大学生のハゲを治す方法は?若ハゲに最適な育毛方法を紹介!

「大学生にハゲが増加している原因」の記事では9つの原因について紹介しましたがそれらの原因によって既に薄毛が進行している場合どうすれば薄毛を改善することが出来るでしょうか?

大学生でも出来る、M字はげやつむじはげを改善する薄毛の対策方法や、クリニックのカウンセリング治療で行われる生活習慣改善法について紹介していきます

摂取すべき食材や具体的に薄毛改善や予防のために出来る対策方法について紹介していきます。

スポンサーリンク

「大学生から出来る」薄毛を予防・改善する生活習慣

538186aa2177a5d04448ed687fe29d4f_s

生活習慣を改善するだけでも薄毛や抜け毛を改善することが出来ます。具体的にどの様な対策方法が有効なのか、そしてどの様な効果で薄毛改善に繋がるのかを紹介します。

改善法と効果の両方を知って、自分に発生している薄毛の原因に最も効果的な対策法を行っていきましょう。

適度な運動

激しい運動ではなく、有酸素運動が薄毛改善効果に最適です

ランニング、ウォーキング、ジョギングなどがおすすめ!じんわり頭皮などから汗をかく運動により、AGA(男性型脱毛症)の原因になるDHTを排出する(デトックス)効果が期待できます。

1日20分〜30分程度の運動で十分効果が得られます。ストレス発散効果もあり運動不足の解消にもなりますので総合的に身体のトラブルを解消できるでしょう。

しかし、汗をかいた後にしっかり洗い流さないと抜け毛の原因になります。運動後にかいた汗にお風呂に入って汚れや汗を洗い流しましょう

良質な睡眠

睡眠の質が向上することでホルモンバランスの乱れが改善し、身体の疲労やストレスなども軽減されるので髪の毛のヘアサイクルが整う事に繋がり抜け毛や薄毛が改善されます

特に24時〜深夜2時までの睡眠中に成長ホルモンが沢山分泌されます。このホルモンが髪の毛を成長させている大きな要因の一つでもありますので、この時間に十分な睡眠が取れている事が重要です。

睡眠は時間に依存するわけではありません。質により効果は変わります

睡眠前に身体を温めることや就寝前のスマホいじりを控える、アルコールを飲んで就寝しないなどを心がけて睡眠の質を向上させましょう。

ストレスの解消

ストレスによって薄毛になっていても、実際本人はストレスが原因である事に気づいていない事が良くあります。

知らない内に溜まってしまっている事も多いのがストレスなので、定期的にストレスを発散する場を設けることが大切です。

最も簡単に出来るストレス発散法が読書です。漫画でも小説でも構いません。6分間の読書で60%以上のストレス解消効果が合ったことが明らかになっています。

その他にも、スポーツ、入浴、ゲームなどが有効です。しかしこの中でも頭一つ抜けて効果が高かったのが読書になります。

また、長時間仕事をしている間に小まめに休憩を入れることもストレスを溜め込まないために有効な方法でもあります

頭皮に合ったシャンプー選び

使用しているシャンプーをちゃんと選んでいますか?洗浄成分、有効成分、保湿成分、どれを挙げても抜け毛改善には欠かせません。

誰もが聞いたことがあるような、有名女優がCMに出演しているシャンプーは広告に多くのお金を使って実際は成分が頭皮に適していない香り重視のシャンプーであることが多いです。

安価なシャンプーでも成分を見て選べば刺激が少なく髪の毛や頭皮に適しているシャンプーはありますので、しっかり成分表記を見てシャンプーを選んで使用しましょう。

頭皮が弱い人が絶対に使用しては行けないのは高級アルコール系シャンプーです。アミノ酸系洗浄成分のシャンプーを選択して使用してみましょう

シャンプー方法の改善

シャンプー方法は1日1回「夜」に行うことが最適です

1日の汚れを夜就寝前に落として、就寝中のダメージ回復作用を促します。もし朝に寝汗などで気持ち悪かったり、シャワーを浴びたいと思ったときは熱めのシャワーを浴びて汗を流すだけで、シャンプー剤などは使用しないようにしましょう。

朝にシャンプーで皮脂を落としてしまうと乾燥を招いてしまう原因になります。

皮脂は肌を守るバリア機能を担っているものでもあります。過剰に落とすと逆に皮脂の過剰分泌を招いたり、乾燥に繋がってしまいます。誤ったシャンプー方法をしないように注意しましょう。

紫外線の予防

夏場は特に紫外線の予防が重要になります。

頭部は特に最も太陽に近い位置にあり、中でも頭頂部は最も紫外線の影響を受けやすい部分ですのでつむじはげが気になっている人は特に対策が必要な項目でもあります

帽子をかぶる、直射日光を極力避けるなどして紫外線を対策していきましょう。対策として運動を行う時でも日中よりも夜のほうが適しているでしょう。

しかし蒸れには注意しなくてはいけません。蒸れると雑菌が増えやすくなりますのでこれが原因で皮膚炎などが発生する場合もあります。しっかり通気の良い物を選択して摩擦などの影響も少ないものを選択して対策していきましょう。

頭皮マッサージ

シャンプーの最中や、シャンプー前に行うと汚れが浮き出てシャンプーの効果も上がりますし、頭皮の凝りを解消できて血行も良くなり髪の毛に栄養を届けやすく出来ます

やり方は爪を立てないようにして指を頭に広く配置し、固定して揉み込むだけです。特に難しいやり方があるわけではありません。自分が気持いいと思う程度のちからで頭皮全体をマッサージしていくだけです。

シャンプー前でなくても気づいた時にやるとリラックス効果もありますのでおすすめです。

スポンサーリンク

食事で改善する方法

肉野菜

食事で我々の身体の細胞は出来ているのでしっかり栄養を摂らないと髪の毛も成長することが出来ません。摂取すべき栄養素と食材は以下の通りです。

食事内容に盛り込んで上記の生活習慣の改善法とあわせて効果を向上させていきましょう。

タンパク質

髪の毛の主成分はケラチンというタンパク質です。これは爪と同じ主成分でもあります。爪もストレスなどでガタガタになることがあるので髪の毛と生成メカニズムが似ています。

髪の毛を作るケラチンというタンパク質は食事から摂取するわけではありません。

肉や大豆などから摂取したタンパク質を一旦アミノ酸に分解して、それから再構築したものがケラチンになって髪の毛として作り変えられます。ケラチンを構成しているアミノ酸は18種類。その18種類のアミノ酸を摂取するのに適している食材は以下のものになります。

  • 五穀米
  • 豆類
  • 肉類(特に赤身や鶏肉)
  • 魚介類
  • チーズ

これらの食材を意識的に摂取すると良いでしょう。肉類は脂質が多すぎない物を選択すると良いでしょう(豚肉や牛肉であればヒレやタン)。過剰な脂質は逆に抜け毛の原因になるので注意が必要です。更に塩分が濃いものも抜け毛の原因になりますので注意しましょう。

ビタミンB群

ビタミンBは肌の状態を良くするために必要な栄養素です。

ビタミンBを摂取することで粘膜や肌のバリア機能が高くなり菌からの感染症などを予防する効果が向上します。

髪の毛を育てる土壌である頭皮の健康を維持するために必要な栄養素です

ビタミンB群を積極的に摂取したい場合は以下の食材を摂りましょう。

  • 豚肉
  • うなぎ
  • レバー
  • 舞茸
  • えのき 
  • 枝豆
  • 牛乳
  • 納豆

ビタミンBは水溶性のビタミンなので摂取しても4時間程度ですべて排出されてしまいます。なので小まめに摂取したり、1日3食の全てでビタミンBが摂取できるように献立を決めると良いでしょう。

ビタミンE

ビタミンEは若返りのビタミンと呼ばれている強い抗酸化作用を持った栄養素です。

ストレスが溜まると増える活性酸素の働きを抑え、血管の酸化や血行不良を改善する効果があるので、血液の循環機能を向上させる事が期待できます

特に毛細血管から栄養を運搬している頭皮にはこの効果は非常に髪の毛に取って有効なものとなります。ビタミンEが多く取れる食材を見ていきましょう。

  • アーモンド
  • ひまわり油
  • 川魚・青魚
  • 落花生
  • かぼちゃ
  • ブロッコリー

ビタミンEは脂溶性のビタミンなので肝臓に蓄積されて小出しに消費されていきます。脂溶性の栄養素には過剰症となる症状が確認されていますので過剰摂取には注意してください。

ビタミンA

ビタミンAは細胞に水分を運んで肌の保湿効果助け、抜け毛を防止する働きや白髪が出来にくくなる効果があります

ビタミンAが不足すると乾燥が発生し、抜け毛が増えてしまう可能性があるので、不足には注意したい栄養分です。食材は以下の通りです。

  • レバー
  • モロヘイヤ
  • しそ
  • 人参(緑黄色野菜)
  • バター
  • チーズ

などがあります。ビタミンAは脂溶性のビタミンなのでこれも過剰症になる可能性があります。ビタミンAはどちらかと言うと不足しがちな栄養素なので普段の食事で過剰症となることは少ないでしょう。

ミネラル

ミネラルには亜鉛、カルシウム、マグネシウム、カリウム、鉄、銅、ヨウ素など人間の身体に必要なミネラルは全部で16種類あります。

この中で特に髪の毛に取って必要なのが亜鉛、ヨウ素の2種類になります。

ヨウ素は主に代謝に関係しているミネラルで細胞の働きを活性化して元気にしてくれます。

亜鉛はタンパク質の合成、代謝、骨の合成、細胞分裂や血糖値の調整などを行っているミネラルになります。特に亜鉛はAGAの原因となるDHTの生成を抑制する効果もありますのでM字はげ、つむじはげを気にしている人に特におすすめの栄養素です。

食材は以下の通りです。

  • 牡蠣
  • うなぎ
  • 牛肉
  • レバー
  • チーズ
  • 大豆
  • 海藻類

ミネラルは特に現代の食生活では不足しがちな食材になりますので積極的に摂取していきましょう。

コラーゲン(ビタミンC)

コラーゲンは骨や細胞や髪の毛などを構成しているタンパク質であり、髪の毛の成長だけでなく健康において重要になってくる栄養素です。身体の30%以上は30種類以上に分類されているコラーゲンで出来ています。

特に毛根が存在している真皮と呼ばれる皮膚の層にはコラーゲンが70%以上存在していないと健康状態を保てません。ですので髪の毛を成長させる上でも髪の毛のタンパク質を作る上でも重要な栄養素なんです

しかしコラーゲンはそのまま摂取しても意味がありません。コラーゲンはアミノ酸とビタミンCを別々に体内に摂取してから人間独自の構造のコラーゲンが体内で作られます。なのでビタミンCとアミノ酸を摂取することが重要になります。

ビタミンCを豊富に含む食材を紹介します。

  • 赤ピーマン
  • 黃ピーマン
  • パセリ
  • アセロラ
  • レモン
  • いちご
  • ブロッコリー

などが代表的な食材になります。

スポンサーリンク

大学生に人気の育毛剤は?

育毛剤

大学生に人気でAGA治療などに有効な育毛剤について紹介します。

それぞれの値段と特徴などについて紹介しますので、自分に合う育毛剤の商品選びの参考にしてみてください。

チャップアップ

チャップアップは香料鉱物油添加物など、アレルギーや頭皮の刺激となる成分を極力取り除いた育毛剤です。植物エキスや果物エキス、海藻エキスなど天然の抽出エキスを配合した育毛剤になります。

20代〜50代までの幅広い層に利用されており非常に評価の高い育毛剤です。

返金保証や定期便などの制度が充実しており、使用者の声が多く聞けることもメリットで試してみる価値がある商品でしょう。

価格は1本14000円程度、定期便にすれば半額近い7000円程度で値段で購入できます。

ネックなのがこの値段が非常に高額なところ。クリニックなどで処方される育毛剤なみの価格です。市販の育毛剤としては最高値に該当する育毛剤でしょう。

リアップ・ロゲイン

ロゲインはアメリカの製薬会社アップジョン社から販売されている育毛剤で、リアップは日本の大正製薬から販売されている育毛剤です。

それぞれにクリニックなどでも処方されるミノキシジルが有効成分として含まれている医薬部外品になります。市販商品として購入できる育毛剤の中では唯一「発毛効果」が期待されているものですので、育毛剤としては最も効果が期待できる商品でもあります。

価格はロゲインが輸入サイトで1000円程度、リアップは5000円〜7000円程度で購入することが出来ます。リアップはミノキシジルの濃度などが選択でき、女性用の商品もあります。

マイナチュレ

マイナチュレは女性専用の育毛剤として販売されている商品です。

容器の見た目も美容液の様なケースに入っていますので、育毛剤とバレないのがいいところでもあります。

マイナチュレの育毛成分も、チャップアップに似ている植物エキスや海藻成分、アミノ酸などを配合し使用感にもこだわった作りになっています。

男性と女性の髪の毛の抜け毛のサイクルの変化に着目し、ヘアサイクルを整えることに重点を置いて制作された商品です。

価格は1本5000円程度で定期便ですと4500円ほどの価格になります。

スポンサーリンク

まとめ

大学生でも簡単に行える育毛法について紹介しました。若い内であれば細胞もまだまだ若い状態ですし、早い段階でこれらの対策法を行えば3ヶ月〜6ヶ月で効果は現れてくるでしょう。

髪の毛のヘアサイクルや成長速度的に3ヶ月以上は根気強く続けないと、効果が実感できないのが対策法を続けるモチベーションになかなか繋がらない難点でもあります。

しかしすぐに結果が欲しい人はシャンプーなどを変えた時の髪質の変化であれば割りとすぐに実感できるでしょう。

薄毛対策は早い段階で対処することが重要ですので、20代の若ハゲの内にしっかり対策して薄毛の進行を食い止めていきましょう。

関連記事としてこちらの記事もあわせて参考にしてみてください。

抜け毛は栄養不足が原因?栄養不足による抜け毛が発生しやすい人と対策方法を紹介!

薄毛はコラーゲンで改善できる!髪の毛を太くする17型コラーゲンと合わせて摂りたい栄養素を紹介!

髪の毛に必要な栄養分はなに?髪の毛に良いサプリメントと薄毛の予防方法について!

  
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク