毛根が黒い原因って?髪の毛を健康に保つ方法について!

皆さんは自分の毛根を見たことがありますか?そもそも毛根ってなに?と思われる方がいるかもしれません。なかには、黒い毛根を見つけてこれって大丈夫なのかな?と不安に思っている方もいるのではないでしょうか。

ここでは毛根とはなにか、毛根が黒い原因、対処法などについてみていきたいと思います。

スポンサーリンク

毛根ってなに?

勉強 男性

髪の毛はわかるけれど、毛根ってなに?と分からない方もいるのではないでしょうか。ここでは毛根について詳しく見ていきたいと思います。

毛根部

毛細血管、毛乳頭、毛母細胞、皮脂腺からなる部分のことを毛根部と言います。毛根とはこの部分で、髪の毛全体を作る部分のことを言います。

毛根部は毛包がメインになります。毛包が毛根を包んでいるのですが、毛包も髪の毛と同様、毛母細胞から作られています。

毛包とは毛穴より下にある部分のことです。毛包は髪の毛が作り上げられる重要な部分になります。

成長期の毛根の下の部分は球状になっていて、毛球と呼ばれます。毛球には毛母細胞が詰まっています。

毛母細胞の中心には毛乳頭があり、髪の毛を作るのに重要な役割があります。毛乳頭からはいろいろなサインが出されて、毛母細胞の細胞分裂をコントロールしています。

毛乳頭は、網の目のように張り巡らされている毛細血管を通じて、髪の毛を発生させるために必要な栄養分を受け取る役割があります。栄養や酵素を基に毛母細胞に細胞分裂をさせます。
毛乳頭から髪の毛作りの指示を受けた毛母細胞は、24時間細胞分裂を繰り返します。

毛幹部

頭皮から外に出ている部分のことです。髪の毛がその部分になります。

毛髄質は、毛髄質が全くない場合でも異常であるとは限りません。一般的に髪の毛の太さはこの毛髄質の量によるものです。色素や脂肪が含まれ、保持機能があります。新生児の髪の毛にはこの毛髄質は無いのです。

毛皮質は、髪の大部分です。毛皮質の層によって、毛質が決まります。また、多くのメラニン色素を含んでいて、人種による体毛の色の差は、この色素の量によって変わるといわれています。

毛小皮は、髪の毛の根元から毛先に向かってキューティクルが重なっています。ブラッシングなどの外部の刺激から髪の毛を守ってくれます。

スポンサーリンク

毛根の健康度チェック

ノート チェック

あなたの毛根は健康ですか?毛根は髪の毛の成長に大きくかかわっています。あなたはどのタイプに当てはまるのか見てみましょう。

パサつきチェック

まずは髪の毛全体の質感のチェックをします。髪の毛につやがなかったり、髪の毛の水分が不足しているような感じはありませんか?これらを、パサつくといいます。

くせ毛の人もパサつくことは有りますが、普通の人で、髪の毛がパサつくと感じる人は、髪の毛が傷んでいる証拠です。以前よりパサつきがひどくなっているようであれば早めに対策をしましょう。

ハリ・コシチェック

次は髪の毛のボリュームを見ていきましょう。髪の毛にハリがあり、ふんわりしていますか?ふんわりしていなくて、腰がないあなたは要注意です。

もとから髪の毛にハリがなくボリュームもあまりないのなら良いのですが、急にハリやコシがなくなった人は注意が必要です。

髪の毛自体が痩せてハリやコシがなくなったと考えられます。

細さチェック

最後は髪の毛一本一本を見ていきましょう。抜けた髪の毛をみて確認しても良いのですが、現在生えていて生長中の髪の毛を見るのが良いでしょう。一本抜いてみるかして確認しましょう。

確認して細い髪の毛であれば注意が必要です。髪が痩せています。髪の毛が細いと全体的に量も少なく見えますし、ハリやコシもなくなって見えます。この髪の毛の細さが、髪の毛の痛みからくるものなのか、AGA(男性型脱毛症)からくるものなのか、判断することも重要になってきます。どちらにしても髪の毛にはピンチだということがわかります。

楕円形タイプ

楕円形をした毛根は、ヘアサイクルの成長期を全うして、退行期から休止期を経て正常に抜け落ちた健康な髪の毛に見られるタイプです。

異常脱毛がないか注意しましょう。

しっぽタイプ

尻尾のようなものが生えている毛根は、毛包上皮細胞でアポトーシスが起きている状態です。アポトーシスとは、自殺プログラムがされたものです。

余分なものを排除する際に増える現象で、ホルモンのトラブルにより、不必要ではない毛母細胞がアポトーシスされて抜け毛につながったとされています。

先細りタイプ

毛根に膨らみのないタイプはヘアサイクルが乱れて、成長しきる前に抜け落ちてしまった抜け毛です。

成長期に毛母細部が活動しなかった事が原因とされ、頭皮にしっかりと、根ついていないため少しの刺激で抜けてしまう可能性があります。

スポンサーリンク

髪の毛のサイクル

髪の毛

髪の毛は毎日の生活の中で50本から100本抜けるといわれています。抜け毛の本数には個人差がありますが、それは誰でも起こる自然脱毛です。

ここでは髪の毛のサイクルについてみていきたいと思います。

成長期

毛母細胞がもっとも活動している時期です。髪の毛の寿命は男性で3~5年、女性で4~6年と女性のほうが髪の毛の寿命が長いことがわかります。これは、髪の毛を伸ばす女性ホルモンの働きによるものだとされています。

髪の毛全体が80%以上なら正常だとされています。

後退期

髪の毛の寿命が近づくと毛母細胞の働きも弱まっていきます。

髪の毛全体で割合は1~2%です。

休止期

後退期が過ぎて髪の毛を作るのに、細胞の動きが停止している状態で、そのあとに自然脱毛として髪の毛が抜け落ちていきます。

髪の毛全体の割合は8~9%になります。

発生期

休止期の間に、毛母細胞や色素細胞が新しい髪の毛を作る準備をしてくれています。

髪の毛全体の割合が20%軟毛が目立つ場合は、抜け毛が進行している場合がありますので、注意しましょう。

スポンサーリンク

毛根が黒い原因

髪の毛 悩み

良い状態の毛根は白っぽくマッチ棒のような形をしています。なぜ、毛根が黒くなってしまっているのか、毛根が黒い原因を見ていきたいと思います。

髪の毛がまだ成長段階だった

抜け毛が黒かったり、短かったり、とがっていたりしませんか?髪の毛は毛母細胞から作られた時、黒色ではなく、不透明な色をしています。

それが毛根を見て黒い段階で抜け落ちているということは、まだ髪の毛が成長段階の可能性があります。髪の毛が成長段階の時点で抜け落ちてしまうと、黒い場合があります。

血流が悪い、または色素細胞に異常があった

頭皮の血流が悪かったり、色素細胞に異常がある場合、毛根が黒い場合があります。

色素細胞に異常がある場合、髪の毛を黒くする色素細胞の異常があり、栄養不足、血流が悪いなどの理由で、毛根が黒く変色しているという症状もあります。

この場合は、髪のヘアサイクルが正常になっていない場合がありますのでヘアサイクルを正常に保つようにしましょう。

ストレスがたまっている

毛根が黒いということはストレスがたまり頭皮の血流が悪くなっている可能性があります。ストレスがたまったままにしておくと、黒い毛根から髪の毛が抜け落ちてはげてしまう可能性も出てきます。

体に強いストレスを与えてしまうと体内の亜鉛が消費されます。亜鉛は髪の毛を作るうえで大切な栄養素です。そのため、ストレスがたまり亜鉛が消費されると髪の毛に栄養がいきわたらなくなります。

これらが起こることにより、髪の毛が抜け落ちて、薄毛やハゲになる可能性があるのです。

AGA(男性型脱毛症)を発症している

毛根の周りに白いものが付着している場合、たいていは油脂なのですが、男性型脱毛症を発症している場合もあります。髪の毛が異常に多く抜けたり、細い髪の毛が抜けている場合は注意が必要です。

男性型脱毛症の心配があるのなら、AGA専門クリニックで一度、無料カウンセリングなどを受けるとよいでしょう。不安を持ったままだと、ストレスに変わり、さらに髪の毛が抜けてしまう場合もありますので、気になる方は早めの受診をしてみてください。

毛抜きで脱毛している

鼻毛や眉毛、わき毛を脱毛方法として、毛抜きを使用していると、毛根が残り黒くなる場合があります。危険性はないのですが、毛根に塊が残ってしまうかもしれないので注意しましょう。

脱毛箇所によって脱毛方法を変えるようにしたほうが良いと思います。

スポンサーリンク

毛根を健康に保つ対策・方法

食事

ストレスなどにより、毛根の状態が悪くなり髪の毛が抜けるということがわかりました。健康な毛根を保つためにはどのような対策をするべきかまとめてみましたので、見ていきましょう。

抜け毛のセルフチェック

自然に抜けt髪の毛は丸みを帯びていて、毛根が白っぽくなっています。

しかし、ヘアサイクルの乱れなどがあると、毛根が黒く変色してしまいます。髪の毛が抜けたら自分で確認して、抜けた髪の毛の毛根がどんな色なのか、チェックしていくことが大切だと思います。

日々、毛根をチェックしていれば、自分の髪の毛の状態もわかります。毛根が黒い場合は血行不良の可能性もあるので、頭皮マッサージをしたり、髪の毛の成長に必要な栄養素(たんぱく質、ビタミン、ミネラル、亜鉛など)を摂るようにして、健康な毛根を保ちましょう。

ストレスをためない

ストレスがたまると、毛根が黒くなるだけではなく、抜け毛の可能性も高まります。

ストレスにより亜鉛の大量消費がされたり、血行不良に陥ったりすることが続くと、抜け毛は増えます。また、強いストレスがかかると、悪化して円形脱毛症になる可能性もあるので、ストレスをためずに、ストレスを発散することが大切になってきます。

抜け毛の原因を改善する

ストレスを受けると自律神経が反応して、血管が収縮し血流が悪くなります。血流が悪くなると抜け毛の原因にもなります。

そこで、抜け毛の原因を改善することが重要になってきます。

 シャンプーで抜け毛改善

ヘアサイクルを正常にするために自分でできるケアはシャンプーからだと思います。

いくつかシャンプーをあげていきます。

スカルプD薬用スカルプシャンプー(ストロングオイリー)

過剰に出た皮脂汚れを洗い流し、油分を整えて正常な頭皮に導いてくれるシャンプーです。頭皮トラブルにアプローチする高濃縮葛根イソフラボン配合で、男性の頭皮トラブルを改善に導きます。

また、痩せ細った髪の毛も力強く支えてくれるバインディングベールが、髪の毛にハリやコシを与えてくれます。

サクセス薬用シャンプー

毛穴脂にサクセスシャンプーが直に効果をあらわしてくれます。頭皮をきれいにするだけではなく、薄毛対策にも役立つシャンプーです。嫌な汗のにおいも消してくれて、殺菌効果もあります。

サクセス薬用シャンプーの、直シャン、は頭皮に直接シャンプーができて、理想的な泡立ちを実現してくれます。

プレミアムブラックシャンプー

毛穴、毛髪の悩みの最重要課題に着目したプレミアムシャンプーです。現代人の主な頭皮環境に影響するといわれている、食事、生活習慣、ストレスにかかわることをみて、頭皮が喜ぶケアを実現しました。

プレミアムブラックシャンプーはほかのシャンプーに比べ、一本ですべてのケアが完了します。アミノ酸配合、弱酸性で肌が敏感な方でも使用できます。

育毛剤で抜け毛改善

シャンプーと合わせて使いたい育毛剤もあげていきます。

チャップアップ

無添加、無香料で多くの年齢層から支持されている実力派育毛剤です。抜け毛は育毛剤使用の合図と言われていますが、チャップアップはそこに着目して、安全に使用できる育毛剤です。

育毛する効果があり、副作用が少ないのはチャップアップと言われているくらい信用できる育毛剤だといえるでしょう。

ブブカ

育毛を促進し、退行を抑制するM-034を配合した育毛剤です。髪の毛を強く、太く、健康的に育て発毛効果を実感できる育毛剤と言えるでしょう。

頭皮を優しくうるおしてくれるので、乾燥を防ぎ、皮脂が過剰に分泌されるのも防いでくれます。ノンアルコールで頭皮にやさしい使い心地を業界初、実現しました。

M-1育毛ミスト

M-1育毛ミストはアルコールフリー、防腐剤フリー、添加物フリー、細胞活性化と栄養補給も可能になりました。分子ピーリングで古い角質を取り除き、髪の毛が生えやすい即効性を実現しました。

実際にM-1育毛ミストを使用して、頭皮環境が良くなったという実感の声も上がっています。100%無添加なので安心して使用できるのもいいですね!

薬用ポリピュアEX

薬用ポリピュアEXに配合されている注目成分である酵母エキスバイオポリリン酸とセンブリエキスで頭皮環境をよくして、血行促進させます。頭皮の炎症や老化を防ぐ効果もあります。

また、注目成分であるグリチルリチン酸、ヒオウギ抽出液を配合することにより、発毛をÿり促進してくれる育毛剤です。

ベルタ育毛剤

女性の育毛、頭皮ケア成分56種類を99.9%配合した女性のための育毛剤です。1の無添加成分も使用されており、天然由来成分もしっかりと配合されています。

妊娠中の方や、授乳中の型、敏感肌やアレルギー肌の方も安心して使える育毛剤です。ナノ分子が毛穴の奥まで浸透して育毛を促進させます。

食べ物で抜け毛改善

食事から抜け毛を改善することも重要になってきます。生活習慣が乱れると食習慣も乱れるので、必要な栄養素を確認しておきましょう。

たんぱく質

髪の毛はケラチンという18種類のアミノ酸が結晶してできたたんぱく質で作られています。たんぱく質不足は髪の毛に大きな影響を与えます。

常に良質なたんぱく質を摂るように心懸けましょう。

亜鉛

亜鉛は髪の毛の主成分であるケラチンを体内で作るのに必要な物質です。

亜鉛が不足するとケラチンが減るため弱く抜けやすい髪の毛になってしまうので、亜鉛もとるようにしましょう。

ビタミンB群

ケラチンを合成する物質がビタミンB群です。ビタミンは皮脂の分泌を抑えたり、頭皮の代謝を高める作用があります。

ビタミンB群が多く含まれている食べ物には、レバー、大豆、かつお、いわし、まぐろ、緑黄色野菜、玄米などがあります。

髪の毛に必要な成分だからといって、多く摂りすぎても体に悪いので適量を摂取するようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

毛根についてみてきましたがいかがでしたでしょうか。毛根が黒いと不安になりますよね。この記事では髪の毛のチェックや毛根を健康に保つ対処法を書いてきました。

毛根が黒いと、髪の毛が弱ったり、ストレスがかかったりしてさらに髪の毛の状態が悪化する可能性もあります。できるだけ早く、ご自身の髪の毛をチェックしてみて下さい。当てはまるようでしたら、早めのうちにシャンプーや育毛剤、食生活や生活習慣を見直して、髪の毛にやさしい生活を送るように心懸けましょう。AGAの可能性がある場合は、こちらも早めの受診が重要になってきます。悩んでしまいがちですが、悩むより、ケアを優先して行っていきましょう。

髪の毛の悩みは男性だけでなく、女性にも起こりうることなので、油断をせずに髪の毛のケアを行ってみてください。毎日気負付けてケアしていれば健康な毛根と髪の毛を保つことができると思います。きれいな頭皮と髪の毛で生き生きとした生活を送りたいですね!

関連記事としてこちらも合わせて読んでおきましょう。

シャンプーで抜け毛が増えるの?1日に抜ける本数はどのくらい?抜け毛を防ぐ方法も紹介!

毛根鞘ってなに?その働きや形、髪の毛の成長との関係性を知ろう!

毛根に白い塊が!これってどういう状態?毛根で分かる情報を紹介!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク