フィンペシアの偽物に注意!通販商品の本物の見分け方を紹介!

インド製のプロペシアジェネリックであるフィンペシアには偽物があると噂になっているようです。フィンペシアは国内で処方されるプロペシアよりも安い価格で購入できるということで、個人輸入代行通販を利用して購入する人が多いようです。

しかしフィンペシアの偽物情報もあり、フィンペシアを購入する際には慎重にならないといけません。フィンペシアの偽物・本物の見分け方をご紹介しますので、フィンペシア購入時の参考にしてください。

スポンサーリンク

フィンペシアとは?

白い錠剤

フィンペシアはインドの大手製薬会社シプラ社が製造・販売しているAGA治療のための経口薬です。AGA治療薬として日本国内で広く処方されているプロペシアと同じ有効成分フィナステリドが、プロペシアと同量含まれています。

フィンペシアの有効成分フィナステリド

フィンペシアには世界中で利用されているAGA治療薬プロペシアと同じ有効成分のフィナステリドが、プロペシアと同じ成分量の1mg配合されています。

フィナステリドは5αリダクターゼ2型阻害薬であり、男性の薄毛に多い男性型脱毛症(AGA)の直接の原因である男性ホルモンDHTの産生を抑える働きがあります。

AGA治療薬フィンペシアの効果

AGA治療薬フィンペシアの有効成分フィナステリドにより、体内の男性ホルモンDHT濃度が低下することで抜け毛、薄毛の進行が抑えられ、AGAの進行遅延に効果があるとされています。

フィンペシアは医療機関で処方されるプロペシアと同じ成分量のフィナステリドが配合されているので、プロペシアとほぼ同じ効果であると考えられます。

プロペシアの国内臨床試験では1年で男性型脱毛症患者の98%に効果があったと報告されているので、フィンペシアの服用でAGA進行を抑える効果が大いに期待できます。

フィンペシアはプロペシアのジェネリック?

フィンペシアはプロペシアの後発薬という意味ではプロペシアのジェネリック品といえますが、正式なプロペシアのジェネリック医薬品ではないとされています。

現在はプロペシアの国際特許が切れて日本でもプロペシアのジェネリック薬品が作られるようになりましたが、インドでは法律の関係で国際特許が切れていなくても薬のコピー品を作ることが許されていました。

フィンペシアはプロペシアの国際特許が切れる前から製造・販売されていたため、プロペシアの正式なジェネリック医薬品ではなくプロペシアの合法なコピー品とも考えられています。

ただしフィンペシアを製造しているシプラ社自体は大手製薬会社で世界各国とも取引している信頼できる企業ですので、薬の成分など心配はないと考えられます。

フィンペシアの価格

フィンペシアは日本国内では購入できず、海外からの個人輸入が必要となります。個人輸入代行通販サイトを利用すれば手軽に通販購入できます。

以下にプロペシア、プロペシア国内ジェネリック、フィンペシアの価格(おおよその価格帯)を示します。フィンペシアは国内のプロペシアジェネリックよりもかなり安い価格です。

  • プロペシア:7,000円
  • フィナステリド「ファイザー」:4,000円
  • フィンペシア:800円~2,000円台

プロペシア、プロペシアジェネリックのフィナステリドはクリニック・病院での処方となるので、別途診察費がかかる場合があります。フィンペシアはまとめて購入するほど安く購入できます。基本的には個人輸入代行業者へ薬代を払うだけです。

フィンペシアは安い価格で購入できること、日本国内で処方されているプロペシアと同様の効果が得られるということで人気が高いです。プロペシアからフィンペシアと移行して、長年フィナステリド内服薬を服用しているという男性もいるようです。

ミノキシジルとの違いは?

ミノキシジルも薄毛治療・AGA治療に個人輸入通販サイトで利用されることが多い薬です。主に壮年性脱毛症で発毛、育毛を促すとされていますが、円形脱毛症の治療で使われることもあります。

フィンペシアなどのフィナステリドが男性ホルモンを抑えてAGAの進行を止めるのに対し、ミノキシジルは成長因子を増殖させて毛包を活発に、髪の発毛・成長を促す効果があります。

フィナステリド自体には発毛効果がありませんが、ミノキシジルは発毛効果が認められた成分です。

ミノキシジルには外用薬も

発毛効果のあるミノキシジルは頭皮に直接塗る外用薬(発毛剤)タイプと、内服薬のタブレットタイプがあります。

日本国内でもミノキシジル発毛剤のリアップシリーズが販売されており、育毛剤・発毛剤ランキングでもよく紹介されています。しかし海外のミノキシジル発毛剤は非常に安いため、個人輸入通販サイトで購入する人が後を絶たないようです。

ミノキシジル内服薬は国内で承認されておらず、薬局でも購入できません。効果の高い発毛薬とされ、個人輸入代行通販を利用してフィンペシアとともに服用している人も多いようです。

しかしミノキシジルの内服薬は副作用のリスクも高いため、個人輸入業者から自己判断で服用するのは危険視されています。

スポンサーリンク

偽物のフィンペシアの危険性とは

ヒゲ腕時計男性

フィンペシアはインドの大手製薬会社シプラ社が製造しており、薬の有効性は信頼できるものと考えられています。しかしフィンペシアの偽物情報もあり、フィンペシアの個人輸入通販での購入には注意が必要だと言われています。

偽物のフィンペシアは効果がない?

偽物のフィンペシアは有効成分フィナステリドの量が少ないかもしれません。有効成分の量が少なければプロペシアと同様の効果を得ることができません。毎日フィンペシアを服用しているのに、薄毛の進行が止まらない恐れもあります。

プロペシアからフィンペシアに乗り換えてもし偽物のフィンペシアを購入してしまったら、今までプロペシアの効果で薄毛の進行が抑えられ髪の量が順調に増えてきていたのに、髪がボリュームダウンして薄毛が進行してしまう恐れもあります。

偽物のフィンペシアで副作用が起きる?

偽物のフィンペシアは有効成分の量がプロペシアより多く入っている場合もあります。プロペシアの有効成分量は1mgが最大ですが、それ以上の服用は副作用のリスクが高まると言われています。

もし有効成分の量が多い偽物のフィンペシアを服用したら、強い副作用が出てしまう恐れがあります。

さらには偽物のフィンペシアだと、本来のプロペシアには配合されていないような成分が入っていることも考えられます。プロペシアでは副作用がなかった人も、予想もしていないような副作用を発症する恐れがあります。

健康被害を受けないためにも、偽物のフィンペシアを購入しないよう注意しないといけません。

スポンサーリンク

フィンペシアの偽物・本物の見分け方まとめ

シートに入った白錠剤

フィンペシアの偽物は効果がないだけでなく、副作用・健康被害のリスクも高まるようです。フィンペシアの偽物を服用しないためにも、偽物と本物の見分け方のポイントを確認しておきましょう。

フィンペシアの製造会社を確認

フィンペシアの製造会社はシプラ社です。フィンペシアの外箱にCiplaとスペルのミスなく記載されているか確認しておきましょう。本物であれば白地の箱に緑とグレーのロゴが入っているはずです。

以前流通していたキノリンイエローが配合されているフィンペシアなら白地に赤とグレーのパッケージです。キノリンイエローは発がん性が指摘されているコーティング剤で、一時期問題視されたコーティング剤です。新しいフィンペシアには配合されていません。

白地に赤とグレーのパッケージなら偽物のフィンペシアというわけではないですが、キノリンイエロー配合の古いフィンペシアである可能性があります。

製造日・有効期限の記載を確認

偽物のフィンペシアだと、製造日や有効期限の記載がない可能性があります。本物のフィンペシアは箱の横側に製造番号、製造日(MFD.)、有効期限日(EXP.)の記載があります。偽物でなくても有効期限が切れている粗悪品にも注意しましょう。

価格が安すぎないか

フィンペシア自体が元々安く販売されている薬ですが、他の個人輸入代行業者より安いのは怪しいかもしれません。

長年販売実績のある個人輸入通販オオサカ堂でフィンペシアは1箱2,000円~(まとめ買いで安くなります)ですので、この金額より安いのは偽物(あるいは粗悪品)の可能性もあるかもしれません。

薬を割って確認

安全性を確認するためにフィンペシアを割って、中に異物が入っていないか調べることもすすめられています。

本来フィンペシアは分割して飲んではいけない薬ですので、慎重に行って下さい。割った粉が女性に付かないよう、飛び散らないタイプのピルカッターを利用しましょう。

フィンペシアが本物であれば薬の外側も内側も白いはずです。偽物のフィンペシアだと中身の色が異なる可能性があります。

スポンサーリンク

偽物のフィンペシアを購入しない方法は?

頭を抱える男性

偽物のフィンペシアの見分け方を確認してきましたが、できることなら最初から本物のフィンペシアを購入したいところです。安心して正規品のフィンペシアを購入するにはどうしたら良いでしょうか。

信頼性の高い個人輸入代行を利用

正規品のフィンペシアを購入したいなら、長年販売実績のある個人輸入代行業者で購入することがおすすめされています。

インターネット上には多数の個人輸入代行通販サイトがありますが、顧客の多いところは良い商品を売っている輸入業者と考えられます。粗悪品や偽物を扱って販売していることが判明したら、商売を長年やっていくことはできないでしょう。

個人輸入代行業者の中でもレビュー数の多い通販サイト、口コミ数の多い個人輸入代行業者は良い商品を扱っている可能性が高いでしょう。電話やメールでの問い合わせもしっかり行っているところが安全です。

成分鑑定を行っている個人輸入代行を利用

個人輸入代行業者によっては扱っている医薬品の成分鑑定を行い、成分鑑定書を通販サイトの商品ページにも掲載しているところもあります。

成分鑑定でフィンペシアの有効成分の成分量がプロペシアと同量配合されているか示されていれば、正規品のフィンペシアを扱っているという可能性が高いでしょう。

ただし成分鑑定では有効成分のみの記載で、その他の成分に関しては記載されていないことが多いようです。

個人輸入代行を利用する限り難しい?

どんな信頼性の高い個人輸入代行業者を利用したとしても、100%正規品である保証はありません。

悪質な輸入代行業者が偽物を意図的に販売することがあるかもしれませんが、輸入代行業者が良心的だとしても輸入代行業者が偽物の薬を売られる可能性もあります。

成分鑑定をしっかり行っている個人輸入代行業者もありますが、成分鑑定は頻繁に行われているわけではありません。成分鑑定を行った薬は品質の高いものだったとしても、入荷時期が異なれば品質の悪い薬になっていることもあるかもしれません。

個人輸入代行業を利用して、海外の安いジェネリック医薬品で良い効果を得られていたのに、効果が前よりなくなったと感じる人もいるようです。薬が原因なのか、症状が進行してしまったのが原因なのかはわかりませんが、医師に確認しないとわからないでしょう。

個人輸入代行を利用する限りは、正規品の医薬品を100%安心して購入できるとは言い難いようです。

スポンサーリンク

フィンペシアは偽物でなくても注意が必要?

赤白黒の薬

本物のフィンペシアならプロペシア同様、AGA治療に良い効果が得られると考えられますが、フィンペシアは偽物でなくても服用するにあたって注意が必要なようです。

フィンペシアの副作用に注意

フィンペシア、プロペシアの有効成分フィナステリドにはさまざまな副作用があります。特に重い副作用が肝機能障害です。高い発症率ではありませんが、プロペシアの臨床試験でもALT(GPT)の上昇、AST(GOT)の上昇、γ-GTPの上昇が見られたという報告もあります。

肝機能障害により疲労が取れなくなったり、食欲の低下、アルコールが進まなくなるなどの症状が見られます。さらに症状が進むと黄疸が見られます。

肝臓機能の低下により肝硬変、肝臓がん、糖尿病などさまざまな病気のリスクも高まります。フィンペシアを服用するなら定期的に健康診断を受け、肝機能に異常がないかチェックをする必要があります。

その他の副作用

その他の副作用には性欲低下、ED、睾丸痛などの男性機能・生殖器官の障害、乳房の肥大化や圧痛などの乳房障害、抑うつ症状、蕁麻疹や血管性浮腫、発疹などのアレルギー症状を発症することもあります。

胎児の発育に悪い影響を及ぼす可能性があるので、妊娠中や妊娠の可能性がある女性はフィンペシアに接触することも禁じられています。

プロペシアの服用中止後も、男性機能障害や抑うつ症状が継続あるいは発症するという「ポストフィナステリド症候群」も報告されています。国内でもプロペシアを投与された男性がポストフィナステリド症候群に苦しんでいるという医師の告発記事が話題になりました。

フィンペシアでも服用中止後にポストフィナステリド症候群を発症する可能性があります。

フィンペシアの個人輸入のリスク

薄毛治療薬のフィンペシアにはさまざまな副作用があります。医療機関で処方された国内承認薬のプロペシアなら、重い副作用が起きた場合に医薬品副作用被害救済制度が適用されますが、輸入薬のフィンペシアでは何の保証もありません。

またフィンペシアをまとめて購入すると安上がりになりますが、有効期限日の近いフィンペシアが送られてくる可能性もあります。

フィンペシアなどの個人輸入薬は医師に処方されず、自分の判断で薬を服用することになります。もしかするとフィンペシア(フィナステリド)が薄毛の適切な治療薬でない可能性もあります。

フィンペシアは男性ホルモンを抑える効果のある薬で、その他の薄毛の原因までは抑えません。本物のフィンペシアをずっと使用しているのに治療の効果がなかなか現れないというケースもあり得ます。

フィンペシアを個人輸入するよりは、皮膚科あるいはAGAクリニックでプロペシアやプロペシアジェネリックを処方してもらう方が安全性が高いです。

AGAクリニックなら治療内容も豊富ですので、フィナステリド以外にも適切な治療法を提案してくれることでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

マックメガネ男性

フィンペシアは安い上にプロペシア同様の効果が得られるということで人気のようです。しかしフィンペシアには偽物情報もあるということで、購入の際は注意が必要です。

偽物のフィンペシアはパッケージが正規品のロゴと異なったり、製造日や有効期限などの記載がない場合もあるようです。偽物は薬の有効成分量が少ない、あるいは多い可能性があり、十分な効果が得らなかったり、副作用のリスクが高まる恐れもあります。

フィンペシアの偽物を購入しない対処法としては実績ある個人輸入代行業者を利用したり、フィンペシアの成分鑑定を行っている業者を利用するようにすることでしょう。

しかしフィンペシアの偽物の見分け方、良心的な代行業者の利用によっても、フィンペシアの副作用のリスクと医薬品の個人輸入のリスクは避け難いです。最も安心な方法は医療機関で国内で承認されたプロペシアや、そのジェネリックを処方してもらい服用することでしょう。

関連記事としてこちらの記事も合わせて参考にして見てください。

市販のおすすめ育毛剤まとめ|口コミ評価を紹介!

【効果・副作用】新薬の成分デュタステリドとはどんな薬?

  
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク