女性の薄毛をシャンプーで改善する7つの方法!低刺激でオススメのシャンプー4選!

近年女性で薄毛の問題について悩みを抱えている人が増加しています。女性用育毛剤や発毛剤なども徐々に販売され始めて、今やハゲの問題は男性だけの問題ではなくなってきています。

そんな中、今一度シャンプーの方法が見直される時期に来ているのではないでしょうか?皆さんは自信を持って正しいシャンプー方法ができていると言えますか?頭皮の健康を保つために必須のシャンプー。しかしこの方法を間違えると逆に乾燥やフケなどのトラブルを招いてしまいます。

今回は女性のシャンプー方法に焦点を絞って、シャンプーの正しい方法を紹介するとともにオススメの低刺激シャンプーについても紹介して行きます。

スポンサーリンク

女性の薄毛をシャンプーで改善する7つの方法

シャンプーをしている女性

薄毛の改善には髪の毛の成長に必要な栄養素や、生活習慣を整えることが重要であることはいうまでもありません。それらの問題がクリアされている場合、次に有効な対策となるのがシャンプー方法の改善です。

頭皮の状態をよくすることで髪の毛の成長を最大限に促すことができます。以下のシャンプー方法を参考に、頭皮環境を改善して行きましょう。

1・ブラッシングで埃と汚れを浮かす

まずはじめに髪の毛を軽くブラッシングしましょう。トントントンと軽く頭皮を叩く感じで根元からブラッシングをすることで頭皮の毛穴の汚れが浮かび上がるとともに、髪の毛に付いている埃も落ちてシャンプーが泡立ちやすく汚れが落としやすくなります。つまりブラッシングがシャンプーの洗浄効果をあげる働きを持っているということです。

実際何もしない状態からいきなりシャンプーをしても匂いが付いているだけで汚れが十分に落ちていないことがあります。毛穴に汚れが詰まっていればそれだけ抜け毛のリスクは高まりますのでブラッシング効果を甘く見ないようにしましょう。

2・シャンプー前には予洗いを!

シャンプーを髪の毛につける前に、熱めのお湯でしっかり皮脂やワックスを落としてしまいましょう。この予洗いだけで実は髪の毛と頭皮についた汚れは60%以上が落ちていることが明らかになっています。

実際昔の人のシャンプー事情を見てもわかるように、シャンプー剤を使わない水洗いが基本であり、月に1回程度米のとぎ汁や麦の粉末などで頭皮をこすっていただけでした。本来はこれで十分だということがわかります。ただシャンプーをしないとどうしても臭いが気になってしまうので現代では毎日シャンプーをしている人が多いという結果に結びついています。

3・爪を立てない

いよいよシャンプーに移っていくわけですが、ここで爪を立ててはいけないということを肝に命じておいてください。ふやけた頭皮は非常に傷つきやすく、小さな傷でも細菌が繁殖しやすく炎症に繋がってしまいます。

頭皮の環境悪化に繋がりますので、指腹で揉み込むようにシャンプーを行なってください。

4・ツボを意識した頭皮マッサージで血行促進

シャンプーを行うときに頭皮マッサージを行えば一石二鳥です。さらにツボを意識したマッサージができればこれ以上いうことはありません。特に刺激したいツボは首回り〜後頭部周りです。なぜなら、頭皮の血行は首から伝ってきているからです。首〜後頭部の血行がよくなれば、それだけ血の巡りがよくなります。

さらに薄毛が気になっている部分、頭頂部であれば百会(ひゃくえ)・前頭部であれば神庭(しんてい)や曲差(きょくさ)などを刺激するといいでしょう。

詳しい頭皮のツボの場所についてはこちらの記事を参考にして見てください。

頭皮マッサージの効果を上げる12のツボを紹介!気持ちいいセルフヘッドスパのやり方!

5・シャンプーは5分以内で終わらせる

シャンプーは長くやればいいというものではありません。ふやけるとそれだけ頭皮の負担に、含みすぎた水分は乾燥を招く原因になり、頭皮のハリや弾力もなくなってしまいます。できるだけ短時間でしっかり汚れを落とすことが重要になります。

パックが推奨されているシャンプーなどはその限りではありませんが、頭を揉み込むシャンプーは長時間行わないようにしましょう。

6・洗い流しはしっかりと!

シャンプーが済んだ後の流す作業はしっかり念入りに行なってください。なぜならシャンプー剤が残留してしまうと、それは頭皮トラブルに必ず繋がってしまうからです。

シャンプーをしたのに頭皮がかゆいなと感じたり、フケが発生していませんか?それはシャンプー剤の残りが原因かもしれません。

しっかりと湯溜めをつくって頭をゆすいでシャンプー剤を根元から落とすようにしましょう。

7・1日1回以上シャンプーをしない

気持ち悪いから1日なんどもシャンプーをした経験はありませんか?それはNGです。

頭皮には必要最低限の皮脂が存在していないと雑菌が繁殖しやすくなったり、乾燥に繋がるなどの問題に繋がります。もっとも適しているのは1日の終わりの夜にシャンプーをすることだと言われています。これは皮脂がもっとも飽和しているタイミングであることと、睡眠前に余分な油や汚れを落とすことで髪の毛の補修や成長をしやすくすること。朝の紫外線に備えて夜のうちに適量の皮脂を分泌できるから、という理由があります。

1日2回目以上お風呂に入る時はシャンプーはせずに、シャワーだけで汚れを落として済ませるようにしましょう。

スポンサーリンク

おすすめの低刺激シャンプー4選

シャンプー

オススメの低刺激シャンプーを数ある商品のなかから4つ紹介します。女性は男性に比べて皮脂を分泌する量が少ないので、低刺激で洗浄力が低いシャンプーを使用した方が頭皮に合っていると言えます。

安いものから育毛有効成分を含んだものまで4つの商品を見て行きましょう。

アスタリフト スカルプフォーカス シャンプー

女性 薄毛 シャンプー

https://www.amazon.co.jp

最安値:2398円

4つの商品の中ではもっとも安い商品です。値段は安いですが品質は高いので安心してください。髪の毛にハリ・コシを取り戻し、発毛促進する有効成分である天然由来成分が含まれています。

ナノの力で浸透力を高めているヘアケアシリーズで、コンディショナーやリンスなども同型商品として販売されています。気軽に試せる値段ですので、ぜひチャレンジして見てください。

haru黒髪スカルプ・プロ

シャンプー

https://www.amazon.co.jp

最安値:4,100円

ぱっと見容器が小さく見えますが、400ml入っていて2ヶ月間使える大容量です。値段は4000円と高いですが、一般的な育毛シャンプーの容量で1回分を計算すると安値となる商品です。

特に黒髪をケアする働きを強く持っている商品です。頭皮ケアや髪の毛のボリュームアップを中心に髪の毛のケアを行ないます。それを実現しているのが22種類の天然有効成分。主成分には海藻エキスを配置し、しっかり髪の毛に潤いと頭皮に保湿力を与えます。

マイナチュレシャンプー

シャンプー

出典:https://www.my-nature.jp

最安値:3,350円

内容量200mlの1ヶ月使い切りサイズのシャンプーです。育毛剤でも有名なメーカーですね。薄毛に悩んでいる期間が長い人の中では知らない人はいないのではないでしょうか。過去4年ほど前からどんどん人気が上昇し、非常に人気の商品です。過去にモンドセレクション金賞もなんども受賞しています。

肌にとにかく優しい無添加で天然由来有効成分を29種類含み、多角的に髪の毛の成長を促します。継続使用を考えると若干値段は張りますが、髪の毛には変えられないという人にオススメのシャンプーです。

CA101 シャンプー

シャンプー

出典:https://www.amazon.co.jp

最安値:3,400円

フケや髪の毛のコシ・ハリのなさを解消する商品です。内容量は260mlで1月半ほど使うことができます。1万人の女性のシャンプーデータから改良を重ねて出来上がっているので日本人の頭髪にはもっとも適しているシャンプーといってもいいでしょう。

育毛剤とのセット価格もあるので育毛剤の使用を考えている人はぜひオススメです。本当に薄毛の症状が逼迫している方にオススメする商品です。

これらのシャンプー商品は全てアミノ酸系洗浄成分のシャンプーとなります。一般的に販売されている安い商品の洗浄成分は石油系洗浄成分です。石油系商品は皮脂を取り除き過ぎてしまうので逆に頭皮のバリア機能を低下させ、雑菌の繁殖や紫外線の影響を強めます。
結果的に薄毛につながることがありますので皮膚が強い人以外にはオススメしません。いきなり洗浄成分を弱めると若干頭皮がべたつく感じがするかもしれませんが、皮脂の分泌が次第に落ち着いてくるので心配することはありません。
継続的に使い続けて頭皮を健康的な状態に変えて行きましょう。
スポンサーリンク

女性の薄毛の原因で多いのは何?

女性 悩み

女性に発生してしまう薄毛の原因として多いもの順にその症状を紹介して行きます。脱毛症と呼ばれるほどの薄毛に繋がる可能性もありますので、自分の薄毛の原因を特定してしっかり対策できるようにしておきましょう。

1・びまん性脱毛症

女性男性型脱毛症とも呼ばれる、ホルモンバランスが乱れることで発生する脱毛症です。特に更年期を迎える頃の女性によく発生する傾向があります。(45〜55歳)

本来髪の毛の成長期を長くしてハリ・コシ・ツヤのある髪の毛に成長させる女性ホルモンが減少し、薄毛を発生させる男性ホルモンが増加することでこの脱毛症が発生します。

生活習慣と食生活で女性ホルモンの働きを補う対策を行うことが有効です。簡単な対策法としては大豆系食品(納豆・豆腐・豆乳)などを適量継続的に摂取するといいでしょう。

2・分娩後脱毛症(産後脱毛症)

女性ホルモンが急激に減少することで発生する一時的な脱毛症です。妊娠女性は通常時の100倍近い女性ホルモンが常時分泌されています。が、出産を期に急激に減少してしまうことでホルモンバランスが崩れて、一気に髪の毛の成長期が止まり脱毛が増加します。これが産後脱毛症や分娩後脱毛症と呼ばれる症状です。

しかし1年以内には90%以上の人が回復に向かうので、あまり脱毛をストレスに感じないことが重要です。生活習慣と体の疲労を回復することだけで十分元の状態に戻ります。育毛剤などの対策は基本的に必要ないでしょう。

3・牽引性脱毛症

髪の毛の長い人に発生しやすい脱毛症です。例えば毎日ポニーテールにしている女性はおでこの生え際の部分や分け目にしている部分に牽引力が継続的に発生して部分的に薄毛になってしまうことがあります。

毛根やその中の毛乳頭細胞や毛母細胞が傷ついてしまった場合は髪の毛が再生しませんので注意が必要です。日頃から髪型をこまめに変える対策の工夫が大切です。

4・円形脱毛症

円形脱毛症はストレスが原因とも言われてきましたが、アレルギーやアトピーなどの自己免疫疾患が大きく関係しているということも判明しています。詳しい機構についてはまだ研究段階ですが、アレルギー症状を持っている患者さんに円形脱毛症の発生確率が高いことがわかっています。

そこにストレス的な要因が加わると円形に脱毛が発生するという問題が起きますので、精神的な部分のコントロールや生活習慣(睡眠・疲労の蓄積)などをしっかり整えることが重要です。特に10代や生活環境が大きく変わる20代前後がもっともこの脱毛症が発生しやすい時期だと言われています。この脱毛症の治療は皮膚科でも行うことができます。

5・脂漏性脱毛症

脂漏性脱毛症は皮脂の分泌増加が原因で頭皮環境が悪化して発生する脱毛症です。

皮脂の分泌を促す食事の取り過ぎや乾燥による皮脂の分泌増加などが原因で、頭皮から過剰に皮脂が分泌されてしまい問題につながります。皮脂が過多状態になることで雑菌が繁殖しやすくなり、あるタイミングを境に爆発的に菌が増殖し湿疹などのトラブルを頭皮の広範囲に引き起こします。それが原因で頭を掻き毟ることでさらに症状が悪化し、脱毛にまで繋がります。こうなる前に対策をしていくことが重要です。

この脱毛症の治療は皮膚科で行われます。

【女性の薄毛に繋がる行動まとめ】

上記でに紹介した脱毛症や薄毛の原因となる行動をまとめましたのでおさらいしておきましょう。

薄毛につながる誤ったシャンプー方法

  • 爪を立てたシャンプー
  • 刺激の強いシャンンプー剤でのシャンプー
  • シャンプー剤の洗い残し
  • 1日何度も行うシャンプー

薄毛につながる生活習慣

  • ストレスの蓄積
  • 食生活の乱れ
  • 睡眠不足
  • シャンプー・入浴のタイミング
  • ホルモンバランスの乱れ

薄毛につながる誤ったヘアケア方法

  • 頭皮の血行不良
  • 牽引力のかかる髪型の固定
  • 紫外線のダメージ
  • 頭皮の乾燥の放置

それぞれの薄毛の原因となる行動に注意して、原因行動をいつまでも放置しないように注意しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

女性の薄毛問題は男性に比べて精神面での深刻さが重いものです。女性にとって髪の毛は命とも言われますから、いつまでもハリ・コシ・ツヤのある綺麗な髪の毛にしたいでしょう。しかし年齢とともに髪の毛の元気は弱まっていくもの。早い段階で今回紹介したシャンプー方法と最適なシャンプーを使用することで髪の毛の状態を改善・維持することができます。

もしそれでも問題が解消しない場合は育毛剤などの使用を検討し、早め早めの対策を打って行きましょう。

関連記事としてこちらの記事も合わせて参考にして見てください。

ベルタ育毛剤の効果と成分を紹介!どんな薄毛の女性に効果が期待できる?

画像で紹介!ハゲている女性芸能人はどんな髪型にしているのか

女性ホルモンバランスの減少で抜け毛が発生しやすくなる!控えるべき行動について!

  
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク