ハゲの治療にはどんな方法がある?気になる治療費や治療期間まとめ!

日々進化しているはげ治療法。しかし未だ完全100%はげが治療できる治療法と言うのは見つかっていません。

はげ治療法の多様化が進む中でどの治療を選ぶのか、どの治療法が自分に合っているのか、それをしっかり選択して行わないと高額な治療費が無駄になってしまいます。

現段階で、クリニックや病院などで行われているはげ治療法についてまとめました。それぞれの治療法、効果、金額、治療期間などについて知っていきましょう。

スポンサーリンク

薄毛の治療法にはどんなものがある?

治療

薄毛の治療法は現在でもどんどん進化してきています。特に近年では薄毛治療やシャンプー業界、育毛剤業界は市場が広がってきており、成長中の業種になります。

昔では行われていなかった治療法が誕生したり、昔から行われている治療法は更に進化し、安全性や髪の毛の癒着性は向上しています。

実際に現在薄毛治療クリニックでは、どの様な治療法があるのか、見ていきましょう。

内服薬を使用しての治療法

まず、最も多くの人に行われている治療法が内服薬を使用しての治療法になります。

主にフィナステリド系の内服薬やミノキシジルなどの治療薬が使用されています。現在これらの治療内服薬の効果実感率は1年間の使用を行った人の統計では90%を超える結果になっています。

皆さん何かしらの効果を実感していると言う効果を感じています。

外用薬に比べて、副作用などが発生しやすく、全体の1割ほどに何かしらの副作用を発生させてしまう問題を相変わらず抱えていますが、効果については外用育毛剤ではなかなか感じることの出来ない発毛育毛効果を期待することが出来ます。

最低でも6ヶ月以上の継続使用が推奨されていて、一旦髪の毛の状態が安定すると薬の服用を止めても一定期間は効果が持続してヘアサイクルが保たれて成長期が長い健康的な髪の毛が生えるようになります。

外用薬を使用する治療法

クリニックなどでも外用薬を使用しての治療法は行われています。市販で売られている商品とは違い、医療薬の分類に当たるものを使用しているので、市販のものよりも成分濃度が濃く、高い効果が期待できる点で差別化されます。

内服薬と合わせて使用されることが多く、辞めたくなればいつでも辞められることや1回で支払う負担が他の治療法に比べて安価なため比較的始めやすい特徴がります。

外用薬には内服薬同様のミノキシジルなどの成分が含まれているものもありますが、頭皮からはほとんど体内に吸収されないので内服薬ほどの副作用の危険性はありません。

しかし、成分が市販のものよりも濃いことで、頭皮がベタベタしやすく、使用感があまり良くないことから使用を中断してしまう人もちらほら見かけます。

しかし、成分の違いから、市販の外用薬で効果が見られなくても医療用の商品であれば効果が現れた。と言うケースもあります。こちらも内服薬同様6ヶ月以上は使用してみたほうが良いでしょう。

自毛植毛で治療

昔は、自毛植毛といえば患者の負担がかなり大きいものでした。大きく髪の毛と皮膚の表面を切り取り髪の毛の薄い所に貼り付けるというかなり大胆な方法で手術が行われていました。

更に、そこまでしても成功率はそこまで高くありませんでした。定着率の問題や、頭皮の凹凸が残ってしまったり、生え際の髪の毛が不自然になってしまうなどの課題が残る代物でした。

しかし近年の植毛の技術は1990〜2000年ほどから急激に進化してきていて、パンチグラフトという植毛技術が到来してから一気に安全性や定着性、更に自然な生え際や細かい植毛量の指定などが行えるようになり、実用性を増しました。

現在では切らない植毛の手術方法が主流になっているので、負担も少なく実に有効な治療法になります。

毛髪再生治療法という治療方法

これは、頭皮に直接育毛効果のある薬液やクリニック特別配合のカクテルなど、患者に最も適している配合の薬液を注入し、育毛効果を発揮させます。

  • HARG療法
  • マソセラピー療法

などがあります。

直接頭皮に注入するので効果が高く成長因子に働きかけて髪の毛の発毛育毛効果を高めます、副作用の事例に関しても現段階では多くは報告されていません。

現在報告されている副作用の問題は、頭皮の湿疹や赤らみ、かゆみと行った症状になります。

植毛治療は少し抵抗がある、手術の失敗が怖い場合で経口使用の薬品などで効果が出なかった人におすすめの治療法になります。

注射の方法については超音波器具で薬剤注入を行ったり、電気を使用して小さな穴を開けてそこから薬剤を注入する方法などがあります。

それぞれ病院ごとに採用している施術方法が違い、痛みや術後の痒みの症状などが異なりますので、カウンセリングの時に確認するといいでしょう。

生活習慣やヘアケアの指導をして治療を目指す

もし、薬品を使わずに手術などを行わずに育毛活動を行いたいという人には、カウンセリングや生活指導を行うことをメインにした治療方法もあります。

シャンプーなどをクリニックが推奨する専門の商品に買い替えて、正しいヘアケア、頭皮ケア、生活習慣の改善を行いながら、育毛を促していきます。

特に女性に人気で、ホルモンバランスを整えることで女性ホルモンが優位になり、エストロゲンの働きで髪の毛の成長期が正常になる女性には特に効果が期待できる治療法になります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

現在クリニックなどで行われている治療法は以上の5つになります。

どの治療方法を選択するかは専門家の医師としっかり相談して決定していきましょう。

スポンサーリンク

それぞれの治療法の治療期間や治療費について

保険 お金

どの治療法を決定するかをしっかり検討するためには、それぞれの治療費や治療期間などを考慮しないと決めることは出来ませんよね。

5つの治療法の治療費と平均的な治療期間について紹介していきます。

内服薬の治療費・治療期間について

内服薬の治療費や治療期間はどれくらいかかるのかについて見ていきましょう。

治療費について

内服薬を使用した治療方法では、内服薬を購入する金額とクリニックでの毎回の検査料や処方量が掛かってきます。

まず初診でカウンセリングやマイクロスコープを使った検査費用として1万円の検査費が掛かってきます。この検査を初回のみ無料で行ってくれるクリニックなども増えています。

そこから再来院して、治療や資料作成、写真撮影や1ヶ月分の治療薬を購入して15000円〜30000円程の金額が掛かってきます。

薬代のみでは、平均的に1ヶ月分5000円〜1万円が基本で、そこにオプションの治療などを受ける場合には金額が上乗せされます。

使用方法としては24時間間隔で1日1錠を基本服用量として使用します。1錠の価格がだいたい200円前後と計算すると良いでしょう。

入手方法はクリニックだけでなく、個人輸入で安く購入することも可能です。しかし、完全自己責任となりますので、予め覚悟しておきましょう。

治療期間

治療薬には主にフィナステリド系のプロペシアなどの薬品とミノキシジルタブレット、女性にはパントガールという治療薬があります。

ミノキシジルとフィナステリド系の治療薬は効果が異なる薬品ですので、合わせて服用することが可能で、併用することで更に高い効果が期待できます。

治療期間については、症状の度合いや、薬品の効果に個人差がありますので、一概には言えませんが、3ヶ月で25%程の患者に効果が現れ始め6ヶ月の継続使用で半数近くが効果を実感します。

更に1年継続では9割が効果を実感するようになります。しかし、効果を実感しているだけでフサフサにまで到達するには長くて3年〜6年ほど使用する人も居ます。

プロペシアの効果の最高到達点は2年〜2年半年の期間に訪れますので、まずは3年を目標に試してみれば、自分に効果があるかどうか判断することが出来るでしょう。

外用薬の治療費と治療期間

外用薬を使用しての治療法の治療人期間について紹介します。

治療費について

外用薬は基本的に内服薬とセットで使用することが多い商品ですので、上記の内服薬の費用にプラスして掛かってくるものとして考えたほうが良いかもしれません。

外用薬だけを使用することも出ますが、セットにすると安くなることが多く、外用薬単品であれば、リアップやロゲインやイクオスなどを使用したほうが良いかもしれません。

クリニックで購入する場合には金額は1本1ヶ月分5000円〜20000円程の金額の開きがあります。5000円の商品に関しては基本的に市販のものと変わらない既に配合されている商品で、数万円の商品に関しては、患者に対して個別に配合したものや、クリニックが独自に配合しているオリジナルの商品になります。

ですので1年間使用すると仮定した場合、7万円〜20万円程の金額を用意できるか、検討する必要があるでしょう。

治療期間

育毛剤の使用期間についても特に決まりはなく、どこでやめるかは使用者のタイミング、もしくは医師との相談で決定されます。

推奨されている使用期間については6ヶ月以上〜1年がおすすめされています。1ヶ月ほどで辞めてしまう人も居ますが、実際に頭皮に成分が浸透してから髪の毛が生えてくるまでには1ヶ月〜3ヶ月の期間はかかります。

更にそこから、目に見える効果を実感するためには数カ月の時間がかかります。

また、育毛剤や育毛薬などの薬は使用したすぐには初期脱毛という症状が発生します

これはもともともう成長しない後退期や休止期に入っている髪の毛が一気に抜け落ちる症状で、驚く人も多く居ますが、これは次に生えてくる成長期の髪の毛が生えるための準備になります。

なので、短期間で辞めてしまわずに6ヶ月以上は使用してみたほうが良いでしょう。

自毛植毛の治療費と治療期間について

自毛植毛の治療法の治療費と治療期間について紹介します。

治療費について

それぞれのクリニックで異なる料金設定がされているので、いくつかのクリニックを比較して紹介していきたいと思います。

国内に数店舗展開しているクリニックの価格の相場について見ていきましょう。

アイランドタワークリニック

基本治療費20万円+i-Direct法1グラフト1200/刈らないDirect1グラフト2000

*グラフトとは毛根から数本生えている髪の毛の株のこと。日本人は平均1グラフとから2本の髪の毛が生えている。

参考価格:i-Direct法の場合116万〜200万円程/刈らないDirect法の場合260万〜360万程度

*価格の差は手術方法の違いになります。高額な方がより自然な仕上がりで、頭皮への負担も少なく、癒着力も上がります。

料金表はこちら

親和クリニック

MIRAI法の場合:基本治療費20万円+1グラフト800〜1200円(希望グラフト数により値段が変動します。グラフト数が多ければ安くなる)

NC-MIRAI法の場合:基本治療費30万円+1グラフト2000(グラフト数による金額の変動なし)

参考価格:MIRAI法の場合140万〜280万/NC-MIRAI法の場合230万円〜500万円ほど

料金表はこちら

AGAルネッサンスクリニック

ARTAS植毛・ドナーストリップ法共に料金差なし。基本治療費なし。

参考価格:50万〜200万円程度(モニター価格が存在し、登録すると10万円〜20万円の金額割引されます)

料金表はこちら

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

どのクリニックでも分割払いが可能で最高84回払いで月々の支払金額は1万円前後の負担の少ないプランもあります。さらに遠方からの受診の場合には宿泊費や交通費を保証してくれるところもあります。検討してみてください。

治療期間について

治療期間は1ヶ月ほど。手術自体は1日で終了します。

まずはカウンセリングをしっかり行って、それから治療日を決定します。まずドナーである自分の髪の毛を採取し、植え付けまでの手術を1日で行います。

手術の当日の所要時間としてはまず流れの確認と手術までの対機に30分程度、ドナーの採取に30分〜2時間、(株分けを行う場合は1時間〜2時間)、移植に1時間〜2時間、術後の注意点などについての説明や、術後すぐに傷口から出血などが起きないかの確認のために30分〜1時間トータルで4時間〜6時間程の時間がかかります。

その後1週間〜2週間ほどはシャンプーが行なえませんが、1週間以上経って経過が良好であればシャンプーを行えるようになります。

その後1ヶ月ほどで経過を観察し、問題なければ治療完了の流れになります。

癒着率などの問題もありますが、95%以上の成功率を誇る治療法になってきています。数年かかる治療を行うのであれば、植毛も視野に入れて治療するのもありでしょう。

頭皮に注射する治療法の治療費や治療期間について

HARG療法やメソセラピー療法と呼ばれる治療法の治療費や治療期間について紹介していきます。

治療費について

HARG療法は1年に1回〜2回ほど頭皮に注射しに行くことで育毛効果が持続する治療法です。

参考価格:初年120万/長期プラン5年通院(1年1回の通院)192万

メソセラピー療法は2〜3ヶ月に1回通院して注射をする治療法になります。

参考価格:1回の治療5万円〜7万円(年間70万程度)

治療期間について

メソセラピー療法もHARG療法も4〜6ヶ月という比較的早い段階で効果を実感するデータが出ています。6ヶ月までの間で90%以上の利用者が効果を実感しています。

HARG療法については、半年間の治療の後は効果がそのまま持続し、しばらくは治療を行わなくても構いません。気になった場合に数回の追加治療が必要な程度でかなり長期間効果が持続するので、初期費用は高額ですが、トータルコスト的には最安の治療法かもしれません。

メソセラピー療法については、定期的に治療を追加して行わなければ行けないので、長期的な治療が必要になるでしょう。その分コストもかさみやすく、辞め時がわからないというデメリットもあります。

生活指導での治療法の治療費と治療期間

生活習慣を改善しての治療法の治療費と治療期間について紹介します。

治療費について

まず最初に掛かってくるのが、初診費ですがカウンセリングのみの場合には無料のクリニックもあります。

「薄毛 女性 カウンセリング」などで検索すると出てきますよ。

基本的には無料でない場合には5000円ほどの初診費用がかかります。そこから最初の資料作りで問診・写真撮影・採血などを行って、5000〜1万円程の料金がかかります。

その後データを元に最適な育毛方法を医師が提示し、サプリメントや生活指導、食事法に関するアドバイスを行います。

薬代と合わせて16000〜35000円程の価格が相場になります。

その後追加の薬代やカウンセリング料金として薬代+診察料5000程度が1ヶ月〜2ヶ月に1回掛かってきます。

治療期間について

5ヶ月〜11ヶ月の間で効果を時間する患者が多く、それ以降は自分の判断で通院を続けるかどうか判断する形になります。

ですので半年〜1年間が治療期間ということになります。

生活習慣の改善については、医師から指導を受けたものをそのまま継続して行えばいいので、わざわざ病院に行かなくとも、自分で行うことも出来ます。

サプリメントは類似品を使用すれば似たような効果を得ることも出来ますし、頭皮などの状況の詳しい確認が出来ないことを除けば、この治療法は医師なしでも継続できる治療法でしょう。

薄毛治療に健康保険は適用されるのか

薄毛治療は自由治療に含まれる治療法になります。ですので、健康保険は適用されることはありません。10割すべて、自己負担での治療になります。

しかし、一部例外に頭髪の問題により精神的疾患を抱えてしまった場合には、稀に保険が適用されるケースがあります。

また、クリニックや病院で医師から受けた治療に関しては、高額医療費控除を申請することが出来ます。領収書や診断書をしっかり保管しておき、手続きを行いましょう。

特に薄毛の原因が病気からくるものであった場合には確実にこの制度を利用することが出来ます。完全に美容目的である治療の場合には受けられない可能性もありますので注意してください

医療費控除は年間に10万円以上医療費がかかってしまった場合に、そのお金にかかるはずの税金が控除されると言う制度になります。医療に使った金額分の税金を安くすることが出来る制度になります。

薄毛治療は高額ですので、可能であれば利用していきたい制度です。

スポンサーリンク

薄毛治療の危険な副作用や失敗例について

失敗

薄毛治療は、髪の毛を生やす非常に有効な頭髪改善法になりますが、薄毛治療には危険な副作用や手術での失敗例が存在します。

現在の薬を使用した治療法の副作用や手術での治療法での失敗例にはどの様な問題が潜んでいるのでしょうか。詳しい内容について知っておきましょう。

薬を使用した治療法の副作用について

薬についてはいくつかの副作用が報告されています。まだ、発毛に対して有効な新薬が開発されていないので、現在でも副作用がある薬が継続して使用されています。

薬ごとの副作用を見ていきましょう。

フィナステリドの副作用

プロペシアに代表されるフィナステリド系の発毛薬の副作用を紹介します。

アメリカの先発薬であるプロペシアでは副作用として、ED(勃起不全)、性欲減退、胃腸の不快感、消化器系の異常、湿疹、血管浮腫、重篤な肝機能障害が報告されいています。

実際にこれらの症状を発生させているのは全体の1%未満ですが。勃起不全や性機能障害に関しては1〜5%の確率で発生しています。

元々は前立腺肥大症の薬として開発されたものですので、本来は髪の毛を生やす目的で開発されたものではないことを知っておきましょう。

ミノキシジルの副作用について

ミノキシジルも元は高血圧の症状を和らげるための血管拡張薬として開発されたものになります。副作用として多毛症が発生したことを確認したため、発毛剤として名前を変えて再販売しました。

報告されている副作用は、手足のしびれ、目のかすみ、めまい、不整脈、低血圧、意識の低下、胸の痛み、性機能の低下などの症状があります。

特にこれらの薬は過剰に摂取するなど、使用量を超えて使用した場合に発生しやすい副作用になります。しっかり用法用量を守って使用するようにしましょう。

自毛植毛の失敗例について

自毛植毛で最も問題となるのは、定着率の問題や髪の毛の生え際などの自然な処理が出来ているかなどの問題です。

自毛植毛では後頭部や側頭部の健康な髪の毛を選んで、植毛に使用します。基本的には後頭部や側頭部の毛根にはAGAの薄毛の原因となる男性ホルモンのDHTが存在しないので、この毛根を移植することで抜けにくい髪の毛が薄毛の部分にも植え付けることが出来るのですが、定着率が悪いと髪の毛が育たずに抜け落ちてしまうことがあります。

この定着率は手術にかかった時間で大きく左右されるので、医師の経験が豊富であるかどうかで大きく変わってきます。

また、1回の手術で多くの数のグラフト数の手術を行おうとすると手術の時間も長くなってしまうので、定着率が下がってしまいます。

その辺も考慮して手術内容を決定するといいでしょう。

実際に定着率に関する具体的な数字を出しているクリニックはないので、経験の豊富さで判断するしかありません。カウンセリングをしっかり行って置くことも定着率をあげるポイントになります。

術後の飲酒や喫煙など頭皮に悪影響を与える行為は絶対に避けてしっかり定着率を上げていきましょう。

注射をする治療法の副作用

この治療法に関しては、副作用の少ないものになります。

まだ最近から行われるようになった治療法でもありますので、データが取れていないこともありますが、確認されている副作用に関しては、頭皮の赤らみ、痒み、痛み、

またアレルギー起因物質も服されていないので、他の薬品の様に炎症などを引き起こす可能性も少ないでしょう。

特にHARG療法に関しては現段階では最も効果的で、副作用の少ない治療法と期待されています。

実際に体験した人の意見

しかし経験者からの効果が無いとする声も上がっています。効果ありと効果なしの意見を述べる一部の投稿を紹介します。

「70万円かかったのに効果なし。その上麻酔を使用しないので痛い。痛くない方法は液漏れするのでおすすめしないと言われた。みんな騙されないように」

「治療を受ける前までのカウンセリングの時は非常に真摯に話をしてくれたのに、治療が終わってからのアフターケアは雑そのもの、医者のドライさを痛感した。実際に効果は無かったし、不明点については応答してくれなかった。おすすめできません。」

「自分の場合は満足です。3軒のクリニックをはしごしてしっかり話を聞いて自分なりにいいと思ったクリニックを受診しました。HARG+αで他の治療薬などを併用しながら合計100万円ほどかけて治療に挑み、途中薄毛がひどくなったかな?と思う瞬間もありましたが、最終的には満足行く結果を得られました。」

スポンサーリンク

薄毛治療の未来について

未来 時間

今後の薄毛治療はどの様に進化していくと予測されるのか、現段階で研究が進行している薄毛治療法や、これから到来するであろう治療法について紹介します。

iPS細胞を使用した治療法が研究されている!?

日本の山中伸弥教授が賞を受賞した研究がiPS細胞を発見した研究結果でした。

このiPS細胞は人間の体のあらゆる臓器の因子をこのiPS細胞に注入して培養することで、新たな臓器を作り出す万能細胞で、自分の細胞を使ってドナーなどを作れるのではないかと期待されているものになります。

このiPS細胞を利用した植毛技術が現在資生堂で研究されており、この技術が完成すれば植毛技術は更に飛躍的に進化することになるでしょう。

実際iPS細胞の医療応用の目標は2030年を目処に進められていて髪の毛に限らずあらゆる治療に使われるようになりそうです。

ハゲがなくなるのは何年後の未来?

現在進められているiPS細胞は今から11年前の2006年に開発され、2012年にノーベル賞を受賞、そこから現在まで更に5年の月日が流れています。

この研究によりハゲが完全に治療できる世の中が到来するのではないか、と期待されています。現段階ではその未来が訪れるのは5年先とも10年先とも言われています。

また、理化学研究所や京セラが行っている研究では髪の毛作る器官そのものを移植するという研究が行われていて、マウスを使った実験から、現在では臨床実験まで進められています。

マウスでは既に3週間で発毛が確認されていて、この技術を2020年には実用化を目指したいと発言しています。

スポンサーリンク

まとめ

薄毛業界の発展はシャンプーや欧米食の到来とともに増加しているともいわれています。まずは生活習慣や食生活の見直しやシャンプーを変更することから始めて育毛・発毛対策を始め、頭髪を改善していきましょう。

もし、それらの対策で効果がなかった場合には上記の育毛治療法を参考にして、自分の経済的な状況や、自分に合った治療法を選択して、しっかりクリニックなどを選んで治療をしていくようにしましょう。

特に植毛の治療については、医師の腕が非常に結果を左右する治療法になります。ネットでの情報のみを鵜呑みにして決定しないようにしましょう。同じ病院を受診しても担当の医師が違えば全く違った結果になることもあります。

しっかり医師との信頼関係を構築して治療に望んでいきましょう。

関連記事としてあわせて参考にしてみてください。

自毛植毛の経過を見よう!注意点や体験談まとめ【手術内容と術後経過】

自毛植毛のステップは?失敗のリスクや植毛のデメリットや掛かる費用を紹介!

頭皮に育毛剤を注射する治療法って?気になる効果や治療費について紹介!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク