ハゲには人権がないの?ハゲに課せられた理不尽な運命とは!

良く2chやまとめサイトなどでハゲを侮辱しているシーンが見受けられます。

「ハゲを消滅させて遺伝子を壊滅させろ」「でもお前ハゲじゃん」「ハゲは人間ではない別の生き物だ」「ハゲに人権はない」など。ネットの匿名性という場を利用してハゲに対して言いたい放題言っています。

しかしそんなハゲいじりはネットの中だけに止まらず、現実の世界でも冷ややかなもの。

ハゲというアイデンティティーの影響で社会に出て損をすることがたくさんあるのです。

今日は世の中のハゲが社会的に背負わされている理不尽な運命について紹介していきます。

スポンサーリンク

ハゲに厳しい人の意見

涙 挫折 落ち込む ダメージ

厳しい言葉や、心無い言動でハゲの心を容赦無く傷つけてくる輩がいます。

どんな意見があるのかを知って、厳しい意見に対する耐性をつけておきましょう。また自分がどのようにみられているのか、第一印象でハゲはどんな印象を与えてしまう可能性があるのかをみてみましょう。

男性の意見

「ハゲにハゲと言って何が悪い!」

「ハゲに人権は不要」

「ハゲをいじめてストレスでさらにハゲるのを見るのが楽しみ」

「チビ←かわいい デブ←頼れる ハゲ←どうしようもない」

理不尽極まりない男性の意見が多くみられました。やはりネットはぶっ飛んだ意見が多いですね。社会で受けたストレスをここで発散しているのでしょう。

特に有益なコメントなどはありませんでしたので、これ以上は見ないことが賢明です。

女性の意見

「不潔そう・清潔感がない。きっと汚いから頭もハゲたんだろうなと思う」

「ハゲは性格がとにかく卑屈」

「セクハラやいやらしい目でみてくる男性は軒並みハゲ。デリカシーがない」

女性はどうしてもハゲている男性を生理的に無理と判断する人が一定数いるようです。

ハゲを彼氏にしたくないという女性の意見としては「不潔だから」「卑屈だから」「潔さがない」「子供も禿げると困る」という意見が挙げられます。

性格的や内面的な印象に大きく”ハゲ”という問題がのしかかってくるでしょう。

ハゲにも人権はあるという人の意見

「男ってのは髪の量で決まるんじゃない ハートで決まるんだ」byブルースウィルス

「お前孫正義の前でもそれ言えんの?お前の使ってるスマホもハゲが作ったぞ」

「ハゲには頭がいい人が多い。」

「ハゲ×筋肉は男性の象徴」

ハゲていると日本では卑屈になってしまう人が多いのはやはり、人権がないとする意見が多いことや、バラエティーなどでハゲを笑うという風潮が当たり前になっているからでしょう。

ジャニーズにハゲがいないことや、ハゲているとみんながカツラで隠すという行為自体がおかしなことです。まだ、ハゲやジェンダーなど多様化に関する関心は高まり始めたばかりで課題が多くあります。

しかし現在メガネをかけていることをバカにする人はいません。

むしろおしゃれのアイテムの一つとして世の中に溶け込んでいます。

これと同じように、しばらくすればカツラや植毛などの技術が向上し、髪型がより自由になっておしゃれ度を増せば、ハゲへの偏見や人権がないなどの意見はなくなるでしょう。

スポンサーリンク

ハゲていることで発生するデメリット一覧

目 眉毛

髪の毛がハゲてしまったことによって人生が大きく変わってしまうことがあります。

そんなハゲていることで発生するデメリットについて紹介します。

髪型が決まらない

髪の毛が少ないのでなかなか髪型が決まらないという悩みを抱えている人が多いでしょう。

雑誌などを見ても軒並み髪の毛がフサフサの男性をモデルにした髪型なので参考になる髪型が少ないことも問題の一つです。

薄毛の男性は短髪がもっとも似合いやすいと言われますが、それも美容師の腕次第なので美容院選びも都会でないと難しいでしょう。

美容院に行きづらく清潔感がなくなる

髪の毛をカットするにも人目が気になってなかなか髪を切りに行けず、生活感がなくなります。

しかし近年ようやく薄毛男性専門の美容院などが東京や大阪を中心に開設され、活気を出し始めています。

薄毛男性の髪型を作ることに特化していて、さらにカットだけでなく頭髪ケアや頭皮ケアなども充実しています。

そのうち効果の高いオリジナルの育毛剤などの販売を始めて、クリニックにいくことがためらわれる人に特に人気が出てくるでしょう。

老けてみられるようになる

実年齢よりも5歳以上老けて見られることなんてザラです。人によっては10歳以上老けて見られることもあるでしょう。

30代後半にしか見えない大学生や、50代にしか見えない30代のお父さん。

老けて見られることで発生するデメリットは恋愛が難しくなることや、大学生料金で映画を見るときに自分だけ確認をされることや若者や年相応のファッションが似合わなくなることです。

気にしすぎることがさらにデメリットの効果をあげるので、あまり気にしないことが吉です。

ストレスに弱いと思われる

第一印象や周囲からの印象で、この人はストレスに弱い人だ。ストレスでハゲてしまったんだと思われてしまうことがあります。

変に気を使われてしまったり、周囲に触れてはいけないという気持ちを持たせてしまうので距離が生まれます。

自分からのコミュニケーションがうまく取れないと、なかなか距離が縮まらないので人間関係で苦労するシーンがあるでしょう。

人目が気になりストレスが増える

自分が内面的な自信が持てていない場合、周囲の目線が気になり外面ばかりを気にしてしまい、ストレスが増加します。

何気ない周囲の目線や、関係ない会話の「きもい」「くさい」「髪型かっこいいですね」などの会話が自分への攻撃のように感じてしまい、被害妄想が広がります。

そのストレスの影響でさらに薄毛が加速します。

恋愛が困難になる

女性との恋愛が困難になります。どうしても人は外見から相手の性格や特徴などをある程度判断します。

女性へのアンケートでは約3割の女性は相手がハゲているだけで恋愛対象からは除外されると回答しています。

しかもこれは平均値のデータですが、若い世代の10代〜20代の世代では40〜68%の女子が恋愛対象外と回答しています。

出会った女性の5割と恋が叶わないというアドバンテージは非常に大きいです。

スポンサーリンク

ハゲの人権を取り戻す方法

バッカスの勝利 絵画 酒

ではどうすればハゲの人権を取り戻すことができるのでしょうか?

その対策方法について紹介します。

AGA治療をする

ハゲを治療することで人権を取り戻すという方法です。

ミノキシジルやプロペシアなどの内服薬や外用薬を使用しての治療や頭皮に注射をして直接有効成分を頭皮に注入する治療など全額自己負担の高いものになりますが、AGAの薄毛に対して有効で、M字ハゲやつむじハゲを改善できる可能性が高いでしょう。

しかし時間が1〜2年かかるので、すぐに髪の毛を生やすことはできません。

内面を磨く

ハゲていても恋愛対象になる人や、周囲から認められている人は内面がしっかり魅力的である人ばかりです。

外見のマイナスポイント以上のプラスな印象を内面によって覆さないと相手に認めさせることはできません。

内面を磨くと言っても曖昧なので具体的にどのようなことを目標にしたらいいのかを以下にまとめました。

  • 仕事で成功している。年収1000万円以上
  • 話が面白く、周囲に面白いハゲということで定評がある
  • ハゲを隠さずに堂々としていて潔い印象がある
  • 笑顔が素敵で明るい
  • レディーファーストでマメ、周囲への気配りがしっかりできる

などのことを身に付けるように自分の内面を磨いて結果を出すと自ずと周囲からの扱いが変わるでしょう。さらに自分に自信もついてハゲていることを隠さなくても大丈夫になります。

まずは結果を出すためにどんどん手を動かして行動しましょう。

スキンヘッドにする

薄毛の男性はスキンヘッドにするという手もあります。

完全にハゲていることを一度さらけ出してしまうと髪の毛に対する執着も消えて世界が広がります。

周囲からの反応も上がることでしょう。実際にスキンヘッドにしている人に対する周囲意見は暖かく、「潔くていい」「かっこいい」「清潔感がある」などの意見があります。

外国に移住する

日本でダメなら外国に移住するという手もあります。

日本ではどうしてもハゲに対してきつい意見が多いので、萎縮したり周囲の目が気になってしまいますが、海外では薄毛を気にしないという国もありますし、逆に薄毛の男性に魅力を感じるという女性も存在します。

そのような国に移住、もしくは旅行をしてハゲに対する世界的の目線を持ち達観してしまうのも一つの手段です。

ハゲ治療で100万円払い外見を外見を綺麗にするのか、海外の長期滞在の旅行費で100万円を使い内面を磨くのか、どちらが有意義だと思うかはあなた次第です。

スポンサーリンク

世界のハゲの人権事情

自由の女神

上記で世界では国ごとにハゲに対する印象などの事情が異なることを紹介しました。

ここでは世界のハゲ事情と題して、ハゲに寛容な国と厳しい国についていくつか紹介していきます。

国ごとにどんな特徴があるのかを知っていきましょう。

ハゲに寛容な国

まずはハゲに寛容な3つの国について紹介します。

台湾

台湾ではハゲ=お金持ちという印象を持たれています。

豪快にお金を使用して女性を連れ回して遊ぶ人にハゲている人が多いことや、それを治療しないことが大きな要因でしょう。

このイメージによって、若い女性がお金持ちの男性目当てにガールフレンドになるなどのことがあるのだそうです。

しかし、ハゲでもお金持ちに見えるように服装なども用意しないと行けないかもしれません。

フランス

フランスの女性の意見の中にはハゲている男性に男性的魅力を感じるという意見があります。

確かにフランスの有名な俳優ジャンレノはハゲているのに2枚目の俳優として活躍していますし、女性にも人気があります。

もともとフランスやヨーロッパの国はハゲ人口が多い地域でもあり、本人は気にしているらしいですが、周囲からすると特別ハゲちる人が目立つ印象がないようです。

チェコ

チェコは世界でももっともハゲている人口割合が高い国です。

なんと成人男性の42%以上はハゲているというデータもあるくらいです。

これだけの数のハゲがいるのであれば、その中にハゲが紛れ込んでも誰も頭に目が行く人はいないでしょう。

同時期の調査での日本のハゲ人口の割合は26%なのでその違いは明らかです。ハゲ仲間の姿を見てハゲになれましょう。

ハゲに厳しい国

次はハゲに厳しい国を紹介します。

ハゲの人権がない国は日本だけではありません。レベルアップしてからこれらの国に行くようにしましょう。

韓国

美容大国とも呼ばれる韓国、ハゲだけでなくブス、チビなどにも非常に厳しい感覚を持っています。

美容整形が盛んで、薄毛治療も同様に盛んに行われています。韓国発の植毛技術があるなど、日々美容医療が進化しています。

あまりにも男女ともにお互いの美容に対する目が厳しいのでハゲている男性は毎日カツラなどでハゲを隠すのに必死です。

なので、男性からもハゲていることはマイナスな特徴。と思われているので日本同様に人目が気になるようになるでしょう。

アメリカ

アメリカでもはげ=管理ができていないという印象が持たれてしまいます。

初めてプロペシアやミノキシジルが開発され販売が開始されたのがアメリカということからもどれだけの人がハゲに悩み、治療をしたいと考えていたのかがわかります。

さらにアメリカも清潔感に関しては強い倫理観があり、歯並び、肥満、アルコール依存である、喫煙している、外見が貧相だと出世できないなどいくつかの条件が述べられています。

特に格好にこだわるアメリカ人ですからハゲに対する意見も優しくはなく、一部の名誉や富を手に入れた人のみが認められている状態です。

アメリカの育毛に対する投資金額は日本の2倍なので、その数字だけでもいかにアメリカの男性が薄毛を気にしなければならない状況になっているのかがわかります。

日本は意外と優しい方

そう考えると日本の薄毛に対する辛辣な意見もちょっと可愛く見えてきます。

アメリカのように育毛にお金をかけなくても、韓国のように髪型だけでなく顔や体まで矯正しなくては行けない訳でもないのでまだ救いがあります。

薄毛で病んでしまう人も少なくありませんが、人権侵害だ!と卑屈にならず、趣味や仕事など他の分野で相手を認めさせて好まれる自分になりましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ

ハゲは結婚は難しいと言われますが、現在では経済的余裕がないことや、気の合う女性に出会えないなどの理由で独身の男性の方が多くいます。

ハゲていても結婚している男性はたくさんいますし、諦めずに人間を磨いていきましょう。

若ハゲになると同年代からモテることは難しいでしょうが、そのうちに社会的なスキルでライバルに差をつけて将来20代後半や30代前半に結果を出してモテる男になりましょう。

関連記事としてこちらの記事も合わせて参考にして見てください。

女性から見るとハゲは気持ち悪い?ハゲに対する素直な意見まとめ!

ハゲのオールバック・リーゼントがカッコイイ!薄毛でもかっこいい髪型の作り方!

【画像つき】世界一かっこいい日本のハゲ芸能人の髪型を参考にしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ

  
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク