りんごポリフェノールに発毛効果がある!りんごを食べてハゲ改善!

リンゴといえば美容効果の高い果物としても知られているお馴染みの果物ですが、実はリンゴに含まれている「りんごポリフェノール」には発毛効果もあると噂されています。健康にも良いとされる馴染みの深い果物が、薄毛の改善効果に期待できるそうです。

どうやらりんごポリフェノールに含まれているプロシアニジンという成分が、発毛・育毛効果と大きく関わっているそうです。りんごポリフェノールの発毛効果について徹底解説していきます。

スポンサーリンク

りんごポリフェノールの効果・効能とは

赤リンゴ青リンゴ

リンゴの皮に多く含まれているりんごポリフェノールには、活性酸素を除去する効果、抗菌作用、口臭を予防する効果、さらに血行を促進する効果まであるそうです。リンゴを毎日食べると医者がいらないとも言われているぐらい、リンゴは健康に良い効果があるようです。

りんごポリフェノールの作用

りんごポリフェノールとはりんごの皮に含まれているカテキン、エピカテキン、クロロゲン酸、ケルセチンなどの抗酸化物質であるポリフェノールの総称です。

ポリフェノールは植物特有の苦味や渋みの成分です。動物の攻撃、紫外線から植物を守る成分でもあります。りんごポリフェノールには抗菌作用、抗酸化作用、血行促進作用があると言われています。

代表的なポリフェノールや栄養素のORAC値(抗酸化能力を表す指標)をアサヒグループが調べたところ、他のポリフェノールや栄養素を比較してもりんごポリフェノールの抗酸化力は非常に強く、セサミンの約17倍、ビタミンCの約60倍の抗酸化力があるということです。

健康効果

リンゴを1日1個食べれば医者知らずとも言われていますが、それだけリンゴの健康効果には昔から期待が寄せられています。

リンゴは栄養価の高い果物ですが、リンゴに含まれるりんごポリフェノールには糖尿病などの生活習慣病の予防、アレルギーの予防にも効果があると言われています。

りんごポリフェノールには血行を促進する作用もあります。血液の流れを良くして中性脂肪、コレステロールを減らす効果が期待でき、抗酸化作用とも合わせて生活習慣病予防に効果が期待できます。

さらにアレルギーの原因となる物質を抑制し、アレルギーの症状を和らげる効果がりんごポリフェノールにあることも、研究でわかっているそうです。

リンゴにはりんごポリフェノール以外にも健康効果の高い成分が含まれています。リンゴに含まれているカリウムは高血圧予防に役立つミネラルとされています。

さらにリンゴにはペクチンという食物繊維が含まれており、食べ物の消化吸収を良くする消化酵素のような働きもします。リンゴを食べることで胃腸を整える効果もあると言われています。

疲労回復効果

ビタミンCには疲労回復効果があると言われていますが、ある実験ではビタミンCよりも疲労回復効果が高く、運動のパフォーマンスの向上が見られたという結果が得られたそうです。

さらにリンゴには有機酸のクエン酸とリンゴ酸が含まれていますが、どちらも疲労回復に効果があるとされる成分です。リンゴを食べることで疲労回復の効果が大いに期待できそうです。

美容効果

りんごポリフェノールには抗酸化作用があり、コラーゲンの生成を阻害し、老化の原因と言われる活性酸素を取り除く効果があると言われています。老化を防いで肌を若々しくするアンチエイジング効果が期待できます。さらに美白やダイエットにも効果的と言われています。

美白効果

りんごポリフェノールにはメラニン色素の生成を抑制し、しみ・そばかすが作られるのを防ぐ効果があるとされています。さらにりんごポリフェノールには紫外線をカットする働きもあり、美白に効果があると期待されています。

ダイエット効果

リンゴダイエットというのが一時期流行りましたが、りんごポリフェノールには消化酵素リパーゼの活性化を抑えて脂肪が体に蓄えられるのを阻止、燃焼する働きがあると言われています。

エクササイズもしながらりんごポリフェノールを摂取することで、効率よく体を絞ることができそうです。

虫歯予防効果

りんごポリフェノールには虫歯予防にも効果があると言われています。りんごポリフェノールによって虫歯菌の出す酵素の働きが阻害され、歯垢が付きにくい口内環境になると言われています。

口臭予防効果

口臭の正体は硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドなどの揮発性硫黄化合物です。歯周病になるとメチルメルカプタンが大量に発生しますが、りんごポリフェノールはこの臭いの元となるメチルメルカプタンの発生を50%以上抑制したという実験の報告もあります。

育毛・発毛効果

りんごポリフェノールには血行促進作用があり、毛母細胞を活性化、ヘアサイクルを正常にする効果があると言われています。さらにりんごポリフェノールには抗菌作用もあるので、頭皮の毛穴の皮脂、老廃物の酸化を防ぎ、頭皮を清潔に保つ作用があると言われています。

スポンサーリンク

りんごポリフェノールの発毛効果と関わる成分

青リンゴとバスケット

りんごポリフェノールには健康効果、美容効果、虫歯予防や口臭の消臭効果もあるそうですが、さらに発毛効果もあると言われています。りんごポリフェノールに含まれるプロシアニジンという成分が発毛・育毛効果に関わっており、薄毛改善にも効果が期待できるそうです。

プロシアニジンとは

りんごポリフェノールのうち約65%がプロシアニジンというポリフェノールで、その他にクロロゲン酸、カテキンなどのポリフェノールがあります。

お茶に含まれている成分としても知られるカテキンですが、そのカテキンがいくつか結合してできたのがプロシアニジンです。プロシアニジンはぶどうにも含まれているポリフェノールですが、りんごポリフェノールにはプロシアニジンが多く含まれているのが特徴です。

プロシアニジンの発毛・育毛効果に関する研究

プロシアニジンの発毛効果に関する海外の研究があります。1年に渡りプロシアニジンを患部に塗布してAGA治療を行ったところ、髪の量に劇的な効果が見られたそうです。発毛効果のある薬ミノキシジル2%とほぼ同じ成功率だったということです。

日本国内でもりんごポリフェノールの発毛効果に関する実験が行われており、毛母細胞の増加とヘアサイクルを正常化する効果がりんごポリフェノールにはあると結論づけています。

具体的には71%の人で毛密度の増加、1平方cmあたり22.8本の発毛、48%の人で硬毛増加という発毛・育毛どちらにも効果が見られたとされています。

りんごの食べ過ぎは糖分過多になる恐れがありますが、ミノキシジルのような危険な副作用もないため、発毛・育毛効果に大いに期待できる育毛成分と評価されているようです。

スポンサーリンク

りんごポリフェノールの発毛効果が期待できるリンゴは?

木のテーブルの上のリンゴ

リンゴにもいろいろな種類がありますが、りんごポリフェノールを効率的に摂取するにはどのリンゴが良いのでしょうか。りんごポリフェノールは熟れすぎてしまうと量が少なくなってしまうそうです。

熟れている赤リンゴより青リンゴが良い?

熟れている赤リンゴは甘くておいしいいので人気があります。しかし残念ながら熟れた赤リンゴはりんごポリフェノールの量が少なくなっているそうです。熟れていないリンゴの方がりんごポリフェノールを多く摂ることができるそうです。

アサヒグループの調査によると、熟れたリンゴのポリフェノール含有量は約720ppm、熟れていない青リンゴは約7,800ppmと青リンゴは赤リンゴの約10倍のりんごポリフェノールが含まれていたそうです。

発毛・育毛効果が期待できるりんごポリフェノールを効率的に摂るなら、完熟していないリンゴや青リンゴを食べるのが良いそうです。

青リンゴを皮ごと食べるのがベスト

熟れていないリンゴは若干苦味や渋味を感じます。実はこの熟れていない植物・果物特有の苦味や渋味の成分がポリフェノールなのです。だから熟れていない青リンゴの方がポリフェノールを多く摂取できます。

ポリフェノールはリンゴの皮に多く含まれているので、青リンゴを皮ごと食べるのが発毛・育毛効果にも、さらには健康や美容の効果のためにも良いそうです。

スポンサーリンク

発毛効果に期待!りんごポリフェノールを取り入れる方法

ドリンク

リンゴはクセのない果物なので、リンゴが嫌いという人はそれほど多くないと思われますが、よほど好きな人でないと毎日食べるのは飽きてしまうかもしれません。りんごポリフェノールを取り入れるには、リンゴを食べる以外にどのような方法があるのでしょうか。

リンゴジュース

りんごポリフェノールを摂取する方法の一つとして、リンゴジュースを飲むのもおすすめです。ただし市販のリンゴジュースではなく、青リンゴをミキサーにかけてリンゴジュースを手作りして飲むのが、りんごポリフェノールを多く摂取するのに良い方法です。

青リンゴを皮ごと摂取するのがりんごポリフェノールの効率的な摂取方法方なので、皮付きのままカットした青リンゴをミキサーにかけるのがポイントです。

青リンゴはそのままだと酸味がありますので、他の甘みのあるフルーツと一緒にミキサーにかけたり、ハチミツを加えると飲みやすくなるでしょう。朝食におすすめです。

すりおろしリンゴ

リンゴの食物酵素には体内の代謝酵素を増やす働きがあると言われていますが、生食は食物酵素の吸収が十分行われないそうです。リンゴをすりおろすことで食物酵素の吸収力をアップ、代謝酵素が増えることが期待できます

すりおろしリンゴも青リンゴを皮ごと食べやすく、そのまま食べても良いですし、ジンジャーやハチミツを加えたり、ヨーグルトにかけて食べても良いでしょう。サラダのドレッシングとして利用したり、すりおろすことでさまざまな食事で利用できそうです。

すりおろした後に時間を置くと酵素が減少するため、すりおろしリンゴはなるべく早く食べるようにしましょう。

リンゴのお酒

りんごポリフェノールはお酒から摂取することもできます。リンゴを使ったお酒のスパークリングワイン、シードルが有名です。シードルは基本的にアルコール度数は低め、食後のデザートワインとしても、スイーツと合わせて飲むのもおすすめです。

りんごポリフェノールのサプリメント

りんごポリフェノールをサプリメントから摂取することもできます。アサヒグループのニッカウヰスキー、アサヒビールはりんごポリフェノールの共同研究を行っていましたが、その中で生まれた若摘みりんごポリフェノールというサプリメントがあります。

スポンサーリンク

りんごポリフェノール配合のポラリス発毛剤

ボトルと花

AGA治療にミノキシジル発毛剤を個人輸入する人も少なくないようです。ミノキシジル発毛剤のポラリスシリーズは、りんごポリフェノールのプロシアニジンも配合されているそうです。ポラリスとはどのような発毛剤なのでしょうか。

ポラリスの種類

ポラリスシリーズはAGA治療のためのミノキシジル発毛剤ですが、一般的なミノキシジル発毛剤と異なり、多くの育毛・発毛促進成分が構成成分として配合されているのが特徴的です。

  • ポラリスNR-07…ミノキシジル濃度5%
  • ポラリスNR-08…ミノキシジル濃度7%
  • ポラリスNR-09…ミノキシジル濃度15%
  • ポラリスNR-10…ミノキシジル濃度16%
  • ポラリスNR-11…ミノキシジル濃度12%

現在はポラリスNR-09~11は取り扱い中止となっているようです。

ポラリスの有効成分・育毛成分

ポラリスNR-07、NR-08にはミノキシジル、アゼライク酸(アゼライン酸)、プロシアニジンB2(りんごポリフェノール)、アデノシン、オレアノール酸、ビオチンなどが含まれています。

  • ミノキシジル・・・強い血行促進作用のある発毛成分で、発毛剤の有効成分です。血管を生成するVEGFを増やして毛包を深く大きくし、毛母細胞の分裂を活性化、発毛を強く促す効果があるとされています。
  • アゼライク酸(アゼライン酸)・・・5αリダクターゼの働きを抑える作用があり、男性ホルモンDHTの生成を抑制する効果があると言われています。ただしアゼライン酸が抑える5αリダクターゼは1型の5αリダクターゼなので、男性型脱毛症の治療では2型の5αリダクターゼを抑制する治療薬などと併用することで、より改善効果が高まると考えられます。
  • プロシアニジンB2(りんごポリフェノール)・・・髪の毛を太く成長させ、ヘアサイクルの休止期から成長期に移行させる効果があるとされています。
  • アデノシン・・・日本の育毛剤に含まれている成分としても有名ですが、毛乳頭細胞に作用して発毛促進因子のFGF-7生成を促進するとされています。
  • オレアノール酸・・・抜け毛の防止効果があるとされ、ビオチンは頭皮と髪の健康に役立つ栄養素と言われています。

副作用の危険性

ポラリス発毛剤でハゲや薄毛の改善効果が本当に得られたという、多数の口コミ・レビューもあるようです。薄毛・毛髪量の改善にミノキシジル発毛剤のポラリスは非常に効果が期待できますが、ミノキシジル発毛剤には副作用の危険性もあるので注意しないといけません。

りんごポリフェノールのプロシアニジンB2には副作用はありませんが、ミノキシジル自体は危険な副作用のある成分です。

ミノキシジルには強い血行促進作用があるため、心臓や腎臓にも負担をかけます。動悸や不整脈、頻脈、浮腫、急激な体重増加などの症状が現れる可能性もあります。元々降圧剤として開発された成分でもあるため、低血圧症になる恐れもあります。

発毛剤で最も多い副作用はミノキシジルや添加物のアレルギーによる頭皮の炎症です。かぶれやかゆみ、ほてり、フケやニキビ、毛のう炎や脂漏性皮膚炎の報告もあるようです。

ポラリスは国内の発毛剤より安く効果も期待できるという理由から、育毛対策のために個人輸入で購入する人も多いようです。ただし輸入医薬品の個人輸入購入は品質面や偽物の不安もあります。

スポンサーリンク

まとめ

リンゴと女性

リンゴに含まれているりんごポリフェノールには様々な健康効果や美容効果があることが知られていますが、発毛・育毛の効果もあると言われています。発毛・育毛の効果には、りんごポリフェノールに含まれているプロシアニジンという成分が大きく関わっているそうです。

日本国内でのりんごポリフェノールを用いた実験では、発毛と毛密度の増加、硬毛の増加が見られたそうです。りんごポリフェノールにはヘアサイクルを正常化し、皮脂の酸化を抑制して頭皮を清潔にする効果があり、発毛・育毛に大いに期待できるとされています。

薄毛・ハゲの治療によく利用されるミノキシジル発毛剤のでも、りんごポリフェノールのプロシアニジンB2を配合したポラリスという発毛剤があります。

しかしりんごポリフェノールには副作用はありませんが、ミノキシジルには危険な副作用もあります。ポラリスは輸入医薬品ということもあり、使用時には注意が必要です。

関連記事としてこちらの記事もあわせて参考にしてみてください。

【画像つき】世界一かっこいい日本のハゲ芸能人の髪型を参考にしよう!

〜ハゲ治療薬一覧〜効果と副作用について|安く入手する方法を紹介!

  
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク