイプが多く、波状毛と呼ばれています。

日本人の黒髪は、外国人からも憧れとして見られることも多く、とても人気が高いのも事実です。薄毛で悩み始めたら、艶とコシがある、一本一本がしっかりと太い日本人としての毛質を目指して育毛していきましょう。

スポンサーリンク

ハゲになりやすい日本人

日本

以前、世界の薄毛率を調査した結果、日本人はアジアでナンバーワン、という結果が発表されました。この理由は、私たち日本人の毎日の生活形態が大きく関係しているため、このような残念な結果になってしまいっていると言えます。

その理由を考えて見ましょう。

ストレスで毛は薄くなる

20代も中盤を迎え、社会人として仕事に一生懸命に取り組んでいる30代、40代は、ちょうど薄毛が進行し、早い人はハゲ始めてしまう年代です。毛髪とストレスの関係はとても深く、円形脱毛症などはストレスが重い状態が続くことで、一気に毛が抜けてしまうという脱毛症です。

精神的な疲れは、頭皮を硬くしてしまい、血行不良を起こす原因にもなり、その結果、健康な頭皮環境が損なわれ、必要な栄養素が運ばれずに毛が抜けてしまう、ということもよくあるパターンです。意識的にリラックスできる時間を作り、精神衛生上の健康にも気をつけて行くことが大切です。

日常生活の習慣で毛は薄くなる

日常生活の中で、脱毛症の原因になるのは「睡眠の質」「食生活」「喫煙の習慣」の3つが上げられます。薄毛対策には、まずこの3つの生活習慣に問題がないかどうか、検証してみましょう。

睡眠の取り方

まず、睡眠についてですが、十分な睡眠時間がとれていない、睡眠時間帯がずれている、という2つの生活習慣に注意してください。睡眠不足はイライラを招き、体の疲れも回復できていない状態なので、ストレスの蓄積につながります。

もう一つの睡眠時間帯は、夜10時から深夜2時の間に、きちんと睡眠がとれているか、というところです。この時間帯に健康な毛髪を作る成長ホルモンが出るために、朝まで起きている、昼間に睡眠をとる、生活リズムは育毛するために良い環境ではありません。

質の悪い食生活

食生活については、まず脂っこい食事を好む人は、皮脂が多く、毛穴が詰まりやすく、脱毛症になりやすいという傾向にあります。

また飲酒や外食が多く、塩分が多く、添加物などが多い食生活は、髪の成長に必要な栄養が足りていません。

喫煙の習慣

3つ目の喫煙ですが、この習慣がある人は、百害あって一利なし、とも言われるタバコがもたらす悪影響が原因です。

血液ドロドロ状態になりやすいので、頭皮の血流も悪くなり、発毛や育毛に必要な栄養素が運び込まれなくなり、毛母細胞の活動の低下から、脱毛してしまうということになります。

シャンプーの仕方とシャンプー剤

私たちの身近にあり、価格も使用感も良いシャンプー剤は、実は頭皮と毛髪にはとても適さないものばかり、という事実を知っていましたか?美容室に行った時、美容師さんに、近所のドラッグストアで販売されているシャンプーでどんなものを買ったら良いですか?と質問したことがあります。美容師さんの反応は、本当は全て髪にはあまりよくない、との答えにびっくりしたことがあります。

洗った時の香り、泡立ち、指通りや、仕上がりのサラサラ感は、実は良い感覚を感じているだけで、頭皮に必要な潤いも強い洗浄力で、洗い流してしまっているのです。特に薄毛になっている頭皮は脂がギトギトしていたり、乾燥してフケが出ているなど、頭皮の皮脂バランスが悪い状態になっている可能性が高いので、育毛シャンプーに変えてみるのがおすすめです。

育毛シャンプーは、アミノ酸系のシャンプー剤に分類され、洗浄料がとてもマイルドです。アミノ酸は人の肌にとても近い成分なので、頭皮ケアにも、ヘアケアにもとても適しているシャンプー剤なのです。

スポンサーリンク

髪を細くする原因

1313f3fff98833404544c7eaa5e7b5e3_s

男性、女性ともに、ホルモンバランスによる作用で太く健康な髪に育たない、といった症状が起こります。これは自然のヘアサイクルで生えてはぬけて、を繰り返しているのではなく、まだまだ成長するべき毛髪が、その途中で抜けていってしまう異常脱毛の症状です。

放置しておくと、事態はどんどん深刻になり、回復が難しい状態になってしまうので注意が必要です。

男性型脱毛症(AGA)

男性ホルモンの中にテストステロンという物質があります。テストステロンはいわゆる「男らしさ」を象徴するホルモンです。男性でも筋肉の付き方がたくましく、より男性的なボディラインの人はテストステロンの分泌が豊かな男性です。別名「モテホルモン」とも言われるほどで、女性にもとても良くモテるタイプが多いこともわかっており、とても貴重なホルモンです。

しかしこのテストステロンが、体内で分泌された時、5αリダクターゼという体内酵素と結びつくと、「ジヒドロテストステロン」という悪玉ホルモンに変化してしまいます。ジヒドロテストステロンは、毛母細胞が細胞分裂を繰り返した末に、せっかく発毛した大切な毛髪を、まだまだ若い未熟な状態で、成長をストップさせる作用があります。

その結果、毛周期の成長期の期間に、正常に育たなかった毛が、細いまま抜け毛となって落ちてしまうため、頭皮から生えている毛が細毛ばかりの状態になってしまうのです。成長期の途中で抜けてしまった毛は、その後すぐにまた生えてくるわけではありません。

毛周期ではしばらくの間、次の毛を生やすための、栄養を蓄える準備期間である退行期、休止期という状態に入ります。成長期の途中で脱毛してしまっている分、正常な状態の休止期よりも長い期間、髪が生えていない、というサイクルが継続します。

その結果、成長毛は細いものばかり、毛髪が生えていない休止期の毛穴が多く存在することになる、ということは、薄毛の状態またはハゲてしまっている状態となってしまうのです。

男性型脱毛症の治療は

男性型脱毛症は専門のクリニックがあります。専門医の指導のもと、AGA治療薬を処方されるので、しっかりとした治療をして改善につなげましょう。実際に発毛効果が高いと認められている成分もには、副作用の危険性もあります。また実際に効果が出始めた、と実感するには3ヶ月以上の時間がかかった、というケースがほとんどです。

すぐに思った様な効果が出ないからといって、早々に諦めてしまわずに、事前カウンセリングで今後の展開を理解しておく事、根気づよく頑張ることが大切です。

女性男性型脱毛症(FAGA)

女性ホルモンによる脱毛症を、女性男性型脱毛症(FAGA)、あるいはびまん性脱毛症と言い、年々増加の傾向にあります。女性薄毛の場合、男性の脱毛症のように、頭頂部が薄くなったり、生え際が後退したり、というわけではなく、全体的にまんべんなく薄くなるので、気がつき難い場合もよくあります。

女性の場合、女性ホルモンの働きで、女性の体の中にも存在する男性ホルモンの力を抑制している状態にあります。しかし、閉経が近づくにつれ、女性ホルモンが分泌されなくなるので、男性ホルモンが以前より活動的に作用しやすくなる、という説が有力です。

もちろん、男性と同様、食生活、生活習慣、血行不良、栄養不足という問題点により、脱毛症が起こる可能性は大きいです。

女性男性型脱毛症の治療は

男性に比べてまだまだ女性のFAGAは、数も少なく、女性をメインにしたクリニックも多くはありません。しかし、自分の頭皮の状況の診断はもちろん、血液検査もした上で、どのように育毛環境を整えていったら良いか、進行しない予防策や薬の処方は必要か、など相談してみるのもよいでしょう。

最近のクリニックでは、内服薬、外用薬、サプリメントなどを処方してもらえるようです。女性と男性の一番の違いは、女性ホルモンには閉経という終わりがあることです。一般的に閉経に伴う更年期障害は、女性の方が症状は重く、メンタルな部分でも不安定です。女性専門外来でのホルモン治療も、合わせて検討してみると良いでしょう。

スポンサーリンク

太い髪に育てる!頭皮ケア術

57376d6f97ecc657d8c8f104a4815aaa_s

太く丈夫な毛髪に育てるために、日々の生活の中で実践できる頭皮ケア方法をご紹介します。抜け毛、細毛や脱毛の原因に、「食事」「睡眠」「喫煙」の3つをあげてご説明しました。

「喫煙」は今すぐにでも禁煙するべきですが、「食事」「睡眠」についても気をつけるべきポイントをまとめてみましょう。

食生活でのポイント

髪の主成分はたんぱく質です。太くて健康な髪を作るには、タンパク質、ミネラル、ビタミンといった栄養素が必要になります。

これらの栄養素が満足に足りていないと、栄養不足から健康な毛髪は育成されません。具体的にどんなものを食べたら、これらの栄養を補うことができるのでしょうか。

タンパク質

タンパク質を多く含む食材は、肉、魚介、卵、大豆、乳製品といった食材に多く含まれます。

中でも大豆イソフラボンを多く含む納豆は、鉄分やカルシウムも多く含まれるのでおすすめです。肉類にはタンパク質が大変多く含まれますが、脂っぽい部位は、カロリーも高いため、どちらかというと、パサパサした部位である赤身やささみなどを選ぶようにしましょう。

魚介類は青魚、タコ、貝類など栄養価が高く、ヘルシーなものでもタンパク質が多く含まれます。バランスよく毎日飽きずに摂取していくよう、心がけましょう。

ミネラル

薄毛、細毛の予防対策に最も必要なミネラルは「亜鉛」です。育毛サプリには亜鉛が多く含まれているものがとても多く配合しています。食べ物から摂取するには、生牡蠣やレバーがとても亜鉛が豊富なのでおすすめですが、毎日欠かさず食べれるか、というと難しいところです。

良質の牡蠣から抽出した質の良いサプリメントで、補給するのが一番良いでしょう。毎日の食事でも、ちょっとした薬味がわりに黒ごまを加えたり、おつまみをスルメやカシューナッツにしてみたりと、ちょっとした工夫をして少しづつ補ってみてはいかがでしょうか。

ビタミン

髪に必要なビタミンは、以下のつです。過剰摂取してしまうと、かえって逆効果のビタミンもあるので、注意が必要です。

・ビオチン・・・髪を太く健康にすると同時に血管も丈夫にする作用があるので、血行促進効果もあります。牛レバー、豆腐、卵黄に含まれます。

・ビタミンB群・・・B1〜B12まで、バランスよく摂取したい栄養素です。タンパク質を髪になる作用を活発にしたり、毛母細胞を元気にするといった髪の成長に欠かせない存在です。ビタミンB群が多いのは牛、豚、鶏のレバーや卵に多く含まれます。

・ビタミンC、E・・・この二つの組み合わせがとても相性がよく、髪だけでなく若返りのビタミンとしてアンチエイジング効果の高い栄養素です。抗酸化作用が高く、血行促進効果もあります。ビタミンCは過剰摂取しても問題ありませんが、ビタミンEは適量に気をつけましょう。びたみんCはゆず、レモン、いちごなど、ビタミンEはアーモンドや落花生に多く含まれます。

良質の睡眠をとるポイント

先の項目で、睡眠不足がストレスにつながり、脱毛を招く要因となること、成長ホルモンの分泌される時間帯に眠っていないと、髪の健康が損なわれることをご説明しました。現代では不眠に悩む人はとても多く、眠っていても疲れが取れない、なかなか熟睡できない、といった症状に苦しむことも多くあります。

まずはしっかりと神経を落ち着かせることを徹底しましょう。仕事の後にいきなり眠ろうと思っても、頭が冴えて眠れません。一旦気持ちをリセットすることで、交感神経から副交感神経にきちんと切り替えることが重要です。

眠る直前までスマホを見ているのも、悪い習慣です。副交感神経に切り替わるタイミングは、お風呂にゆっくり入ることが、一番効果的な方法です。お風呂に入ると体温が上がり、手軽にリラックスできます。そのままの気持ちで眠りにつくのが理想的です。

女性なら音楽、香りなどで気分をリラックスできる方も多いので、何か自分にとっての癒しの時間を意識的に作る工夫をしてみましょう。

頭皮の血行促進と育毛

091e304806355fddd8f07c5a4c2169ea_s

ハゲ、薄毛、脱毛症の場合、頭皮の血行を良くすることは、太く健康な髪を育毛するのに、とても効果的です。手軽に頭皮の血行促進できる対策をいくつかご紹介します。

頭皮マッサージ

頭皮マッサージを毎日することは、頭皮の血行促進にとても効果の高い方法です。指の腹を使って優しく頭皮を刺激する、という簡単な方法でも毎日続けているだけで、血流の滞りを解消をし、頭皮環境を良くすることができます。

シャンプーブラシなど、頭皮の結構促進アイテムは、豊富に販売されているので、たまにはグッズも使ってみながら、毎日続けて行きましょう。

炭酸水シャンプー

炭酸水は、水の中に二酸化炭素が溶け込んだ水です。普通の水で洗うより、炭酸水で洗う方が、血行が促進され、皮脂や汚れを浮き出す効果もあるので、効果的です。しかし水から常温になった時点で、炭酸はほぼ抜けてしまうので、炭酸独特のシュワシュワ感もなくなってしまいます。かといって最初から冷たい炭酸水だけで髪を洗うのは、とても面倒な作業です。

シャンプー自体に炭酸を含ませている炭酸シャンプーや、育毛シャンプーなどで髪を洗い、シャワーで洗い流した後、仕上げに炭酸水で頭皮を洗い流す、といった方法が一番現実的です。

最近では、温かいお湯でも蒸発せずに、炭酸を発生させる業務用の機器を設置している美容院もあります。頭皮の汚れをデトックスするつもりで、たまには利用するのも良いですね。

発毛剤、育毛剤を使う

薄毛予防の方法の中でも、この方法は毎日をつけるだけなので、一番手っ取り早い予防対策です。女性育毛剤にも、男性育毛剤にも必ず、発毛効果の高い成分や育毛成分が配合されていると共に、血行促進効果の成分も入っているので一石二鳥です。

では、どんな育毛剤を選べば良いのでしょうか。育毛効果のある育毛成分が製品ごとに色々と配合されています。血管を拡張する成分や、頭皮の乾燥を防いだり、過剰な皮脂を抑制したりというものなどがあり、基本的には今ある毛を太く健康に育毛する目的で使用します。

深刻なハゲの状況になると、薬用育毛剤のように、頭皮環境をよくするものだけでなく、医薬品の発毛剤も併用するのが良いのですが、すでに長期間機能しなくなってしまった毛根から、新たに発毛させるのはとても困難です。

女性の場合は特に、男性ほど状況が深刻ではない場合が多いので、少し気になる程度の段階で早めに気づき、育毛剤を毎日つけることから始めましょう。マイナチュレ育毛剤は、植物由来の主成分で、無添加育毛剤として販売されています。頭皮と髪に優しいもので、まずは効果を試してみましょう。

スポンサーリンク

まとめ

日本人の毛質は元々、太くしっかりとした毛質なので、か細く弱々しい毛になってしまう危機感を感じたら、すぐに対策をとりましょう。頭皮環境を整え、良い睡眠をとり、体に良い食生活、ストレスをなるべく溜め込まないようにするなど、毎日のちょっとしたことの積み重ねが大切です。

爪や髪は健康のバロメーターです。あなたの髪が健康でスクスク育っているのであれば、体の栄養バランスも問題ないと言えます。髪の細さに不安を感じたら、頭皮ケアだけでなく、体の中にも不安があると捉え、これをきっかけに健康的な生活習慣を心がけましょう。

関連記事としてこちらも合わせて読んでおきましょう。

髪の毛を早く伸ばす方法は?髪の毛を伸ばすために有効な栄養素を紹介!

スカルプDの効果はあるの?有効成分を紹介!その他の育毛製品と比較してみよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク