マープ増毛を詳しく紹介!種類や施術方法、メリット・デメリットを知ろう!

薄毛や抜け毛、そしてハゲを解決する方法としてはアートネイチャーなどを有効活用することも選択肢としては有効となっております。アートネイチャーではお試し無料体験などでヘアチェックなども行っており育毛トライアルコースも気になるところでしょう。

しかし、その中でも気になるのがマープ増毛法になります。宣伝でもよく出てきますが、いったいどのようなやり方でどのような効果があるのでしょうか。メリットやデメリットと合わせて確認していきましょう。

スポンサーリンク

マープ増毛法っていったい何?

56a50fea198697f7d67c6884e82fda03_s

マープ増毛法とはアートネイチャーが自社で開発した特殊な増毛方法で、1984年には基礎は完成していたといわれております。この技法をシンプルに開設すると、自毛の根本に人工毛を結び付けるというやり方です。いわゆる増毛商品と思っていただけるとわかりやすいでしょう。

2017年現在ではこのマープ増毛法は5つのカテゴリーあります。それは、マープナチュレ・マープトレン・マープライブ・マープソニック・マープクロスなのですがそれぞれ特徴があるので一つずつ解説していきます。

マープナチュレについて

マープナチュレとは極細人工毛を自毛に結び付ける増毛法の一つで、自毛1本に2本つけるシングル、4本つけるダブル、6本つけるトリプルに分かれております。生え際などに使われることが多いのがシングルで、場所を選ばないのがダブル、頭皮が透けて見えて薄毛が特に気になる部位にはトリプルとなるでしょう。

簡単なメリットは増毛本数を選ばない特徴があるので気になる部分をピンポイントに補強することができるということでしょう。デメリットは1本ずつ専門家が結ぶという作業になるので、一回で大量に作業を頼むことができないということです。

仕上がりも自然になることが多いので薄毛対策として重宝され、ボリュームを気にしている人も満足しているようです。つむじが気になるとか分け目が気になるという人にお勧めでしょう。

マープトレンについて

マープナチュレが極細人工毛を使うやり方でしたが、こちらはハリがある太めの人工毛を使って増毛するやり方となっています。マープ増毛のやり方は自毛に結び付けることなので、その部分は変わっていません。コシがある髪質を手に入れたい方向けです。

また、結び付ける方法はシングルとダブルに分かれており、シングルは自毛1本につき2本、ダブルは自毛1本につき4本ほど結び付けます。こちらはトリプルが存在しません。太い毛を使いますので、トリプルはないのでしょう。

メリットとデメリットですが、ボリュームアップ効果がすごいということがメリットで、生え際や薄毛が進んでいる部位のような、髪の毛質が低下して細くなっている場所には使いにくいということがデメリットです。

マープライブについて

マープラーブはミクロポイント増毛法ともいわれており、断面がクローバー型という特殊な人工毛を自毛に結び付けるというちょっと特殊なマープ増毛法となっております。こちらもシングル・ダブル・トリプルに分かれており、2本・4本・6本と自毛1本に結び付けるものとなっているようです。

最大のメリットは1時間で最大1000本というスピードで増毛ができるということです。1日で最大限の効果を得たいという方にはお勧めでしょう。クローバー構造の人工毛は特殊な形状ではありますが、ボリューム感がかなりあるので1000本だとかなりの量と感じるでしょう。

デメリットはハリがあって太い人工毛を使うマープトレンと同じく薄毛となっている部分、つまり髪質が弱くなってしまった箇所には向いていないということです。結ぶことが困難なのでしょう。

マープソニックについて

マープソニック自毛が少ない箇所にも毛流れを作りながら自然に増やすことができる特殊な増毛法です。人工毛をくっつけた透明なライン状の素材を自毛に結び付けることでこれらの特徴が生まれているのですが、マープナチュレやマープトレンとの併用も可能なので一気に増毛できます。

メリットは自毛が少なくなっている部分にも増毛ができるということでしょう。1時間に2000本もの増毛が可能となっていますので、スピード体験をしたい人にもお勧めです。

マープクロスについて

最後にマープクロスについて解説します。これは人工毛を癒着した透明なライン上の素材を等間隔のポイントで自毛に結び付けながら増やすという方法です。こちらもマープナチュレやマープトレンと併用ができるようになっております。

マープクロスは自毛がわずかな部分でも増毛ができるようになり、マープソニックよりももっと髪の毛を増やしたいという方にお勧めとなっております。生え際のような1列に並ぶ形の増毛は出来ないといわれておりますが、自毛がわずかになっている人にとって最大の方法といえるかもしれません。

つむじや分け目の薄毛が気になる人たちでも集中的にケアをすることができますし、白髪ヘアにも増毛ができるということから、あらゆるタイプの方々の頭皮環境及び毛髪環境に適応する能力があるといえるでしょう。

共通的な特徴

マープ増毛法の特徴はアートネイチャーでもいろいろと紹介しているのですが、その中でも特徴についてまとめているので、そこの説明に言葉による追加説明を加えて解説します。

基本的にこのマープ増毛法の特徴はどの種類であったとしても、汗や頭皮の蒸れ・引っ張りなどの刺激・雨やシャワーなどの水濡れ・ドライヤーなどの熱に強く簡単に取れるようなものではありません。抜けにくく切れにくいので耐久性は高めとなっております。

これは髪に結び付けるというやり方をしている利点なのですが、普通のカツラのように何らかの衝撃などでばれるということはないようです。増毛法で心配していることといえばやっぱり増毛しているということがばれてしまうことでしょう。それがわかりにくいというのは大切になってきます。

初回無料体験や無料ヘアチェックを使おう

マープ増毛法はいろんなやり方がありますがどのような増毛法を選ぶかによって料金は異なりますし、本数が少なくても料金が高めになってしまう人だっています。つまり、個人差があるのでアートネイチャーでヘアチェックをしてもらって状況確認をしないと料金がわからないのです。

人によっては目標とする髪型を入手するためにかなりの金額がかかってしまうこともありますが、そのような人たちこそ初回無料体験コースを使ってどのような形なるのかを試してみるといいでしょう。

施術の流れについて

マープ増毛法を実際に試してみようと思っている方々のために、一連の流れについて解説します。状況次第では変わってくるかもしれませんが、一様の流れはある程度決まっておりますので参考にしてください。

まずは、アートネイチャーの毛髪診断士に希望するコースを相談し、適切な増毛プランは何なのかの確認を行います。髪質や状況次第ではマープ増毛法ではなくDM無料密度体験やヘアフォーライフなどのやり方を勧められることもあるでしょう。

そこで相談をしつつ、毛髪サンプルを選びながらその人の髪質や色をチェックして最適な人工毛を選びます。人によって髪質は大きく異なりますので、この部分は非常に重要になります。人工毛が浮いてしまう心配もあると思いますが、毛髪診断士の人が丁寧に案内して見つけ出してくれるので安心です。

その後は手作業で増毛施術を行います。アートネイチャー独自の技術となっておりますが、完成されつつある技法ですので仕上がりは抜群でしょう。増毛施術が終わったのなら、自然に見えるようにスタイリストがカット及びスタイリングをしてくれます。いわゆる仕上げというやつです。

このようにマープ増毛法は独自の技術ではありながら、一連の流れは他社と大きな違いがあるというわけではありませんので、そこまで気にする必要はないでしょう。

スポンサーリンク

ヘアフォーライフや育毛とは違う

538186aa2177a5d04448ed687fe29d4f_s

マープ増毛法のやり方を理解していただくとヘアフォーライフや育毛とは違うということがわかっていただけると思います。まれにヘアフォーライフと混同する方もいますが、これはどちらかというとカツラに近いものがあるので、マープ増毛とは違うのです。

ヘアフォーライフは頭皮に張り付けるタイプの増毛法です。特殊な人口皮膜を作って接着させるというやり方なのですが、着脱する必要がないカツラだと思ってください。

ただし、どちらもヘアフォーライフ無料体験や、特殊な育毛トライアルコースなどのちょっとした特殊サービスを行っていますので、薄毛の改善方法で迷っている方はすべてお試ししてみるというのも正解といえるでしょう。基本的にお試し体験はヘアチェック体験をすることになるので、自分の髪や頭皮の状態を教えてもらうのも大切なものとなります。

育毛コースには育毛コースの、ヘアフォーライフにはヘアフォーライフのメリットがありますので、気になる方はそれもカウンセリング時に確認するといいでしょう。人気のあるなしも教えてくれるかもしれません。

スポンサーリンク

マープ増毛のメリットとデメリットを理解する

cae88f8aa7ea4c8478a0a96d4fbae72f_s

増毛は薄毛や抜けが気になる人たちの救世主ともなる方法ではありますが、もちろん、メリットとデメリットというものが存在しているので、それを理解しないで挑むのはちょっと危険といえるでしょう。

そのため、まずはどのようなメリットとデメリットがあるのかを理解してください。

メリットについて

まずはメリットについてまとめていきます。今までの説明である程度予測されているであろうメリットもありますが、それ以外のものも確実に含まれておりますので、必ず確認していってください。

短期間で結果を得やすい

かつらも短期間で増毛の結果を得る方法ではありますが、マープ増毛法の技術も日々進化しているので、たかだか数時間程度の施術で数千本の髪の毛を増やすことができるようになりました。そのため、かなりの短期間で結果を得られるようになったのです。昔は何度も通う必要がありましたが、これはありがたいメリットといえるでしょう。

もちろん、この増毛方法で増やしたい箇所が多すぎる場合は1回の施術では終わらないでしょうが、数千本も増やすことが可能なので薄毛がちょっと気になってきたという方や抜け毛がちょっと増えてきた程度の方々なら早急対応が可能でしょう。

装着することがない

カツラの場合は頭皮を締め付けるものもありますし、ウィッグも取り外しは簡単ですが、違和感を覚えることが多々あります。しかも、これらの装着型タイプのものはちょっとした衝撃で外れることなども多いですし、突発的な天候不良などにすこぶる弱いので、外れることも多々あります。

そのため、それらの環境に身を置くと装着型のカツラなどは頭頂部が気になって仕方ないのです。集中力もおろそかになってしまうことでしょう。しかし、このマープ増毛は自毛に結いつけるというやり方なので違和感がありません。通気性も非常に良いですし蒸れることもないでしょう。

違和感なく増やすこともできる

増やし方次第のところもありますが、この増毛法ならば違和感なく増やすこともできます。それこそ、できる限り早く成果を得たいということで数千本を1日で増やしてしまった人は、増毛前と増毛後で大きな差ができるのでばれてしまうでしょうが、毎月300本ずつなどの決まった本数をじっくりと増やしていけばばれにくいでしょう。

マープ増毛法は1本の自毛にどれだけの本数を結び付けるかも選べますので、生え際なら2本増やすようにするとか、ちょっと気になるところは6本増やすようにするなどの選択をすれば、さらに目立ちにくくなるでしょう。

通常と変わらない生活を送れる

マープ増毛法の特徴を一度記載しました。もう一度おさらいすると、マープ増毛法はどの種類であったとしても、汗や頭皮の蒸れ・引っ張りなどの刺激・雨やシャワーなどの水濡れ・ドライヤーなどの熱に強く簡単に取れるようなものではないというものがあります。

つまり、何が言いたいのかというとあらゆる自然現象に対して強く、濡れることも問題ない状態になっているので、普段と変わらない生活ができるということです。シャンプーなども当たり前のように使うことができるでしょう。いくつかの注意点は付随されますが、プールなどの水場も問題ないですしスポーツだって余裕でこなせます。

趣味がスポーツ系の方でよくシャワーを浴びるという人はこの増毛法を実践したことでライフスタイルが変わらないのは大きなメリットといえるのではないでしょうか。施術前でも後でも同じような生活をすることができます。

身体的リスクがほとんどない

これは植毛と比べると大きな利点といえるでしょう。植毛は体外物質を頭皮内に植え付けるという作業が必要になりますので、人によっては拒絶反応などが出るようになり炎症といったトラブルが多発してしまって断念する方もいます。しかし、マープ増毛法はあくまで自毛に結び付けるという作業のため、拒絶反応などは出ません。

植毛は最悪のケースだと外敵と判断されてしまうことがあり、薄毛を加速させてしまうこともあるのですが、そのような刺激と判断されないことは利点といえるのではないでしょうか。

デメリットについて

次にデメリットについてです。このデメリットを理解しないでメリットのみに注目してしまうと、いろいろとトラブルになりかねませんので熟読のほど何卒よろしくお願いいたします。

値段が高くなる可能性あり

マープ増毛法などの増毛に挑む前に必ずヘアカウンセラーがヘアチェックを行って髪質や状態確認を行い、どの程度の予算がかかるのかを提示してくれるようになるのですが、その金額が予想よりも高くなってしまう人もいるでしょう。

この値段については頭皮環境や髪質で大きく変わってきます。例えば5000本で35万円ほどかかったという人もいれば、1000本で10万円ほどかかったという人もいるでしょう。アートネイチャーの場合は2,000~4,000本増毛した人の初年度費用が20万~50万円ほどかかったという情報もありますので、これを高いと感じる人もいるかもしれません、

定期的にメンテナンスを行う必要があり、1ヵ月に1度程度のメンテナンス代1~2万円が発生してしまうのもネックと感じている人も多いでしょう。この料金を大きな負担とならずに払えるかどうかがカギになってきます。

抜け毛が悪化したらアウト

マープ増毛法はあくまで残っている自毛に結び付けるというやり方です。そのため、増毛した後でも薄毛が悪化した場合は、結び付けていた人工毛ごとまとめてなくなります。つまり、まずは抜け毛の改善をしないと真の状況改善とはならないということなのです。

自毛が完全に残っていない状況ではできない

マープ増毛法はかなり技術が進んだので、マープクロスのように薄毛がだいぶ浸透していた場所でも対応が可能となっているのですが、薄毛を通り越して完全にハゲになってしまっている場合はその部位はあきらめるしかないでしょう。

育毛剤などを使って頭皮環境を改善し自毛感覚を残せるような努力は必須となるのです。カウンセリングの際に育毛方法なども相談したほうがいいでしょう。髪の毛のプロに気になる部分やポイントはすべて聞いてください。

頻繁に髪形を整えないときつい

増毛した髪の毛は伸びません。そのため、ある程度地毛が伸びてくると違いがはっきりと分かるようになってしまいます。違和感が大きくなっていくのです。また、髪の毛が伸びていくと結いつけた部分が浮いてくるのでメンテナンスも必要になるでしょう。

1ヵ月に1度程度は育毛サロンでメンテナンスをする必要があるといわれておりますが、それをおろそかにすると違和感が加速するようになるでしょう。美容院などではメンテナンスは出来ません。

スポンサーリンク

まとめ

マープ増毛法は様々なプランがあり、全国規模で店舗があるアートネイチャーならば、どこにいる人でも対応してもらえる可能性があります。そのため、ちょっとでも気になる項目があったのなら、電話でいろいろと確認してみるのも有効です。

アフターケアなどはどうなっているのかとか、価格は自分の場合にどうなりそうなのかというのは自分次第の部分が大きいので、お試し体験や無料体験の申し込み予約と合わせてお電話しましょう。ネットを使ってのホームページチェックも忘れずに行ってください。

まだまだ増毛技術は技術革新が進んでいる段階なので、将来には新たな技法が確立されるようになるのかもしれませんが、男性の悩みであるハゲを完全に克服できる日もいずれ来るようになるのかもしれません。アートネイチャーのような会社の技術力向上を消費者は願わずにはいられないでしょう。ハゲラボも記事ライターも注目していきます。

関連記事として、

育毛メソセラピー療法とは?副作用や治療できるクリニックを紹介!

ハゲの治療にはどんな方法がある?気になる治療費や治療期間まとめ!

これらの記事も読んでおきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク