前髪が割れる原因は?対策方法やヘアセット方法と前髪の作り方について!

髪型を朝セットしたのに、お昼になるとなぜか前髪のパックリ分け目ができている、ふと気がつくと頭頂部から前髪にかけて、髪の分け目が目立ってしまっているという経験はありませんか。髪の量を気にしている人は余計髪が薄く見えて悩みの種ですし、ヘアスタイルも思い通り決まりませんよね。

前髪のパックリ分け目に悩まされている方に、その原因と応急処置のやり方、また日頃の前髪が割れる対策方法について、また2種類の前髪の作り方についてまとめてみました。よろしければ参考にしてください。

スポンサーリンク

前髪が割れてしまう悩みについて

%e9%87%91%e9%ab%aa%e7%94%b7%e6%80%a7

髪の悩みにもいろいろありますが、髪が薄かったり少ないことやクセ毛が原因で、前髪が決まらないというのも悩みです。

朝のスタイリングではちゃんと前髪が決まっていたのに、昼や夕方になると前髪がぺたんこになっていたり、自然と割れてしまって困っている人も少なくないでしょう。

前髪の悩み

髪の悩みは薄いだけでなく、そのために髪型が決まらなかったり、クセ毛やついてしまった寝癖が直らないという悩みもありますね。

特に前髪を作っている人は、前髪がすぐに割れてしまうという悩みがあります。髪が少ないことを気にしている人にとって、分け目が目立つのは余計困ります。

前髪パックリ分け目

よくいわれる前髪パックリ分け目とは、頭頂部の分け目が左右に分かれてしまうことを指します。また、その分け目が前髪や生え際の方まできてしまって、前髪が分かれてしまうことがあります。髪の薄い人はただでさえ分け目が気になるのに、前髪まで薄いのが目立つのは大きな悩みですね。

頭頂部から前髪までのパックリ分け目は、髪をボリュームアップするようなブローの仕方、分け目の作り方を実践することで、ある程度解消できます。

髪が薄い人のシースルーバング

髪の毛の量が気にしている人は、前髪をつくっても薄くなってしまってシースルーバングになってしまい、ヤバいものになってしまうのも大きな悩みです。

ロングヘアの女性でシースルーバングをヘアスタイルとしてするときもありますが、似合う人はまれです。

スポンサーリンク

前髪が割れる原因

%e3%81%88%e3%82%93%e3%81%b4%e3%81%a4%e5%a5%b3%e6%80%a7

前髪が割れる原因には、どのようなことが考えられるでしょうか。

髪の量が少ない

前髪の量が少ないと重みがないせいか、前髪がしっかりおりず、割れた状態になります。

頭頂部の分け目も少ないと、そのまま分け目が前髪まできたりして、薄毛がますます目立つようで気になります。

クセ毛

頭のサイドの髪の毛や後頭部側の毛は、多少ウェーブがあっても美容院でのカットの仕方やヘアスタイルでうまく整えられるのですが、前髪まで天然パーマだと、思い通りに前髪を下ろしたり流したりするのは至難の業です。

おろしても流しても、その日の天気や湿度にも左右されたり、あらぬ方向に髪型が変わっていくこともあります。意外に日本人もストレートの人はそんなに多くはありません。強いクセ毛がの人は定期的にストレートか縮毛矯正をかけないと、前髪をきれいにおろしたり流したりするのは難しいです。

つむじ

前髪につむじがある場合、自然と髪がそこで分かれたり、渦を巻いてしまいます。

どうしてもそういう生えグセがあると、前髪を流す方向、下ろす方向に普通のスタイリングでは限界があります。

寝グセ

前髪についた変な寝グセが、朝のスタイリングではしっかり直したつもりだったけれど、また時間がたったらクセガ出てきてしまい、前髪が割れてしまうことがあります。

朝のスタイリング時の一手間がカギとなります。

風呂上りのタオルターバン

お風呂上りにタオルで髪を巻いている人は、特に女性に多いでしょう。水分を吸収しやすいマイクロファイバー素材のタオルは、髪の水分を素早く吸収してくれて、ブローの時間が短縮できるメリットがあります。

しかしそういったタオルを使うことで髪がすぐに乾き、髪にクセがつきやすくなることにつながります。水分がある程度とれたらすぐにブローをすれば良いのですが、そのまま放置しているとクセがつきやすくなるので、早めにブローをすることが必要です。

洗顔時のヘアピンやヘアバンド

タオルターバン同様、顔を洗うときとりあえずとめておいたヘアピンやヘアバンド、慌ただしく朝の支度をしていると、ついつい出かける直前までそのままヘアピンやヘアバンドをしたままにしていることがありませんか。短い前髪だと余計クセがつきやすいですので、すぐに外すよう気をつけましょう。

またヘアピンなどで髪を固定したり、前髪を分ける髪型を長い期間していると、そこで分けグセがつきやすいようです。

ブローをしない

タオルターバンと同様、自然乾燥のまま髪を放置するのもよくないです。シャンプー後に自然乾燥で髪を乾かすと、前髪にクセがつきやすくなります。タオルで水分を取ったらすぐにブローをして、髪の状態を良くしておきましょう。

寝る前にしっかりブローすることで、朝のスタイリングがしやすくなります。

スポンサーリンク

パックリ割れた前髪の直し方

%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%bc%e5%a5%b3%e6%80%a7外に出ようとしたら前髪がパックリ割れている、と髪型をあわてて直そうとしたけれど、うまくいかなくてあきらめたことはありませんか。

以下に前髪が割れてしまったときの対処法を紹介していきます。

ブローの下準備

髪にいったんクセがつくと、ブローしただけでは直らないことが多いです。前髪だけであればさほど時間はかかりませんので、根元から濡らしてブローの下準備をしましょう。

ブロー用のヘアミスト、または水で濡らしてもOKです。クセが強い場合はしっかり濡らしましょう。

ブローのやり方

髪を濡らした状態で、ブローは下からではなく上の方向からあてるのがコツです。ブローをするとき風をずっと同じところばかりにあてていると、頭皮が熱くなってしまったり、髪が傷む原因にもなります。ドライヤーを左右にふりながら、上から乾かしてください。

クセ毛の方はブロー後、ヘアアイロンでさらに伸ばすようにします。クセの強い人は持ち運びできるヘアアイロンを、前髪だけでも印象が大きく変わるので、時々鏡をチェックして直すようにします。

また自分で思っているより、前髪がサイドに流れて量が少なくなっているときがあります。前髪が薄いと老けた感じに見えますし、分け目が目立ってしまうこともあります。前髪のセットをする際に気をつけましょう。

ピンで応急処置

どうしてもブローをする時間がない、というときはヘアピンで応急処置をする手もあります。

前髪が割れてしまって思い通りに前髪が流れないときも、ピンで留めてクセづけすることができます。

豹柄美容師さんによる前髪お悩み解決

美容院air銀座の豹柄がトレーマークの美容師さんによる、「髪型お悩み解決」のページが人気です。前髪が分かれて困っている人へのアドバイス、いろいろなヘアスタイルのつくり方についても紹介されています。

前髪のパックリ割れを直している記事「air-GINZA 中村有佑」では、さすがプロと感心してしまうテクニックと解説で、直し方を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

前髪が分かれない対策方法

%e7%9c%bc%e9%8f%a1%e5%a5%b3%e6%80%a7

前髪のパックリ割れは、クセがついてしまったりふだんのブローの仕方も原因になっているようです。

日頃から前髪が分かれないようにする方法とコツを6つ紹介します。

縮毛矯正

クセ毛の人はブローをするだけでは髪をストレートにするのが難しいです。髪質によってはサイドや後頭部側の髪は髪の重みで髪型が決まっても、短い前髪にはクセが強く出やすいことがあります。ヘアアイロンはストレートにしやすいですが、クセが強いと湿度の高い日は外に出るとクセが出てきてしまいます。

クセ毛で前髪が分かれてしまうという人には、前髪のみストレートパーマ、縮毛矯正をかける方法もあります。縮毛矯正は以前は高いイメージもありましたが、前髪のみのポイント縮毛矯正ならさほど費用がかかりません。カラーを入れるときはパーマや縮毛矯正を同時にすると時間もかかり、カラーが思い通りにならないケースもあります。別の日に入れた方が良さそうです。

自然乾燥よりドライヤー

お風呂上りは自然乾燥よりドライヤーでブローするようにします。

自然乾燥だとクセが出やすいので、ブローで前髪もしっかり乾かすことで、生えグセもある程度カバーできます。

ドライヤーの風のあて方

ドライヤーで乾かすときのポイントは、上の方向から左右に振りつつ当てることです。

これでおでこが隠れるよう、前髪をうまく流したりおろすことができます。クセが強くて前髪が割れやすい人は、前髪が割れる方向や毛流れと逆方向に風をあてるようにするのもコツです。右側で割れるなら左から、左に割れるなら右からあてるようにします。

頭頂部の分け目が前髪まで分かれていると、髪が薄いのが目立ってしまいます。ブロー前にコームの柄の方で分け目をジグザグに作ってから、髪を持ち上げるようにブローします。カーラーを使うとさらにボリュームが出ます。

スタイリング剤

髪が長く、クセの強い人はストレート用のヘアスタイリング剤を利用します。

ブローするときは髪の傷みを抑えるため、ヘアケア効果の高い洗い流さないタイプのトリートメント剤、ブロー用のスタイリング剤も利用します。クリームやオイルタイプのスタイリング剤だとリッチな感触です。クセ毛の人は乾燥している人が多いので、ヘアくりーうやオイルタイプのスタイリング剤はおすすめです。

ジェルやワックス、スタイリング剤はしっかり固定してくれますが、つけすぎてもクセが出やすいので、毛先の方だけつけます。クセの強い人はセットした前髪をヘアスプレーで固定するようにします。

ヘアスタイル

ヘアスタイルが前髪の割れる原因になっていることがあります。特に前髪をまっすぐおろしている人に多いのは、前髪を少なくとりすぎて、頭の左右に前髪の一部が流れてしまっていることです。髪が少ない、頭頂部のつむじが目立つというとき、美容院にカットに行ったら分け目が目立たなくなったということもあります。

自分で前髪を切るときに、前髪を薄くとりすぎてカットすると、シースルーバングのようになってしまうこともあります。また、前髪の量が少なくなったことで、ますます前髪が割れやすくて髪型が決まらないことがあります。自分ではうまく前髪のセットができないと感じたらプロにお願いするのが最高の方法でしょう。

腕の良い美容師さんなら前髪を適切な分量でカットとセットをしてくれ、また髪が少なめでもボリュームが出るようベストなヘアスタイルにしてくれます。美容師さんに髪の悩みを相談すれば、うまくカバーしてくれるような、自分にとって最高のヘアスタイルを提案してくれるでしょう。

ベビーパウダーをはたく

暑い季節やスポーツをしていると、汗でおでこがベタベタしやすいです。汗でおでこに前髪がはりついてしまうと、前髪が分かれてしまったり、髪型が決まりません。おでこのベタベタが気になる人は、ベビーパウダーを少しはたいておくのも効果があります。

前髪の裏やおでこに少しだけはたいてください。あまり多く使うと髪にパウダーがついてしまうので注意してください。

スポンサーリンク

前髪ぱっつんスタイルの作り方

%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%82%b9%e5%a5%b3%e6%80%a7

女性向けのスタイルです。前髪のぱっつんスタイルは若々しく見えてかわいらしく、男性にも人気のスタイルですね。

ぱっつん前髪が似合う人

ぱっつん前髪が最高に似合う人は、卵形や面長な人です。前髪をおろすことで顔の長さが強調されなくなります。丸顔の人は、ぱっつん前髪だと丸顔を強調してしまうかもしれません。

またおでこが狭いことを気にしている人は、前髪をまっすぐおろすことで、気になる部分をカバーできます。

前髪ぱっつんとボブスタイル

あご下ラインのショートボブや、肩上ぐらいのミディアムボブスタイルにぱっつん前髪はかわいらしく、小顔効果もあります。明るいヘアカラーやメッシュを入れるのも、ボブスタイルだと派手になりすぎません。

一口にボブスタイルといっても、なかなか自分の理想通りのスタイルが伝わりにくいこともあります。美容院の情報サイトでお気に入りのスタイルを見つけたら、その美容院で予約したり、写真を見てもらって雰囲気を伝えてみましょう。

ぱっつん前髪にするときの注意

自分でぱっつん前髪を作るとき、また美容院で切ってもらった前髪を自分でカットするとき、切った後前髪が多少カールすることも考えて、長さは気持ち長めに残して切ること、サイドの方まで切りすぎないように注意してください。整える程度に切るときは、真横より縦にハサミを入れていくようにします。

前髪を左右のどこまで切ったらいいかわからないことがありませんか。めやすとしては両目の黒目あたりまでです。両目の黒目あたりまでの前髪をとって、お好みの長さにカットします。

ヘアアイロン

ぱっつん前髪を作ると前髪がパックリ割れていたり、クセが出ていたりすると目立ちます。

クセが出やすい人はヘアアイロンも使って、しっかり伸ばしておきましょう。

スタイリング剤

前髪のストレートをキープするには、専用のスタイリング剤を利用します。何もしないでも直毛の人は良いですが、実際前髪はクセの出やすいところです。

ブロー用もアイロン用もありますので、自分のヘアスタイリングに合うものを選んで使いましょう。

スポンサーリンク

斜め前髪スタイルのつくり方

%e7%b4%ab%e6%9c%8d%e5%a5%b3%e6%80%a7

斜め前髪は大人っぽいスタイルです。男性女性問わず人気のスタイルです。

斜め前髪が似合う人

丸顔の人にも、またどんな顔の形にも合います。

ショートでもミディアムでも、もちろんロングでもどんな髪型にも合わせやすいです。

斜め前髪の作り方

斜めにする分、ぱっつんよりは少し長めに前髪をとってカットします。ブローをするときはカールブラシで前髪を内巻きにブローします。

クセで髪型が崩れやすい人は、ヘアアイロンを利用して、髪型をしっかり内巻きに固定します。コームで前髪を斜めに流すようにして完成です。仕上げにスプレーを使うときはつけすぎないようにしましょう。

斜め前髪で結婚式用へアアレンジ

斜め前髪はいろんなスタイルに合います。ウェディングパークマガジンなどでも素敵なヘアスタイルが紹介されていますが、結婚式のヘアアレンジにもアップスタイル、短めの髪の人はサイドにお花を飾るなどして華やかにします。

自分でするのが難しいという方は美容院を予約して、ヘアアレンジをしてもらうのがおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

前髪がパックリ割れてしまう原因と、そのときの対策法、また普段から前髪が割れないようにするヘアケアの方法を紹介しました。

前髪がパックリ分け目にならないよう、お風呂上りにタオルで巻いたままにしない、ヘアバンドやピンで固定したままにしない、自然乾燥せずドライヤーでしっかり乾かすなど、日頃の習慣に注意しましょう。割れてしまった前髪を直すには根元から髪を濡らした上で、ブローを上からするのもコツです。分け目を目立たないようにするにはジグザク分け目を作ってからのブローが効果的です。

前髪が割れてしまうと髪が薄く見え、髪型も決まりません。パックリ分け目の対策をして悩みが解消できたら、女性ならぱっつん前髪スタイル、男女問わず人気でとり入れやすい斜め前髪スタイルなど、お好みのスタイルを楽しみましょう。

関連記事として、

前髪が薄い原因は?チェック方法と対策方法も紹介!

分け目が薄いってどんな状態?男女別の原因と対策方法について紹介!

これらの記事を読んでおきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク