外国人のハゲに対する印象は?ハゲに厳しい国と優しい国はどこ?海外の薄毛問題について紹介

日本での薄毛やハゲに対する印象はあまりいいものではありませんが海外の反応も気になりますよね。どうしても日本人の意見ばかりに目が行ってしまいますが、寧ろ海外では逆にプラスの印象としてハゲを意識しているところもあります。

魅力的な男性に映ったり、男らしい印象をあたえることもあります。ではその様な国はどこなのでしょうか?また、薄毛の治療などが発展している進行国はどこなのでしょうか?

世界各国のハゲ事情を紹介して行きますので、世界の色んな文化やハゲに対する評価、印象を知ってワールドワイドな考え方を持ちましょう。

スポンサーリンク

日本のハゲ事情

彼氏 ハゲ

世界の事情を知る前にまずはご存知かと思いますが、自国の日本でのハゲの基本的な状況を見ていきましょう。日本人のハゲ人口はどのくらいなのか、印象はどうなのか、女性の評価と男性の評価、行われているハゲ治療法、予防法などを見ていきましょう。

この日本の現状を確認し、下記で紹介していく海外との違いを比べていってみましょう。

日本の薄毛人口

日本人の薄毛に悩んでいる人口は年々増加しております。薄毛の専門クリニックや薄毛専用のシャンプーなどが沢山売られているだけあって、どんどん市場が広がっているので拡大の一途を辿っています。

また、薄毛やハゲと言えば男性の物に感じがちですが、近年の増加では男性よりも女性の方が薄毛に悩む伸び率としては増加している傾向があります。

男性だけの薄毛の人口で言うと成人男性5000万人に対して、薄毛だと感じる人の数は2000万人ほどとなります。およそ4人に1人は薄毛の問題に悩んでいる背景があります。この中でも特に男性に多い薄毛の症状がAGA(男性型脱毛症)になります。

女性でも男性に比べて少ない印象はありますが、1500万人ほどの人の数で薄毛に悩んでいる女性が存在しています。日本の人口の2割〜3割が薄毛の悩みを抱えていると言われています。女性ではFAGA(女性男性型脱毛症)というびまん性脱毛症と呼ばれる脱毛症が多くなっています。日本の薄毛の人口は世界で14位と言われており、アジア圏では最も多いと言われています。

また他のデータでは4000万人以上の人数が薄毛の問題を抱えているという報告もあります。

日本人の薄毛に対する印象

日本人の国内の男性女性の薄毛の人に対する印象はどうなのでしょうか?いくつかの声を見てみましょう。

女性からのコメント

前向きな意見としては「顔にの印象にあっていれば問題ない」「薄毛の男性でも髪型がちゃんとしていれば良い、出来れば長髪ではなく髪の毛は短い方が清潔感があっていい」「隠していない好印象な薄毛であれば好感が持てる」「髪型をマイナスの印象にしてしまう様な性格でなければ問題ない、寧ろ自分で俺ハゲなんだ−って言える人なら大丈夫」「自分の場合は一目惚れは無いですが内面のギャップを感じやすいので、冴えない感じから急に頭が良くて回転が早くて出来る人の印象が感じられれば恋愛対象にもなる」

などの意見がありました。他にもハゲフェチの人なども居ますのでマイナスの印象だけではないようです。

マイナスな意見としては「ハゲているだけで恋愛対象にならない、性の対象に居れられない」「ハゲている人は太っていることも多くてだらしない感じがするのでいい印象はない」「どんなにイケメンでもハゲはむり」「ハゲているせいで性格も暗い人が多気がする、コンプレックスに感じてしまっていて気を使ってしまう人は無理」「どうしてもハゲていると相手のことを劣等感のある目で見てしまう、髪の毛に目が行ってしまって会話の時に困ってしまう」などの意見がありました。

また同性の女性の薄毛に対しても貧相に見えてしまう、美意識が低い人とは一緒に居たくないと言った辛辣な意見もあります。アンケートでは女性の8割が薄毛対策をして欲しいという意見を持っています。

男性の意見

男性は女性に比べれば同じ薄毛になってしまう可能性のあるという意識も働き、女性ほど辛辣な意見は無い傾向はありますが似たような意見もありました。

まずはプラスの意見から紹介していきます。「ハゲている人は面白い人が多い気がする、弄られ上手な人は寧ろかっこいい」「髪の毛が薄毛であろうと性格が良ければ良いと思う」「自分もいつかそうなるかと思うから参考になる」「薄毛が似合う男の人はかっこいいと思う」

という意見がありました。マイナスの意見は「ハゲている女性は恋愛対象にならない」「ハゲている人は何を言っても説得力がない」「ハゲている人は汚い印象がある」「嫁がもし薄毛になってしまったら複雑な気持ちになる、恋も冷めてしまう」

という意見があります。テレビなどでもハゲについては厳しいイジりやマイナスの印象を受けるような不発言をしていることもありどうしてもマイナスの意見の方が強いようです。

日本で行われている治療法・対策・予防法

日本で主に行われている治療法は、自毛植毛もしくはAGA治療の内服薬や外用薬を使用した治療法が主な治療法になります。プロペシア、フェリステナド、ミノキシジル、パントガールなどの薬が日本では使われています。

対策法としては、生活習慣の改善が行われていて治療法を行っているときでも予防法は行われます。主な方法としては

  • 質の良い睡眠を取る
  • 紫外線対策
  • シャンプー方法の改善
  • シャンプー成分の有効性のあるものを使う
  • 頭皮マッサージ
  • 食生活の改善
  • アルコールの過度な摂取をしない
  • タバコを吸わない
  • 適度な運動で汗をかく
  • 肥満の改善
  • 頭皮の状態の改善

などが行われています。生活習慣の改善は髪の毛を生やす上では絶対改善すべき項目でもあります。特に、食生活、シャンプー、頭皮環境は重要性の高いものになります。

スポンサーリンク

海外の薄毛事情

地球

他の国での薄毛の問題はどのようになっているのでしょうか?いくつかの国を紹介していきますので参考に見ていきましょう。

同じアジア圏でも国が違うだけで大きく文化も違うのでハゲに対する印象も千差万別のようです。それでは紹介していきます。

韓国での薄毛事情:美容大国の辛辣な薄毛への意見

韓国は美容整形でも金額が安く、病院も多いことから日本からも沢山の人が手術を受けに行ったり美意識が高いイメージがありますよね。薄毛に対してもその意識は同じという情報があります。

韓国人男性は他の国に比べても髪の毛がしっかり生えているフサフサの人が多く、薄毛な男性を街で見かけることはあまりないと言います。

外見を重視する人が多いことが美意識が高い事につながっているようです。その他にも、ハゲている人にはケチなイメージや安いものや無料なものが好きな人などの印象があるようです。

韓国では若いうちからしっかり薄毛対策をする人が多く、お金をかけて対策をしている人が多いといいます。また日本同様ハゲは女性に人気がないのでハゲは避けるべき問題になっているようです。

また薄毛治療法についても、日本ではあまり見られない漢方を使用した薄毛治療法やドラッグストアでは沢山のヘアケア商品も確認されます。日本には無い徴兵の制度の影響で徴兵中にストレスで薄毛になってしまう人も居るといいます。韓国は日本よりも少しハゲ薄毛に対する意見が厳しい傾向があるようです。

貼るタイプの韓国のかつらは非常に精巧で見違えるほどの技術があります。日本のアデランスやアートネイチャーなども行っていますが、韓国のほうが行う人の量が多い分技術力は高いでしょう。更に韓国の製品が全国の6割を占めているという報告あります。

台湾の薄毛事情:薄毛はお金持ち

もう一つアジアから台湾の薄毛に対する印象が独特だったので紹介します。台湾での薄毛の印象は寧ろ日本や他の国とは逆でプラスの印象のほうが強い傾向があるようです。

薄毛=お金持ちという印象があるようです。台湾にはハゲている人がお金持ちであるケースが多いという背景があるようですね。街ではハゲている男性と、若いきれいな女性が歩いている光景が見られるといいます。

例えハゲていても、身なりがしっかり整っていればマイナスの印象になることは少ないようです。台湾で主流の薄毛対策法や治療法は自毛植毛が主流だといいます。また日本ではあまり聞かない生姜が薄毛に良いなどの話もあります。漢方も主流ではないが行われているとも言います。

アメリカの薄毛事情:薄毛でも二枚目俳優

アメリカは多種多様な人が住んでいますし、見た目に対する偏見やコンプレックスをマイナスに見る意見は少ない傾向がります。これは、アメリカのセレブ達が国民の意見を牽引している事も一因になっているでしょう。ハリウッド映画などでも薄毛のハリウッド俳優が二枚目として登場したり魅力的な男性が多いことが関係して、日本では無い光景が当たり前になっています。日本ではどうしても薄毛は3枚目のポジションに当てられる事が多い点でも違いは明らかですね。

しかし、一方で薄毛=ケチや出世しないや貧乏などの意見もありますが、アメリカでマイナス3大要素としては肥満体型、歯並びが悪い、喫煙習慣があるという項目があります。この中に薄毛が入っていないことでもそこまで薄毛は需要視されていないという事がわかります。

髪の毛に関しては自然なことだから健康な人でも薄毛になってしまうししょうがないという考え方のようです。アメリカでは魚と卵が薄毛対策として食べられているようです。肉が主流のアメリカでは魚や卵はヘルシーなものとして認識されているのかもしれまん。

フランスの薄毛事情:薄毛がモテる!?

フランスの薄毛事情も独特な考え方が生まれています。もっとも薄毛の成人男性の割合が多い国はチェコというデータがありますが、フランスも世界的に見ても薄毛の人が多い国の一つ薄毛率は4割という薄毛大国でもあります。

フランスなどヨーロッパ地域は他にもスペイン、イタリア、イギリス、ドイツなど1位のチェコもそうですし、薄毛の割合が多い国の上位に多くの国が含まれています。

人数が多いこともあり、薄毛に対するマイナスな印象や意見などは薄れており、その人の中身が重要という声が多くなっています。また、フランスの女性の特有の意見として「ハゲはエロさの象徴で魅力がある、見た目もインパクトがあり目を引くため逆に注目を集め人気がある」という意見があります。

イギリスではウイリアムス王子も薄毛になっており、弟のハリーも薄毛が進行していることでいじられていますが、ヨーロッパでは薄毛治療よりも剃ってまう事が逆にオシャレになることもあります。オーストラリアでも薄毛になってしまったら坊主頭にしたり剃ってスキンヘッドにしてしまう人が多いようです。人数が多いこともあり薄毛が大きくマイナスになってしまう事は多くないようです。

どちらかと言うとハゲでもオシャレかどうかや、性格などが重視されるといいます。

インド:薄毛の人が圧倒的に少ない

インドはアジア圏の中でも圧倒的に薄毛が少ない国になります。確かにインドの人で薄毛の人を日本でも見かけたことがありません。薄毛の印象が少ないですし、実際に薄毛が少ない国でもあります。

インドのソールフードでもあるカレーが効果があるのでは?という話もあります。20種類以上の香辛料であるスパイスを使っていることが代謝を促している事が大きな効果があるのではあ無いかということが言われています。また髪の毛の成長を促し、頭皮の健康を促進する効果があるものとして日本のシャンプなどにも多く使用されているヘナという植物もインド発祥のものになります。

インドでは特に薄毛治療となるような対策などは行われていないですが髪の毛が薄毛になりにくい傾向があります。また、アジア圏内の国であるベトナムも若ハゲの人口が少ないことがわかっています。

しかし、インドやベトナムは薄毛の人口が少ないために薄毛になってしまった場合はやはり注目されてしまう傾向はあるようです。しかし、隠すよりかは剃ってしまう人が多いといいます。

スポンサーリンク

日本人はハゲを隠す

隠す

日本人は世界の国々と比べてどのように違うのでしょうか?海外の薄毛の事情を見ても文化の違いから浮き上がってきた薄毛への対応法や印象の違いを見ていきましょう。

日本人の薄毛の人の行動の傾向を見ると海外にはあまり見られない

隠すのは日本だけ?

薄毛や若ハゲの事を恥ずかしいと思ったり、気にしてしまうのは全国共通で一定の割合の人はどうしても薄毛の症状や若ハゲの症状は特に気にしてしまうようです。しかし中でも日本人が特徴的なのは老化したあとの薄毛も気にしてしまうという点です。

若ハゲを気にしてしまうのはどの国も同じですが老化後の薄毛を気にするのは特に日本に多い傾向であるようです。年齢50代以降は本人も周囲も気にしなくなる傾向があるのですが日本は年齢が増しても特に気にする傾向があるようです。

またバーコードハゲの様なサイドの髪の毛で頭頂部を隠す髪型は日本特有で海外では見ない髪型と言います。なぜあの髪型でハゲが隠せるかと思ったのかが不思議ですが昔から何とかしてハゲを隠そうとしていた状況があるようですね。

日本にはハゲを隠すグッズがいっぱい

海外から日本に来た旅行者が日本のお店に売っているグッズの多さに驚いたと言う話があります。海外ではハゲてしまっても隠すのではなく、気にしながらもそのままにしている人が多く帽子や粉などを使って隠す人はいません。殆ど大多数の人がハゲ対策は行ってもハゲを隠すことはしないそうです。

海外にも薄毛を隠すパウダーやスプレーは売っていますから、使っている人は居るのでしょうが、種類の多さでは日本が圧倒しています。

その点で薄毛のグッズが多く見えているのでしょう。

日本人の薄毛の3割は勘違い

日本人の薄毛に悩んでいる人の3割の人は実際には薄毛ではなかったと言う結果があります。女性でもそうですが、自分を太っていると勘違いして無理にダイエットする人が多いのも特徴としてあり、男性も薄毛を敏感に感じ取って過剰に気にしてしまう傾向があるようです。

医学的に見ると、3割の男性は全く薄毛の心配は無く、正常な毛根であったといいます。AGAはストレスが関係しても発症してしまいます。自分は薄毛ではないかという思考が更に薄毛の問題を加速させてしまう可能性もあります。

日本人は余計に心配してしまい薄毛を呼び寄せている事もあるのではないでしょうか。人目を気にしてしまいすぎる事も日本人の特徴なので、薄毛が原因で精神を病んでしまう人も実際にはいます。

世の薄毛に悩む男性女性はあまり気にしすぎないようにしましょう。気を張りすぎると、ストレスが溜まってしまい薄毛につながってしまうかもしれませんよ。

スポンサーリンク

まとめ

日本は韓国に比べると薄毛に対する扱いは優しいですが、ヨーロッパやアメリカ、カナダ、オーストラリアなどの国に比べると薄毛に若干厳しい印象を受けました。

いつの日か、日本でも薄毛の男性が二枚目として扱われる日が来るのでしょうか?昔は侍がいて、ちょんまげにし自ら頭を剃っていた過去がありますから、いつの日か時代が繰り返される時は来るのでしょうか?

イケメン俳優として渡辺謙さんが若干薄毛寄りで二枚目として活躍されていますが、日本にも海外俳優のようにブルース・ウイルスやジュード・ロウやニコラス・ケイジの様な多種多様なかっこいい薄毛芸能人が生まれてほしいものです。薄毛を露わにしているのは芸人さんや主に三枚目を演じる人が多いのでどうしても薄毛=面白い、というイメージが湧いてしまいます。

今後の日本の移り変わりに期待ですね。

関連記事としてこちらの記事も合わせて参考にしてみてください。

宮迫博之の髪型の作り方を紹介!薄毛治療には何を行なったの?

ジャニーズでハゲの疑惑がある人は誰がいる?今まで疑惑の上がったことのあるタレントを紹介!

ハゲている芸人を一挙紹介!薄毛キャラが定着している芸人と髪の毛を生やしたい芸人

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク