ハゲ予防シャンプーで注目すべき成分は?市販のおすすめシャンプーも紹介!

脱毛や抜け毛が気になる方がハゲを予防する上では、毎日使用するシャンプーを薄毛対策に適したシャンプーに変更することは非常に重要な要素です。しかし、初めはどのようなシャンプーを選べば良いのか、なんの成分を見て判断すれば良いのか検討もつかないと思います。

口コミで判断したり、自分の勘を信じて、値段のそこそこの効果のありそうなものを購入するしかありません。しかし、間違った商品を購入したばかりに思わぬトラブルに見舞われてしまったり、薄毛が進行してしまうなどの事が起こるかもしれません。

市販されているシャンプーには素人にはわからない所で危険な成分が含まれた育毛シャンプーも存在します。

知らず知らずのうちにそれらの商品を使って大事なお金と髪の毛を失わないようにしましょう。

スポンサーリンク

薄毛なら注意するべき成分

成分

まず薄毛になってしまった時、まず改善する事の中にシャンプーの変更という項目があるでしょう。このシャンプー選びの時、どんな成分に気をつけてシャンプーを選べば良いのか、基本的なシャンプーに含まれる薄毛を進行させてしまうかもしれない注意すべき成分を紹介します。

基本的には値段が安価で香りが強く、泡立ちがいいシャンプーは基本的に以下の様な成分が含まれている事が多いということを知っておきましょう。

合成界面活性剤

合成界面活性剤は台所洗剤や洗濯用洗剤や整髪料などにも含まれている成分です。界面活性剤は水と油との分離をなくし、融合率を高めるための化学合成成分です。

頭皮などについている汚れには、皮膚から分泌された皮脂も含まれています。さらに、髪の毛のセットに使うワックスにも油が含まれていて、これらの成分を効率よく落とすために界面活性剤の力を使って高い浸透作用と分離作用と乳化作用でシャンプーと汚れを馴染ませ、一気に頭皮の洗浄を行います。

合成界面活性剤全てが悪いわけではないですが、これらの成分にはいくつかの種類があり中には頭皮の洗浄には適さないとされているものがります。

シャンプーに使用される合成界面活性剤には大きく分けて、アミノ酸系、石鹸系、高級アルコール系の3種類があります。この内高級アルコール系の界面活性剤が特に注意が必要なので覚えておきましょう。

高級アルコール系洗浄成分

洗浄成分にはその製造方法により、天然の成分である油脂の脂肪酸から作られるものと、石油などの鉱物から生成される高級アルコール系のものとがあります。

高級アルコール系の洗浄成分のものは、大量生産が出来て生産コストも安く幅広い流通に向いているというメリットがあります。

しかし、髪の毛の洗浄成分としてはあまりおすすめできません。高級アルコール系の洗浄成分の中でもさらに種類がありますが、それらは全て洗浄力が強く、肌への刺激が強いために肌の弱い人や肌にトラブルを抱えている人にとっては薄毛に繋がる可能性があります。

成分の粒子が非常に小さく、頭皮の中にまで浸透して経皮毒を起こす可能性もあり、危険視されています。特に硫酸系の洗浄成分は危険度が高いため、〜硫酸ナトリウムや〜硫酸アンモニウムの様な成分が表記されたシャンプーには十分注意しましょう。

例としてはラウリル硫酸塩、ラウレス硫酸アンモニウム、ラウレス硫酸Na、ラウリル硫酸Naなどがあります。

シリコン

最近ではノンシリコンのシャンプーが流行していて、シリコンが悪いという印象があると思います。確かにデメリットも存在する成分ですが、完全に悪である成分とは少し違います。正しく理解して、正しく利用することが重要な成分でしょう。

シリコンは保湿効果の高い成分で頭皮からの水分の蒸発を防いでくれる効果や、髪の毛をコーティングし熱から守ってくれたり、それによって髪の毛がサラサラになり指通りが良くなったりする効果があります。なので、髪の毛が広がりやすい人や乾燥肌の人には嬉しい効果もあります。

しかし、デメリットとしては、頭皮をコーティングしてしまうことにより皮脂の分泌を阻害し正常な皮脂での頭皮の膜が張れなくなることや、皮脂が篭ってしまい臭いの素になったり、髪の毛をコーティングしてしまう事によって栄養の供給が阻害されてしまい髪の毛が細くなり薄毛に繋がる可能性が危険視されています。

中には有効なシリコンの成分が入ったシャンプーもあるでしょうが、安物のシリコン入りのシャンプーにはあまり薄毛に有効な効果は期待できません。

特に頭皮に対して、育毛剤を使っている場合は、シリコンが毛穴をコーティングしてしまうことにより、有効成分が届きにくくなります。合わせて使用する場合は注意しましょう。

防腐、殺菌剤

シャンプには長期間の在庫の保存のために防腐剤が含まれています。特に大量生産のシャンプーになると膨大な量の在庫を抱えるため長期間の保存が必要になります。シャンプーにも使用期限があり、長期間放置しておくと腐ってしまいます。その期間を遅らせるために必要以上の殺菌剤も含まれているのです。

その高い殺菌作用から、頭皮に影響を与え炎症を起こしたりアトピーやニキビ、吹き出物、蕁麻疹、アレルギー症状などの症状を引き起こす場合もあります。皮膚がヒリヒリしたり、強い痒みが伴い皮膚が赤らんだり、髪の毛が抜けることもあります。

中には発がん性も疑われている成分も存在します。特に危険な成分としてイソプロピルメチルフェノール、オルトフェニルフェノール、クロルキシレノール、ジブチルヒドロキシトルエン(BHT)、パラクロルフェノール、クロロフェノール、レゾルシンなどがあります。

微量に含まれるこれらの成分が頭皮に悪影響を与えて問題を引き起こす場合は直ちに使用を止め、これらの成分が入っている商品の使用を避けましょう。

スポンサーリンク

薄毛改善に効果のある有効成分

成分

薄毛に効果の期待できる有効成分にはどのような物があるのでしょうか?髪の毛を元気に成長させるための助けになる成分を紹介していきます。

シャンプー選びの参考にして、育毛活動時のシャンプーとして採用してみてください。

アミノ酸系洗浄成分

界面活性剤の中でも育毛や頭皮の環境改善に有効とされているのが、このアミノ酸系の洗浄成分のシャンプーです。アミノ酸系の界面活性剤は天然由来の植物油などの天然成分を配合されて生成された洗浄成分になります。

成分が頭皮と同じ弱酸性で肌に優しいのが特徴で、優しい洗浄力で必要以上の皮脂を落とさないので頭皮の乾燥を防ぐことも出来ます。髪の毛のパサツキを抑える効果も期待できます。

使用した初めは流石に、泡立ちや洗浄力が高級アルコール系のものには劣るために洗い上がりに不満を感じるかもしれませんが、十分洗浄されているので安心して使用して大丈夫です。洗浄力が少し押さえられているので、皮脂の効果で髪の毛のしっとり感で若干髪の毛が重く感じるかもしれません。

成分表にはココイルグルタミン酸Na、ステアロイルグルタミン酸Na、ラウロイルグルタミン酸TEA、ミリストイルメチルアラニンNa、ココイルグリシンK、ミリストイルサルコシンNaなどと表記されています。

保湿成分

頭皮の保湿成分として有効なものはいくつか種類があります。それぞれ、全く違うものから作られるもので、大きく特徴が違います。馬油、アミノ酸系保湿成分、植物エキス、植物油などが配合されたシャンプーが代表的です。

中には、洗浄成分をさらに弱くして、頭皮の皮脂の活動を正常にすることで保湿効果とするシャンプーもあります。頭皮の乾燥を防ぐためには正常な皮脂の分泌は必須になります。それに合わせてさらに頭皮に保湿の効果が必要な場合は有効な保湿成分がさらに配合された商品を選ぶ必要があるでしょう。

保湿成分により髪の毛の成長を行う土壌である頭皮が健康になり、育毛効果が期待できます。特に男性用のシャンプーは洗浄力が高い物が多い傾向があります。男性は特にさっぱりとした洗い上がりを強く求めるためです。そのような商品にはあまり保湿効果は期待できません。

男性の皮脂の分泌は基本的に女性よりも多く脂ぎる傾向があるので、問題ないのですが乾燥して頭皮トラブルが起きている時はそうは行きません。頭皮の環境を改善するためには正常に保湿された状態が必要になります。何かしらの保湿成分が配合された商品を選択するべきでしょう。

殺菌成分

頭皮にはいくつかの常在菌が存在します。時にこれらの菌が頭皮に悪影響を引き起こしたり、常在菌の効果が薄れ、外からの環境の問題により雑菌が繁殖し頭皮環境を悪化させることがあります。結果、フケがひどくなったり、痒みが出たり、皮膚炎になることもあります。

この様な状況になった頭皮に効果的に働きかけるのが殺菌成分入りのシャンプーです。期待値が高い成分としていくつか紹介します。

馬油・・・馬油には保湿効果がある他、抗菌殺菌効果もあります。肌荒れ、傷、やけどなどの皮膚症状にも効果があり、古く中国で「髪の毛に効果あり」「皮膚症状の緩和」に使われてきました。炎症の抑制効果もあるので、炎症中の頭皮にも有効です。

ケトコナゾール・・・主に脂漏性皮膚炎に効果があるとされている成分です。高い抗菌作用があり肌のかぶれ、痒み、湿疹などに効果があります。その他にも似た効果のある成分でニゾラル、セビゾール、ミコナゾール硝酸塩があります。

グリチルリチン酸ジカリウム・・・抗炎症作用のある成分です。真菌の増殖を防ぎ、症状を緩和します。抗菌、殺菌作用のある成分とさらに合わせることで有効な効果が高まります。

これらの成分が合わせて配合された商品を選択し、頭皮トラブルを改善しましょう。

育毛成分

基本的には、単体で髪の毛を生やす魔法の成分のようなものは開発されていません。頭皮環境を良くすることや、髪の毛に必要な成分を補給することによって髪の毛の成長を促し、髪の毛を太く、丈夫に成長させます。

有効な成分として、天然由来植物エキスのセージ葉エキス、ローズマリー葉エキス、キュウリ果実エキス、カミツレエキス、ゴボウ根エキス、アルテア根エキス、トウキンセンカエキス、ラベンダー花エキスなどがあります。さらに海藻エキスやプラセンタなど天然由来の成分が数多く存在します。

これらの成分を絶妙な配合配分で配合し、効果を高めたものとして様々な商品が開発されています。自分に合った商品を選択することが重要です。

スポンサーリンク

おすすめシャンプー

9セルフのポイント

以上の事を踏まえて、口コミでも評判の良い商品をいくつか紹介します。近年では市場が拡大し、天然由来の成分が配合されているシャンプーは沢山販売されています。

自分に合った商品を探してみましょう。

チャップアップシャンプー

内容量:300ml 価格:4180円

育毛シャンプーとしての知名度は高く、口コミでの平均的な評価も高い商品の一つです。紫外線の影響を防ぐ役割のある皮脂を必要以上に落とさず、それ以外の汚れと脂をしっかり落とす事をしっかり意識して作られたシャンプーで、フケや痒みや臭いなどの問題を解決してくれます。

洗浄成分はアミノ酸系洗浄成分で、さらに皮脂の分泌を正常に働かせるためにノンシリコンのシャンプーになっています。有効成分としてオーガニックな植物由来のエキスが10種配合されており頭皮の環境を整え、薄毛の問題を改善してくれます。

価格はそれなりの値段がしますが、返金保証制度がありますので、効果がない場合は初回の購入に限り注文後30日以内の保証があります。高額な育毛シャンプーにはほとんどこの様な返品補償制度がありますので、もしもの時はこれらの制度を利用してみてはいかがでしょうか。

プレミアムブラックシャンプー

内容量:400ml 価格:5184円

髪の毛や頭皮に良くないとされる成分を一切含まない方針で制作されたシャンプーです。石油系界面活性剤、防腐剤、着色料、シリコン、合成香料などは一切含まれていません。

弱酸性のアミノ酸系洗浄成分で厳選された21種類の頭皮環境を整える為の植物エキスが配合されています。さらに頭皮マッサージや3分間の泡パックを推奨していて、成分をさらに頭皮と髪の毛に染み込ませることでさらに効果を高めます。自然な植物由来のエキスが香りになっているので、自然な香りが楽しめます。

こちらもオトクな定期購入パックや、返品保証の付いた商品になっています。

スポンサーリンク

まとめ

これらの商品以外にも育毛シャンプーや頭皮環境を整えるシャンプーには多くの種類があります。さらに、近年では市場が広がり質にこだわったシャンプーを売る会社は増えています。

安価でも成分の優しいシャンプーや頭皮にいい成分の配合された商品はあるので、長期間購入できる商品を選択するようにしましょう。

育毛効果が期待できるまでは最適でも3ヶ月以上はかかります。平均で言うと半年〜1年近くの時間はかかります。長期間のシャンプーの購入は生活費の圧迫にもなりますので、それによりストレスを溜めないようにしましょう。

関連記事としてこちらの記事も合わせてご覧ください。

頭皮を日焼けした時の対処法は?ケア方法と皮がむけたときのシャンプー方法や予防方法について

シャンプーの使用期限はどのくらい?まとめ買いは危険?保蔵方法や劣化したシャンプーの使用方法について

育毛シャンプーのおすすめ商品!市販の中から口コミ上位の7つを紹介!

シャンプーは毎日しない方がいいの?湯シャンの効果とシャンプーの頭皮への負担は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク