薄毛女性におすすめの髪型4つ!薄毛対策グッズも紹介!

薄毛の人口が増加してきている中で、女性にも薄毛対策を行う人は増加してきています。薄毛でも髪型で可愛くオシャレを楽しみたい。そんな女性は多いでしょう。

髪の毛が少なくなってしまったり、元気がなくなってしまった髪の毛を上手くセットする方法や参考になる髪型について今日は紹介していきます。

どうして自分が薄毛になってしまったのか?その原因を明らかにして有効な対策法で髪の毛を元気にしながらオシャレも楽しんでいきましょう。

スポンサーリンク

女性が薄毛になりやすいタイミング

黄色花デニムジャケット女性

女性が薄毛になってしまう原因がわかれば有効な対策法を打つことが出来ます。更なる脱毛を引き起こさないためにも髪型を作る前に自分が薄毛になっている原因は明らかにしておきましょう。

ホルモンバランスが崩れているとき

生活の中でホルモンバランスが乱れてしまう事は良くあります。

女性の中にも男性同様、一定のバランスで男性ホルモンが存在しています。この男性ホルモンの作用が優位になりすぎてしまい、女性ホルモンの力が低下すると抜け毛が発生してしまう事があります。

この抜け毛はびまん性脱毛症FAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれる症状になります。

妊娠〜出産後

特に産後は女性の髪の毛が一気に抜け落ちる時期でもあります。これは分娩後脱毛症産後脱毛症と呼ばれるもので、出産を経験した女性であれば約4割ほどはこの脱毛症を実感しています。

妊娠中に100倍に増幅している体内の女性ホルモンの働きが一気に元の状態に戻ってしまう事で、ホルモンバランスの変化の影響が強く髪の毛にも作用してしまうものになります。

症状には個人差があり、長い人では数年間薄毛の状態が続いてしまうこともあります。

疲れ・ストレスが溜まっているとき

疲労とストレスの蓄積している状態では自律神経の乱れが発生しやすくなり、血流や内臓の働きやホルモンや粘膜などの分泌のバランスが崩れます。

免疫機能の低下やヘアサイクルの乱れによって抜け毛や病気などになりやすくなります。

髪の毛が抜けてしまうだけでなく、頭皮湿疹や炎症などが発生して頭皮が病気になってしまって薄毛に繋がる事もありますので、その場合には皮膚科での治療も必要になります。

ダイエット中

髪の毛や頭皮への栄養が不足してしまうことで薄毛に繋がります。

髪の毛の成長にはタンパク質が特に必要で、その髪の毛を成長させる頭皮状態を良くするためにはビタミン各種、ミネラルなどが必要不可欠になります。

頭皮は心臓上部の末端に位置する部位なので元々栄養が届きにくい部分でもあります。そこに食事制限を行ったダイエットの影響が重なると、抜け毛が増加してしまうことがあります。

10代20代の若い世代でも発生する可能性のある問題ですので注意しましょう。

更年期・閉経後

40〜50代で発生している薄毛の原因に特に該当するものになります。

閉経は卵巣が機能しなくなるので月経が発生せず、子供が産めない身体になる変化のことです。その変化に伴い、自律神経の乱れ、ホルモンバランスの乱れ、精神状態の変化や食欲不振など多くの症状が発生し、同時に抜け毛も増えることがあります。

身体に発生する変化が複合的に絡んで発生しているので対策が難しい抜け毛でもあります。

髪の毛を毎日縛っている

髪の毛の長い女性に特に発生しやすい薄毛の原因です。

牽引性脱毛症と呼ばれるもので、ポニーテールやお団子ヘアなど、髪の毛を縛ってヘアアレンジをしている女性に発生しやすい薄毛になります。

生え際の部分や髪の毛の分け目の部分の薄毛が特に目立っている人はこの脱毛症の可能性が高いでしょう。

ヘアスタイルを小まめに変えたり、負荷のかかる部分を変えて対策していきましょう。

スポンサーリンク

薄毛女性におすすめのスタイル

最近抜け毛が増えて、髪の毛のボリュームがなくなり髪型に困っている人は多いでしょう。

そんな人におすすめの参考になるスタイルを紹介したいと思います。参考になる女性芸能人などの髪型を見ていきましょう。

アップバング

前髪を持ち上げておでこや表情をしっかり出す髪型。

おでこを出すことで活発な印象を演出することが出来ます。

木下さんは二人の子供をご出産なされているので一時期髪型が薄くなっている事が指摘されたりしていましが、が当時も特に髪型を隠すこと無く逆におでこを大きく見せて堂々としておられたのが印象的です。

寧ろ元気な姿で子供が出来たハッピーな状況が感じられて、全然気になりませんでしたね。

前髪で隠すだけでなく、魅せることもアリ!可愛いカチューシャなどを付るのもおすすめです。

分け目を反対側にする

いつもと反対側の分け目に変えて、髪の毛のボリュームをない側を隠しましょう。

毎日同じ方向に分けていると分け目部分が薄毛になりやすくなります。またいじることもやめて出来るだけ刺激を与えないことも重要です。

中分、左右と3パターンの分け目で対応して一箇所に負担がかかってしまうのを防ぎましょう。

バンダナ×ポニーテール

前髪ありのポニーテールの生え際付近にバンダナを巻いて生え際の地肌が見えてしまっている箇所を隠してしまうのもおすすめです。

毎日ポニーテールにするとどうしても牽引性脱毛症の危険性が出てきますので、たまにのオシャレにおすすめの髪型です。ヘアバンドなどを使用しても良いでしょう。

トップや頭頂部の薄毛を隠せるので上部が薄毛になって来ている人におすすめ。

ふわっとさせたショートボブスタイル

ショートボブの髪型をワックスなどの整髪料で毛先を遊ばせるのもおすすめです。

髪の毛に空気を含ませてふわっとさせてることでボリュームを出して、髪の毛のヘタリ具合をカバーします。

スタイリング剤がワックスだけだと、髪の毛が細い人はすぐにぺったんこになってしまう事があります。スプレーなどを使用して固めたり、スタイリング剤を使用する前に髪の毛を一旦濡らしてヘアブローをして髪型を作ってからセットするとセット力が上がります。

スポンサーリンク

薄毛をカバーする髪型のポイント

赤いネイルのアップヘアの女性

薄毛になってしまうとなかなか決まらない髪型をキレイに魅せるポイントってなんでしょうか?

髪型を作るときに押さえておきたいポイントを紹介します。

髪型のポイントは?

  • 毎日同じ髪型にしないこと
  • 長髪にし過ぎはNG
  • 髪型のセット前にしっかりブロー
  • ワックスなどの整髪料を頭皮に付けない

以上の点がポイントになります。

髪の毛を縛るときでも、ヘアゴムは引っ張る力が強くなるのでどうしても抜け毛が増えてしまいます。なので、ヘアクリップなどを使用してふんわりまとめるのもおすすめです。

髪への負担を減らしながらオシャレを楽しんでいきましょう。

堂々とする事が魅力に

薄毛を隠すことに必死になって気にしすぎると人目が異常に気になって、ストレスが溜まり薄毛が増加する原因になります。

第三者から見て薄毛が気にならない人は皆堂々としているという共通点があります。

しっかり対策していれば多少薄毛になっても3ヶ月〜6ヶ月で徐々に回復していきますので、あまり気にしないことも重要です。

芸能人を見習おう

女性芸能人の髪型やスタイリングを見ていると、広いおでこや生え際の産毛などを気にしない人も結構居ます。

寧ろ堂々としている姿が美しく見えます。人目を気にしない姿勢や、自分で薄毛を否定しない姿勢はストレスの軽減にも繋がりますし、自由に楽しんでいるなと思います。

隠すことだけでなくそういった内面の部分も一緒にオシャレにつなげていけるといいですね。

スポンサーリンク

女性が使える育毛対策グッズ

ドライヤーグッズ

薄毛がこれ以上進行してしまわないように、育毛対策を欠かさずに行って回復していかなくては行けません。

薄毛対策に有効な育毛グッズを紹介します。

カツラ・ウィッグ

定番のカツラやウィッグは特にトップの部分に髪の毛が薄くなってしまった人に有効のグッズになります。

簡単に髪の毛のボリュームアップが出来て、スタイリングの幅も広がりますので髪の毛が成長するまでの間は助かるでしょう。

人目がどうしても気になる人はこれで、人目にストレスを感じず生活していきましょう。手入れ方法などが若干手間になりますのでその点だけ注意です。

女性専用育毛剤

女性専用育毛剤も近年の薄毛人口増加の影響で増えてきました。

今人気の女性育毛剤としてはハリモア、リリィジュ、マイナチュレ、ベルタ育毛剤などがあります。

女性育毛剤には天然植物エキスなどを中心に配合してる商品が多く、副作用などが少なく、使用感もサラサラしているので使いやすい物が多い印象です。

有効成分のミノキシジルが含まれている、効果が厚生労働省に認められているものとしてはリアップジェンヌという商品があります。

これらの育毛剤を使用して見るもの良いでしょう。

獣毛ブラシ・猪毛ブラシ

獣毛ブラシと呼ばれるブラシは最近あまり見られなくなりましたが、育毛剤がまだ無い時代の最も有効なヘアケアグッズとして使用されていたのが猪毛などを使用したブラシです。

時代は1600年ほどまで遡り、日本では江戸時代から現在まで使用されているアイテムになります。

適度な刺激で頭皮の血行を良くして、油分を含んでいる獣毛により髪の毛への摩擦抵抗を抑えて髪の毛へのダメージを最小限に抑えながら育毛効果を促進します。

有名なブランドとしては国内の江戸屋、イギリスのメイソンピアソンやKENTなどがあります。

スポンサーリンク

薄毛になっても魅力的になれる

薄毛になったらどうしても気分が落ち込みますし、笑いものにされる風潮があります。

しかし、それに怯えて隠しているとどんどん自分が崖に追いやられてしまいます。薄毛でも髪型のアレンジや育毛対策で工夫しながら髪の毛でオシャレを思う存分楽しんで、魅力的になりましょう。

誰だって薄毛になります。特に女性の薄毛は大きなショックを受けますが、ハゲは対策が可能です!諦めずに頭皮マッサージなど簡単なことから始めて回復していきましょう。

関連記事としてこちらの記事も合わせて参考にしてみてください。

抜け毛の本数はどこからが危険?1日に抜ける髪の毛の本数の平均を紹介!抜け毛が増える原因と対策方法を紹介します

自宅で出来る頭皮マッサージのやり方を紹介!白髪予防や小顔効果もある?オイルやブラシなどを使った方法も知ろう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク