春に抜け毛が多くなる?季節によって増える抜け毛の原因とは

抜け毛は季節によって一時的に増えることがあることもあるそうです。特に春は抜け毛の要因となることが増えることで、抜け毛が増える季節とも言われています。

春は気温も高くなり過ごしやすくなりますが、花見など宴会が多かったり、新しい環境で何かとプレッシャーのかかる時期でもあります。生活習慣の乱れやストレスも抜け毛と関係がありそうです。春の抜け毛を招く原因を知り、適切な抜け毛予防対策を実践しましょう。

スポンサーリンク

春は抜け毛が多い?季節と抜け毛の関係

青い服女性

毎日私たちの髪の毛は50本から100本は自然脱毛があるそうです。ところが季節によって抜け毛の本数が増えることもあり、特に春は抜け毛の多い季節と言われています。まずはそれぞれの季節と抜け毛の関係についてみていきましょう。

春の抜け毛の原因

春は冬の厳しい寒さでのダメージが出やすい季節です。また新年度のスタートということで新しい環境に身を置く人も多いでしょう。新しい環境でのストレスが抜け毛を招く可能性があります。

お花見などの宴会も多い季節です。意外と春は夜気温が下がり、遅くまで外にいると身体を冷やし、血行を悪くする恐れがあります。またアルコールの過剰な摂取は抜け毛につながると言われています。

春先は風が強くホコリや砂で肌が汚れます。当然頭皮の肌もダメージを受けます。特に花粉、黄砂で髪も頭皮も汚れたり、頭皮環境が悪くなりやすいです。アレルギーで頭皮にトラブルが起きる可能性もあります。

また春になると紫外線量が増えることも、頭皮にダメージを与えるため抜け毛につながる可能性があります。

夏の抜け毛の原因

夏の暑さは年々温暖化の影響か猛暑、酷暑の日が多くなり、非常に厳しく感じられます。動物は冬毛が夏毛に生え変わり暑さを凌ぐようにしていますが、人間の場合もともと体毛が退化しているので、動物に比べればまだ楽な方なのかもしれません。

私たちの体は汗をかいて体温調整をしていますが、夏は特に頭皮の汗や皮脂で頭皮環境が悪くなりがちです。また夏の厳しい紫外線によるダメージも大きいです。女性にとっては枝毛、切れ毛など髪のダメージも気になる季節です。

秋の抜け毛の原因

日本の夏は高温多湿ですが、秋になると急に乾燥してきます。気温も低くなって血行が悪くなりやすく、頭皮環境と髪の毛への栄養不足も心配です。

また夏のさまざまなダメージが秋に抜け毛となって影響が出やすいと言われています。秋に抜け毛になってから対策をするのでは遅く、夏の内にダメージを受けないよう対策が必要なようです。

冬の抜け毛の原因

冬は秋よりさらに気温が下がり、血行が悪くなりやすい季節です。また乾燥した空気が流れ込み、室内でもエアコンで乾燥することが多く、頭皮がますますダメージを受けやすい環境になります。特に女性は頭皮の肌が乾燥しやすい傾向にあるので、注意が必要でしょう。

抜け毛が最も多い季節は?

季節と抜け毛の関係については、ハゲラボさんなど数多くの薄毛情報発信サイトの記事で特集されています。記事によっては異なる意見もありますが、抜け毛が多い季節は春と秋の季節の変わり目という説が有力なようです。

さらにストレスという要因があることで春が最も抜け毛の要因が増える季節であると言えるでしょう。

私たちの髪の自然脱毛は1日50~100本程度ですが、季節によって一時的に抜け毛の本数が増え、200本以上にもなることがあるそうです。

気温の変化などの影響により、一時的に抜け毛の量が増えるだけならそれほど心配しなくても大丈夫かと思われますが、もし春になって抜け毛が増えて、長引くようであれば異常脱毛かもしれません。何らかの脱毛症を発症している可能性があります。

抜け毛が多いのを放っておくと、そのままハゲや薄毛になってしまう可能性があります。予防や対策が必要でしょう。

特に男性のM字ハゲ、つむじハゲは進行する可能性があります。M字ハゲは前髪で隠れていて発見が遅れることもあります。春に抜け毛が増えたり髪質の変化を感じられたらおでこをチェックし、薄くなる前にM字ハゲ対策をすることで改善できるかもしれません。

スポンサーリンク

春の抜け毛はストレスが原因?

菜の花黒髪女性

春の抜け毛にはさまざまな要因が考えられますが、春はストレスが原因で抜け毛になりやすいとも言われています。春にストレスが起こりやすい原因とは、またなぜストレスが原因で抜け毛が起きてしまうのかについて、確認しておきましょう。

春のストレスの原因

春は季節の変わり目ということもあり、体調が悪くなる人が増えるそうです。寒くて乾燥していた冬の時期から暖かくなり、湿度も高くなって過ごしやすくなったのに、体が気温の変化についていけなくて体がだるくなることがあります。

また春は就職や入学、転勤・異動などで新しい生活がスタートする時期でもあります。生活環境の変化になかなか慣れず、悩みを抱えやすい時期でもあります。

春の気温の変化、環境の変化が体にも心にもストレスとなり、心身にさまざまな影響を与えるようです。

ストレスが自律神経を乱す

春は確かにストレスの多い時期のようです。しかしストレスがどのように作用して抜け毛を招いてしまうのでしょうか。

そもそも髪の毛にはヘアサイクルという生え変わりの周期があります。ヘアサイクルには成長期、退行期、休止期という3つの時期があり、健康な髪のヘアサイクルのほとんどは成長期です。

成長期が何らかの理由で短くなってしまったり、また成長期の髪が休止期へと移行することで抜け毛が増えたり薄毛になってしまいます。

頭皮では毛細血管から栄養を受け取った毛根の毛乳頭細胞が、毛母細胞に栄養を渡して分裂するよう促します。毛母細胞が分裂して角化したのが髪の毛です。

毛細血管から栄養が受け取れなかったり、毛母細胞の細胞分裂が活発に行われないと、ヘアサイクルが短くなる可能性があります。

自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、ストレスは交感神経が優位になり、血管が収縮して血行が悪くなり、睡眠が浅くなる作用があります。

血行が悪くなり末梢まで栄養が届かないと毛細血管から毛乳頭細胞へ栄養が十分運ばれない可能性があります。また睡眠不足で疲労回復できないことで、細胞の修復が十分行われず、毛母細胞の分裂も不活発になる可能性があります。

ストレスが自律神経を乱すことで髪の成長が阻害され、抜け毛が増える恐れがあります。

ストレスによるホルモンバランスの乱れ

ストレスを感じると体内でコルチゾールという抗ストレスホルモンが分泌されます。コルチゾールはストレスから体を守る作用がありますが、男性ホルモンの分泌を促します。

男性ホルモンの分泌が増えると皮脂分泌が増えてニキビが増えやすくなったりします。頭皮も皮脂分泌が多いところなので脂性肌に傾きやすく、稀ですが脂漏性脱毛症の原因にもなります。

女性の場合は特にホルモンバランスの乱れが抜け毛につながると言われています。女性ホルモンには髪を育てる作用があり、女性も男性ホルモンがありますが、女性ホルモンの分泌量が多いです。しかし男性ホルモンの分泌が増えることにより、男性ホルモンの影響を受けやすくなります。

このようにホルモンバランスの乱れによって女性ホルモンの育毛作用の影響を受けにくくなり、抜け毛が増えるとされています。

ストレスによる抜け毛の対策法

ストレスが自律神経に影響を与えることで血行が悪くなること、睡眠不足や男性ホルモンの分泌を増やすなどの理由により抜け毛が増えることがわかりました。ストレスは髪の成長にとって良くないことばかり起きるようです。

ストレスによる抜け毛を予防するには、心身がリラックスした状態になるようストレス解消をして、自分で解決できない悩みがあれば人に相談するなどストレスを引き起こす問題を解決する必要があるでしょう。

スポーツや外食、カラオケなど人によってストレス解消法はさまざまですが、なるべく気分良く日頃から生活を送るようにして、ストレスを溜めこまないようにするメンタルも必要でしょう。

スポンサーリンク

春の抜け毛は花粉症も原因に?

帽子女性

春と言えば花粉症に悩まされる人もいるようです。花粉用のマスクが手放せない人も少なくないでしょう。ところがこの花粉も抜け毛の原因になることがあると言われています。なぜ花粉によって抜け毛の症状が引き起こされてしまうのでしょうか。

花粉アレルギーが抜け毛の原因

花粉が皮膚や粘膜、また体内に入ることでアレルギー反応が起きたのが花粉症です。花粉でくしゃみや涙が止まらないなどの症状が出るのは、花粉を排出するための体の防御反応です。

またくしゃみ・鼻水や涙以外にも肌のかゆみもアレルギー反応として考えられます。頭皮のかゆみが起きることも考えられ、かゆみが我慢できなくて掻きむしってしまったりすると、頭皮が傷ついて抜け毛につながることが考えられます。

もともとアレルギー体質の人、また生活が不規則だったり栄養に偏りがある人などが花粉症にかかりやすいと言われています。花粉以外にも抜け毛を起こしやすい要因を持っていると言え、花粉をきっかけに抜け毛が増える可能性があると考えられています。

花粉症の人は円形脱毛症になりやすいと言われています。ストレス、疲労、高熱などがきっかけで発症しやすいので注意が必要です。

花粉症の薬は抜け毛の原因?抜け毛が治る?

市販の花粉症の薬は問題ないようですが、ステロイド剤で炎症を防ぐことができても、抜け毛が増えることがあるとも言われています。ステロイド剤によっては皮脂の分泌が増える薬の成分もあり、それが頭皮に悪い影響を与えるという説もあるようです。

一方、アレルギーの治療薬で円形脱毛症が治る可能性もあるとも言われています。花粉症の薬は抜け毛の原因ではなく、抜け毛を治す薬にもなり得るという説もあります。

花粉による抜け毛対策法

外に出るときは花粉が頭皮に付かないように、帽子をかぶって花粉症対策をしましょう。外出先から帰ったらまず服や体についた花粉を落とし、早めにシャンプーをして頭皮の花粉を落としましょう。また頭皮のかゆみを感じても掻かないようにして、炎症を起こすことのないようにしましょう。

スポンサーリンク

春の抜け毛を防ぐ対策方法

桜と親子

さまざまな原因によって起こりやすいのが春の抜け毛の特徴です。まずは抜け毛の原因となるものを遠ざけるようにし、育毛対策も並行して行う必要があるでしょう。ストレスと花粉の対策を紹介しましたが、さらに日頃の生活で実践できる春の抜け毛対策7つをご紹介します。

栄養バランスの良い食事

無理なダイエットや偏食をしていると、髪に必要な栄養が足りなくなってしまいます。栄養バランスの良い食事を心がけ、健康な髪を育てるようにしましょう。

髪の健康に特に良いとされる栄養素は、髪の材料であるタンパク質、タンパク質から髪が作られるのを助けるビタミンB群や亜鉛などが挙げられます。

他のビタミン、ミネラルも健康な肌と髪を育てるのに必要な栄養素です、不足しないよう肉、魚、大豆、野菜、果物、海藻など、なるべく多くの種類の食品をバランスよく摂取しましょう。

飲酒・喫煙などの生活習慣見直し

アルコールの飲み過ぎは髪の元となるアミノ酸を消費し、ビタミンなど栄養素の吸収を悪くする原因になります。またタバコはビタミンCを破壊し、血管を収縮させ血流が悪くなり、末梢まで栄養が届きにくくなります。

春は飲み会が多いですがアルコールの飲み過ぎには注意を、またタバコはなるべく控えた方が良いと言われています。

睡眠で体を休める

春はストレスを感じやすい季節ですが、ストレスが原因で眠りが浅くなることがあります。睡眠中は髪を健やかに育てる成長ホルモンが分泌されますが、眠りが浅いと成長ホルモンの分泌量が少なくなってしまいます。

お風呂はシャワーより半身浴で体を温めることで、リラックス効果もありよい眠りを誘うそうです。アロマの香りを焚いたり、寝る前は間接照明に切り替えるなど、リラックスして眠れるような工夫をしてみましょう。

ヘアケアの見直し

春先は風が強くほこりっぽいです。気温も湿度も上がり、夏ほどではないですが汗をかきやすい日もあります。何かと汚れやすい春の頭皮はシャンプーでしっかり洗い、毎日のヘアケアで頭皮環境を整えましょう。

ただし洗浄力の強すぎるシャンプーは頭皮が荒れてしまう可能性があるのでNGです。低刺激なシャンプーを選ぶようにしましょう。

シャンプー後に長時間ドライヤーをかけすぎないように、また夜寝るときは髪を乾かしてから寝ることも忘れないようにしましょう。

紫外線対策

春も紫外線量が増える時期です。外にいる時間が長い時は、頭皮に紫外線のダメージを受けないよう、帽子や日傘で紫外線対策をしましょう。帽子は花粉症対策にもなります。

育毛剤・発毛剤で対策

本格的な育毛対策には育毛剤がおすすめされています。抜け毛を予防し、育毛・発毛を促進する効果があります。血行促進作用のある成分や頭皮環境を整える成分が入っており、フケやかゆみも防ぐ効果があります。

すでに毛髪が薄くなり始め、髪の後退が気になっているという人には、医薬品の発毛剤を使った本格的な薄毛対策がおすすめされています。発毛剤には抜け毛予防や育毛効果だけでなく、発毛効果もあります。つむじハゲが目立ってきたという男性にも、発毛が期待できます。

ただし発毛剤は医薬品ですので、使用上の注意を必ず守って使用しましょう。心臓や血圧などに異常がある場合は使用できません。頭皮のかゆみなどの副作用もあるので、育毛剤のように気軽に使えるものではないので注意しましょう。

頭皮マッサージをする

頭皮の血行を良くするためにマッサージもおすすめです。シャンプー前にオイルでマッサージすることで、頭皮の毛穴の汚れも浮き上がらせてすっきりと洗えます。抜け毛予防にも効果があるそうで、頭皮ケアと美髪対策法としてもおすすめされています。

マッサージの方法は両手で頭部をつかむようにし、指の腹を使って頭皮を押し上げるようにします。耳の上や周りから始め、少しずつ頭頂部に向かってマッサージする部分をずらしていきます。育毛剤の後に行うと効果的でしょう。

スポンサーリンク

まとめ

モクレンとショートヘア女性

春は抜け毛の多い季節と言われています。その原因には冬のダメージや気温の上昇、花粉や紫外線による頭皮環境の悪化、新しい生活がスタートする時期で心身ともにストレスを感じやすいことも挙げられます。

春の抜け毛を防ぐためにストレスを溜めないように注意し、自分に合ったストレス解消法でリフレッシュするようにしましょう。

花粉で頭皮の肌がかゆくなり、頭皮のトラブルを招くこともあります。外出時に帽子をかぶるようにし、外から帰った時花粉を落とすようにして、花粉症対策も行いましょう。

その他にも栄養バランスの良い食事や睡眠、喫煙や過度の飲酒を控えるなどの生活習慣の改善、毎日のシャンプーでのヘアケア、紫外線対策を行うことで頭皮環境にも気を遣い、育毛剤や発毛剤などでの育毛・発毛対策をすると良いでしょう。

関連記事としてあわせて参考にしてみてください。

髪の発毛を促進させる食べ物は?摂取すべきビタミンはなに?【育毛・発毛効果のある食事】

AGAの薄毛に豆乳が効果的と言うのは本当か?豆乳がもたらす育毛効果について紹介!

猪毛ブラシを使ったブラッシングのメリット一覧!猪毛ブラシに絡まった髪の毛の手入れの方法も紹介!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク