若白髪は何歳までが当てはまる?発生するのはストレスや遺伝が原因って本当?改善方法や対策方法を紹介!

若白髪が発生してしまう原因について知っていますか?白髪は老化とともに誰にでも引き起こってしまう問題ですが、10代や20代や30代と言った若い世代の男女にも白髪は発生してしまいます。

平均的に日本人で白髪が多く発生してくる年代は35歳周辺が平均とされています。現段階では20代までの白髪が若白髪と呼ばれる症状になります。30代後半以降から白髪が本格的に生えてきて、一般的に白髪染めなどを使用するようになるようですね。

そんな若白髪ですが、若い人に引き起こる白髪と老化による白髪の原因は違うのでしょうか?白髪の基本的なメカニズムや、若白髪が引き起こる原因やその対処方法などを見ていきましょう。

また、白髪を処理する上でやってはいけない禁止事項もありますのでそれらの項目もしっかり認識していきましょう。

スポンサーリンク

若白髪が発生する原因

白髪抜く 増える

20代以下の若い世代の人に老化の症状である、白髪が発生するのはどうしてなのでしょうか?問題となる白髪の原因をいくつか紹介していきます。

全てが当てはまることはありませんが、基本的には以下で紹介する問題がいくつか重なって引き起こっている場合に白髪が発生してしまうと考えられます。

原因となる事柄を把握して、問題に繋がらない様に生活習慣を整えていきましょう。

メラニン色素の不足

髪の毛は元々全て白い状態で生えてきます。産毛を見ると分かる通り、まだ成長がしっかり行われていない毛は黒く色づいていないのです。

では、その段階で着色されるかというと、髪の毛の成長の過程で毛母細胞内に存在するメラサイトと言う色素形成細胞がチロシナーゼという酵素の働きでチロシンに作用することでメラニン色素が生成され髪の毛に色がつきます。

この時生成されるメラニン色素がユーメラニンであれば毛の色は黒くなり、フェオメラニンが生成されれば毛の色は黄色っぽく明るい色になります。アジアを中心とする地域の人はユーメラニン色素を持っているので髪の毛は黒くなります。

髪の毛の成長の過程で、これらの混ざるべきメラニン色素が不足してしまうとメラニン色素を含まない白髪が成長してしまいます。

メラニン色素が減少したり、その働きが低下してしまうのは老化が原因であったりその他様々な要因が原因として挙げられます。以下の原因もメラニン色素の活動の減少に繋がってしまいます。

ストレスの蓄積

特に精神的ストレスが関係してきます。精神的な心的ストレスが長期的に体内に蓄積されると体内のあらゆる器官の活動に異常をきたします。これは、ストレスの影響によって交感神経が優位になり、交感神経と副交感神経からなる自律神経が乱れてしまうことが原因になっています。

ストレス過多の状態が続くと、交感神経が優位になり血行不良や身体の凝りやむくみ、内臓系の機能の誤作動、体温の低下などが引き起こり、その症状に伴い免疫機能が下がることで口内炎や皮膚の湿疹など様々な症状が引き起こります。

白髪の原因であるメラサイトの活動不足にも関係してきます。メラサイトはストレス耐性の非常に低い性質を持っています。ストレスの影響を強く受け、正常に働かなくなっていきます。

ストレスの直接的な影響とともに、ストレスによる血行不良もメラサイトの活動に大きく関係しています。

総合的にストレスは髪の毛の成長に悪影響を与えてしまうので、小まめに解消していくことが重要になります。

遺伝

髪質や髪の毛の量など、髪の毛に関する情報は親から子への遺伝が大きく関係していることが多くあります。特に薄毛の問題などについては男性の場合は母方の祖父からの隔世遺伝が行われます。

髪の毛の成長による変化の傾向は自分の両親とさらに祖父母の髪の毛の状態から知ることが出来ます。

また、生まれつきに髪の毛の一部分のメラニン色素が完全になくなってしまっていたりして、体内のメラニン色素がなくなってしまうアルビノに近い状態になっていることもあります。

これらの問題は先天的な遺伝に関する事柄ですが、その他にも後天的な遺伝に関する問題も潜んでいます。それは、親の趣向や生活習慣や食生活が子供に後天的に似てしまって薄毛や白髪などの問題に繋がってしまうことです。

お酒の飲み過ぎや、タバコを吸うことなどの事が子供に似てしまうとさらに白髪の問題が起きやすくなります。知らず知らずの間に体型なども似てしまって身体に引き起こる問題が似てしまう事もありますので、反面教師にして悪い点については似てしまわないようにしましょう。

食生活の乱れ

食生活の乱れについてはいくつか特定の問題となる食生活の問題があります。体のあらゆる細胞は食事によって得た栄養によって成長や新陳代謝を繰り返しています。

食生活の乱れが引き起これば、必ず身体的な問題が引き起こってしまいます。特にメラニン色素の栄養となる成分などが不足すると直接的に白髪の問題に繋がります。では具体的な問題となる食生活の内容を見ていきましょう。

ダイエットや減量による食事制限

特に若い世代の女性に多く見られる問題の一つが、このダイエットに関する食事制限です。体重を気にするあまり、運動を重視したダイエットではなく食事制限を中心としたダイエットは身体の機能を低下させてしまいます。

特に若い成長期の時期の身体はより沢山の栄養が必要になります。この時期にしっかり栄養を取れていないと細胞が弱々しくなり、長期的に元気な細胞を作り出すことが出来ません。結果優先度の低い髪の毛への栄養が足りなくなってしまい白髪になってしまったり、病気に繋がったり、細胞の老化が早くなってしまうなどの問題に繋がります。

ダイエットを行う際は、運動を行うダイエットを行い代謝を良くして食事はしっかり摂りましょう。特に髪の毛や頭皮の重要な栄養素であるミネラル、タンパク質、ビタミンB、Eなどの栄養のバランスには気をつけましょう。

食べ過ぎ

食べない事もよくないですが、過剰に食事を摂りすぎてしまう事も良くありません。食べすぎてしまうと、胃腸の機能はオーバーワークを引き起こし正常に働かなくなってしまいます。

消化不足で長時間胃や腸の中に食物が入っている状態が続いてしまうと、胃腸の機能障害を引き起こし吸収率は落ちてしまい、腸内環境も悪化し便秘や胃痛などでストレスを抱えてしまう事にも繋がります。

偏食

好き嫌いが多い人や、好きな一部の食物のみを異常に摂取している場合も栄養に偏りが生まれてしまい、それが原因になって白髪に繋がることも考えられます。

特に若い人は食べ物の好き嫌いが多く、自分の意志ではなかなか食べられなかったり、他の食材で栄養を補うなどの対策も行わない事が多いので、慢性的に一部の栄養素が足りなくなってしまう事になります。

高カロリーな食事

若い男性に多いかもしれませんが、高カロリーな食事や塩分の高い食事などは重要になる栄養素を多く含んでいません。どうしても栄養が偏ってしまいがちになります。

特にファーストフードやカップ麺やコンビニ弁当などの食事を多く摂っている場合も必要な栄養素が足りなくなってしまいます。特に髪の毛を健康的に成長させるミネラルが不足しがちになるので髪の毛への影響が多く出てくるでしょう。

出産の影響

女性のみの場合になりますが、出産で大きくホルモンバランスに変化が起こることによって髪の毛の成長の力が弱まり、髪の毛が一時的に抜け落ちてしまったり、メラニン色素の働きが下がって白髪になりやすくなります。

お腹に赤ちゃんがいる状態では、母体の栄養は優先的にお腹の赤ちゃんに送られてしまいます。結果髪の毛の成長に十分な栄養が届かなくなることから白髪に繋がってしまう事があります。

さらに出産後は妊娠中100倍近くに膨れ上がっていた女性ホルモンが一気に正常値に戻ってしまうので、髪の毛に影響が出てしまいます。女性ホルモンには髪の毛を長くしなやかに成長させる効果がるのでこれが無くなることによって髪の毛の質が低下します。

また、出産での疲労も大きいことから一時的に白髪などの問題が発生しやすくなります。

病気の可能性

胃腸に関係する疾患や甲状腺疾患などの一部の病気で白髪に繋がる病気がいくつか存在します。また、これらの病気の治療として服用している薬の副作用として髪の毛が白くなっていまうことも少なくありません。

関係するとされている薬は身近な所で言うと片頭痛などの鎮痛剤として市販されている薬や抗がん剤や抗うつ剤による白髪の副作用の例が報告されています。

また、内臓系の病気によって出血が起きて居て血行不良になっていたり、貧血や体温の低下や身体的なストレスなどが関係している場合も考えられます。

もし一意的に病的に白髪が増えてしまった場合は病院での精密な検査を受けてみましょう。なにか病気が発見されるかもしれません。

また病気ではないですが、幼少期の事故などで頭を強く打ちその部分のメラニン色素がなくなってしまい髪の毛がその部分だけ色づかずに成長してしまうこともあります。

スポンサーリンク

白髪の改善方法

化粧

白髪になってしまった場合、または白髪がこれ以上増えてしまわないようにする改善法を紹介します。若いのに白髪になってしまうと目立ちますし、老けて見えてしまったり、周囲からの視線や言葉でさらにストレスを抱えてしまって白髪になってしまうこともあります。

早めに改善方法を行って被害を最小限に押さえていきましょう。

栄養バランスの整った食事

髪の毛の正常な成長のためには、栄養バランスを特に気をつけなくてはいけません。髪の毛を正常に成長させるには、髪の毛に必要な栄養だけでなく頭皮の環境を整えることも重要になります。

ここではその中でも特に白髪に関係している栄養素を紹介していきたいと思います。

ビタミンB群

皮膚、髪の毛、爪などの細胞の成長と再生や、ダメージの修復には欠かせない栄養素になります。特にビタミンB2は肌の炎症や湿疹などのトラブルの問題を解決してくれる需要な役割を持っています。豊富に含まれる食材はうなぎ、豚肉、レバーなどになります。

ビオチン

別名ビタミンHと呼ばれる栄養素で、ビタミンB群の仲間でもあります。皮膚炎の症状を改善する研究の中で発見された栄養素でもあります。筋肉痛の緩和や皮膚の細胞の改善などに有効な効果があるものとして近年注目されていてサプリメントなどでの摂取もおすすめされています。食材では牛肉、豚肉、ナッツ類、たまごなどに沢山含まれています。

ミネラル

鉄分や亜鉛などのミネラルは白髪の改善の為には特に欠かせない栄養素になります。ミネラルは基本的に海藻類や魚類をよく食していた日本人には不足しない栄養素のはずですが、現代では食のファーストフードや簡易食品などが発達したことにより、若い人を中心に不足しがちになってきています。

髪の毛の白髪に繫がってしまう他、髪の毛が細くなっていしまったり抜け毛の原因になったりします。食材では海藻類、牡蠣、魚介類、チーズ、牛肉、緑黄色野菜などに多く含まれています。

チロシン

髪の毛のメラニン色素の生みの親である重要な栄養素です。

主な食材は豆腐や納豆などの大豆製品とチーズに多く含まれています。

これらの栄養素を食品からバランスよく摂って髪の毛の成長につなげましょう。足りない分はサプリメントで摂ってもいいですが、過剰に摂りすぎてしまっても無駄に排泄されてしまうだけなので、理想は食事によって摂取することが良いでしょう。

睡眠をしっかり取る

髪の毛の成長や頭皮や髪の毛に負ってしまったダメージを最も修復したり、成長させているのは睡眠中の時間になります。

正常なヘアサイクルを保つために最も重要な時間とも言って良いのが、睡眠の時間となります。髪の毛を黒くしっかり太く成長させるためには、良質な睡眠が重要になるのです。

特に良質な睡眠をとるためには、22時〜深夜2時までの時間帯での睡眠が重要になります。髪の毛の成長には最も有効な時間帯で成長ホルモンが最も分泌される時間帯でもあります。

この成長ホルモンは睡眠中に副交感神経が働いている時に分泌されるものなので、この時間に睡眠をとっていることが非常に重要になります。よってこの時間帯はゴールデンタイムとも呼ばれています。

さらに睡眠の質を高めるために、枕の高さを調節したり、部屋をしっかり暗くして就寝するなどの事を行うとさらに効果は高くなるでしょう。

ストレスの発散をこまめに行う

ストレスを溜め込むことは白髪には大敵です。白髪を発見したら何かしらストレスを抱えている証拠かもしれません。原因を突き止めて問題を解消していきましょう。

ストレスの解消法としておすすめの方法を紹介します。

読書

読書はストレスの解消法としてはピカイチの効果を発揮することが研究の結果明らかにされています。イギリスで行われた研究で6分間の読書によって平均で70%近くのストレスが発散されたと言うデータがあります。自分が世界に入り込める本などを探して、集中して読むことで効果的にストレスを発散することが出来ます。漫画でもいいので本を読んでみるのはおすすめです。

運動

運動でも40%程のストレス解消効果があることが同じ研究で明らかにされています。さらに汗をかくような運動ではさらに効果は上がり、さらに同時に肥満の解消にも繋がるので一石二鳥の効果が期待できます。頭皮からの発汗で毛根の細胞が活性化し、毛穴の汚れの詰まりも解消できます。

入浴

入浴でも高いリラックス効果を得ることが出来ます。家族で暮らしている場合は毎日湯船に使っているかと思いますが、一人暮らしの人はたまには湯船を溜めて入浴すれば、かなり疲れも取れてストレスの発散に繋がるでしょう。

その後の睡眠の質の向上にも効果があるので、寒い日なんかにはうってつけのストレス解消法でしょう。

その他にもカラオケで大声を出したり、友人と遊んだり、趣味に没頭したりなど自分に合った方法でストレスを解消していきましょう。

おすすめの方法としては短時間でできたり、場所を取らないことであったり、毎日小まめに出来る事がおすすめです。

頭皮マッサージ

頭皮マッサージを行って硬くなってしまった頭皮を柔らかくして血行を良くして髪の毛に栄養をしっかり届けていきましょう。

頭皮は意外と凝りやすく、首や肩の凝りや眼精疲労などの影響を受けて、すぐに凝り固まってしまいます。さらに外出時に日光からの紫外線の影響を受けて、頭皮が硬くなってしまうこともあります。

長期間この様な問題を抱えていると、白髪の問題につながりやすくなってしまうので早めに頭皮マッサージなどを行って解消していきましょう。

まずは、爪をキレイに切って頭皮を傷つけないようにしましょう。頭皮マッサージを行う際は長時間行わず5分〜10分で行うようにしましょう。

飲酒時などは避けて、シャンプーと一緒に行うと汚れもしっかり落とせて効果的でしょう。

スポンサーリンク

若白髪の対策方法

army-2186_960_720

白髪を発見した時、そうしますか?見なかったことにして、そっと目をそらしますか?他の髪の毛で隠してしまいますか?

しかし、いつの間にか数を増やしていて放っておけないと言うこともあるでしょう。髪の毛の中に白髪を発見した時にやるべき対策方法を紹介します。

根元から切る

白髪を発見した時にその毛を抜いてしまうという人がたまに居ますが、これはやってはいけない行為になります。抜いたら増えるとも言われますが、それが理由ではありません。

抜いたら増えるというのは「根拠のない迷信」という説が有力になっています。もしくは、白髪は抜いてもメラニン色素が復活している訳ではないので同じ箇所から白髪が生えて来るため増えているように感じる事が原因かと思われます。

抜いてはいけない理由は抜くことにより毛根がダメージを受けてしまう事が問題になります。毛根の中の髪の毛と毛根を繋いでいる髪の毛に栄養を送る毛乳頭が傷ついてしまうと髪の毛が再生されなくなります。

結果その毛根からは髪の毛が生えてこなくなるので薄毛につながってしまう事になります。また、ダメージを負ってしまった毛穴に傷ができたり、汚れが溜まってしまうことで炎症を起こしたりする場合があります。

なので、白髪を発見した時は「根元から切る」が正解になります。目立た無いようにして、メラニン色素の機能が戻るのを改善方法を行いながら待ちましょう。

ヘアカラーや白髪染めを使用する

ヘアカラーを使用して髪の毛を明るい色に染めてしまったり、思い切って髪の毛の色を抜いて色を明るくして白髪を目立たなくさせるなどの方法も有効です。

もし校則や、仕事などに影響が出ないのであればこれらの方法もいいでしょう。

若いから白髪染めを使用するのは気が引ける、と言う人もいるでしょう。しかし、白髪染めとヘアカラー剤は全くの別物なので注意しなければいけません。

基本的にヘアカラー剤は黒い髪の毛に色をつけるためのものなので色のついていない白髪には染まりが悪く、目立って見えてしまう事に変わりはありません。白髪を隠す時に使用する場合は白髪染めを選ぶようにしましょう。

また、白髪染めやカラー剤などの使用は髪の毛を痛めてしまいます。長期間使用しているとさらに髪質は悪化していきますので、高額な金額になりますが美容院で染めるほうが髪の毛へのダメージは抑えられるでしょう。

育毛剤を使用する

育毛剤は白髪の予防にもなるということをご存知でしょうか?そもそも白髪の原因が、頭皮の血行不良や頭皮の環境悪化、栄養不足などが関係している事になりますので、これらの問題の解決に関係する育毛剤を使用すれば、白髪の予防、改善にも効果を期待することが出来ます。

しかし、実際にデータとして発表されているものではないのでその効果は100%効果のあるものとは言えません。

しかし、中には口コミなどの評価で白髪が改善されたという商品もちらほら見かけます。

実際に白髪になってしまった髪の毛が内的な要因や外的な要因などの働きかけによってメラサイトの働きがもとに戻り根元が黒く色づいてくる事があります。育毛剤が有効に働くことも十分考えられます。

特に老化による白髪の場合はなかなか改善が難しいでしょうが、若い年代での白髪の場合は高い確率での解消が見込まれます。

手段として、試しに3ヶ月ほど行ってみて毛根に変化が現れるか試してみるのもいいでしょう

スポンサーリンク

まとめ

白髪は老化によってのみ引き起こる問題ではありません。若い人にも原因が重なれば引き起こっていします問題なのです。しかし、若い内の白髪であれば、まだ改善の余地が沢山残されています。

出来ることから始めていき、ストレスにならない所で続けていきましょう。普段の生活の中で毎日続けることで髪の毛の健康は作ることが出来ます。

若いうちの症状であれば、親にも相談して食事のバランスなどにも気を使ってもらい悩みを解消していきましょう。

さらに白髪になってしまう原因は薄毛に繋がる原因ともよく似ています。この様な食生活や生活習慣を続けていると薄毛の問題にも繋がってさらに老けて見えてしまう事に繋がるかもしれません。

更なる問題に繋がらない様にしっかり対策していきましょう。

関連記事としてこちらの記事も合わせて参考にしてみてください。

白髪を抜くと増えるって本当なの?抜くことのリスクと対処法を知ろう!

白髪の対策方法を知ろう!サプリメントで摂取したい栄養や綺麗に染まるカラー剤について!

海藻が髪の毛に良いのは本当?摂取のしすぎには注意が必要かも!効果の期待できる海藻の種類と一日の摂取量について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク