髪と頭皮に優しい白髪染めシャンプーを紹介!女性だけじゃなく男性にもおすすめの市販の商品は?

白髪染めの商品の中に最近注目を集めているシャンプーの商品があるのをご存知ですか?毎日のシャンプーで髪の毛を染められるのもで、白髪染めの様に1剤や2剤と言った髪の毛を痛める成分を含んでいないので、髪の毛を優しく染め上げることが出来る商品になります。

30〜40代になってくるとだんだん気になってくるのが白髪ですよね、若い内の白髪であれば、生活習慣などの改善により髪の毛を黒く戻すことが可能ですが、老化による白髪は回復が難しく自己回復では元の色に戻すことがなかなか出来ません。

カラー剤などを使用して髪の毛を染めるしかないのです。しかし、ヘアカラーなどの商品は髪の毛を痛めてしまいます。年齢を重ねてからのヘアカラーはより髪の毛を痛めてしまい、髪質の悪化に繋がります。そんな時に白髪も染まるシャンプーというのが非常に有効になっていきます。

今日は白髪を毎日のシャンプーで染められる白髪染めシャンプーに付いて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

白髪染めシャンプーにつシャンプーいて

白髪染めシャンプーの最大の特徴はシャンプーとヘアカラーの二つの役割が合わさっている点です。染まり具合やそのシャンプー自体の効果などが気になるかと思いますが、まずは白髪染めのシャンプーの基本的な情報を紹介していきます。

白髪染めシャンプーについて知っていきましう。

白髪染めシャンプーって何?

11年程前から商品化されているもので、結構歴史のある商品になりますが、シャンプーの商品としては比較的に新しいものになります。ノンシリコンなどの商品も多いことから、最近の髪の毛に見られる問題の傾向に合わせて製品化されているといえます。

近年カラー剤の商品の数が増える中で選択肢の一つとして注目が集まっています。穏やかに髪の毛に着色する特徴や頭皮や髪の毛に与えるアイナスの影響が少ないことから需要が高まっています。

特に老化してからの髪の毛へのダメージは抜けにくく、カラー剤などを繰り返し使用するとダメージは蓄積され髪の毛のハリやコシなどはどんどん失われてしまいます。髪の毛や頭皮は乾燥しがちになりトラブルに繋がりやすいことで、問題視され徐々にダメージの少ないカラー剤などの商品に注目が集まっています。その中に位置しているのが白髪染めシャンプーになります。

白髪染めシャンプーのメリットとデメリットについて

白髪染めのシャンプーのメリット・デメリットはいくつか存在します。項目をしっかり押さえてその効果を知っておきましょう。

メリット

まずひとつ目の大きなメリットは、髪の毛や頭皮を刺激する成分が含まれていないので髪の毛と頭皮に非常に優しく、湿疹や痒みやヒリヒリ感などがないことです。

二つ目は少しずつ髪の毛の色が染まっていくので不自然に色が入りすぎること無くキレイに色が入っていくことです。毎日のシャンプーで染まっていくので色落ちの心配がなく、毎日色を入れていくのでどんどん色はしっかり濃くなっていきます。

3つめは手間がかからないことです。毎日行うシャンプーを入れ替えて使用するだけで簡単に髪の毛が染まっていくので髪の毛を染めるためだけに染料を使用する手間がかかりません。薬品を使用することもないので、手に付着して汚れてしまうなどの問題もないので楽ちんです。

デメリット

染まりが遅い。すぐに染めたいと言う人にはこの商品は向きません。例えば明日や明後日などに外出の予定があり、白髪をきちんと染めておかなくてはいけないなどの場合は白髪染めのシャンプーでは間に合いません。

次には、価格が高い点です。普通のシャンプーに比べると値段が5倍以上の価格がしてしまいます。既にスカルプシャンプーや育毛シャンプーや薬用シャンプーを使用している場合は値段の差は感じないでしょうが、一般的な1000円付近のシャンプーに比べると高めに設定されています。平均で5000円程ほどの価格を想定しなければいけません。

さらに薬用シャンプーなど頭皮環境や髪の毛の状態に沿って使用しているシャンプーの使用を中止しなければいけない点やシャンプ方法が独特で少し時間がかかってしまう点です。これらは慣れるまで若干の時間が掛かるでしょう。

最後に色の選択肢が狭いという点です。白髪染め専用の商品は10〜24種類近くの幅で髪の毛の色を選択できます。しかし、天然の成分で染め上げるシャンプーでは色をそこまで沢山細かく分けて出すことが出来ません。キレイな指定の色を出すことにこだわるのであれば大手のムースや泡やクリームタイプのヘアカラー剤を使用することをおすすめします。

白髪染めトリートメントもある

白髪染めの商品の中にはシャンプーだけでなくトリートメントのタイプの商品も存在します。用途はトリートメントと同じでシャンプーの後に使用するトリートメントにそのまま天然由来の染料が加えられ髪の毛を染めてくれます。

トリートメントの場合今まで使っているシャンプーを変更する必要はありませんし、染まりの速さもシャンプータイプのものに比べて早いので、およそ3回程の回数でかなり染め上げることが出来ます。

一回に10分程の時間がかかりますが、気になったその日に染めることが出来るのでいちいち何度も買いに行かなくて済みます。しかも一回しっかり染まれば1週間〜2週間程効果は持続するので毎日使用しなくてもいいので、染料を節約することが出来ます。使った時はさらに髪の毛のトリートメントを行えるため髪質も向上できます。

本来は髪の毛を痛めてしまうカラーの作業で髪の毛のダメージを補修できるのはうれしいですね。

スポンサーリンク

白髪染めシャンプーの特徴

特徴

白髪染めシャンプーのメリット・デメリットと若干重複しますが、白髪染めシャンプーの特徴をもう一度しっかりおさらいしていきましょう。

特徴についてさらに詳しく紹介してきますので、しっかり把握して白髪染めシャンプーの特徴を把握してください。

染まりが緩やか

最大の特徴であり、欠点でもある染まりが穏やかであるという点です。使用から1週間程経つと平均的に髪の毛への効果が感じ始める様です。2週間〜1ヶ月使用すればキレイに全体がしっかり染まってキレイな自然な仕上がりに髪の毛が染まってくれると言う結果が出ています。

さらに、いきなり染めると「白髪染めしたな」と周囲に感じ取られてしまい、声をかけられたりしてしまうが、この商品は徐々に染まるので周囲からの目も気にならなくて良いなどの意見もありました。

染まりに時間がかかってしまうという点に関しては見方によってプラスにもマイナスにもなるので、自分の性格に合っているかしっかり吟味する素材になりそうです。

目安としては1週間〜10日で効果を大きく実感でき、1ヶ月ほどで白髪はほとんど目立たなくなる様です。この期間を過ぎて使用しても効果が見られない場合は、髪の毛の質に合っていない可能性がありますので製品の使用を中止してしまうか選択してみてください。

高い買い物ですの無駄にならないように注意してください。

刺激が少ない

ヘアカラー剤の商品の中では圧倒的に髪の毛や頭皮にかかる刺激の少ないものになります。年齢を重ねると頭皮や髪の毛へのダメージは年々深刻なものになって行きます。

ヘアカラー剤を使用しての湿疹や抜け毛などのトラブルは少なくありません。これらのトラブルのせいで白髪を染めることを諦めている人もいるのではないでしょうか?しかし、シャンプーの商品であれば敏感肌の人でも安心して使用することが出来ます。

中には、安心なアミノ酸系の洗浄成分の商品もありますので、シャンプーとしての効果についてこだわりのある人にもおすすめの商品もあります。

染髪成分も天然植物から抽出した染色成分が配合されていますので髪の毛や頭皮への優しさは担保されています。一応パッチテストは推奨されていますが、問題に繋がることは圧倒的に少ないでしょう。

毎日行うシャンプーで済むので手間がかからない

上記でも紹介しましたが、シャンプーを変更するだけなので使い慣れないヘアカラー剤の使用を行う必要はありません。普段のシャンプーを行うことで髪の毛を染めることが出来ます。

しかし、若干シャンプー方法がそれ専用の方法に変わるので注意が必要です。より染髪効果を高めるためにはシャンプー方法を変えての使用が推奨されます。シャンプーを取る量は若干多めでしっかり泡立てて頭全体にシャンプーを行き渡らせて5分〜10分パックしてください。

こうすることで薬用成分や染料が髪の毛により浸透し効果が上がります。洗い残しの内容に入念にすすぎを行ってください。慣れるまでは若干手間に感じるかもしれませんが、慣れてしまえばパックの間に身体を洗ったりしていればあっという間に時間は経過してしまいます。

難しいことではないのでヘアカラーを行うよりかは遥かに手間入らずでしょう。

臭いが気にならない

ヘアカラーの欠点の一つである問題がツーンと鼻を刺すような独特の臭いです。一度風呂場で使用すればしばらく臭いは残りますし、髪の毛を染めたすぐは臭いでわかっちゃうくらい臭いますよね。

臭いとまでは行かない臭いですが、独特の香りで美容院などは常にこの臭いで充満していますよね。それくらい強い匂いを持っています。しかし、シャンプータイプの商品にはこの独特な臭いはありません。この臭いの原因は髪の毛の色を抜く専用の化学薬品の臭いで、シャンプータイプの商品にはこの臭いの元になる一般的なカラー剤に含まれる1剤2剤の酸化染料(ジアミン)、アルカリ剤、酸化剤などの染料は含まれていません。

なのでシャンプーの香料の臭いしかしないのです。香料は商品による異なりますので、植物成分などを確認してみましょう。添加物の香料の香りよりも植物の自然な香りが多いでしょう。

スポンサーリンク

おすすめの商品紹介

化粧

では、白髪染めシャンプーのおすすめ商品をいくつか紹介していきます。値段や内容量や商品の特徴などについてまとめて紹介しますので商品選びの参考にしてみてください。

まだまだ商品数の量は他の商品に比べれば少ないのが現状ですが、売れ行きによって徐々に種類は多くなってくるでしょう。現段階での主な商品を紹介します。

利尻白髪染めシャンプー

価格:2700 内容量:200ml

洗浄成分も優しく、白髪染めで問題となる酸化剤、タール系色素、ジミアンなどの成分が一切入っていません。香料やシリコンも入っておらず香料やシリコン剤としての役割を果たす天然の植物エキスから抽出された成分で構成されています。

27種類の天然由来成分で総合的に髪の毛の栄養や保湿の保護を行いながら髪の毛を洗浄し加えてシコン、クチナシ、アナトー、ウコンの4種類の植物の成分で髪の毛を優しく色づけます。これらの成分は色づけるだけでなく髪の毛に栄養を付与する効果もあるのでダブルの効果で髪の毛に働きかけてくれます。

色の種類は4種類から選べます。大きな特徴は名前にも入っている利尻の昆布を使用している点でアルギン酸やフコダインやミネラルなどの成分で髪の毛の保湿、保水、潤いなどの効果を十分に発揮します。

長期間の使用で髪の毛の染まりとともに髪の毛にハリや根元の立ち具合などに変化が見られるでしょう。髪の毛が最近元気がなくなってきている人にもおすすめの商品です。

螺髪輝シャンプー

価格:5800円(ネットショップ2000円前後) 内容量:350ml

シャンプー以外だと髪の毛の痛みを気にする場合ヘアマニキュアタイプなどの商品を使用することになるかと思いますが、ヘアマニキュアタイプは頭皮まで染まってしまう欠点があります。しかし、このシャンプーは頭皮まで染まってしまう心配がありません。

天然色素にはヘマテインとヘナを使用していて継続的に使用を続けることで徐々に髪の毛を染めることが可能です。ヘナやヘマテインはインドで取れる植物で染料の他にも肌荒れの治療薬としても使用されています。カラーはブラックとブラウンの2色から選択することが出来ます。

洗浄成分も天然アミノ酸系の洗浄成分で合成鉱物油などの成分は含まれていないので頭皮が敏感でヘアカラーを使用できない人も安心して使用することが出来ます。

価格には購入するサイトで開きがあり安いところでは2000円以下でも購入することが可能です。

白髪染めシャンプー 黒耀

価格:6804円(2000円前後) 内容量:350ml

商品の販売開始から11年も経つロングセラー商品になります。奄美黄島で取れる天然の染料のシャリンバイ(車輪梅)エキスを配合し化学染毛剤などを一切使用しない着色料も香料も無添加の100%天然成分のシャンプーになります。

シャンプーのみではなく、ヘアパック用の商品も販売していて合わせて使用することでさらに効果を高めることが可能です。

車輪梅エキスは奄美黄島では衣服の染料などにも使用されるもので完全に自然な形で髪の毛を染め上げます。さらにシコンやロングウッドなどのその他の天然色素も配合されているのでさらに髪の毛を染め上げることに長けています。

10種類以上の天然成分をさらに配合し髪の毛の健康に多角的に働きかけます。

こちらの商品もサイトごとに値段が大きく違いますので最安値のサイトを探して購入してみてください。

スポンサーリンク

まとめ

シャンプー白髪染めの商品は今のところそこまで多くありませんが、髪の毛への優しさで言えばダントツに高い商品になりますので、今後さらに商品開発が進み改良が加えられ髪の毛の染まりの効果が高まれば一気に爆発的にヒットし種類を増やすかもしれません。

ヘアカラーは髪の毛へのダメージが多いのでどうしても牽制してしまいますよね、そんな人はシャンプーを使用して自然にじわじわ髪の毛を染めていくのもいいでしょう。

髪の毛の質も良くなり、髪色も黒くなるので一気に若返ること間違いなしです。

関連記事としてこちらの記事も合わせて参考にしてみてください。

白髪を抜くと増えるって本当なの?抜くことのリスクと対処法を知ろう!

自宅で出来る頭皮マッサージのやり方を紹介!白髪予防や小顔効果もある?オイルやブラシなどを使った方法も知ろう!

白髪の対策方法を知ろう!サプリメントで摂取したい栄養や綺麗に染まるカラー剤について!