ノンシリコンシャンプーの人気商品を紹介!ノンシリコンの基本的な知識を知ろう!

最近ノンシリコンシャンプーの商品がよく取り上げられることが多くなりましたね。多くの人が、ノンシリコンシャンプーを利用していたり、商品自体もノンシリコンのものが多くなりました。しかし、ノンシリコンシャンプーのメリットやデメリットについてあなたはご存じですか?

よくわからないけど、ノンシリコンシャンプーを使っている人は居るのではないでしょうか?なんとなく、頭皮に良いから使っていると言う人も、この機会にノンシリコンシャンプーの特徴をしっかり把握して、ノンシリコンシャンプーへの理解を高め、利用していきましょう。

最後には人気のノンシリコンシャンプーの商品についても紹介していきます。どうぞ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

シリコンとは

シリコン

まずは、基本的な知識からおさらいしていきましょう。シリコンとはどういったものなのでしょうか?ノンシリコンシャンプーを知る前にシリコンのことについて紹介していきます。

シリコンって?

最近はノンシリコンシャンプーが多くなっていて、悪者のような扱いを受けているシリコンですが、このシリコンは一体どんなものなのでしょうか?

シリコンは正式にはシリコーンという名前です。このシリコーンはケイ素という地球上で酸素の次に多い元素で出来ています。もともとは単体では自然界に存在せずに酸素とケイ素が結びついたケイ石という形で地球上に存在しています。

このケイ石を人工的に加工し金属ケイ素を作り、化学反応を加えることで作り出されたのがシリコーンです。このシリコーンは無機物と有機物の両方の性質を備えている合成樹脂です。

シリコーンは高温や低温に強いという特徴を持ち、紫外線によっての劣化にも強く、他にも水を弾くという性質も持っています。オイル状や、ゴム状など様々な形がありシャンプーだけでなく化学繊維や化粧品や食品や運送気や建築の現場でも活躍しています。

ノンシリコンとは?

特にシャンプーでの記載が多いノンシリコンという表記は、このシリコンが入っていないということの意味です。シャンプーにシリコンが入っているかどうかは成分表記を見ればわかるのですが、内容成分にはシリコンと書かれていることはあまりありません。シャンプーの成分表記にはシリコンの名はシロクメチコン、シロキサン、メジコンジメチコン、シキロ、シクロペンタシロキサン、シリル、シリカ、ジメチコノール、ジメチコンポリオール、シリル化ケラチンなど様々な呼び名で含まれています。

その他にもクロスポリマーやポリマーと書かれている場合もシリコンが含まれています。

これらの名前が成分表記に含まれていないものがノンシリコンシャンプーになります。このノンシリコンシャンプーが流行になりだしたのが、大体2010年の年代です。ではなぜこのノンシリコンシャンプーが注目されるようになったのでしょうか?

スポンサーリンク

ノンシリコンシャンプーが人気の理由

シャンプー

シャンプーが一般に普及されだしたのが1970年代、この時代はまだシリコンが入っていないシャンプーが使われていました。この時代は頭皮の環境を改善する目的のシャンプーが作られていて、主に問題だったフケ対策のシャンプーが人気でした。

この頃はまだノンシリコンシャンプーとしては売り出されていませんでしたが、ノンシリコンシャンプーが人気になった理由にはどんなものがあるのでしょうか?

髪型の変化

一般的にまだシャンプーによって洗髪されていなかった時代から1970年代にシャンプーが普及し、生活スタイルが大きく変わり1980年には朝シャンが流行。

それから1990年代になってようやくシリコンシャンプーが登場します。当時は強めにパーマを当てるソバージュという髪型が流行したこともあり、ダメージヘアについての関心が高まり広がった髪の毛のボリュームを抑えるために、シリコンシャンプーが流行になります。当時はこのシャンプーをするだけで髪の手触りが大きく変わるとして大ヒットしました。

それから2000年代、2010年代と10年おきの周期でシャンプーの流行は大きく変わり続け、2000年はスカルプシャンプー、主に頭皮の環境を改善するシャンプーが人気に。

2010年代になってようやく、ノンシリコンシャンプーが現れました。このノンシリコンシャンプーという売り出し方には1990年のシリコンシャンプーの流行が大きく関係しているといえます。

髪のボリュームダウン

特に2000年代から男性を中心に始まった薄毛を気にする問題が今や女性にまで広がり、薄毛を商売にするビジネスはここ20年で急成長を遂げています。

昔い比べ、薄毛に悩む人が多くなっているようです。昔は、薄毛の治療があまり盛んでなかったことも理由の一つかもしれませんが、昔はかつらを利用する人が多かったのが、今は育毛や植毛に方向は変わってきています。

シャンプーの変化には特に男性だけでなく、この髪の毛のボリュームダウンが大きく関わっています。シリコンシャンプーは髪の毛をコーティングするだけでなく、一緒に頭皮もコーティングしてしまい、毛根を詰まらせてしまい髪の毛に必要な栄養素が髪に送れなくなり、髪の毛が細くなったり、髪の毛が抜けてしまう原因になると言われノンシリコンシャンプーが流行するようになりました。

また、その他にもノンシリコンシャンプーは環境に良いこともひとつ流行を作る一つの要因になっているかも入れません。シャンプーに含まれているシリコンは微生物による分解がなされないために、家庭から出る生活排水で水質が汚染されてしまう危険性があるのです。

ノンシリコンシャンプーの人気の背景には、日本人の髪の毛の状態の変化と環境への配慮という二つの要因がありそうです。

スポンサーリンク

ノンシリコンシャンプーのメリット・デメリット

チェック

では、そんなノンシリコンシャンプーのメリットとデメリットを紹介していきます。シリコンシャンプーのメリットについてはみなさんよくご存知かと思います。基本的にはノンシリコンシャンプーの逆の効果がシリコンシャンプーのメリット・デメリットだと思ってください。

ひとつひとつ紹介していきますので、自分の髪に合っているのか確認しながら見ていきましょう。

髪が軽く仕上がる

特に髪の毛が猫っ毛で、ボリュームが出ないと悩んでいる人には嬉しい効果のメリットです。シリコンシャンプーでは髪の毛をコーティングしてしまうために、逆に髪の毛のボリュームを抑えていた所を、ノンシリコンシャンプーは髪の毛を軽くふわっとした仕上がりにしてくれます。

だからといって、髪の毛の広がりやボリュームの多い髪の毛を抑えたいという人がノンシリコンシャンプーに合っていないわけではありません。髪の毛のボリュームを抑えたいならば、他にもトリートメントやコンディショナーでカバーすればいいので、わざわざシャンプーを変える必要はありません。

トータル的なバランスを見て、シャンプーやコンディショナーなどで髪の毛のケアをしていきましょう。

頭皮に良い

シリコンというコーティング剤が入っていないために、頭皮をさっぱり洗い上げることが出来ます。洗い上げたあとも自然に分泌される皮脂によって頭皮を保湿するため、洗浄成分による炎症が起きにくくなるというメリットもあります。

また、すすぎによっても流しやすくなるので洗剤の流し残しのリスクも下がります。シリコンによって毛穴にシリコンが詰まるという事故もなくなるので安心して使い続けることが出来ます。

また、ノンシリコンシャンプーには頭皮にいい成分が多く含まれているシャンプーが多いので、その恩恵も受けやすくなります。シリコンによって頭皮に膜を作ってしまえば、その膜が邪魔をしてなかなか頭皮にその成分を浸透されにくくなりますが、ノンシリコンならその心配はありません。

カラーやパーマが長持ちする

普段からシリコンシャンプーを使っていると、シリコンが髪の毛をコーティングしてパーマ液やカラー剤が髪の毛に浸透しにくくなります。その為、パーマやカラーがしっかり入らず、パーマはかかりにくく、カラーは色が入りにくくなってしまいます。

しかし、ノンシリコンシャンプーではそのような心配はいりません。パーマのかかりやカラーの色の入りを良くすることで効果を長続きせることが出来ます。

また特にパーマでは、かけたあともシャンプーにシリコンが入っていると、髪の毛をコーティングすることで重みが加わり、髪の毛の軽いカールを真っ直ぐに強制してしまう事あります。その為、パーマやカラーを長持ちさせたい人はノンシリコンシャンプーがおすすめでしょう。

育毛効果

先程も出てきましたが、ノンシリコンシャンプーのは天然由来の育毛成分が含まれているものが多くあります。シリコンシャンプーのように頭皮をコーティングしない上に、この育毛成分を頭皮に直接届けることで、育毛効果を発揮することが出来ます。

特に髪の毛のボリュームのなさや、薄毛に悩んでいる人にノンシリコンシャンプーが多く使われる理由はこの育毛効果にあるのではないでしょうか?

頭皮の環境改善

同じような効果で、頭皮のフケや乾燥に悩んでいる人もノンシリコンシャンプーを使うことで頭皮の環境改善につなげることが出来ます。

ノンシリコンシャンプーを謳っている商品には育毛効果の他に、抗菌効果や保湿効果をプラスして頭皮環境改善に特化した商品も多く出ています。フケや頭皮の炎症に悩む人は特にこの抗菌や保湿と言った成分が有効に頭皮に働きかけてくれます。

頭皮の環境改善に繋がることで、結果的に頭皮の不健康からくる抜け毛の予防などに繋がり、髪の毛を元気に育てる相乗効果も産まれます。その他にもノンシリコンシャンプーの洗浄成分は天然由来のアミノ酸系の洗浄成分のものであることも多く、頭皮には刺激が強すぎるということがありません。自然な洗い上がりで、頭皮の皮脂の落とし過ぎを防いでくれるので、頭皮が乾燥することによって逆に過剰に皮脂を分泌してしまうことや、乾燥によるトラブルも防止してくれます。

髪がきしむ

ノンシリコンシャンプーのデメリットとして、髪の毛がきしむというものがあります。髪の毛を洗い上げた後の髪の毛一本一本をコーティングする成分が含まれていないために、軽くなる代わりに、髪の毛がきしみます。

シャンプー中は泡立ちに寄って指通りがありますが、洗い上げた後乾かした後に特に髪の毛のきしみが現れます。このきしみが気になるという人は多いため、そのような場合はトリートメントなどでカバーしましょう。

トリートメントやコンディショナーにはシリコンが入っていても、シャンプーのように頭皮につけるほど付けるものではないので頭皮に与える問題は気にしなくてもいいでしょう。

髪へのダメージ増加

特にカラーやパーマをかけた髪の毛にはダメージが大きく現れることがあります。髪の毛のきしみもそうですが、傷んだ髪の毛がさらに傷みやすくなり髪質が悪化する可能性があります。

特に髪の毛の長い人で、パーマやカラーをしている人はこの影響を強く受ける可能性があります。この場合もシャンプーの後にトリートメントやコンディショナーなどで対処するようにすると良いでしょう。

熱に弱くなる

特に髪の毛を洗った後のドライアーによる熱の影響を受けやすくなります。ドライヤーの熱によって髪の毛がダメージを受けてしまいます。洗い上がった髪の毛はキューティクルが広がってる状態です。この状態でドライアーを使うとさらにキューティクルを広げてしまい、髪の毛がきしむ原因にもなります。

だからといって頭を乾かさずにそのままにしておくことは頭皮に雑菌が増殖しやすくなるため、頭皮に良くありません。気なる場合はやはり、トリートメントやコンディショナーで対策をしましょう。

摩擦に弱い

シリコンシャンプーを使っていればシリコンによって髪の毛をコーティングしてくれて、キューティクルが広がるのを防いでくれます。しかし、ノンシリコンシャンプーにはそのような効果はないので、髪の毛のキューティクルが広がり、髪の毛同士の摩擦が起きやすくなります。

特に冬場では、髪の毛同士が擦れ合うことや、厚着によって洋服やマフラーなどと摩擦することによって乾燥の効果も相まって静電気が発生しやすくなります。

その為髪の毛が軽く仕上がる以上に髪の毛が広がってしまう可能性もあります。摩擦が多いということは切れ毛などにも影響するので髪質が低下する可能性があります。

やはりこれらの症状が強く見られる場合はリンスなどによる対策が必要でしょう。

臭いが出やすくなる

ノンシリコンシャンプーには洗浄成分がアミノ酸系で頭皮に優しいだけでなく、香料なども無添加で自然由来の商品が多く、基本的に頭皮の保湿は自然分泌される皮脂によって自然に行われるものが多いです。その為、香りが控えめな商品が多いこともあり、頭皮の臭いが出やすいというデメリットがあります。

中には、そのデメリットを解消するためしっかり保湿成分がプラスされていたり、香りがしっかりついたものが良いという人のために満足いく商品があったりするので、そのような商品を探してみると良いでしょう。

スポンサーリンク

人気のノンシリコンシャンプー

人気

ノンシリコンシャンプーの基本的な情報が把握できたところで、ランキングの上位にも位置しているブランド力のある今人気のノンシリコンシャンプーを口コミを元にいくつか紹介します。

今やシャンプーはノンシリコンシャンプーだけでも沢山さまざまな特性を持った商品があるため、じっくり見比べて自分の頭皮環境や髪の毛の性質に合った商品を探してみましょう。

マイナチュレシャンプー

容量量:200ml 販売価格:3180円

マイナチュレシャンプーは2007年に創立された会社、株式会社レッドビジョンによって作られた商品です。レッドビジョンは主にヘアケアの商品を開発、販売する会社で、シャンプーの他に育毛剤やコンディショナーやサプリメントなどを販売しています。その中でも特にヒットした商品がマイナチュレシャンプーです。

この商品は、ノンシリコンで肌に優しいアミノ酸系成分タイプで弱酸性で、石油系界面活性剤などは入っていません。無添加、29種類の天然由来成分を配合したシャンプーです。特に女性や皮脂の分泌も少ないという敏感肌の男性にもおすすめの商品です。

29種類の天然成分で頭皮ケア、ダメージケア、保湿潤い、洗浄、角質ケア、毛髪補修成分などを行うため、総合的に頭皮や髪の毛の問題を解決してくれる商品になっています。

ノンシリコンシャンプーは泡立ちが悪いという口コミもちらほら見られますが、この商品は少量でも泡立ちがよく、香りも満足という人が多く見られました。

特に薄毛の人には髪の毛のボリュームアップに非常にいい効果が見られたようです。

ラフィー

容量:1000ml 販売価格:4800円

このシャンプーは髪の毛を扱う仕事のプロである美容師が安心して長期間使うことの出来るシャンプーとして作られたシャンプーです。美容師は一日に何十人と言う人の髪の毛を洗っています。中には、シャンプーによって手の指紋もなくなってしまう人もいるようです。

美容院でも安心して使える、皮膚に優しい洗浄成分でしっかり頭皮ケアの出来るものとして誕生したのがこの商品。サロンなどでも多く使われている大容量でコスパも良いのがこのシャンプーの良いところです。

洗浄剤はもちろんアミノ酸系で特にこの商品の特徴は沖縄の海洋深層水をベースに作られている点です。このミネラルが豊富な海洋深層水に昆布などから取れる海藻エキスを含ませることで髪の毛をツヤ髪にしたり頭皮に良い効果を作り上げています。

特にミネラルは髪の毛の成長には重要な成分ですのでシャンプーによってその成分を補えるのはうれしいですね。

モーガンズ

用量:300ml 販売価格:2808円

2012年に創立した彩り株式会社という比較的若い会社から発売されている商品です。特にオーガニック系のシャンプーは2010年くらいから注目されだした商品で、このような若い会社が多いのが特徴です。

この商品もアミノ酸系洗浄成分で優しい洗浄力が特徴です。それに加え18種類の植物エキスやアミノ酸系の保湿成分やはちみつや美容成分のヒアルロン酸などが配合されています。その他に、とうもろこしやココナッツ、などのエッセンシャルオイルなどのヘアオイルが豊富に含まれているため、ノンシリコンシャンプーのデメリットである髪の毛のきしみなどを抑え、しっとりとしたツヤのある洗い上がりをもたらしてくれます。

特徴的な天然由来の森林のような香りに満足する人も多く、リラックス効果があり気に入る人が多いようです。

同じ会社からヘアケアシリーズやコンディショナーも販売されているので、一緒に試してみるのもいいでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?ノンシリコンシャンプーの特徴や基本的な効果などがお分かりいただけたと思います。ノンシリコンシャンプーの流行の背景には日本人の髪の毛の状態の変化や髪型の変遷などが関わっていたのですね。

特にシャンプーは現代では様々な効果のシャンプーがあり、その中から商品説明を読み自分に合ったシャンプーを選ぶことがポイントになってきます。ドラッグストアで売られている商品は石油系の洗浄成分で硫酸系の成分も入っている場合もあるため、敏感肌の人は注意が必要です。頭皮や髪の毛の問題で悩む人は多いと思いますので、通販や色んな比較サイトなどを見て、自分に合ったシャンプー探しをしていきましょう。

関連記事としてこちらも合わせて読んでおきましょう。

育毛シャンプーのおすすめ商品!市販の中から口コミ上位の7つを紹介!

頭皮の角栓の除去方法は?シャンプーの選び方とクレンジングの方法について!