固形石鹸シャンプーでハゲになる?特徴や効果とおすすめの石鹸シャンプーを紹介!

通常のシャンプーの代わりに固形石鹸を使って髪を洗う人も少なくないようですが、固形石鹸でのシャンプーは普段使用しているシャンプーでの肌荒れや悪い影響が気になる人、アトピー肌の人にもおすすめと言われているようです。

固形石鹸でのシャンプーにはどのようなメリットがあるのか、固形石鹸での適切なシャンプーの仕方とは、シャンプーで使う固形石鹸のおすすめ、固形石鹸がシャンプーに向いていない理由についてもご紹介します。

スポンサーリンク

シャンプーに固形石鹸を使うメリット

グレー緑石けんと紫花

髪を洗うときは髪専用のシャンプーを使うのが一般的ですが、中には固形石鹸をシャンプーに使用している人もいるそうです。

シャンプーによっては地肌や髪にダメージを与えることがありますが、石けんは頭皮の地肌と髪に、さらには環境にも優しいと言われているようです。

シャンプーが髪や頭皮のダメージに?

シャンプー剤の洗浄成分にもいろいろありますが、一般的なシャンプーの洗浄成分は作用が強く、髪にダメージを与えるものが多くあります。

特に市販の安いシャンプーには注意が必要で、髪へのダメージやヘアカラーの色落ちだけでなく、頭皮の炎症や抜け毛、薄毛の原因にも繋がります。

市販のシャンプーには髪にツヤを出し、指通りを良くするためのシリコンが配合されていることも多いです。シリコンは地肌や髪をコーティングするため、シャンプーで汚れが落としにくくなり、頭皮や髪へ負担をかけるためよくありません。

シリコン以外にも鉱物油などの添加物も配合されているシャンプーはお肌にも環境にも悪いということで、ナチュラル系、オーガニック系女子にも敬遠されているという側面もあります。

シャンプーに使用される合成界面活性剤

合成界面活性剤とは洗浄剤、洗浄成分のことを指します。シャンプーに使用される界面活性剤には高級アルコール系(石油系)合成界面活性剤、アミノ酸系界面活性剤、石けん系界面活性剤などがあります。

石油系界面活性剤

石油系界面活性剤はラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Naなどの「硫酸系」の洗浄剤が代表的です。石油系洗浄剤は一般的に刺激性が強く、洗浄力が高いです。安い価格のシャンプーには多く配合されていることが多いです。

石油系シャンプーでの刺激で髪の毛表面のキューティクルを傷つけたり、抜け毛や薄毛の原因になることもあると言われています。成分表示で水の次にラウレス硫酸Naが表示されてあれば、乾燥肌や敏感肌の人は注意したほうが良いでしょう。

アミノ酸系界面活性剤

アミノ酸系シャンプーは髪にも頭皮の地肌にも優しいシャンプーで、美容室などで使われるような品質の良いシャンプーにはアミノ酸系洗浄剤が多く配合されています。

髪のダメージも抑え肌が弱い人にも使いやすいですが、脂性肌の人には洗い足りないように感じるかもしれません。値段が少々高めなのもネックです。

オーガニック系洗浄成分

オーガニック系シャンプーの洗浄成分にも注意が必要です。オーガニック系シャンプーではゼラニウム油、イランイラン花油、アンゼリカ根油、アンゼリカ種子油、ラバンデュラハイブリダ油などいかにも香りの良いオーガニック成分を配合しています。

しかし髪の手触りを良くするベタイン系の洗浄成分とともに、ラウレス硫酸Naが多く配合されていることもあります。オーガニック系というとなんとなく肌に優しそうなイメージがありますが、特に肌が弱い人は成分をよく確認の上使用した方が良さそうです。

石けんでの洗髪の効果

石けん系の洗浄剤は汚れや皮脂を落とす力がしっかりありますが、天然系成分なので肌には優しい成分です。石けん系の洗浄成分は石油系洗浄剤より肌にも優しく、アミノ酸系洗浄剤より汚れを落とすという点がメリットでしょう。

安いシャンプーから石けんに替えたことでフケや頭皮のかゆみが解消し、髪の毛も以前よりツヤが出るようになったという声もあるようです。固形シャンプーで憧れのバージンヘアを目指すことができそうですね。

オイリー肌の皮脂汚れもしっかり落とすので、抜け毛・薄毛を気にする男性にもおすすめです。

液体状の石鹸シャンプーもありますが、石けん系洗浄成分がアミノ酸洗浄成分と一緒に配合されているシャンプーもあります。

固形石鹸は値段も抑えめ

天然系成分中心の固形石鹸は洗顔や体、髪にも使え、髪や頭皮だけでなくお財布にも優しい商品が多いです。

固形石鹸なら値段の安いもので100円台から質の良いものも手に入り、シャンプー代にお金がかかりません。

スポンサーリンク

シャンプーにもおすすめな固形石鹸の成分とは?

石けん軽石ブラシ

固形石鹸は洗顔、体、さらにはシャンプーにもおすすめされていますが、そもそも固形石鹸にはどのような成分が含まれているのでしょうか。

純石鹸、化粧石鹸ごとに成分を確認してみましょう。

純石けんの成分

石けん成分以外の余計なものが含まれていない純石けんは、ナチュラルなスキンケアを目指す人におすすめされています。

固形石鹸が純石けんかどうか見分けるには、成分表示を確認します。成分のところに石ケン素地、純石けん分、脂肪酸ナトリウムのいずれかのみが表示されていれば純石けんです。

石ケン素地、純石けん分、脂肪酸ナトリウムのいずれかに、水分、グリセリンが記載されいる石けんも純石けんに分類されることが多いようです。厳密には純石けんは脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウムが98%以上のものを指します。

石ケン素地にも種類があり、植物性のものと動物性のものがあります。植物性のものは泡立ちが良くさっぱりとした洗い上がりに、動物性のものは泡立ちはあまりよくありませんが、しっとりとした洗い上がりになります。

化粧石けんの成分

化粧石けんは石けん素地に保湿成分や香料などが配合されたものです。ハチミツやスクワランオイル、ホホバオイル、オリーブオイル、グリセリンなどが保湿成分として配合されていることがあります。

化粧石けんも一般的なボディショープやシャンプーと異なり、天然成分が中心となっています。純石けんだと香りが寂しいという人、保湿力が足りないと感じる人は、香料や保湿成分の配合された固形石鹸を選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

固形石鹸でのシャンプー・ヘアケア方法

寝ている女性

固形石鹸でのシャンプーで抜け毛・薄毛の予防、あるいは憧れのバージンヘアを目指すには、固形石鹸での正しいシャンプー方法をマスターする必要があります。

頭皮や髪へより良い効果をもたらすための、固形石鹸でのシャンプー方法をご紹介します。

固形石鹸でのシャンプー方法

髪を濡らす前にブラッシングをして、髪の絡まりをほどいておきましょう。石けんで洗う前にお湯で髪と地肌をよく洗い、予洗いをしておきます。お湯の温度は38~40℃程度のぬるま湯が良いです。

石けんを手のひらで泡立てたら頭の複数箇所に泡を乗せ、両手の指を広げて曲げ、指の腹を使って頭皮の地肌を小刻みに動かすように洗います。額の生え際や耳周り、襟足付近も洗い残しがないようにしてください。

頭部全体をよく洗えたら、シャワーでよく石けんをお湯でよく洗い流します。洗い残しがあると石けんカスが頭皮や髪に残ってしまい、トラブルの元になるので注意しましょう。

シャンプー後は必ずリンス

私たちの肌は弱酸性ですが、石けんはアルカリ性です。固形石鹸でシャンプーした後は、頭皮と髪がアルカリ性に傾きます。シャンプー後は頭皮の地肌と髪を弱酸性に戻すための、石鹸シャンプー用リンス(酸性リンス、クエン酸リンス)を使います。

リンスは一般的な市販のリンスやコンディショナーではなく、石鹸シャンプー用のリンス、手作りのナチュラルリンスが良いとされています。お風呂場に石鹸シャンプー用のリンスがなくても、お酢かクエン酸があれば大丈夫です。

お湯を半分ほど張った洗面器にクエン酸をティースプーン1杯、あるいはお酢を大さじ1~2杯の量を入れればリンスが完成です。ボトルに精製水500mL、クエン酸50g、お好みの香りの精油を入れて使うクエン酸リンスのレシピもあります。

洗面器に酸性リンスを作った場合は、髪の長い人は洗面器に髪を浸してリンスを髪に浸透させると良いでしょう。

シャンプー後はドライヤーで乾かす

お風呂から上がった後の、髪のお手入れも重要です。濡れ髪の状態のままだと髪の毛のキューティクルが開いたままの状態で、ダメージヘアを招きやすくなります。頭皮も冷えて血行が悪くなり、頭皮に雑菌が繁殖する原因にもなります。

シャンプー後はタオルで頭皮と髪を優しく拭き、ドライヤーで髪を乾かすようにしましょう。ドライヤーの熱による頭皮や髪のダメージに気をつけて、ドライヤーを頭に近づけ過ぎないよう、また1箇所にドライヤーの風を当てすぎないように注意して下さい。

トリートメントでのヘアケア

石けんは洗浄力・脱脂力が高いため、特に髪が細く長い女性は髪のきしみが気になるかもしれません。リンスの後にトリートメントを塗っておくと効果的です。

しかし石けん生活でナチュラルな暮らしを目指している人には、化学製品の含まれた市販のトリートメントなどは使いたくないでしょう。

椿油やオリーブオイルなどの天然成分100%のオイル、黒蜜やハチミツなどでのヘアケアもおすすめされています。オイルは軽くドライヤー前に髪に塗っておくと良いでしょう。シャンプー前にマッサージに使って髪に浸透させるのも良いそうです。

スポンサーリンク

シャンプーに使用する固形石鹸のおすすめ

緑紫ピンク石けん

固形石鹸にもいろいろありますが、どのような固形石鹸がシャンプーにおすすめされているのでしょうか。シャンプーにおすすめされている固形石鹸と、その成分や価格もご紹介します。

固形石鹸のおすすめ「牛乳石鹸」

カウブランドの牛乳石鹸は固形石鹸でもお馴染みの商品です。牛乳石鹸には青箱と赤箱がありますが、色だけでなく中身も異なります。成分には石ケン素地、香料、保湿成分として乳脂、さらに赤箱にはスクワランが配合されています。

青箱は優しい泡立ちでさっぱりとした使用感、ジャスミン系の香りが特徴です。赤箱の方はクリーミーな泡立ちで優しい使用感、洗顔にも使え、ローズ系の香りです。シャンプーには洗顔にも使いやすい赤箱がおすすめされています。

青箱は関東を中心に、赤箱は関西を中心に多く販売されています。赤箱はレギュラーサイズで1個税込108円、青箱は税込86円と大変お手頃な値段です。

固形石鹸のおすすめ「ミヨシの無添加白い石けん」

無添加の純石けんでは、ミヨシの無添加白いせっけんがおすすめです。「無添加」と表示されていても実際には乳化剤などが配合されていることもありますが、ミヨシの無添加石けんは成分を見ても石ケン素地のみ、体以外に洗濯や食器洗いにも使うことができます。

香料、着色料、防腐剤が入っていないため肌が弱い人にも使いやすいそうです。税込価格で162円、Amazonでは3個入りの新品価格が345円から売られています。無添加石けんの中でもかなりお手頃の価格です。

その他のシャンプーにおすすめな固形石鹸

上記でご紹介した固形石鹸より少し高価なオーガニック系の固形石鹸も、ナチュラルなスキンケアを好む女性に人気のようです。

ランパル・ラトゥールのBIOオーガニックオーバルソープには5種類の香りがあり、石ケン素地、グリセリン、オリーブ油に、各石けんによってラバンデュラハイブリダ油、ハチミツ、アーモンド油、リモネンなどが配合されています。税込で1,296円です。

アマルマのアーユルヴェーダ石鹸シャンプーバーはシャンプー専用の固形石鹸で、ヤシ油やパーム油などの植物性の石ケン素地に、アリタ、アムラ、リタ(髪のためのアーユルヴェーダハーブ)より抽出されたエキス、イランイラン油などが配合されています。税込で1,296円です。

「まるで美容液のよう」とも形容されるガミラシークレットのゼラニウムソープもおすすめの固形石鹸です。オリーブ油、アーモンド油、ゼラニウム油、ラベンダー油、カミツレ花エキスなどが配合されています。1個あたり税込2,489円とかなり高めの価格設定です。

スポンサーリンク

固形石鹸でのシャンプーが良くない理由とは?

西洋梨緑の石けん白いカップ

固形石鹸でのシャンプーのメリットや方法についても確認してきましたが、中には固形石鹸でのシャンプーはおすすめしないという意見もあるようです。固形石鹸でのシャンプーにはどのようなデメリットがあるのでしょうか。

固形石鹸でのシャンプーによる髪へのダメージ

固形石鹸でのシャンプー方法でも触れましたが、石けんはアルカリ性、髪の毛は弱酸性です。髪の毛表面を覆っているキューティクルは酸性のものに対しては引き締まる性質が、アルカリ性のものに触れると開く性質があります。

キューティクルが開くと髪が非常に傷みやすい状態になり、髪の毛内部の水分やタンパク質が流出し、髪が弱りやすくなります。また石鹸のアルカリ作用により、パーマやヘアカラーが落ちやすくなる恐れもあります。

ダメージを受けやすいからこそクエン酸リンスで髪を弱酸性に戻すのですが、クエン酸も髪へダメージを与える可能性もあります。ハイダメージな髪はダメージレスどころか、固形石鹸でかえって髪にダメージを与え、髪の傷みが目立つ恐れもあります。

固形石鹸でのシャンプーによる頭皮のダメージ

髪同様に頭皮も石けんでダメージを受けやすくなる可能性があります。石けんは汚れや皮脂を落とす力が強く、特に乾燥肌の人は地肌に必要な皮脂まで奪われ、肌のバリア機能が失われる可能性があります。

特に液体の石鹸より固形石鹸の方が石鹸カスが頭皮や髪に残りやすく、頭皮のかゆみ、かぶれを起こす原因もあります。頭皮ダメージは抜け毛・薄毛の原因にもなるので、洗い方には慎重になる必要があります。

固形石鹸でのシャンプーをおすすめできない人

無添加の固形石鹸でシャンプーは頭皮への刺激も少なく、使いやすいという敏感肌の人の意見もありますが、中にはシャンプーが肌に合わなかったという人もいます。

乾燥肌の人や髪のダメージが進んでいる人は、固形石鹸でのシャンプーはあまり向いていないと言われています。一般のシャンプーや石けんより値段が高くなってしまっても、地肌と髪に優しいアミノ酸系シャンプーの方がおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

花の冠女性

市販の安いシャンプーの洗浄成分は髪や頭皮へのダメージが心配されており、抜け毛・薄毛の原因になるとも言われています。アミノ酸系シャンプーはよくおすすめされますが、若干値段が高めです。

そこでお金もあまりかからず、肌にも優しい天然成分中心の固形石鹸でのシャンプーもおすすめされています。固形石鹸でシャンプーしてから、頭皮や髪の調子が良くなったという声も多く寄せられているようです。

固形石鹸でのシャンプーは肌への刺激性は低いですが、石けんがアルカリ性のため弱酸性のリンスを併せて行うことが必須です。髪がきしみやすくなるため長い髪の人はトリートメントも、他にも石けんカスが頭皮に残らないよう丁寧にすすぐことも重要です。

無添加の固形石鹸は敏感肌の人にもおすすめされていますが、乾燥肌や髪のダメージが進んでいる人には向いていないこともあります。髪の状態や頭皮の肌に合ったヘアケアで、健康な頭皮と髪にしましょう。

  
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク