頭皮の血行促進効果のある育毛剤の成分は?効果的な使い方も紹介!

育毛剤にはいろいろな成分が入っていますが、発毛に関わる成分が血行促進成分です。血流が良くなることで頭皮や髪に栄養が行き渡り、抜け毛・薄毛が改善されると言われています。

抜け毛や薄毛の原因には加齢や栄養不足も考えられますが、血行が悪ければ若い人でも栄養が足りていても抜け毛や薄毛になる可能性があります。

育毛対策に役立つ育毛剤の血行促進成分や使用上の注意点、その他の血行促進・薄毛対策法についても紹介します。薄毛対策の参考にしてください。

スポンサーリンク

血行不良が原因で抜け毛や薄毛に?

白シャツ頭ブロンド女性

抜け毛や薄毛は加齢や遺伝が主な原因で起こりますが、若い人でも頭皮の血行が悪いと髪の成長が悪くなり、抜け毛や薄毛、また白髪になることもあるそうです。頭皮の状態を簡易チェックする方法もありますので、確認してみましょう。

頭皮の血流不足が薄毛を招く?

髪の毛は毛母細胞が分裂して作られます。毛細血管から毛根の毛乳頭細胞が栄養を受け取り、栄養を毛母細胞に渡して指令を与えると毛母細胞が分裂し、角化して髪の毛となっていきます。

髪の毛が成長していくためには、タンパク質などの栄養素が必要です。栄養が不十分でも髪の成長は悪くなりますが、十分に栄養を摂取していたとしても血流が悪ければ毛乳頭が栄養を受け取ることができず、毛母細胞の分裂も活発でなくなります。

髪の成長する時期が短くなりヘアサイクルが短縮されると、抜け毛が増えてM字はげなどのハゲが進行してしまったり、薄毛になってしまいます。また髪の色と関わるメラノサイトの働きも悪化させ、白髪の原因にもなります。

血行が悪いことは髪の成長にとって非常に悪い影響があるようです。

頭皮の色で血行をセルフチェック

頭皮の皮膚の色が青白いと健康な頭皮の色とされています。赤色は頭皮が凝って血行不足か、炎症を起こしている可能性があります。ピンク色は乾燥している状態、茶色は日焼けか乾燥している状態、黄色は血行が悪く肩や首にも凝りの症状が起きている可能性があります。

頭皮の色が赤や黄色の人は、頭皮が血行不良になっている可能性が高いそうです。血行を悪くしている原因に思い当たることはないでしょうか。将来抜け毛や薄毛になりたくない人は頭皮の血行促進のための対策をした方が良いでしょう。

スポンサーリンク

頭皮の血行不良の原因

ヘッドホン男性

頭皮の血流不足は髪の成長を妨げ、抜け毛や薄毛を招くことがわかりました。それでは頭皮の血行が悪くなる原因には、どのようなものがあるのでしょうか。主なものを紹介しますので、心当たりがあれば改善・解消を図りましょう。

運動不足

運動不足は血行が悪くなる原因の一つです。長時間のデスクワークが続いて首や肩が凝ったりすることがあれば、血流が悪くなっている証拠です。通勤や移動が車中心の人も、歩く機会が少なくて運動不足になりやすいです。

ストレス

ストレスは自律神経の交感神経を活発にする作用があります。自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、交感神経が活発になると血管が収縮して血液の流れが悪くなり、酸素や栄養が体に行き渡らず不足しやすくなります。

頭皮の筋肉の衰え

頭頂部から前頭部にかけての部分に帽状腱膜と呼ばれる筋膜があり、頭部の前頭筋、側頭筋、後頭筋という筋肉とつながっています。前頭筋、側頭筋、後頭筋が衰えると帽状腱膜が下へ引き伸ばされ、頭皮が硬くなるそうです。

柔軟性のない頭皮は血流障害が起こりやすいと言われています。育毛剤やマッサージなどでの改善がおすすめされています。

スポンサーリンク

育毛剤の血行促進成分

ビワ

抜け毛・薄毛対策には育毛剤が良いとよく言われます。育毛剤は毎日できるヘアケアとしても人気のアイテムで、血行を良くする効果もあります。育毛剤によく含まれている血行促進成分には、どのようなものがあるのでしょうか。

センブリエキス

センブリエキスは様々な薬用の育毛剤の有効成分として配合されており、非常にメジャーな育毛剤の成分です。男性用育毛剤ならチャップアップ、イクオス、ブブカ、女性用育毛剤ならマイナチュレ、ベルタ育毛剤、花蘭咲(からんさ)などにも入っています。

リンドウ科のセンブリから抽出されたエキスで、古くから胃の薬としても使われていました。センブリエキスに含まれるスウェルチアマリン、スウェルチアニン、スウェルチアノリンなどの成分に血行促進作用があります。

血行促進以外には抗酸化作用、抗炎症作用、抗腫瘍作用、そして毛乳頭細胞の増殖促進作用もあります。血行促進以外にも頭皮環境を整え、毛母細胞活性化作用のある成分まで含まれていることで、さらなる発毛促進効果が期待できます。

ビワの葉エキス

ビワの葉にはアミグダリンというビタミンが含まれており、血液をきれいにしたり、痛み止めや傷を修復する作用があります。

血流を良くする作用以外にも収れん効果や消炎効果もあり、頭皮の血行を良くしながら肌のトラブルを防いで引き締める効果があります。

ニコチン酸アミド

ニコチン酸アミドはナイアシンアミドとも呼ばれるビタミンB群の一種で、男性用のサクセスバイタルチャージ薬用育毛剤や、女性用育毛剤の花蘭咲にも配合されています。

血行を良くする作用以外にも皮膚や粘膜を正常に保ち、肌を健康にする作用があります。ダイエットなどで栄養が不足しがちな人に、サプリメントで摂取することをおすすめされることもあります。

ミノキシジル

医薬品の育毛剤(発毛剤)に使用されている成分で、高い発毛効果があります。元々は高血圧の人のための血管拡張剤として開発されていましたが、血流が良くなったことで発毛の副作用が見られ、後に薄毛治療の薬として開発されるようになりました。

ミノキシジルによる発毛の機序は不明な点も多かったのですが、最近になって髪の成長因子を増殖させる効果もあるということがわかりました。

ミノキシジルは薄毛男性の治療だけでなく女性にも使用されますが、女性の方は男性のものより濃度が薄いものが使用されています。男性型脱毛症(AGA)など壮年性脱毛症には有効ですが、その他の脱毛症(円形脱毛症など)では効果が確認されていません。

心臓や血圧に問題のある人、妊娠中・授乳中の女性は使用できず、頭皮のかゆみやかぶれ、多毛症、動悸や頭痛などの副作用も報告されていますので、使用する際は注意が必要です。

スポンサーリンク

育毛剤の使用法と注意点

森頭茶髪女性

血行促進作用のある育毛剤を使えば抜け毛予防やハゲ対策になるのかというと、必ずしもそうではありません。使い方を誤れば逆効果にもなります。育毛剤を選ぶ時に気をつける点や、正しい使い方、使用上の注意も確認しておきましょう。

育毛剤を選ぶ時の注意

薄毛対策、ハゲ対策としてもおすすめされる育毛剤ですが、自分に合った育毛剤を使用しないと効果が薄れるどころか頭皮環境を悪くする可能性もあります。

多くの種類の育毛剤がありますが、自分に合った育毛剤を選ぶポイントとして男性用の育毛剤か女性用のものであるかということが挙げられます。

育毛剤には血行促進作用以外にもさまざまな効果のある成分が入っていますが、男性用の育毛剤では男性ホルモンを抑制する成分や、男性に多い脂性肌の頭皮に対応した皮脂分泌をコントロールする成分や、清涼感のある成分が入っています。

女性用の育毛剤は美容液のような保湿効果の高い成分、加齢や出産後の女性ホルモンの減少を補う成分が入っています。女性に多い敏感肌やアトピー肌の人でも使いやすいものもあります。男性用は男性、女性用は女性が使うのがおすすめです。

男女兼用の育毛剤もありますが、血行促進成分や毛母細胞活性化成分などの育毛成分以外の成分にも注意しましょう。特にアレルギーのある人、アルコールや清涼感のある成分が苦手な人は気をつけてください。肌に優しい天然由来成分かどうかにも注目してみましょう。

育毛剤の購入の際には男性用か女性用か、配合されている成分に気をつけた上で、人気だけでなく口コミレビューなども確認し、使用感や効果があったのかも確認してから購入する良いでしょう。

育毛剤の使用が向いている人

育毛剤は薄毛予防や毛髪量が少し減ってきたと感じる人、薄毛が気になり始めた人に向いています。すでに髪がかなり後退していたりハゲの進行が見られる場合は育毛剤のみでは改善が難しいです。

医薬品の育毛剤(発毛剤)は高い発毛効果が認められており、頭頂部や生え際など生えなくなっていたところにも発毛する可能性が高いです。副作用もあるので、使用上の注意をよく確認の上使ってください。

ただし髪の後退がかなり進んでいる状態だったり、脱毛症の種類によっては、医薬品の育毛剤(発毛剤)だけでは改善が難しくなってきます。薄毛治療専門の皮膚科で相談したり、その他の増毛などの対策を検討することをおすすめします。

育毛剤の使用方法

育毛剤の成分の効果を高めるために、育毛剤は髪や頭皮が清潔な状態の時に使いましょう。各育毛剤によって使い方は異なりますが、シャンプー後髪を乾燥させてから使うのが一般的です。

育毛剤を適量塗布したら、マッサージをして血行を良くしましょう。頭皮をマッサージすることで育毛剤の血行促進作用をさらに高めます。

頭皮マッサージの方法

ゴシゴシ擦るようなマッサージは頭皮を傷つける恐れがあるので避けましょう。頭全体をつかむように両手を頭部において、指の腹を使って頭皮を下から頭頂部に向かって押し上げるようにします。

耳の上から頭頂部、おでこの生え際から頭頂部、後頭部から頭頂部へと頭皮を動かすようにします。円を描くように上下左右に頭皮を動かしてもいいでしょう。あまり力を入れ過ぎないようにしてください。

血流を良くするツボの百会や風池、天柱などを押すのも効果的です。マッサージはやり過ぎも良くないようです、5分程度で留めておきましょう。

育毛剤を使用する際の注意点

髪の毛にはヘアサイクルがあり、健康な髪で2~6年の成長期、2週間の退行期、3か月の休止期があります。休止期は髪の成長が止まり自然脱毛して次の成長期が来るのを待ってる時期です。

育毛剤を使うことで休止状態だった髪がすぐに生えてくるわけではなく、毎日血行促進することで半年や1年かけて徐々に効果が現われてくるそうです。医薬品の育毛剤でも同様です。

1か月使ったぐらいでは効果が実感できるものではありませんので、初めは効果が目に見えて現われなくても、継続して使用するようにしましょう。

育毛剤の効果を損なう生活習慣

育毛剤とマッサージを毎日実践しても、全身の血行が悪ければ育毛剤の血行促進効果を損なってしまいます。運動不足は全身の血流を悪くするので注意しましょう。たばこに含まれるニコチンも血管を収縮し、血流を悪くします。

睡眠不足は髪を育てる成長ホルモンの分泌量を減らし、血流を悪くします。また栄養不足は髪の材料が不足するため、血行が良くなったとしても健康な髪の成長を阻害します。

誤ったヘアケアも頭皮環境を悪化させ、炎症や抜け毛の原因に、また乾燥した頭皮は弾力性がなく、血流が悪くなる可能性もあります。

スポンサーリンク

育毛剤以外の血行改善・薄毛対策方法

アボカドと葉

頭皮の血行を促進するには育毛剤の使用やマッサージ以外にも、血流を改善する食事や有酸素運動をすることで可能です。育毛剤の継続使用と並行して行える血行改善方法と薄毛対策の方法をいくつか紹介します。

栄養バランスの良い食事

髪の毛はタンパク質が主成分ですが、多くの種類のアミノ酸から生成されます。体内で合成できるアミノ酸もありますが、食品からでしか摂取できないアミノ酸もあります。肉や魚、卵や大豆など、タンパク質を含む食品をバランス良く摂取しましょう。

また髪の毛が作られるにはビタミンやミネラルの力も必要です。特にビタミンB群や亜鉛は髪の成長に必要とされています。積極的に摂取しましょう。

血行を促進する栄養素の摂取

血流を良くする栄養素には育毛剤の血行促進成分として紹介したナイアシン(ニコチン酸)以外にも、ビタミンC、ビタミンB1、パントテン酸、ビタミンEなどがあります。食品から摂取できますが、育毛剤や育毛サプリにも配合されています。

ナイアシン(ニコチン酸)は牛や豚のレバー、卵、まぐろやかつお、玄米などに多く含まれています。

ビタミンCはキウイやブロッコリーなどの果物や野菜に含まれています。血行を良くして疲労回復にも効果があります。肌の弾力性を高めるコラーゲンの生成にも関わっています。

ビタミンB1は糖質を分解して体内に必要な栄養素を作ります。ビタミンB2やナイアシンとの相乗効果で疲労を回復し、血行を促進、自律神経を調整する作用があります。豚肉や胚芽米、卵黄、大豆などに多く含まれています。

パントテン酸は余分なコレステロールを回収し、動脈硬化、心筋梗塞の予防になると言われています。血行を促進し、ストレス、疲労、アレルギーを改善する作用があります。レバーや卵黄、大豆に多く含まれています。

ビタミンEは血行を良くする作用以外にも、老化を予防する抗酸化作用があります。アボカド、かぼちゃ、うなぎなどの魚介類に多く含まれています。

規則正しい生活

睡眠中には髪を育てる成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンが多く分泌されるには、眠り始めてから3時間後に深い眠りであることが必要なのだそうです。

深夜遅くまでテレビやPC、スマホの画面を見ているとぐっすり眠るのが難しいようです。一般的なお仕事の時間帯に合わせて睡眠時間も確保するとなると、夜の12時までには寝るようにすると良さそうです。

有酸素運動

有酸素運動は血流を改善し、代謝を良くする効果があります。ジョギング、ウォーキング、水泳、自転車など、週に2、3回でも良いので運動不足の人は定期的に行うことを意識してみましょう。

体に負荷をかけすぎると老化を招く活性酸素を発生させる可能性があります、疲労がたまらない程度の運動から始めてみましょう。

シャンプー

頭皮の皮脂や雑菌、紫外線や乾燥した空気の影響などによって、頭皮がデリケートな状態になり、炎症を起こすこともあります。頭皮の肌のタイプに合わせたシャンプーでのヘアケア対策をするようにしましょう。

皮脂分泌が多い人は、肌に優しい素材の脂性肌用のシャンプーを使い、週2回は頭皮環境改善のために頭皮ケアシャンプーをして、皮脂汚れをすっきりと洗い流しましょう。

乾燥肌の人は乾燥肌用のアミノ酸系シャンプーがおすすめです。乾燥する季節や紫外線を浴びた後は、頭皮用の美容液などでうるおいを与えましょう。

シャンプーでも育毛対策したい人は、育毛成分配合の育毛シャンプーがおすすめです。商品ページのレビューなども参考に、肌のタイプに合ったものを選びましょう。

シャンプーは1日1回、朝よりは夜のうちに汚れを落とすのがおすすめです。シャンプーの仕上げに冷水シャワーを使うと血行を促進する効果があると言われています。

スポンサーリンク

まとめ

ペアルックのカップル

髪の毛はタンパク質が主成分ですが、血行が悪いと食品から摂取したタンパク質が十分に髪の材料として使われなくなってしまいます。血行と髪の成長には深い関係があります。

血行を改善して育毛対策をする方法として、育毛剤の使用がおすすめです。育毛剤とマッサージによって頭皮を血行促進し、毛乳頭や毛母細胞に栄養が行き渡ることで抜け毛や薄毛が改善され、健康な髪が成長する発毛促進効果が期待できます。

しかし誤った育毛剤選びや使用方法をすることで、効果が見られなかったり頭皮環境を悪化させてしまう可能性もあります。自分に合った育毛剤を選び、マッサージと併せて正しい使い方をするようにしましょう。

育毛剤と並行して血行改善効果のある栄養素を積極的に摂取したり、有酸素運動をすることもおすすめです。薄毛を予防し健康な髪を育てるためには、頭皮の血行を良くすることを日頃から意識することが重要です。

関連記事としてこちらの記事もあわせて参考にしてみてください。

猪毛ブラシを使ったブラッシングのメリット一覧!猪毛ブラシに絡まった髪の毛の手入れの方法も紹介!

発毛を促す効果的なマッサージの方法は?頭皮マッサージをマスターしてM字ハゲを改善しよう!

頭皮の血行が悪くなる原因と対策方法を知ろう!生活習慣と食生活の改善について!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク