飲んで使用する毛生え薬(育毛剤)の種類を紹介!薬以外の育毛方法を知ろう!

男性型脱毛症(AGA)に効果的な毛生え薬といえば、代表的なものにミノキシジル、プロペシア(フィナステリド)、ザガーロ(デュタステリド)があります。本当に毛生え薬と呼ばれている薬は、男性の進行性のハゲにも効果があるのでしょうか。

毛生え薬のそれぞれの特徴や効果について、男性型脱毛症が発症する原因を解説しつつ、AGA治療に有効な自毛植毛について、また毛生え薬に代わる育毛対策である育毛剤についても紹介します。

スポンサーリンク

毛生え薬ミノキシジル

スキンヘッド男性

ミノキシジルは高血圧の治療のために開発された薬で、その血管拡張作用により頭皮の血行も促進、発毛の効果が高い薬です。通常は外用薬ですが、タブレットタイプもあります。ミノキシジルの特徴や効果、また注意点についてもまとめました。

ミノキシジルとは

ミノキシジルはもともと高血圧の治療のために作られた薬でしたが、高血圧患者の人に投薬したところ、薬の血管拡張作用により頭皮の血行が良くなって、髪が生えたり体毛が増えるという副作用が報告されました。以後薄毛治療薬として開発され、現在はAGA治療に有効な外用薬として使用されています。

ミノキシジル成分の外用薬

日本の製薬会社から出ているリアップシリーズは、薬局でも入手できるミノキシジル配合の発毛剤です。その他のミノキシジル配合の外用薬にはロゲイン、ポラリス、カークランドなどがあります。

リアップ以外のミノキシジル配合の外用薬は、日本の薬局では購入することができません。入手するにはクリニックでの処方、もしくは自己責任での個人輸入ということになります。

リアップX5プラス

大正製薬から発売されているリアップシリーズは、日本で唯一ミノキシジルが配合された、厚生労働省の認可をうけた発毛剤です。リアップシリーズのリアップX5プラスはミノキシジルの濃度が5%と、リアップシリーズの中でも最も濃度が高いです。

リアップの効果を実証する実験データは、大正製薬のホームページにも掲載されています。効果に個人差はありますが、高い改善効果が見られたようです。データによると約半年で改善を実感できた人は軽度の人も含めると90%以上、1年後で著名~中程度の改善が見られたのが80%以上だったとのことです。

注意点としては頭皮のかゆみやほてりなどの症状が起きることがあります。AGAの症状には効果がありますが、円形脱毛症やその他の脱毛症には効果があまり現れないとしています。

女性は濃度の高いミノキシジルを使用すると、多毛症などの副作用の恐れがあります。リアップX5プラスは濃度の高いので使えません。女性の場合は同シリーズですと女性用のリアップリジェンヌを使用することになります。

ミノキシジルタブレット

ミノキシジルの内服タイプの治療薬であるミノキシジルタブレット(ミノタブ)は、薬局では購入することができません。クリニックでの処方や個人輸入で入手することが可能です。

ミノタブは内服タイプのため薬の作用が全身に強く出やすく、外用薬のミノキシジルより副作用が現れやすいです。その分発毛効果も高いという評価もあるようですが、個人輸入での使用で副作用が起こる可能性も否めません。

またAGA治療において、ガイドラインでも外用薬としてのミノキシジルは推奨されていますが、内服薬ではプロペシアが推奨されています。

スポンサーリンク

毛生え薬フィナステリド

薬と手

フィナステリドはAGAにおける抜け毛の原因となる男性ホルモンの働きを、抑制する効果がある治療薬です。プロペシアはフィナステリドを初めて配合した治療薬です。プロペシアの効果や特徴についても見ていきましょう。

フィナステリドとは

フィナステリドは、毛乳頭や皮脂腺に存在する2型5aリダクターゼ酵素の働きを阻害する働きがあります。2型5aリダクターゼはテストステロンという男性ホルモンと結びつくと、AGAの原因となるジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンを生成します。

DHTは毛根の毛乳頭内のレセプターと結びつくことで、髪のヘアサイクルの成長期を縮めてしまう作用があり、髪が十分に成長しないままヘアサイクルの終わりを迎え、抜け毛を促進する原因になります。

2型5aリダクターゼ

前頭部や頭頂部、髭の毛乳頭に多く存在する還元酵素です。テストステロンが2型5aリダクターゼと結びついてDHTになると、前頭部や頭頂部の髪が薄くなり、髭が濃くなります。

プロペシア

プロペシアはフィナステリドが有効成分の薬として初めて作られた薬です。AGA治療の内用薬としても広く使われています。プロペシアは薬局では手に入りません。AGA治療専門クリニックなどの医療機関で手に入ります。

インドの製薬会社で作られたジェネリックのフィンペシアはプロペシアより安価で手に入るということで、個人輸入を利用している男性も多いそうです。

最近は特許の問題をクリアできたようで、日本でもプロペシアのジェネリックであるフィナステリド錠が複数の会社で販売されています。

フィナステリドの効果作用

フィナステリドを服用してどれだけ効果が現われるのかを実験し、実際にハゲの進行が抑えられた、髪の薄い部分が減ったなどの効果があったことが報告されています。3か月ぐらいから改善が見られ、1年後にはさらに効果を実感する人が増えています。

実験データ・AGA治療薬フィナステリド0.2mgと1mg、プラシーボ群の3群を調査した結果、プラシーボ群よりフィナステリドを服用した群の方が、また0.2mgタイプより1mgタイプを服用した群の方が、効果が高いと評価しています。

フィナステリド服用の危険性

フィナステリドは成人男性のAGA治療で使用される、内用薬です。未成年、女性は服用できません。妊娠中、授乳中の女性は男児の生殖器官への悪い影響の可能性があるとされ、触れることも禁止されています。

服用中の男性はパートナーへの影響も気をつけるようにしないといけません。薬を割って飲むのも厳禁です。

肝機能障害、男性機能障害などの副作用も報告されています。また薬の服用を中止した後も副作用に悩まされるポストフィナステリド(PFS)も問題になっています。

スポンサーリンク

毛生え薬デュタステリド

お金と薬

フィナステリドはAGAの原因となる男性ホルモンDHTを抑制する作用があり、AGAの進行を阻止するのに効果があるとされていますが、より効果が高いと言われているのがデュタステリドです。デュタステリドの特徴と効果を、フィナステリドとも比較しつつ説明します。

デュタステリドの効果作用

デュタステリドはフィナステリド同様、還元酵素5αリダクターゼの作用を抑制する作用があり、テストステロンからDHTが生成されるのを抑制、AGAの進行を阻止する働きがあります。

デュタステリドとフィナステリドの違いは、フィナステリドが2型の5αリダクターゼにしか作用しないのに対し、デュタステリドは1型の5αリダクターゼにも作用するところです。

1型5αリダクターゼ

1型5αリダクターゼは側頭部や後頭部の皮脂腺に多く存在し、2型5αリダクターゼは前頭部、頭頂部の毛乳頭に多く存在します。AGAには2型が大きく関わっているとされていますが、

デュタステリド成分の薬

もともとフィナステリド、デュタステリドは前立腺肥大症の薬として開発された経緯があります。デュタステリドが有効成分の薬アボルブは、前立腺肥大症の治療薬として承認されていますが、AGA治療薬としては承認されていません。

アボルブ以外のデュタステリド成分の薬は、デュタス、デュプロスト、アボダート、ザガーロなどがあります。デュタステリドはフィナステリドと同様錠剤が多く、デュタステリド錠と呼ばれることが多いですが、ザガーロはカプセル化されて販売されています。

ザガーロ

ザガーロは厚生労働省に認可されているデュタステリド成分の薬です。2016年6月に発売されました。プロペシアが錠剤に対し、ザガーロはカプセルタイプ、プロペシアが0.2mg、1mgの2タイプで、ザガーロは0.1mg、0.5mgの2タイプあります。

ザガーロはプロペシアよりやや価格設定は高く、プロペシアが1か月分で約7,000円程度に対し、ザガーロ1mgは1か月分で約9,000円程度となっています。

ザガーロとプロぺシアの比較がよくされますが、ザガーロはプロペシアよりもDHTの濃度を下げたというデータもあります。毛髪数に関しても、フィナステリドよりザガーロの方がより高い発毛効果があったとされています。

スポンサーリンク

毛生え薬とその他AGAの治療法

ルーペと聴診器子供

毛生え薬として有効な成分とされているのはミノキシジル、フィナステリド、デュタステリドの3種ですが、それらの薬の効果的な組み合わせは、また治療薬以外の治療法についても確認しておきましょう。

AGAクリニックで処方される毛生え薬

外用薬にはミノキシジル、内服薬にはフィナステリド、またはデュタステリドを処方されることが多いようです。クリニックによってはミノキシジルタブレット、また独自の調合の薬を出しているところもあるようです。

日本皮膚科学会で出しているAGA治療ガイドラインでは、外用のミノキシジルと内服薬のフィナステリドを、推奨する最も高い段階のものとしています。

毛生え薬の効果と注意点

髪にはヘアサイクルという周期があるため、毛生え薬の効果が現われるのには数か月~半年はかかるということを理解しておきましょう。また、服用中ははげの進行を抑制する効果があっても、中止すればまた髪が後退していきます。

かつては左右M字に悩んでいた管理人カールさんの「生え際後退対策ブログ」があります。毛生え薬にどのような効果があったのか、経過・体験談を記したブログです。ご自身が体験した自毛植毛の関連記事も多いですが、人気記事ランキングでは薬関係の記事が上位に多く上がっているようです。

薬の使用開始からどれぐらいで変化が現われたか、薬を使用する際の注意点についても詳細に書かれていますので参考になるかもしれません。

医薬品の毛生え薬は、ほとんどが日本の薬局では購入することはできません。個人輸入代行オオサカ堂で購入する方も多いようです。オオサカ堂さんは信頼されている個人輸入代行業者ですが、個人輸入での薬の購入は、副作用が起きた場合などの保証がありません。

個人輸入での購入は自己責任ということになります。治療薬を入手したい場合は、AGA治療専門クリニックでの処方を安全面からもおすすめします。

自毛植毛

上述のカールさんのブログでもおすすめされている自毛植毛とは、自分の髪の毛を髪が薄くなっている部分に移植する治療法で、手術後定着すればもともと生えている髪のように自然に髪が生えてきます。ヘアサイクルに合わせて髪が生えたり抜けたり、白髪にもなります。

自毛植毛は難しい手術であるため、症例数が多く安心信頼できる病院・クリニックで、経験値の高いお医者さんに手術してもらうのがおすすめです。

自毛植毛にかかる費用は範囲や手術法によっても異なりますが、大体50万~100万円程度かかると見て良いでしょう。

FUE法とFUT法

自毛植毛にはメスを使わないFUE法と、メスを使うFUT法があります。FUE法は傷が残りにくいですが、1回に採取する髪の量に制限があり、2回に分けて手術を行う必要があります。FUT法は傷跡が残る可能性がありますが、1度に広い範囲の手術が可能です。

FUT法でよく使われるグラフトという単位は、切り取った頭皮から分けられた毛包の単位です。1グラフトで髪が1~4本生えています。増やしたい量に合わせて500グラフトから1500グラフトぐらいから選びます。料金はグラフト数によって異なります。

自毛植毛をしている病院

AGAクリニックで行われている治療法は、各クリニックによって内容が異なるので事前に確認が必要です。都内で自毛植毛を行っているクリニックでは、紀尾井町クリニック、ルネッサンスクリニック、ウェルネスクリニック、高須クリニックなどが有名です。

AGA治療病院でのその他の治療法

治療薬以外には育毛メソセラピーやHARG療法、レーザー療法、女性ホルモン療法などがあります。最近は毛髪再生治療も話題となっています。

聖心美容クリニックで行われているケラステム毛髪再生は自分の脂肪から採取した幹細胞を、頭皮に注入する治療法です。東京皮膚科・形成外科で行われている発毛・育毛再生療法は高濃度に濃縮された自分の血液を、頭皮に注入する治療法です。

スポンサーリンク

毛生え薬以外に自分でできる育毛対策

ボーダーシャツ男性

効果の高い治療薬は、クリニックの処方が必要となるものがほとんどです。より簡単に自分でできる育毛対策方法として、育毛剤の使用が挙げられるでしょう。育毛剤の使用方法と、おすすめの育毛剤についてもいくつか紹介します。

育毛剤の使用法

育毛剤は夜、または朝と夜の1日2回使用します。夜、シャンプー後の清潔な髪にドライヤーで乾かしてから、またはタオルドライ後に使用します。塗りながら頭皮をマッサージすると成分が浸透しやすく、また頭皮の血行を促進します。

おすすめ育毛剤

ハゲ・薄毛情報で有名なハゲラボさんで、育毛剤人気ランキングで上位に選出されているのがチャップアップ、そしてイクオス、フィンジアなどです。

チャップアップはセンブリエキス、グリチルリチン酸などの育毛有効成分を配合、無添加で肌にも優しく、また使用を継続することで効果があったと口コミも多数ある育毛剤です。

イクオスは髪に効くとされる2つの海藻成分を凝縮したAlgas-2を配合した、無添加の育毛剤です。Algas-2の成分であるM-034はミノキシジルと同程度の効果があるとされています。

フィンジアはスカルプ成分キャピキシル、ピディオキシジルと、頭皮を柔らかくするカプサイシン配合の育毛剤です。M-034とキャピキシルがそれぞれ売りとなっているフィンジアとイクオス、フィンジアVSイクオスと両者を比較した記事もよく見かけます。

いずれも公式サイトやamazonなどの通販サイトで購入可能です。価格は薬局に売っている養毛剤などよりかなり高くなり、単品購入だと1万円以上しますが、公式サイトから定期コースで申し込むと安くなります。

その他にもプランテル、ポリュピュアEX、ブブカなどもおすすめされています。各育毛剤によって成分が異なるので、商品ページから育毛剤の成分や効果、口コミを徹底調査した上で、購入するとよいでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

笑顔の男性

薄毛が進行している髪には、毛生え薬での治療が有効とされています。毛生え薬は多くの種類がありますが、成分ごとに分ければミノキシジル、フィナステリド、そしてデュタステリドが成分となっている薬の3種があります。

ミノキシジルは頭皮の血行を良くすることで、発毛を促進する毛生え薬です。フィナステリドとデュタステリドは毛乳頭や皮脂腺に存在する5αリダクターゼという還元酵素の働きを阻害し、抜け毛の原因となる男性ホルモンDHTの生成を抑制、AGAの進行を抑える働きがあります。

毛生え薬以外にAGA専門病院で受けられる治療として、自毛植毛や育毛メソセラピー、毛髪再生医療も最近注目されています。育毛剤は医薬品ではありませんが、薄毛が気になり始めた時気軽に始められる育毛ケア方法としておすすめされています。

関連記事としてこちらの記事も合わせて参考にしてみてください。

育毛剤って副作用があるの?症状を知っておこう!副作用が出にくい育毛剤もある?

初期脱毛とは?どんな育毛剤で発生するの?起きた時の対処方法も知ろう!

自毛植毛のステップは?失敗のリスクや植毛のデメリットや掛かる費用を紹介!