薄毛を隠したい人におすすめの方法を紹介!スプレーやパウダーを使った薄毛の隠し方!

薄毛を隠す方法にはいろいろな方法があります。髪型や帽子、スカーフで隠す方法もありますが、アイテムを使って実際に発毛したかのように見せる方法もあります。薄毛隠しには手軽に使える増毛パウダー、増毛スプレー、ヘアファンデーションやコンシーラー、かつら・ウィッグ、また増毛法という選択肢もあります。

こちらの記事では薄毛隠しに使えるアイテムや増毛法について、それらの使用方法や特徴を紹介していきます。

スポンサーリンク

増毛パウダー

親子

薄毛隠しのアイテムである増毛パウダーは、俗にふりかけとも言われています。

ボリュームが薄くなってきた頭頂部にふりかけるだけで、髪がボリュームアップしたように見える便利なものです。

増毛パウダーとは

増毛パウダーは植物繊維が成分のパウダーです。粉状の繊維が静電気で髪の毛1本1本に付着しすることで髪が太くなり、髪のボリュームが増えたように見えます。男性でも女性でも使うことができます。増毛粉パウダーが髪の毛に付着することで髪がボリュームアップしたように見えるので、髪がはげあがって毛がまったく生えていない状態では使用することができません。

増毛パウダーは長年使われていますが、以前はパウダーが取れてきてしまったり、雨で流れてしまったなどという話もよく聞かれました。商品にもよりますが、最近は雨や風にも強いタイプのものもあります。自分が必要としている機能があるかどうかよく確認の上、商品を購入しましょう。

インターネットで購入すれば、他人に気づかれず使用することができます。商品ページを見ると、発送予定は注文してから休業日を除いて2、3日以内となっているショップが多いです。すぐに入手したい人は、営業日も確認、休業日になると発送が次の営業日になるので、早く手に入れたい時は気をつけて、早めに注文をしましょう。すぐに発送してくれるところが多いので、なくなりそうになってもすぐに入手できるので安心です。また送料無料のものもありますので、同じ商品であれば各ページを見比べて、トータルで価格が低いものを選ぶと良いでしょう。

増毛パウダーの使用方法

増毛パウダーの使用方法は各製品によって異なりますが、ここでは一般的な増毛パウダーの使用方法を紹介します。パウダーが衣服につく可能性があるので、衣服につかないようケープやタオルを巻いてから使用します。

・気になるところに増毛パウダーを適量ふりかけます。

・ブラシやコームを使ってなじませます。

・仕上げに専用のミスト、スプレーをかけてパウダーを定着させます。ミストが不要なパウダーもあります。

使用上の注意点はパウダーをかけ過ぎたり、仕上げのミスト、スプレーをかけ過ぎないようにすることです。手順は簡単ですが、自分に合った適量と自然な仕上がりができるようになるまで時間がかかることもありそうです。

また頭頂部、後頭部は自分では見えづらい場所なので、適当に使用すると不自然な仕上がりになる可能性もあります。鏡を使って仕上がりをチェックしましょう。

ヘアスプレーでも固めることはできるようですが、増毛パウダーとの相性と定着力から考えても、専用のセットスプレーやミストを使った方が良いでしょう。

シャンプーで落とす

水や汗に強いタイプでも、シャンプーで落とすことができます。増毛パウダーをつけたまま寝ると寝具を汚す上頭皮にも負担がかかるので、寝る前に落としましょう。

マジックパウダー

マジックパウダーは手ごろな価格で、毛髪量をアップさせ、かつ地肌も目立たなくなるとレビューでも好評の増毛パウダーです。5色展開で地毛の色に合ったものを選ぶことができます。養毛剤との併用が可能なことと、パウダーが衣服についても手ではらうことができるのが便利です。

つむじはげ

増毛パウダーは特に頭頂部、後頭部の薄毛、つむじはげにおすすめです。薄毛治療のためクリニックに通っても、数カ月は髪が生えてくるのを待つことになります。

薄毛治療の効果が出るまでは増毛パウダーで自然にハゲができている部分を隠し、ストレスなく治療を並行して行うことができるのもメリットです。

円形脱毛症

急性の脱毛症である円形脱毛症は、発毛剤ではあまり効果がありません。

増毛パウダーを使ってはげてしまった部分を隠しながら、円形脱毛症が完治するのを待つということも可能です。

白髪隠し・白髪用

増毛パウダーの中には白髪隠しも兼ねているものもあります。元の白髪を活かしたければ白いカラーの増毛パウダーもあります。

髪のボリュームもカラーも手軽に好きなようにデザインできるところも、増毛パウダーの良いところです。

育毛剤との併用

男性用育毛剤や女性用育毛剤との併用は、使っても大丈夫だとも頭皮への負担になるので避けた方が良いとも言われています。治療で育毛剤、発毛剤を使用している場合は、専門家である医師に相談しましょう。

増毛パウダーを使用した後に育毛剤を使用すると、育毛剤の成分が頭皮に入っていかなくなるので、育毛剤を使用する場合は増毛パウダーを使用する前にしましょう。増毛パウダーは濡れた髪には使えないので、育毛剤後忘れずにドライヤーで乾かしましょう。

スポンサーリンク

増毛スプレー

頭に手女性

増毛スプレーは増毛パウダーの手間を省き、スプレーのみで髪の増毛・定着をはかるものです。増毛パウダーのメリットはそのままに、スプレーのみで仕上げられるという手軽さが男性にも女性にも人気です。

耐水性増毛スプレー・増毛剤もあり雨の降る日も安心です。薄毛隠しに人気の増毛スプレーの使用方法や、その効果について紹介していきます。

増毛スプレーとは

スプレータイプの増毛剤である増毛スプレーは、増毛パウダーと同様に植物繊維を髪の毛に付着させて、髪を太く多く見せてボリュームアップさせるスプレーです。増毛パウダー同様に増毛力があります。パウダータイプと異なる点は、パウダーとスプレーの両方を使う必要がないところです。また増毛パウダー同様シャンプーで洗い流せ、入手方法もインターネット、ドラッグストアですぐに購入できます。価格も1,000円台のものが多く、手軽に使えリーズナブルということで人気です。

デメリットをあげるとスプレー独特の使いにくさにあるようです。パウダータイプのように直接頭皮につけるのではなく、離れたところからスプレーをすることで、かえって使いにくいと感じる人も少なくないようです。使用感は個人差があるので、実際使ってみないと合う、合わないかはわからないところもあります。増毛パウダーもスプレーも高額なものではないので、おためしで一度使ってみて、使いやすい方を選ぶということもできます。

増毛スプレーの使用方法

増毛スプレーも各商品によって使い方が異なりますが、一般的な使用方法を紹介します。まず衣服が汚れないようケープやタオルで肩や首をカバーします。スプレーは飛び散りやすいので、洗面台で使う場合飛び散っても大丈夫なよう、汚れてほしくないものを片づけるなり注意してください。

・髪の量が少なめな人は、髪を分けた分け目を中心に、髪が多めの人は髪を小分けにして手で少しずつ持ち上げます。

・髪から15cmほど離したところから増毛スプレーを吹き付けます。上下左右に動かしながら少しずつスプレーします。

・髪の気になるところのスプレーを終えたら、ドライヤーで乾かします。

・希望のスタイルになるまで繰り返します。

1か所にスプレーをかけすぎないよう注意してください。またスプレーを希望の箇所にピンポイントであてるのに、慣れが必要かもしれせん。適量やスプレー法を覚えて、慣れるまでは自然に仕上がるよう慎重にセットしましょう。

増毛スプレーの効果

増毛スプレーは髪が増えたように見せる効果があるのは当然ですが、中には育毛効果、UVカット効果、保湿効果がある商品もあります。

雨の日も安心して使いたい人は、耐水増毛スプレー・増毛剤がおすすめです。各商品の特徴はそれぞれ異なります。特徴をよく確認してから購入しましょう。

おすすめ増毛スプレー

いろいろな増毛スプレーがありますが、QZ増毛スプレー・増毛スプレーピノーレV・マッシーニクイックヘアカバースプレー・V-upボリュームアップヘアスプレーなどが人気です。

スプレーのレビューを見るとメリットはスプレー式だと手軽で使いやすいこと、デメリットは洗面所が汚れてしまうことと髪にツヤがないところのようです。色はブラック、ダークブラウン、ライトブラウン、ホワイトなどありますが、自然なブラックやダークブラウンが人気のようです。

QZ増毛スプレー

QZ増毛スプレーは増毛効果はもちろん、育毛効果や脱毛予防、かゆみにも効きます。耐水増毛スプレーでもあり、雨や汗にも強いという特徴があります。

薄毛、増毛専門店リアンドゥ比較でも他の商品を抜いて、口コミ人気でトップの大人気増毛スプレーです。効果が高い分価格も4,000円台と、他のリーズナブルな増毛スプレーに比べ高くなっています。

女性用増毛スプレー

女性の薄毛対策に、マッシーニレディクイックヘアカバースプレー、レディーストップシェードスプレーウィッグなど、女性用の増毛スプレーもあります。

細い髪をボリュームアップし白髪カバーもできます。女性用増毛スプレーはパッケージが女性らしく、普通のスタイリング剤のようなデザインが特徴です。女性向けということもあり、美容成分が配合されていてツヤのある仕上がりになります。

スポンサーリンク

ヘアファンデーション

パウダー

ヘアファンデーションはメイク感覚で使える薄毛隠し、白髪隠しのアイテムとして、女性に人気があります。

普通のファンデーションと同様、コンパクトタイプでスポンジにとって髪の気になる部分を隠します。ヘアファンデーションにはどんな特徴があるのか見てみましょう。

薄毛隠し

ヘアファンデーションで薄毛隠しをすることができます。髪の気になる部分、生え際や分け目、頭頂部の薄毛を隠すことができます。

伸びてきたところだけをいちいち染めるのは大変ですが、ヘアファンデーションだと手軽にお直しできるので簡単です。コンシーラータイプもありますが、コンパクトタイプの方がカバー力があるようです。

白髪隠し

ヘアファンデーションで気になる白髪も隠すことができます。若い女性でも出産や体調によって少し白髪が出てしまうことがあります。

そんな時にファンデーションで白髪の部分だけパフを使って塗れば簡単に白髪のカバーができます。

ヘアファンデーションの口コミ

ヘアファンデーションは髪の気になる部分に外出先でもパフでサッと塗ることができる手軽さが人気です。口コミを見てもカバー力もあり、使いやすいと評判が高いようです。

ただパフでだと広い範囲に塗るのには適しているけれど、細かいところまで塗るのが難しいようです。パフで塗りにくいときは、ヘアファンデーションをチップや筆にとってカバーしましょう。

スポンサーリンク

かつら・増毛法

ブロンドかつら増毛剤やヘアファンデーションに比べるとコストは高いですが、より自然に薄毛を隠すかつら・ウィッグや、増毛法も気になります。それぞれの特徴についてまとめました。

かつら・ウィッグ

薄毛を隠すために、またファッションとして髪型を変えたい時に手軽に使えるのがかつらです。かつらとウィッグは同じものを指しますが、ファッション性の高いもの、女性用のかつらは特にウィッグと呼ぶことが多いです。最近では男性用の薄毛隠しのかつらもメンズウィッグと呼ばれたりします。

かつら・ウィッグは髪全体を隠すフルウィッグタイプのものもあれば、部分かつら、地毛となじませて薄毛をカバーするボリュームアップタイプのものなどいろいろあります。増毛パウダーや増毛スプレーが頭頂部の薄毛や円形脱毛症などある程度限定されてしまいますが、かつらだとあらゆるタイプの薄毛の人に対応できます。

価格はポイントウィッグなどで2,000円台から、オーダーメイドで20万円ぐらいのものなど、さまざまです。

人毛ウィッグ

ウィッグには人毛で作られたウィッグ、人工毛(繊維)で作られたウィッグ、人毛と人工毛のミックスのウィッグもあります。

人毛ウィッグは見た目も手触りも自然で、ドライヤーやヘアアイロンを使うこともできます。人工毛に比べると価格が高くなり、使用を続けると退色することがあります。

医療用ウィッグ

医療用ウィッグは抗ガン剤治療などで脱毛症状が起きた人向けに着用するウィッグです。

治療中ということもあり頭皮がデリケートになっていることも考慮され、ウィッグの内側部分の素材にも気を遣って作られ、かつ自然な仕上がりとなっています。

円形脱毛用ウィッグ

円形脱毛症ははげている部分が1、2か所であれば部分ウィッグを使うことでも解消できますが、円形脱毛用ウィッグもあります。

接着タイプのものはつけているのを忘れるぐらい使い心地も良いようです。人毛タイプだと自毛ともなじみ、周囲から見ても自然です。

増毛法

増毛法とは、元々ある髪の毛に髪を編んだり人工毛を接着することによって髪を増やす、本格増毛方法です。本当に発毛したかのような自然な仕上がりが特徴です。特に男性利用者が多いイメージですが、男性用サロン、女性用サロンもあり、女性でも利用しやすい環境も整っています。

増毛法の良いところはかつらと異なり水泳やスポーツもできるところです。装着したまま髪を洗うこともできます。髪の毛が伸びてくるとメンテナンスも必要になります。価格に関しては増毛本数や範囲、メンテナンスの回数など人それぞれなので一概には言えませんが、年間10万~20万円台かかるとも言われています。

増毛方法

増毛方法は各メーカーによって異なります。

アデランスは地毛に人工毛、または人毛を結びつける方法、100~200本の髪の束を地毛に結びつける方法、人工毛を編み込んだひも状の素材、またはネットを地肌につけていく方法、人工毛を植え込んだシートを地肌に接着していく方法などいろいろな増毛方法を提供しています。

スヴェンソンで行われている増毛方法は編み込み式増毛法です。編み込み式増毛法は、糸を編み込んで土台を作り、人工毛を編み込んでいく増毛法です。髪の毛に人工毛を編み込む方法とは異なりますので、髪に負担がかからないとされています。

スポンサーリンク

まとめ

巻き髪女性

薄毛隠しの増毛方法をいろいろ見てきました。手軽に購入できる増毛パウダー、増毛スプレーは頭頂部や分け目の薄毛に使いやすいです。使い方に慣れれば毎朝のスタイリングの一部として続けられます。増毛だけでなく育毛効果やUVカット、風や雨に強いものなど各商品によって特徴があるので、よく確認してから使用するのがおすすめです。またお化粧感覚でできるヘアファンデーションは、生え際を自然にカバーできて、外出先でのお直しもしやすいです。

ウィッグにはいろいろな種類があり、薄毛の症状によって合ったものを選ぶことができます。また増毛法はメンテナンスもありコストがかかりますが、自分の本当の髪の毛のように自然、水泳もお風呂も大丈夫というところが大きなメリットです。

関連記事としてこちらも合わせて読んでおきましょう。

【チェック項目あり】あなたは何個当てはまる?男女別、近い将来ハゲやすい人の特徴25個!

ウィッグの手入れ方法を紹介!シャンプーの仕方や保管方法、専用のケア製品について!

髪の毛を増やす方法は?男女別原因別の対策方法を紹介!