市販ヘアカラーの人気おすすめ商品を紹介!髪の毛へのダメージの少ない美容師イチオシのヘアカラーとは?

髪の毛をアレンジして楽しむのは、髪型だけではありません。髪の毛の色を染めて個性を出すことも当たり前の時代になりましたね。

セルフでヘアカラーを行うための商品もかなりの量が販売されていて何を購入すれば良いのか正直わからない人も多いかと思います。最近商品数が一気に増えたことで流行色にする場合でもキレイに染まる商品などが販売されていて自宅でヘアカラーを行う人も増えています。

しかし誤った商品選びをして失敗してしまいたくないですよね。ヘアカラー商品を購入するときにはどの様な事を意識して選べば良いのでしょうか?

今日はヘアカラーを購入するための選び方や、今人気の商品やカラーについて紹介していきたいと思います。

その他にもヘアカラーのメリットとデメリットなども紹介しますので、しっかり認識してヘアカラーを行うおとでの良いこと悪いことを把握していきましょう。

スポンサーリンク

市販のヘアカラーのメリット・デメリット

確率

髪の毛を染めようと思った場合2つの方法があります。美容院で染めてもらうか、自宅で自分で染めるかですね。市販の商品を使って家で自分で髪の毛を染める場合、美容院で染める時に比べてそのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

メリット

まずは市販品を使用する上でのメリットから見ていきましょう。

費用が安い

美容院でカラーを行う場合、材料費に加えて技術量などが掛かってきてしまうため金額は割高になります。しかも最近はたくさんプランがあってより髪の毛に優しい染料を使用すればさらに値段は高くなります。

市販の商品を使用する場合美容院などに行くよりも5〜10分の1ほどの価格で髪の毛を染めることが出来ます。圧倒的に節約が可能なのでお金に余裕のない人は家で染めたほうが確実にメリットの恩恵は大きいでしょう。

市販商品自体ほとんどが1000円以内で1箱を購入することが出来るので、1回1000円ほどで髪の毛を染める事ができます。しかし髪の毛が長い人などは2箱購入しなければいけない場合もあります。しかし美容院に比べると遥かに安いのには変わりないですね。

時間を選ばず、美容院に行く手間もかからない

美容院の予約を取ったり予定通りの時間に美容院に通う必要がなく、深夜などのお店の空いていない時間帯にも自宅で簡単に髪の毛を染めることが出来ます。

美容院の営業時間などにお店に行けない場合や、急遽髪の毛を染めたい際などには市販で手軽に染められるのは良いですね。お店での会話などが苦手などの人も自分で気を使わずに行える点では向いているでしょう。

忙し人には特にありがたい点ですね。

種類が豊富

昔に比べてかなり色の種類も、商品の種類も増えて来ました。好みの色や商品を探す選択肢が広がり、楽しめるようになっています。大型のドラッグストアにも並びきらないほどの数の商品が今では販売されています。

さらに、カラー剤にはいくつもタイプが有り、時間をかけて染るシャンプータイプやリンスタイプの他ヘアマニキュアやバタータイプなどの種類もあります。髪の毛にも優しい種類の商品や美容院では置いていない商品なども多く揃っていて、ネットでも簡単に購入することが出来るので選択肢が広がっています。

プロの使用している商品とは方向性が違いますが、個人向けの商品の大きく変化していますので十分楽しめることが出来ます。

デメリット

メリットの次にデメリットも紹介していきます。

髪の毛が痛む

一般的な商品のヘアカラーはどうしてもプロの使っている商品よりかは髪の毛へのダメージが大きくなってしまいます。しかし、今では一般的な商品も昔に比べればだいぶ痛みが軽減されてきているものに開発されてきています。

ブリーチなどをしてしまえばかなり髪の毛へのダメージは大きいですが脱色剤を使用しない商品を選択すれば髪の毛のダメージは抑えられるようになってきています。

若干の痛みのデメリットは残っているものの、痛みのデメリットは近年解消されつつかる傾向があります。

ムラができる

自分で染料を付けて染髪するのでどうしてもムラになりやすい傾向があります。初心者ではなおさら、初回からキレイに染めることが難しいでしょう。仕上がりがプロと素人の差が出てしまうことは否めません。

しかし、初心者でも簡単に染められる商品の開発が進み、その差は昔に比べれば無くなってきています。これも改善されつつある問題ですのでそこまで気にする必要はないでしょう。

複雑な色の指定が出来ない

自分で色を選択して、好きなように色を付けられる点では自由度が高いように感じられますが、自信に技術と再現力がない場合叶えたい髪色を出すことは出来ません。

美容院ではこうしてほしいですといえば美容師さんが要望を汲みして髪色を再現してくれますが、自分でやる場合は自分でアレンジして再現するしかありません。一部染めなどの場合は左右非対称になってしまったりする場合もあり失敗のリスクが高くなります。

難しい複雑なイメージがある場合は写真などを持っていけばすぐにやってくれる美容院の手軽さには敵わないでしょう。

ヘアケア費用がかさむ

この点は美容院で染めた場合も該当するデメリットになりますが、髪の毛がヘアカラーの影響で若干傷んでしまった分、それを補うためにトリートメントやコンディショナーやオイルなどを使用して髪の毛のダメージケアをしていかなければいけません。

もちろんその分費用がかさむことになります。ヘアカラーを行えばほぼ確実に髪の毛の質は変化します。殆どの場合が髪の毛の潤いが減ってパサパサしてしまい、髪の毛が切れやすくなったり絡まりやすくなったりすると感じるでしょう。

髪の毛を染めてからはすぐにヘアケアを行っていくことでこれらの問題を軽減できるのでヘアケアは必須になってきます。その分の費用を考慮しておかないと髪色は変わっても髪質が残念になってしまうことでしょう。

スポンサーリンク

ヘアカラーの選び方

選択

ヘアカラーと言っても沢山の種類が販売されています。徐々にその変遷を辿ってきている人は今更商品選びに困ることは無いでしょうが、いきなりヘアカラーの商品を選択しようとした場合選べない人がほとんどだと思います。

要望と違った商品を購入してしまわないようにヘアカラーの種類ごとの特性を知って選び方を学んでいきましょう。

用途タイプで選ぶ

まずヘアカラーを選択する上でどのタイプのヘアカラーを購入するか選択しましょう。

まずは白髪染めようなのか、黒髪用なのかですね。白髪に黒髪用のヘアカラーを使っても白髪と黒髪の色の染まり具合に大きく差が出てしまい結局目立ってしまいます。逆の場合では黒髪にキレイに色が入らず望みのカラーにならないケースも。

なのでまずは大まかに自分の髪の毛への使用用途でヘアカラーを選択しましょう。

次に使用方法の異なる染料のタイプです。クリームタイプ、泡タイプ、マニキュアタイプ、バタータイプ、液状タイプ、リンスタイプ、シャンプータイプなどいくつかのタイプに分かれています。

初心者で簡単に染められるのはクリームタイプや泡タイプ、グラデーションをつけたり一部塗りなどの使用に向いているのがマニキュアタイプやバタータイプ、徐々に色を付けていくのがシャンプータイプやリンスタイプになります。

液剤の状態や使用方法が異なりますのでこの部分をしっかり確認しましょう。

色で選ぶ

タイプを選択できたら色で選んでいきます。最近ではグレーに近いアッシュ=灰色などのカラーが人気色として挙げられますね。他にはピンクっぽい色合いのカラーなどバリエーションはたくさんあります。

自分の好みのカラーとタイプの商品を選択して行きましょう。1剤2剤の化学染料を使用した商品は髪へのダメージが最も強くなってしまいますが、色がキレイに出しやすくカラーの選択肢が非常に広いことがメリットとしてあります。

鮮やかな色や、流行色などの色をいち早く取り入れたい場合は、泡タイプやクリームタイプのヘアカラーから好みの色を選択すると良いでしょう。

価格で選ぶ

上記の2つの項目で商品が絞れたら、今度は価格で商品を選んでいきます。ただ単純に安い商品を購入してもいいですが、値段が若干張る商品は髪の毛へのダメージを抑えるための成分などを配合していて値段が高くなっている場合もあるので、コストパフォーマンスの高い商品を自分の財布と相談しながらちょうどいい価格のものを購入していきましょう。

口コミなどの評価は非常に重要ですので、気になった商品を2〜3点検索にかけてみて評価を見ていきましょう。

スポンサーリンク

おすすめ商品

ヘアカラー

沢山売られているヘアカラー商品の中からいくつかピックアップしてヘアカラーのおすすめ商品を紹介していきます。商品選びの参考にしてみてください。

商品の価格、用量、特徴の3点を紹介しますので、自分に合った商品かどうかや商品選びをする上での基準にもしてみてください。

ビューティーラボヘアカラー

価格:564円 内容量:40g+80mL+美容液5mL

ホーユー株式会社から販売されている商品になります。価格が非常に安価で節約したい人には嬉しい価格設定になっています。ホイップタイプと乳液タイプの2種類があり17色のカラーの中から選択して色を選ぶことが出来ます。

アッシュや桜色などの流行色に加えブラウン系のカラーが豊富で好みの明るさを調整できます。成分にはローヤルゼリーが配合されていて、さらに植物・果実成分で髪の毛に潤いと栄養を補給します。

有効成分で染め上がりにツヤ感が出るので仕上がりの指通りがよく評価の高い商品です。

リーゼ・プリティア泡カラー

価格:559円 内容量:108mL

こちらも大手の会社である花王から販売されている商品になります。泡で染めるタイプのヘアカラーになりますので初心者にも簡単の商品です。髪の毛全体にキレイに染料を行き渡らせることが出来、洗い流しも簡単です。液だれの心配もない点が泡タイプの良い所で、待っている間に身体を洗ったりすることが出来ます。

ヘアマニキュアのように頭皮への色の着色の心配も無いので大雑把な人でも簡単に取扱できます。使い方は泡を乗せて、揉み込んで、包み込むの3工程です。ロングヘアの人でも1箱で十分全体を染めるだけの量が入っているので1箱買いで十分です。

ブリーチをしていない髪の毛にもキレイに色が染まるので人気のヘアカラー剤になります。

サイオスヘアカラー

価格:718円 用量:50g+50g

家庭でプロの仕上がりを目指した商品で、サロン品質の商品の開発を目的として開発された商品です。プロのスタイリストとともに製品のチェックを行い、ハイコストパフォーマンスの商品化を行っています。

サイオスのブランドは2008年に商品が販売開始されて以降最前線でプロフェッショナル製品としても市場を引っ張っている商品です。日本のみならずヨーロッパ、アジアなどで35カ国以上の国でそのブランド力を広げています。

サロン品質の商品を手頃な価格で商品化し、多くの消費者に愛用されています。サロンでも使用されるだけあって髪の毛へのダメージが抑えられているのが嬉しい点ですね。

スポンサーリンク

まとめ

昔に比べてヘアカラーの商品は数を増やしていて、選択するのがなかなか大変ですよね。失敗しないためにもまとめサイトや口コミレビューなどのサイトの評価をよく比較していい商品を購入しましょう。

ヘアカラー商品選びに失敗してしまうと、髪の毛が激しくきしんでしまったり、パサパサになってしまったりして、また新しい髪の毛が生えてくるまでの6ヶ月近い期間で髪の毛の質が著しく低下してしまう可能性もあります。

さらに頭皮への刺激も強いものがありますので、湿疹や頭皮の痒みや赤らみやフケなどの問題に繋がることもあります。一度頭皮の環境が悪化してしまうと、次回ヘアカラーを使うのがためらわれますし、完治するまでは時間もかかります。抜け毛などの問題にも繋がってしまう場合もあります。ヘアカラー選びには十分慎重になりましょう。

関連記事としてこちらの記事も合わせて参考にしてみてください。

ブリーチは髪が痛む?ヘアカラーとの違いとケア方法を知ろう!

白髪の対策方法を知ろう!サプリメントで摂取したい栄養や綺麗に染まるカラー剤について!

海藻が髪の毛に良いのは本当?摂取のしすぎには注意が必要かも!効果の期待できる海藻の種類と一日の摂取量について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク