髪が細い人に似合う髪型を男女別に紹介!髪の毛が細くなる原因と髪の毛を太くする為の対策方法を紹介!

髪の毛が細くて悩んでいる人に共通する悩みとして、頭皮が透けて見えてしまったり、パーマが取れやすかったり、髪の毛がすぐにヘタってしまう事を感じている人は多いのではないでしょうか。

猫っ毛で髪が柔らかくなかなか髪型が決まらずヘアスタイルに困る事も少なくありません。

髪の毛のセット力を上げるために髪の毛にベタベタと大量のワックスなどのスタイリング剤をつけてしまうと頭皮にワックスの成分が付着してしまいさらに薄毛の問題にも繋がってしまう可能性があります。

髪の毛の質が細くなってしまうのはどんな原因があるのでしょうか?また、それを改善する方法はあるのでしょうか?ここでは、髪の毛の細い人の悩みの改善方法として、おすすめの髪型や、髪の毛を太く成長させる方法などを合わせて紹介していきます。

スポンサーリンク

髪の毛が細くなる原因

原因

髪の毛が細い人には髪の毛が元々細い人、髪の毛の質が変わって最近細くなってきた人の2パターンがあります。元々細い人と髪質が変化した人にはどのような原因の違いがあるのでしょうか?

髪の毛が細くなる原因を突き止めて、問題の解決につなげていきましょう。

遺伝

生まれつき髪の毛が細い人に見られる原因の一つです。髪の毛の質や量などの性質は両親からの遺伝によるものが大きく生まれつきの髪の毛の質は遺伝によりある程度決定されます。

隔世遺伝として両親の祖父母からの遺伝も関係してきます。特に男性の場合は遺伝されるX染色体、Y染色体のうち髪の毛に関係するX染色体は母方の祖父からの遺伝を強く受ける傾向があります。女性の場合は、関係するX染色体を2つ持っており両親から遺伝が確認されます。

自分の両親の髪の毛の質を確認してみましょう。髪の毛の質だけでなく、どのような抜け毛傾向にあるのかなどの問題も確認することも出来ます。

栄養不足

若い人の髪の毛の細くなる原因としては栄養不足が大きな原因ではないかと思われます。

髪の毛の成長に必要となる栄養が不足していることにより髪の毛が細くなっている可能性があります。これは、慢性的に髪の毛が細い場合とダイエットや食事制限によって髪の毛が細くなっているというものです。

髪の毛の主な構成成分はタンパク質です。さらにその合成を行うためには毛根、毛乳頭、毛包細胞などの正常な働きが必要になり、そのためにはビタミン、ミネラル、タンパク質、脂肪酸などの栄養がバランスよく必要になります。

これらの栄養が不足していることにより髪の毛の成長を妨げている可能性がありますので、問題となる過度な食事制限や偏った食事は避けるようにしましょう。

血行不良

頭皮はすぐ下が頭蓋骨で非常に薄い皮膚で構成されているため、大きな血管は通っておらず毛細血管だけで栄養や酸素を供給しています。その為、血行不良になると上記でも説明したような栄養不足に繋がる事になります。

タバコを吸うことや、肩凝り、目の凝り、首の凝りなど筋肉の硬直でも血行不良が起こります。さらにストレスを長期間溜め込むことでも交感神経が優位になり血管が収縮し血行不良に繋がります。

結果的に髪の毛に供給されるエネルギーや酸素は足りなくなり、髪の毛が細くなることに繋がります。寝不足、喫煙、ストレス、などの問題に気をつけましょう。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れにより髪の毛が細くなることがあります。それは、ホルモンバランスが乱れることでヘアサイクルの周期が乱れることで、髪の毛の成長期の期間が短くなり逆に休止期が長くなり細い髪の毛が多くなります。

髪の毛の成長には女性ホルモンのエストロゲンが関係しています。この女性ホルモンは男性にも女性の半分くらいの量で存在していて、体毛を濃くするのは男性ホルモンですが髪の毛に関しては女性ホルモンが働きます。

女性ホルモンには細くしなやかな髪の毛を作る働きがありますが、急に髪の毛が今まで以上に細くなった場合は女性ホルモンのエストロゲンの働きが弱くなっている可能性があります。

ストレス

ストレスが溜まることで、自律神経が乱れ交感神経副交感神経のバランスが取れなくなり、循環器系や呼吸器系などの器官に誤作動が生じます。

基本的に内蔵などの無意識下での活動を行っている器官に関しては、副交感神経がその修復やメンテナンスを行っています。ストレスが溜まっている時は交感神経が優位になり、副交感神経の働きが弱くなっているので、血管が収縮し血行が悪くなることに加え、ホルモンバランスなども崩れることに繋がります。

さらに自己免疫機能にも問題を及ぼし、毛根に攻撃を行ってしまったりすることもあります。結果髪の毛の成長は阻害され、細い髪の毛が出来上がるわけです。

加齢による問題

更年期障害での体調の変化が髪の毛にも影響を及ぼします。女性の場合は40代以降から閉経の時期と重なり、女性ホルモンエストロゲンの分泌が減り、髪の毛にも影響を及ぼします。

髪の毛が細くなったり、抜け毛の量が多くなるのもこの時期です。

また男女問わず、髪の毛の成長を行う毛母細胞の元となる陽性細胞が年齢とともに少なくなることも原因の一つとしてあります。結果年齢とともに髪の毛にコシがなくハリの無い細い髪の毛になってしまいます。

スポンサーリンク

髪の毛が細い人の特徴

猫っ毛

実際に抜けている毛や、まだ抜けていない毛を抜いてみても自分の髪の毛が細いことは確認できますが、具体的に髪の毛が細いことでどの様な特徴があるのかを見ていきましょう。

また、自分の髪の毛の細い髪の毛のアイデンティティーを再確認しましょう。別の目線も見えてくるかもしれません。

髪の毛が柔らかい

髪の毛が細く、一本一本の髪がしなやかなので、指通りもよく絡まりづらく柔らかいという特徴があります。もともと髪の毛が細い人は猫っ毛と言うもので髪の毛が細いことで髪の毛が抜けやすい、ハゲやすいということはありません。

しかし、年齢が思春期を超えてから髪質が変化し細くなった場合は薄毛に繋がる可能性があります。

髪の毛は、芯になるメデュラ、それを覆う繊維状のコルテックス、外壁のキューティクルの三層構造になっています。髪の毛の細く柔らかい人は繊維状のコルテックスの部分が薄くなっていて細くなっています。

ボリュームが出ない

髪の毛が細いと髪の毛自体に立つ力が無いので、へたりやすくワックスをつけてもすぐにぺちゃんこになってしまいます。髪の毛にはコシがなくハリも少なく感じられます。

髪の毛の細い人の髪の毛は0.05mm~0.09mm程の細さになっていて、太い人は0.12mm~0.25mm、普通の人では0.08mm~0.10mmと太い人と比べると半分以下のサイズになります。

なので同じくらいの毛量があったとしても髪の毛のボリュームは半分になってしまいます。

パーマがかかりにくい

髪の毛の繊維状のタンパク質コルテックスの厚みが少ないのでパーマがかかりにくく、1ヶ月と持たず簡単に取れてしまいます。せっかく高いお金を支払って美容院でしっかりパーマ液をつけてかけたパーマも簡単に取れてしまいます。

髪の毛がもともとクセ毛の人も、ストレートパーマをかけても髪の毛の癖がすぐに戻ってきてしまう傾向にあります。

また、パーマを長続きさせようと強くかけることでも髪の毛を痛めてしまうことに繋がります。しかし、髪の毛の細い人が髪の毛にボリュームを持たせるためにはパーマは必須になってきます。

その為、頻繁に美容院に通いパーマをかけてもらったり、コテで自分で癖を付ける事をする人も多いです。

スポンサーリンク

髪が細い人のおすすめの髪型

髪型

美容師に髪の毛を切ってもらう時にどの様に要求すれば可愛く、かっこよく仕上げることが出来るでしょうか?

髪の毛が細い人に相性のいいおすすめの髪型を紹介します。逆に髪の毛が細い人にはNGな髪型もありますのでその落とし穴にハマっていないか確認してみましょう。

男性の場合

男性で髪の毛が細い人の髪型としては、ズバリ短髪がおすすめです。ショートヘア、ミディアムショート、ツーブロックなどがおすすめです。髪の毛が細い場合長く髪を伸ばしてしまうと、髪の毛のボリュームの無さが目立ち、重力に引っ張られトップの部分がぺたんこになって髪の毛が薄く見えてしまいます。

程よい短さにカットしてトップはワックスで立たせて毛束感を出しボリュームを出しましょう。

輪郭が面長、もしくは普通型の顔の人にはモヒカン、ショートモヒカンがおすすめです。さらに汎用性の高い髪型としてはツーブロックが良いでしょう。どのスタイルにも組み込めて、オシャレ度がアップしサイドを短くし、トップの印象を強めることで全体のバランスが整って見えて頭頂部の髪のヘタリ具合も目立ちません。

もし男性でも髪の毛の長い方が良いと言う人は髪の毛をすかずにマッシュにしたり全体にボリュームを出すためにパーマをかけたスタイルの採用をおすすめします。髪の毛が柔らかすぎる場合はパーマはすぐに取れてしまいますが、そうでなければパーマもありだと思います。

女性の場合

女性の場合もあまりロング過ぎるスタイルは、重さで頭頂部の髪の毛のボリュームが無くなり、全体のバランスが崩れるのでおすすめできません。

もしロングヘアでのスタイルを模索するのであれば、髪の毛を束ねたり、前髪の髪の毛をトップでまとめて高さを出すポンパドールやお団子ヘアなどをおすすめします。

その他では、髪の毛を短くしてヘアワックスでスタイリングしたりするほうがスッキリ見た目にも元気な印象になります。肩くらいの中途半端な長さになっている場合は輪郭に沿うくらいの長さに切ってショートボブくらいの長さのスタイルにすることをおすすめします。

もしパーマがかけられるのであれば、お度良い長さにしてパーマでボリュームアップしてもいいですが、パーマがかかりにくい場合は短くしてしまってワックスでスタイリングしましょう。

女性で髪の毛が細くて、髪の毛が長い人はつむじが割れてしまって、頭皮が透けて見えてしまう事が多くなり、不健康なイメージを与えてしまいます。そうならないためにも短めのスタイルで髪の毛のトップにボリュームを持っていきましょう。

スポンサーリンク

髪の毛を太くするには

髪の毛

髪の毛を太くする対策方法として、いくつかの髪の毛の成長を助ける方法を紹介します。

髪の毛が細いことは生まれつきでどうにもすることが出来ない問題だと思いこんでいませんか?ある程度の遺伝は仕方ないですが、対策方法で髪の毛の髪質の改善を促すことは出来ます。

長期的な対策にはなりますが、髪質の改善にはなりますので是非諦めずに試してみてください。

睡眠をしっかり取る

髪の毛のダメージ補修や髪の毛の成長に必要な成長ホルモンや女性ホルモンの正常な分泌は夜寝ている間に副交感神経によって行われています。特に睡眠のゴールデンタイムと言われている時間帯があります。

これが夜の22時〜深夜2時までの間の時間になります。この時間になるべく就寝していることがホルモンの分泌に重要になります。せめて24時までには睡眠が取れている状態にすることが好ましいでしょう。

髪の毛の成長のためのホルモンが多く分泌されるほど髪の毛の成長は大きくなるので、睡眠不足は大敵であることを知っておきましょう。

食事バランス

髪の毛の成長頭皮の環境改善に必要な栄養素は、良質なタンパク質、ビタミンA、B群、C、D、E、ミネラル、脂肪酸になります。

これらの栄養素のバランスがしっかり取れた食事を摂取することが重要になります。全ての栄養素を食事で摂ることは難しいですが、足りない部分はサプリメントなどで補うことでもいいでしょう。しっかり栄養の行き渡った髪の毛を作れれば毛先に起こる枝毛などのトラブルも予防できます。

具体的な食材としては、海藻類、卵、大豆製品、豚肉、鶏肉、牡蠣、レバー類、緑黄色野菜などがあります。これらの食材からしっかり栄養を摂って髪の毛の成長を促しましょう。

食事制限を行うダイエットや、偏食、ジャンクフードなどの食事はなるべく避けて、出来れば欧米食でなく日本食での食事が最適でしょう。

頭皮ケア

髪の毛の成長の要である頭皮の環境を整えることが非常に重要です。いくら栄養を摂っても頭皮の環境悪化のために、髪の毛に必要な栄養素が供給されていなかったら意味がありません。

効率よく髪の毛に栄養が届くように、頭皮の問題は早急に解決していきましょう。頭皮の環境悪化により髪の毛の細い問題が起こっている可能性も考えられます。

毛根の中に皮脂が詰まっていたり、頭皮が乾燥することや菌が繁殖することでフケが出ていたり、皮膚が炎症を起こしている場合は、放置していても自然治癒しません。シャンプー方法の改善やシャンプーの変更や治療薬の使用などの頭皮へのサポートが必要になります。

問題がある場合は早めに対策していきましょう。何も問題の無い場合でも頭皮マッサージをしたり、頭皮の日焼けを防いだり、保湿を行って頭皮の環境を保つなどの頭皮ケアを行って元気な髪の毛を肥やす為の手助けを行って行きましょう。

禁煙

喫煙を行うと頭皮環境の改善の為に必要なビタミンCが破壊されてしまいます。さらにニコチンの働きにより肺機能が低下し、酸素の供給機能が低下することや、それにともなって血液中の赤血球の量が多くなり、血液がドロドロになったり、血行不良に繋がったりします。

酸素と栄養の2つの重要なエネルギーの供給が出来ないと髪の毛は十分な成長ができません。結果ヘアサイクルは乱れ、成長期の髪の毛の期間は短くなり髪の毛は細いまま成長を終えてしまいます。

正常なヘアサイクルを保つためには喫煙は多いな障害に繋がります。

禁煙で大きなストレスを抱えてしまうことはよくありませんが、逆に髪の毛の問題でストレスを抱えることも良くありません。バランスを見ながら、喫煙本数を減らし改善して行きましょう。

スポンサーリンク

まとめ

太く丈夫な髪の毛を手に入れる為には毎日の生活習慣の改善が最も有効になります。効果が現れるまでは長期的な時間も要します。今の髪の毛が生え変わり、一定の長さに到達するまでは最低でも3ヶ月はかかるでしょう。

さらに平均的には半年〜1年くらいの時間は掛かるのではないでしょうか。育毛剤を使用しての髪質の改善にも同じくらいの期間がかかります。

急がず、無理のない範囲で長期間続けていきましょう。髪質を改善し、色々なヘアスタイルを楽しんで行けるといいですね。

関連記事としてこちらの記事も合わせてご覧ください。

髪の毛に必要な栄養分はなに?髪の毛に良いサプリメントと薄毛の予防方法について!

髪の毛を早く伸ばす方法は?髪の毛を伸ばすために有効な栄養素を紹介!

前髪がスカスカな男女に似合う髪型は?自分で出来るスカスカ前髪対策方法!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク