プロペシアが効かないのは効果を誤解しているから?原因を紹介!

AGA治療薬のプロペシアは、脱毛を促す男性ホルモン生成を抑える働きのある薬として長年世界各国で利用されています。しかしこのプロペシアが効かないという人も中にはいるようです。

プロペシアが効かない原因として薄毛の原因がプロペシアでは対処しきれないこと、プロペシアの効果を誤って理解されていることなどが考えられます。こちらの記事ではプロペシアが効かないときの対策方法をご紹介しますので、よろしければ参考にしてください。

スポンサーリンク

プロペシアが効かない原因は5αリダクターゼ1型?

赤黒白の薬

AGA治療薬のプロペシアは、脱毛ホルモンを生成する5αリダクターゼの2型を阻害するお薬です。

もし5αリダクターゼ1型が原因で薄毛が進行しているとしたら、プロペシアでは思ったような効果が出ない可能性があります。

5αリダクターゼとは?

男性型脱毛症(AGA)の直接の原因は、男性ホルモンのテストステロンが還元酵素5αリダクターゼに変換されて作られるジヒドロテストステロン(DHT)です。DHTには抜け毛・薄毛を招き、皮脂量を増やす作用があります。

DHTが毛根の毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体と結合することで、毛母細胞の分裂が抑えられ、抜け毛・薄毛へと繋がります。

プロペシア(有効成分フィナステリド)には頭頂部、生え際(特に頭頂部)の毛乳頭に多い5αリダクターゼ2型の働きを阻害する作用があり、脱毛酵素がDHTを生成するのを抑えて、AGAが進行するのを遅延させる効果があります。

しかし5αリダクターゼ1型は前頭部や側頭部皮脂腺に存在し、AGAともある程度関わっていると言われています。5αリダクターゼ1型が薄毛の原因と関わっている場合はプロペシアの効果が出にくくなると考えられます。

プロペシアが生え際に効かないのは?

生え際はプロペシアが作用する5αリダクターゼ2型だけでなく、1型も多いと言われています。プロペシアが生え際の薄毛、M字ハゲに効きにくいのは、5αリダクターゼ1型が多いからだと言われています。生え際の血行の悪さも薄毛の原因と関わっているそうです。

ザガーロ(デュタステリド)を試す

プロペシアが効かない場合は、プロペシアの発毛効果の1.6倍とされるザガーロ(デュタステリド)を試すのが有効となるかもしれません。ザガーロは還元酵素5αリダクターゼ2型をプロペシアよりも強く抑え、さらに1型の働きも抑えます。

ザガーロで5αリダクターゼ1型・2型の両方を抑えることで、プロペシアよりDHTの生成を抑えられれば、薄毛の進行を抑えるとともに、発毛の方にも高い効果が期待できるでしょう。

ただしデュタステリドは個人輸入通販で入手するのではなく、きちんとクリニックで処方してもらうようにしましょう(フィナステリドも同様)。

フィナステリド・デュタステリドともに副作用もあります。長期にわたって服用するなら薬の有効性を医師にチェックしてもらうとともに、健康チェックも定期的に必要となります。

なおプロペシアとザガーロの併用はプロペシアのオーバードーズと同じことになり、おすすめされていないようです。時々ザガーロに替えるという服用法もあるようですが、自己判断で勝手に行わず、医師の指示の通り服用しましょう。

スポンサーリンク

プロペシアが効かないのは効果を誤解してるから?

頭を抱える男性

プロペシアが全然効かないと思うのは、プロペシアの効果を誤解している可能性もあります。プロペシアは発毛薬ではないのですぐに誰でも髪が増えるというわけではありません。

またプロペシアを飲み続けると効かなくなるという誤解もあるようです。

プロペシアの臨床試験での効果とは?

プロペシアを1年AGA患者に投与した国内臨床試験によると、以下のような結果が得られています。

  • 改善…58%
  • 現状維持 40%
  • 薄毛が進行…2%

プロペシアは1年の服用で98%の人に効果があったと言われていますが、髪の量が増えた人は6割にも満たないです。プロペシアは薄毛の進行を止めるには高い効果がありますが、必ずしも髪がボリュームアップするとは限りません。

またプロペシアの効果は生え際・M字部分より頭頂部の方が高く現れたそうです。M字ハゲの改善ならプロペシアのみでは効果が薄いことも考えられます。

より高い発毛本数と発毛力、m字ハゲの改善を期待するなら、前章で紹介したザガーロに移行するか、ミノキシジル発毛剤などとの併用が必要になるでしょう。

上記の臨床試験の結果はプロペシアを1年服用して得られた効果です。2年、3年と服用を続けることで改善した人の割合が高くなったことからも、プロペシアはすぐに効果が現れるような薬ではありません。

1、2ヶ月で目に見える効果は現れませんので、短期間で効果がないと服用を中止してしまえば、プロペシアの効果は得られないでしょう。

プロペシアで耐性ができる?

プロペシアを長期間服用していると、耐性ができて効果が現れにくくなると言われています。

しかし国内臨床試験や海外の研究でも、プロペシアを3~10年と長期間服用して効果を維持・あるいは改善できている人が多くいることがわかっています。

プロペシアを服用して1年以内で良い効果が現れた人は、服用を続けることで今後も良い効果を得ることができると考えられます。

プロペシアで初期脱毛が起きる?

プロペシアを服用すると抜け毛が増えるから薬が効いていないと思われる人もいるかもしれません。しかしプロペシアの服用初期で抜け毛が増えるのは、「初期脱毛」と呼ばれるAGA治療でよくある一過性の症状です。

初期脱毛は薬を飲み始めてから2週間~1ヶ月で起こることが多いそうです。初期脱毛期間は数週から1ヶ月程度です。初期脱毛期間もプロペシアの服用を続けることがすすめられています。プロペシア以外にミノキシジルを併用していると、初期脱毛が起こりやすいそうです。

初期脱毛期間を終えると新しい髪の毛が生えてくると言われています。初期脱毛が起きたからとプロペシアの服用を中止すると、発毛が遅くなる可能性もあります。

薄毛が進行しているとプロペシアが効かない?

薄毛の進行度があまりに進んでいるとプロペシアの治療効果が出にくいと考えられます。AGAは男性ホルモンDHTの影響により、ヘアサイクルの成長期が短くなって発症します。プロペシアはDHTの生成を抑えて毛母細胞の活動を活発にし、正常なヘアサイクルにしていきます。

しかし薄毛がかなり進行している場合、5年以上ハゲを放置しているというケースだと、毛包の細胞が死滅している可能性もあります。毛穴がなくなっている状態なら発毛は難しいと考えられます。自毛植毛やかつらなど別の治療法や対策法を考えないといけないでしょう。

スポンサーリンク

プロペシアが効かないのはAGA以外の脱毛症だから?

フードうつむく男性

プロペシアは男性型脱毛症(AGA)の治療薬です。AGA以外の脱毛症には効果がありません。また自分ではAGAだと思っていても実はAGAではないのかもしれません。自分がAGAなのかどうかわからないときは、検査をして調べることもできます。

プロペシアが効かないのは円形脱毛症だから?

プロペシアはAGA治療専門の薬です。自己免疫疾患である円形脱毛症の治療には向いていません。当然ザガーロも効きません。

円形脱毛症は一般的には円形状の脱毛部分(10円ハゲ)ができることが多いですが、広い範囲で脱毛が起きることもあります。頭部(あるいは体)の脱毛部とそうでない部分の境がくっきりしているのが特徴です。

一般的な皮膚科、あるいは円形脱毛症治療に対応している専門クリニックでの治療が必要です。セファランチン内服、ステロイド剤やフロジン液などの外用薬、投薬で効かない場合はステロイド局注や局所免疫療法が効果が高いと言われています。

プロペシアが効かないのは炎症性脱毛症だから?

皮膚の赤み、かゆみ、フケのような皮膚の剥離が起きる脂漏性皮膚炎は、過剰な皮脂分泌によって異常繁殖したマラセチア菌が原因で発症します。

頭皮は皮脂腺の多い部位のため、頭皮で脂漏性皮膚炎を発症する人も少なくありません。脂漏性皮膚炎の悪化により脂漏性脱毛症を招くこともあります。

脂漏性脱毛症以外にも、頭皮の炎症によって抜け毛・薄毛になる炎症性脱毛症になることがあります。炎症性の脱毛症は男性ホルモン由来の脱毛症ではありませんから、当然プロペシアの効果はありません。

AGA遺伝子検査を受けてみる!

プロペシアはAGAの進行遅延に有効なAGA治療薬で、他の薄毛・脱毛症の症状には効果がありません。AGAは一般的に頭頂部や生え際、生え際のM字が薄くなっていきます。しかしM字部分やつむじが薄くなってきたからといって必しもAGAとは限りません。

プロペシア(フィナステリド)の治療効果が出やすいかどうか、プロペシアを服用する前にAGA遺伝子検査で調べることも可能です。

AGA遺伝子検査では男性ホルモンの感受性に関わる遺伝子、つまりAGAを発症しやすい体質かどうかを調べることができます。

CAGリピート数によりプロペシア(フィナステリド)の感受性を、GGCリピート数によりAGAを発症するリスクが判定できるとされています。

プロペシアの治療効果に関する有効性が事前に調べられるのは非常に便利です。クリニックでAGA遺伝子検査を受けることができますが、検査キットを通販で購入することも可能です。

なおAGAの発症における遺伝要因は70~80%と言われており、遺伝以外の要因もAGA発症に影響を与えることがあるそうです。

スポンサーリンク

プロペシアが効かないのは個人輸入の薬だから?

白黄ピンクの薬

プロペシアを服用しているけれどちっとも効かないという男性の中には、薬をクリニックで処方されているのではなく、個人輸入通販で購入している人もいるかもしれません。医薬品の個人輸入にはリスクもあり、あまりおすすめされていません。

個人輸入通販のリスク

海外製品のプロペシアやプロペシアジェネリックは、日本国内で購入するプロペシアよりも安い価格で購入できます。特にインド製のジェネリック医薬品は安く、クリニックに通う手間も省けるので、個人輸入代行通販を利用する人が後を絶たないようです。

しかし医薬品の個人輸入通販を利用して、粗悪品や偽物が送られてきたというトラブルもニュースになっています。

個人輸入代行を利用して何かトラブルがあっても、自己責任ということになります。副作用があっても個人輸入通販では補償などはありません。

プロペシアはクリニックで処方がおすすめ

プロペシアは副作用(肝機能障害、性機能障害、抑うつなど)もあり、個人の判断で服用するのはリスクもあります。きちんとした専門の医療機関で検査の上服用するのがおすすめです。

プロペシアは薄毛治療・AGA治療専門クリニック、また一部の皮膚科や内科などのクリニック・病院でも処方されています。

プロペシアのジェネリック医薬品はプロペシアより価格が抑えめになっています。クリニックによってもプロペシアの価格はかなり異なり、全国展開しているAGAスキンクリニックではプロペシア(ジェネリック)もザガーロもかなり安く購入できるようです。

スポンサーリンク

プロペシアが効かない人は別の対策も

腕組みする医者

プロペシアが効かないという人はすでにご紹介したザガーロ以外にも、発毛剤の使用や発毛薬の服用、副作用のリスクのない育毛剤や育毛サプリでの薄毛対策をするのもおすすめです。

プロペシアが効かない人は発毛剤を使用

プロペシアでAGAの進行は抑えられているけれど、発毛効果までは得られていないという人は発毛剤(ミノキシジル外用薬)の使用もおすすめです。ミノキシジル発毛剤は5%濃度までなら薬局でも販売されています。1年で9割以上の人に発毛効果があったという報告もあります。

医薬品のミノキシジル発毛剤は育毛剤とは異なり副作用も報告されています。心臓や腎臓が弱い人などおすすめされていないケースもあるので注意して下さい。高血圧の治療中の人も医師・薬剤師に相談しましょう。

プロペシアが効かない人は発毛薬を服用

AGAの進行はプロペシアで抑えられているけれどより高い発毛効果を得たいという人は、クリニック処方のミノキシジルタブレットや、AGA治療専門クリニックオリジナルの発毛薬を服用するのがおすすめです。

AGAスキンクリニックのオリジナル発毛薬Rebirthはフィナステリド、ミノキシジルなどの成分が配合された薬で、5αリダクターゼの2型を阻害して男性ホルモン産生を抑制しながら、発毛効果が得られる薬ということです。

プロペシアが効かない人は育毛メソセラピーも

投薬治療では効果が現れない場合、頭皮に直接薬剤や育毛に良い成分を注入する治療法もあります。頭皮に直接注入する育毛メソセラピーを薬と併用することで、プロペシアなどの投薬治療を単独で行うより、治療効果が早く現れると言われています。

プロペシアが効かない人は自毛植毛も

薄毛がかなり進行している人はプロペシア、さらにザガーロ、ミノキシジルでも効果が現れないことがあります。それほど脱毛面積が広くなくても、M字部分での発毛が薬では難しいこともあります。

薬での治療が難しい人は植毛治療もおすすめされています。自分の後頭部の髪の毛・毛包を移植する方法が一般的です。植毛治療なら毛包が失われていても発毛が可能です。

薬の副作用が心配という人は?

プロペシアには併用禁忌薬はなく、抗生剤なども併用可能です。しかしプロペシアやザガーロ、ミノキシジルなどの薬を併用することで効果は高まるかもしれないけれど、副作用のリスクも高まるのが心配という人もいるかもしれません。

副作用のリスクの少ない治療法としては、女性向け・初期AGA治療向けの育毛薬パントガールの服用や外用薬パントスチンなどの使用、頭皮血流を改善して育毛を促進するレーザー治療を利用することが挙げられます。効果は穏やかなものです。

薄毛対策として育毛剤や育毛サプリ、頭皮マッサージなどの育毛法を試すのもおすすめです。高い発毛効果は期待できませんが、抜け毛予防と育毛効果には期待できるでしょう。

育毛剤はAGAかよくわからないけれど、加齢による薄毛や抜け毛が気になるという人にもおすすめです。育毛剤に配合されている頭皮ケア成分により、抜け毛を防ぐ効果を感じる人が多いようです。

スポンサーリンク

まとめ

青ジャケット男性

毎日プロペシアを正しく服用しているのに、プロペシアが効かないという人もいるようです。

プロペシアは5αリダクターゼ2型の働きを阻害し脱毛ホルモンの産生を抑制するお薬なので、5αリダクターゼ1型による脱毛ホルモンの産生量が多い人にはプロペシアでは効果が薄いことが考えられます。

プロペシアが効かない時は、5αリダクターゼ1型の抑制にも効果のあるザガーロの服用もおすすめされています。

また薄毛がある程度進行していると、プロペシア単独では効果が現れにくいことも考えられます。プロペシア自体元々高い発毛効果のある薬ではありません。ミノキシジル発毛剤との併用、育毛メソセラピーや自毛植毛など、症状に合わせて別の治療法を試しても良いでしょう。

薬の併用による副作用のリスクが心配な人は、女性向けの作用が穏やかな薬や、育毛剤・育毛サプリなどの使用での薄毛対策もおすすめです。

関連記事としてこちらの記事も合わせて参考にしてみてください。

ノコギリヤシの効果について!どのくらいの期間で髪の毛に効果が出るの?

おでこが広いのをなんとかしたい!生え際の薄毛の治し方を紹介!

  
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク