アロエを使った育毛剤が凄い!自宅で出来るアロエ育毛剤の作り方を紹介!

美容や傷の手当にも使われるアロエには、育毛効果もあるそうです。大手製薬会社からもアロエの育毛剤が商品として出ているぐらい、アロエには髪の健康に良い効果があるようです。民間療法としても薄毛の改善に、手作りのアロエ育毛剤が使われています。

アロエ育毛剤に関心がある人のためにアロエの持つ育毛効果について、アロエ育毛剤の作り方と使い方、使用上の注意点、また市販のアロエ育毛剤の成分や効果に関する情報をお伝えします。

スポンサーリンク

アロエの働きと育毛効果

アロエベラの葉肉

アロエは古くから観賞用だけでなく薬用や食用にも使われていました。

アロエとはどんな植物なのか、そして最も気になるアロエの育毛効果とはどのようなものなのか、アロエに含まれている成分に注目しつつ確認していきましょう。

薬用植物アロエとは

アロエはユリ科の植物で生命力が強い植物と言われ、その土地や環境に合うよう形態を変えて進化し、300を越える品種があるとされています。日本ではキダチアロエ、アロエベラが有名です。

アロエは化粧品としても人気がありますが、薬用にも使われる植物で民間療法にも使われています。品種によってその作用・効果に多少違いはありますが、胃の調子を整える作用、抗菌作用、抗炎症作用、抗ウイルス作用、美肌効果などがあるとされています。

アロエの成分

アロエは数多くの種類がありますが、当然品種によって少しずつ成分が異なります。日本で有名なキダチアロエとアロエベラの成分を見てみましょう。

キダチアロエにはアロインという有効成分が含まれ、体内でアロエエモジンに変化、いずれも胃を丈夫にし、便秘にも効果があります。ただしアロインの長期間にわたる服用は、大腸壁に異常を生じ、腸の動きが悪くなるとされています。なおキダチアロエの苦みはアロインによるものです。

アロインの他にキダチアロエにはアロエウルシンという成分が含まれ、胃や十二指腸の粘膜を保護し、抗潰瘍作用があります。

タンニン酸は細胞を活性化する作用があり、このタンニン酸の作用がアロエの育毛効果と大きな関わりがあります。前述のアロインとタンニン酸には抜け毛を予防し、育毛効果と白髪を改善する効果があるとされています。

アロエベラの成分はキダチアロエと同じものが多いですが、アロエベラの方がムコ多糖類が豊富に含まれています。ゼリー質に含まれるムコ多糖類は高い保水性があり、美容にも効果的とされています。

アロエベラに含まれている成分サポニンはコレステロールや中性脂肪を減少させる作用があり、動脈予防の効果もあると言われています。

アロエエキスの働き

アロエエキスには血行促進作用、発毛促進作用などの育毛・発毛に関わる作用があるそうです。さらに抗菌作用、消炎作用、収れん作用、保湿作用など、頭皮環境を整える作用もあり、フケやかゆみを抑える効果も期待できます。

また傷を修復し、紫外線から肌を守る作用があるので、頭皮トラブルを改善し、頭皮の肌をダメージから守る効果も期待できます。

抜け毛・薄毛を予防し、育毛や発毛を促進、頭皮環境を改善して頭皮を健康に保つ作用があることから、アロエエキスは育毛剤としての効果もあるエキスとされています。

アロインの抜け毛予防効果

アロインはアロエの表皮部分によく含まれている成分です。アロインは男性ホルモンのテストステロンをジヒドロテストステロンに変換する還元酵素である5αリダクターゼの働きを抑制する作用があります。

ジヒドロテストステロン(DHT)は本来は体内に多く存在するホルモンではありません。強い作用があり、特に髪の脱毛を促す作用、髭や体毛を増やす作用があります。

5αリダクターゼにより生まれたDHTが毛乳頭のレセプターと結合すると、脱毛因子が増えて毛母細胞の分裂が弱まってしまいます。

毛母細胞が不活発になるとヘアサイクルの成長期が短くなり、髪が抜けたり細く弱い髪になっていきます。男性に多い脱毛症のAGAの発症につながります。

アロインにはテストステロンをDHTに変換する5αリダクターゼを抑制する作用があるということで、抜け毛を予防する効果があるとして期待されています。

タンニン酸の発毛促進効果

アロエに含まれている成分のタンニン酸は、ポリフェノールの一種です。タンニン酸は分子が細かく、浸透力が高いとされています。タンニン酸には細胞を再生し、活性化させる作用があるとされています。

傷口にアロエを塗ると傷の治りが良くなるのはこのタンニン酸の効能と考えられます。タンニン酸の入ったエキスを頭皮に塗ることで毛母細胞を活性化させ、育毛効果が期待できるということで実際に実験が行われました。

抜け毛に悩む女性を対象にして、タンニン酸の入ったエキスを毎晩頭皮に塗ったところ、被験者の女性たちの96%で育毛効果が見られたという結果が得られたそうです。

具体的には抜け毛が減ったり、毛包から生える髪の本数が増えたり、抜け毛予防や発毛効果も見られたそうです。

スポンサーリンク

手作りアロエ育毛剤の作り方

水の中のアロエ

アロエには抜け毛予防や発毛促進成分が含まれているということで、抜け毛や薄毛が気になる人は試しに使ってみたいと思っているかもしれません。

実はアロエの育毛剤は簡単に手作りでもできるそうです。自分でできる手作りアロエ育毛剤の作り方について紹介します。

アロエ育毛剤作り方(アルコールタイプ)

キダチアロエ6本程度、焼酎(ホワイトリカー)一升、保存容器を準備します。

  1. まずキダチアロエの下準備をします。皮はむかずによく洗ってください。
  2. 洗った後は1~3cm程度の幅にカットします。
  3. 3日間カットしたキダチアロエを陰干しします。
  4. 乾燥させたキダチアロエを保存容器に入れて、焼酎(ホワイトリカー)を入れます。
  5. 約1か月、キダチアロエと焼酎を入れた保存容器を冷暗所、または冷蔵庫で保管します。
  6. 1か月後保存容器からキダチアロエを取り除き、アロエ育毛剤の完成です。アロエを漬けた液の色は、きれいな黄金色になります。
  7. 完成した育毛剤は、スプレー式のボトルに入れて使います。

アルコールを使って作るアロエ育毛剤はさらさらな仕上がりなので、手を汚さず使いやすいでしょう。ただしアルコール液でしみる頭皮の人には向いていません。次にアルコールを使わないタイプの育毛剤の作り方も紹介します。

アロエ育毛剤作り方(アルコール不使用タイプ)

アルコール液が苦手な人には、アルコールを使用しないタイプの手作りアロエ育毛剤もあります。ローションタイプではなくペースト状になるそうです。適量のキダチアロエ、鍋、保存容器を準備します。

  1. キダチアロエをよく水洗いします。
  2. 水洗いしたキダチアロエをすりおろして濾します。
  3. 濾したエキスを水分を補充しつつ、鍋で30分程度煮込みます。
  4. 灰汁を取り除いて保存容器に入れて、冷蔵庫に保管します。仕上がりはペースト状です。

保存期間は冷蔵庫で1~2週間程度です。すりおろしたキダチアロエの原液をそのまま頭皮に塗る人もいるそうです。

若干工程の異なる手作りアロエ育毛剤の作り方もあります。アロエをすりおろさず、細かく刻むかフードプロセッサーにかけてから30分煮込み、さらしなどでろ過して作る方法もあります。

スポンサーリンク

手作りアロエ育毛剤使用法と注意点

青いドレスの女性

手作りアロエ育毛剤は多少の手間はかかりますが、それほど難しい作り方でもないようです。実際に作ってみる前に手作りアロエ育毛剤の使い方や保管法、使用期限、また使用する上での注意点についても確認しておきましょう。

アロエ育毛剤の使用法

手作りアロエ育毛剤は、シャンプーをした後の清潔な髪に使うのがベストです。タオルで水分をとって、またドライヤーで軽く乾かしてから頭皮に塗ります。

育毛剤を頭皮に塗った後は頭皮の血行を促進するように頭皮マッサージをします。指の腹に力を入れて、頭皮を押し上げるようにマッサージします。

アロエ育毛剤シャンプーと混ぜて使ったり、育毛剤を頭皮に塗ってから入浴している人もいるそうです。

保管法・使用期限

保存料などが入っていないので、保管方法は注意しましょう。長期保存には向いていないので、2週間を超えるような分量は作り置きはせず、早めに使うようにしましょう。

アロエ育毛剤はアルコールタイプなら保管は冷暗所でも大丈夫なようですが、暑い時期やノンアルコールの育毛剤は冷蔵庫で保管をするようにします。

使用期限は1~2週間が目安とされています。ただし色、香りが変わってきたら使用を止めて、新しいものを使うようにしましょう。

刺激を感じたら使用を中止

アルコール入りのアロエ育毛剤を使用すると、アルコールでかぶれる恐れがあります。またアロエにもアレルギーがあるので、気をつけなければなりません。

少しでも刺激を感じるようなら使用を中止しましょう。またアレルギーが心配な人は事前にパッチテストをして、異常がないか確認してからにしましょう。

育毛・発毛効果について

アロエに含まれている成分には抜け毛の予防や血行促進、発毛促進作用があるという研究結果もありますが、手作りのアロエ育毛剤はあくまでも民間療法の一環で、その育毛・発毛効果まで保証されてはいません。

一般的な育毛剤でも効果には個人差があり、アロエ育毛剤では治療薬や発毛剤のような劇的な効果は認められないかもしれません。過剰な期待はせず試しに使ってみるぐらいのスタンスが良いでしょう。

スポンサーリンク

市販のアロエ育毛剤商品

アロエの花

アロエの成分には育毛、発毛促進に期待のできる作用があるようです。

手作りの育毛剤も効果がありそうですが、アロエエキスの恩恵に与かるにはより効果の高い育毛剤が良いかもしれません。小林製薬から出ているアロエの育毛剤に関する商品情報、及び口コミや体験談も紹介します。

小林製薬の「薬用アロエ育毛液」

大手製薬会社の小林製薬から出ている「薬用アロエ育毛液」は男性、女性兼用の育毛剤です。薬用植物アロエの保湿力に着目し、アロエ製薬(グループ会社)と共同開発で作られた育毛剤です。

製薬会社ならではの視点で開発された製品ということで、アロエ以外にもさまざまな育毛に効果があるとされる成分も含まれており、その効果に期待できそうな育毛剤です。

薬用アロエ育毛液には直づけタイプと、スプレータイプがあります。生え際につけたときに液ダレが気になる人にはスプレータイプがおすすめです。

薬用アロエ育毛液の成分

育毛有効成分のセンブリ抽出リキッド、ビタミンE誘導体(酢酸トコフェロール)、βグリチルレチン酸、ヒノキチオールと、保湿成分のアロエエキス、皮脂分泌抑制成分としてビタミンB6が配合されています。

血行促進成分であるセンブリ抽出リキッド(センブリエキス)とビタミンE誘導体が、頭皮の血行を促すことで毛母細胞を活性化させ、抗炎症成分βグリチルレチン酸(グリチルリチン酸)の作用により、頭皮の炎症を防いで脱毛を予防します。

さらに抗菌成分のヒノキチオールと皮脂分泌を抑えるビタミンB6が頭皮を清潔に保ち、フケ、かゆみを抑えて育毛をサポートします。

乾燥して状態の悪い頭皮は、育毛成分が浸透しにくいと言われています。アロエエキスによって頭皮を保湿することで、頭皮を柔らかくし、頭皮環境を整えて育毛有効成分を届きやすくする効果があります。

育毛剤の原料となるアロエも国産の品質の良いものにこだわり、製薬会社ならではの高い品質の育毛剤であることを強みとしているようです。

薬用アロエ育毛液の使用法

1日2回、朝晩に使います。シャンプー後はタオルで水分を取り除いてから使いましょう。頭皮全体に育毛液を適量(容器の側面を参考)を塗って、指の腹を使ってマッサージします。

薬用アロエ育毛液の価格

小林製薬のアロエ育毛液の価格は、直づけタイプ、スプレータイプ共に200mLで本体価格5,800円(税込価格6,264円)、公式サイトから送料無料で購入できます。定期お届けコースだと税込5,512円となります。朝晩2回の使用で60日分の量となっています。

薬用アロエ育毛液のお試しセット

まずはお試しでアロエ育毛剤を使ってみたいという人には、公式サイトのページから購入できる1週間分のお試しセットもあります。

薬用アロエ育毛液のお試しセットは本体価格500円(税込540円)で、1週間分30mLの育毛液、頭皮ブラシ、シャンプーとコンディショナーのお試し品もついて箱入りで送料無料となっています。セットの頭皮用ブラシは一般的なブラシとは異なりゴム製のマッサージ用のものです。

アロエ育毛液の使用感に関する口コミ

アロエ育毛液自体には独特の香りがあるようですが、頭皮につけると匂いはさほど気にならないようです。つけたときは爽快感が軽くあるそうですが、刺激が強いというほどでもないようです。

保湿効果のあるアロエが使われていますが、つけた時べたつく感じもしないという意見と、湿った感じがするという意見もあります。

アロエ育毛液の口コミ評価

アロエ育毛液を実際に使っている人も多いようで、口コミやブログ管理人さんのレビューも多数あるようです。お試しセットがリーズナブルなのもあってか、人気のようです。

1週間のお試しセットでは、育毛効果はさすがに出ないようです。しかし、1本使い切った人の口コミでは、抜け毛が減ってきたことと、かゆみがなくなったきたという声が寄せられていました。

また乾燥肌の人でアロエ育毛液を使い続けたところ、頭皮の嫌なニオイがなくなってきて、髪の根元にボリュームが出てきたという口コミも寄せられています。

また髪の分け目が目立っていた50代男性は、3か月アロエ育毛液を使用して髪にハリやコシが出てきたことを報告しています。

良い口コミ評価も多いようですが、効果があったという口コミやブログレビューには写真があまり掲載されていないようで、実際の効果のほどは不明な部分もあります。

効果がなかったという声はお試し品での感想が多く、1週間で育毛剤の効果は出るものではないのでこちらもあまり当てにならないと考えられます。

しかし中には10本も使ってみたけれど、思ったような効果はなかったという声もありました。育毛や発毛の効果はなかったようですが、頭皮環境の改善には効果があったようです。

スポンサーリンク

まとめ

野原黄色花と女性

アロエは古くから薬用としても使われ、健胃作用や抗潰瘍作用以外にも育毛や発毛促進作用があることが知られています。中にはアロエエキスを利用した、手作り育毛剤を使っている女性たちもいるようです。

アロエの成分のアロインには5αリダクターゼを抑制する作用があり、男性型脱毛症の原因となる男性ホルモンDHTの生成を抑え、脱毛予防になる効果が期待されています。

またポリフェノールの一種であるタンニン酸は血行を促進して毛母細胞を活性化し、育毛・発毛促進効果があるとされています。

大手製薬会社の小林製薬からは、アロエエキスを使った薬用アロエ育毛液という育毛剤が販売されています。

アロエの育毛効果というよりは、アロエの保湿効果で頭皮環境を良くすることで、センブリ抽出リキッドなどの育毛有効成分の浸透を高めることを狙った育毛剤となっています。お試しセットもあるので気になる人は試してみてはいかがでしょうか。

関連記事としてあわせて参考にしてみてください。

頭皮に育毛剤を注射する治療法って?気になる効果や治療費について紹介!

育毛剤ロゲインに効果はある?効果的な使用方法と副作用【育毛剤・発毛剤】

ハゲは育毛剤では治せない?育毛剤は本当に効果があるのか?商品の選び方について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク