就活をするときの髪型のポイントは何?男女の髪型ベスト3を紹介!薄毛はマイナス評価になるのか

就活を行う時には髪の毛を今までのオシャレ重視の個性の強い髪の毛から無個性で好印象の髪型に変更しなければいけません。

就活で有利になるとされている髪型はどのようなものを思い浮かべますか?男性であれば爽やかな短髪や清潔感重視の髪型でしょう。女性の場合は黒髪もしくは暗めの茶系の色でパーマの激しくない色の髪の毛でおでこを出したり簡潔に束ねた髪の毛が一般的なのでは何でしょうか?

就活で髪の毛を切るときのポイントや人気の髪型、おすすめの髪型を男女別に3つ程紹介していきます。髪型を決める時に抑えるべきポイントなどについても紹介しますので是非参考にしてみてください。

さらに薄毛が就活に与える影響はあるのかどうかも紹介していきますのでそちらも合わせて読んでみてください。

スポンサーリンク

就活時の髪型のポイント

ビジネス

就活を行う上では髪型は印象を左右する大きな要素になります。人事の人は面接や説明会やインターンなどの短い期間でみなさんと接する中でその人の人柄や能力などを見極め、必要数の採用者を決定しなければいけません。

髪の毛は印象を決定する上では非常に重要な要素になります。これからの人生を大きく変える分岐点でもありますので、ポイントをしっかり抑えて髪型でマイナスな印象を与えてしまって失敗しないようにしましょう。

清潔感が重要

就活での髪型を決定する上で最も重視される要素は男女共に清潔感が重要になります。今までの学生生活や普段の生活の中では個性やかっこよさ可愛さなどを重視していたかもしれませんが、就活では1番に清潔感がきます。

どんなにかっこよくても会社は恋人やモデルなどを必要としている訳ではないので、ただ可愛い、ただかっこいいだけで清潔感や誠実感がなく遊び人の様な印象を与えてしまう髪型はマイナス評価の対象になります。

髪型を気にせずそのままの髪型で就活に挑む人は就活に失敗することになるでしょう。多くの就活生はこの清潔感を重視した髪型を非常に意識して就活に望んでいます。髪の毛が落ちてしまわないようにヘアピンを使用したり、髪色をしっかり染め直したり、適量のワックスで髪型が決まる短さの髪型だったり、そんな中で1人だけ髪の毛に何も手を加えていない人が混ざっていれば非常に目立ちます。

大丈夫だろうという慢心さが周囲との大きな差を表に出してしまいますので注意しましょう。

髪色は黒が理想

男女ともに髪の毛の色は黒が理想でしょう。女性に関しては若干の茶髪は許容範囲内ですが明るすぎる茶色はNGです。不自然すぎないくらいの落ち着いた色で髪型と合わせて決定するようにしましょう。

男性(メンズ)の場合は黒が基本になります。美容院や服飾業界に関しては髪の毛の色やヘアスタイルについても自由な傾向があり、寧ろそのような業界では髪色などが攻撃的で若いエネルギーのある活力ある若者を重視して積極的な人を採用する場合もあるようです。

しかし、一般の会社の面接を希望する場合は髪の毛の色に関しては男性は黒が原則となります。黒髪で面接を受けることは寧ろマナーなので髪色を戻さずに面接を受けると失礼になってしまい、常識がない、威圧的、協調性がないなどの印象を与えてしまう可能性があります。

最近では髪の毛の色や髪型などを気にしない自由度の高い企業なども増えてきているのは確かですが、面接など就活時は個性的なのは中身だけにして髪の毛などの見た目はマナーをしっかり守り、髪の毛の色も黒髪で就活に挑むのがベストでしょう。

短すぎず長すぎず自分ににあった髪型を

髪の毛は短ければいいというものでもありません。普段のあなたの事を知らないので髪の毛がどれだけ短くても人事担当の面接官などは気にも止めませんが、自分の髪の毛の違和感で自分自身が違和感を感じてしまって必要以上に力が入り、普段の力を出せなくなることもあります。

短くすることばかりを意識しなくても清潔感があり、前髪で目が隠れていなかったり一定の短さがクリアされていれば評価としてマイナスになることはありません。

需要なのは中身なので髪型に引っ張られてしまわないように、清潔感は重視しながら普段の自分らしさを含めたいい部分を見せられるようにしましょう。

髪型に慣れるためにも、早めに髪の毛を切って置くこともおすすめします。

部分ごとの髪の毛の長さのポイント(男性)

髪の毛を切ってもらう上で美容師にしっかりカットしてもらうために押さえてもらうべきポイントを紹介します。切ってもらったけど長すぎたなどの事にならないようにしましょう。

前髪

眉毛よりも上になる長さにカットしてもらいましょう。目にかかってしまうほど前髪を作ってしまうとチャラい、遊んでいる印象や暗い元気のない印象を与えてしまいます。前髪を長くしてしまうとワックスなどを余計に沢山使ってスタイリングしなければいけなくなるので、より清潔感よりもオシャレ度の高い髪型になってしまいます。

おでこを見えるくらいの髪型が似合う場合は前髪を出すくらい短く、そうでなくても前髪は眉毛のラインから上になるように注文しましょう。

サイド

サイドの髪の毛は刈り上げてしまうのも一つの手です。ツーブロックはオシャレな雰囲気を落としてスタイリングすれば就活でも有効な髪型ですし、幅広い輪郭の層に似合うので誰でも行うことが出来ます。

サイドの髪の毛をカットするときのポイントは、耳にかからないことです。耳にかかってしまうと一気に清潔感がなくなってしまうので、就活では耳が出るように髪型をセットしましょう。耳を出す点では女性にも同様のことがいえます。髪の毛を束ねるなどして耳を出して印象をUPしましょう。

襟足

襟足の長さはシャツの襟にかからない様な長さに整えることが重要になります。全体のバランスに合ったように自然な長さにカットすれば襟足にかかるような髪型にはならないと思いますが、一応美容師にしっかり注文しておきましょう。

襟足の長さが長いのは田舎のヤンキーやホストで働く男性やミュージシャンなどが多い印象で基本的に会社で働く上では必要ない要素になりますので就活での印象は良くありません。

襟足を伸ばしている人は就活を期に卒業しましょう。

セット時の注意点

髪型を決定するのはカットの作業だけではありません。大きく髪型の印象を変えるのはワックスなどの整髪料です。整髪料は出来るだけ少ない量で髪型をセットするのがベターです。

派手に髪の毛に束感を出したり、動きの強い髪型にすることは避けたほうが良いでしょう。寝癖をしっかり落とし、全体のバランスを整えて前髪をしっかり整えたりボリュームが少なくなってぺったんこにならない程度にスタイリングするだけで十分です。

くれぐれもワックスなどを使いすぎないように注意してください。

ワックスのつけすぎに加えて、整髪料などの匂いについても注意しましょう。香りの強いものは就活の場としては不適応です。マナーとしても無香料の物を選択するのが良いでしょう。

ぎりぎりになって購入でバタバタしてしまわないように予め無香料のものを早めに購入しておきましょう。

眉毛について

髪型と一緒に眉毛の処理を行っておきましょう。眉毛も髪の毛に次いでその人の印象を決定する要素を大きく持っている部分です。キレイに眉毛を切りそろえるだけで清潔感が上昇し、好印象に繋がりますので眉毛のカットも忘れないようにしましょう。

自分で行うことが難しいという場合は、美容院などでも眉毛をカットしてくれるコースなどを用意しているところがありますので、それらを利用して眉毛をキレイに切りそろえておきましょう。

逆に眉毛を切りすぎて細くなっている場合などは要注意です。威圧的な印象を強く与えてしまうので、営業などの接客重視の仕事での就活では間違いなく大きなマイナス要素になってしまいます。

就活に備えて眉毛を伸ばしておきましょう。間に合わない場合は眉毛をしっかり書くなどして普通の太さの眉毛を作るようにしましょう。

スポンサーリンク

男性におすすめの髪型

シャツメガネヒゲ笑顔の男性

就活時に男性におすすめの髪型を紹介します。これにしておけば間違いないという髪型をセレクトしたものを紹介しますので是非参考にしてみてください。

どの会社を受ける上でも問題となる要素のない、メンズヘアの髪型を3つ紹介していきます。

ビジネスショート

就活やビジネスの場で基本となるポイントを全て網羅した髪型で爽やかさや清潔感をしっかり出しつつオシャレさをしっかり出して行くスタイルです。

就活を行う上では最も無難な髪型なのではないでしょうか。個性を出しすぎずそれでいてしっかり自分の髪型や顔の輪郭にあったスタイルにしてもらうことで、自分の持っている清潔感を最大限に出すことが出来ます。

前髪、サイド、もみあげ。トップの長さは基本的に輪郭や耳などにかからない点などで髪型は髪質で変わってくるくらいでその後のセットの方法で印象は変わってきます。

輪郭のバランスを考慮しながらサイドとのバランスをみて髪型のバランスを決めていきましょう。

アップバング

前髪を上げて立たせる髪型です。おでこを出すことで表情を完全に見せて印象を強めます。清潔感においては一番印象の高い髪型なのではないでしょうか。

さらにアップバングはツーブロックとの相性もいいので、サイドを軽く刈り上げて見てもいいでしょう。もみあげがしっかりしている人は全体を短く切ってトップから前髪まで軽く流しながら立たせてもいいでしょう。

七三の髪型とも合わせて前髪を上げて七三にすることでも印象を少し控えめにしながら好青年の印象を実現できます。

おでこを出すとより社交的な印象が付与されますので、接客関係の職種では選ばれる確率がアップするでしょう。くせ毛の人もアクセントになって有効ですのでおすすめです。

控えめツーブロック

若い年代の社会人でもオシャレさが高い男性が行っている髪型がツーブロックです。かなり攻めたツーブロックは社会人としての品位が問われてしまいますので、あくまで控えめなツーブロックのみの採用となります。

サイドのボリュームを落とすことは清潔感を出す上では重要な事なのでサイドのボリュームを落とすためにしっかりボリュームを落として上の髪の毛をかぶせることで自然なボリュームカットを行いましょう。

あくまでボリュームカットが目的としては大きく、オシャレに見せることが主な目的ではありません。年配の人が審査を行う場合あまり現代的過ぎる髪型は不採用の対象になってしまう可能性がありますので注意しましょう。

就活は長期的に続くこともありますので、その場合でもサイドの髪の毛が伸びてしまってまた美容院に行くなどの手間がかからなくて済みます。就活中はなかなかバイトなども出来ませんので短めにカットすることをおすすめします。

男性の場合はマッシュヘアなどの髪の毛の長めのスタイルはおすすめできません。髪の毛を伸ばしてオシャレを楽しむのは内定をもらってからにしましょう。

スポンサーリンク

女性におすすめの髪型

女性

女性が就活を行う時のおすすめの髪型を紹介します。女性の場合は髪の毛の長さに大きくばらつきがあるかと思いますがロング、ミディアム、ショートの3つの髪型を一つずつ紹介していきたいと思います。

自分の髪の毛の長さを考慮して3つの中から選択してみましょう。

ポニーテール

ロングの髪の毛の女性が就活を行う上では鉄板の髪型になるのではないでしょうか。髪の毛が長い場合、横髪や前髪が顔に掛かってしまうことがあり、面接中などにそれらの髪の毛をいちいち避けるのは印象的に良くありません。

さらにパーマなどの髪の毛のヘアアレンジは就活中は出来ないので、ストレートの髪の毛にしなければいけません。その場合髪質がキレイであればいいですが、カラーなどを行っている場合に髪の毛がどうしても傷んでしまい、髪の毛がパサパサして広がってしまったり、髪の毛がハネてしまって不健康そうな印象を与えてしまうことに繋がります。

ポニーテールはそれらの問題も解消できるので最適です。前髪も一緒に耳にかけて後ろで縛るか、前髪を作ってもしっかりヘアピンなどで止めて前髪が顔の表情を隠さないように注意しましょう。

ミディアムボブ

髪の毛の長さが肩から上で輪郭が隠れるくらいの長さの人はボブのスタイルが女性らしく好印象でしょう。もし肩にかかってしまうくらいの長さの場合は束ねてしまってもいいでしょう。

ボブカットの場合はキレイに髪の毛が纏まるように内側に軽くパーマをかけてキレイにシルエットを出すようにしてもいいでしょう。

前髪も長い場合はロングのときと同じように髪の毛が顔にかぶらないように耳にしっかりかけてヘアピンで固定しましょう。

耳掛けベリーショート

横の髪の毛を耳にかけて耳と輪郭をしっかり出して顔の表情を全面的に表に出していきましょう。短髪の女性は元気で活発で積極的な印象を強く与えます。清潔さと共にこれらの印象もプラスの印象になりますのでそれらの印象をしっかり強調して行きましょう。

ショートヘアーの大敵は寝癖です。髪の毛の重みがなくなってしまう分、髪の毛の寝癖が付きやすくなります。なかなか落ちない事もありますので朝の時間を大幅に削られないように十分注意しましょう。

その他にもハーフアップや客室乗務員等の場合はお団子ヘアなどの髪型もあります。職業に応じて最適な髪型を選択し就活に望みましょう。内定を貰える大きな要素のひとつになる事は間違いなしです。

スポンサーリンク

薄毛は就活で不利になる?

メガネ2人男性

若ハゲで若くして薄毛の症状に悩まされている人は就活の際にマイナスの印象を与えてしまって就活に不利になるのではないかと心配に思うこともあると思います。

しかし基本的に就活に薄毛が不利になってしまうことはない。というのが結論です。しかし場合によっては就活で不利になってしまう事も無きにしもあらず。ということでどの様なことでマイナスにつながってしまう事があるのかを紹介していきます。

自身が無くなる

薄毛であることで大きな問題として悩みを抱えてしまって、もし突っ込まれた時に笑いに変えられなかったり、たどたどしい答弁になってしまうとコンプレックスを克服できずに自身がないことや、自分の容姿を肯定できない姿に物事の考え方のポジティブさが欠如していると評価されてマイナスとなってしまう事があります。

相手も男性で薄毛の悩みについては傷を抉る様な事は言わないことがマナーかと思いますが、営業職などの場合は、その場をどう切り抜けるかを判断材料に使われたりします。

自身がないことは人前に立つ上では大きなマイナスの要素になりますので、吹っ切ってしまうか自分の髪の毛に自身を持ちましょう。消極的な印象を与えないように注意しましょう。

ストレスに弱い印象を与えてしまう

若い人材を確保する上では、メンタルの強さは非常に重要になります。すぐに辞めてしまったり、病気になってしまうような人材は人事の立場からすると必要のない人になりますので、面接の段階で見極めて落とさなければいけません。

もし、同じような評価の2人の新卒の学生などの人材がいて、薄毛とそうでない人材を採用する時にもしかしたら薄毛の方の人材が落とされてしまうことも考えられます。

この時考えられるのは、ストレスに弱そうな印象を与えてしまうことです。髪の毛はストレスでも薄毛になってしまうことがあります。ストレスのみが原因になるわけではありませんが、このような印象が強くイメージされてしまうがためにハゲ=メンタルが弱いという印象を持たれてしまいます。

しっかりハキハキと受け答えをし、若ハゲの印象を払拭しておきましょう。

清潔感がない

若い内はとにかく清潔感が大事です。元気で社交性が高く、意欲があるだけで若い内は評価され採用してくれます。特に接客業では印象が命なので、清潔感は欠かせない要素になります。

しかし、薄毛が進行しているばかりに清潔感が保てず、髪の毛を切っても薄毛の印象が強く残ってしまう場合はマイナスの評価になってしまうことがあります。

薄毛の髪の毛の場合、髪の毛を長く残してしまうことは薄毛がさらに目立ってしまい、逆効果になります。薄毛であればこそ、髪の毛のボリュームはカットし、特に髪の毛の濃い部分のサイドや後頭部は短くして、トップも若干長いくらいの長さに揃えて髪の毛が自然に立つくらいの長さに切ってしまいましょう。

清潔感が担保できれば、後は面接での受け答えで好印象を与えられれば、薄毛の問題は関係なくなります。薄毛がマイナスになるのではなく、それを隠そうとして清潔感がなくなってしまったり、自信がなくなることで積極性がかけてしまうことが問題となるのでそのポイントを良く覚えておきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

自分の頭髪に自身のない人は就活がうまくいかないことを髪の毛の問題とも感じてしまうこともあるようです。少なくともナーバスに陥っている状態では、そのように自虐的に物事を判断してしまう事は納得です。

さらにマイナス思考に陥ってしまって負のスパイラルに陥らないように注意しましょう。

就活の髪型について参考になりましたでしょうか?相手に失礼のないようにヘアカタログなどで自分に合ったリクルートヘアを探して髪の毛の身だしなみをしっかり整えて万全の準備で面接に挑みましょう。

関連記事としてこちらの記事も合わせて参考にしてみてください。

ハゲたくない必見の情報を紹介!若ハゲが起こる原因とお金をかけずにすぐ始めれる薄毛予防!

薄毛対策に良い食べ物は?気をつけたい食生活や改善予防効果のある食事について紹介!

薄毛の治療に保険は適用されるの?治療の種類や自宅で出来る方法を知ろう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク